エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

Archive for the ‘番組☆放送後記’ Category

3月3日 第349回放送後記


 

充実の報告 会場感嘆!

九戸村・黒山の昔穴遺跡 調査報告会・展示会を開催

継続調査に期待高まる

 九戸村江刺家の県指定史跡・黒山の昔穴遺跡の調査報告会と展示会は2月28日、村公民館で開かれました。調査に携わった5人がそれぞれの立場から報告し、訪れた村民や村内外の考古学ファンら96人が熱心に聞き入りました。

 

 7年前から始まった今回の調査で、遺跡の範囲は南側の2本の沢を挟む山の尾根2地区を加えた6.7㌶と確認し、2007年(平成19年)に県指定史跡となった3.7㌶を大幅に上回ります。平安時代後期の高地性集落として県内有数の規模となり、さらなる調査・研究が期待されます。

 

 遺跡調査指導委員会の委員長を務めた一戸町の御所野縄文博物館の高田和徳館長は、黒山の昔穴遺跡の立地や周囲の景観を鑑み「交通の便も良く、景観も良い。遺跡の価値が全国的に認められれば、憩いの場として九戸村の大きな財産になる」と提言しました。

調査報告会に詰めかけた村民や考古学ファンたち

周辺調査を報告した桐生正一調査員

外久保遺跡と長興寺Ⅸ遺跡の発掘を報告する田頭和哉調査員

これまでの黒山の遺跡調査の概略を報告した大畑英明現地調査指導員

出土した遺物からの考察を紹介する遺跡調査委員会の宇部則保副委員長

7年間の調査りポイントを報告し、提言をしたた高田和徳・調査指導委員長

コミュニティーホールに展示された大型の須恵器を食い入るように見つめる考古学ファン


 

行動を考え自分の命守る

九戸村民読書感想文コンクール

村教育長賞 安堵城さんに(伊小

 九戸村民読書感想文コンクールの入賞作品が決まりました。令和2年度は、小学校低学年・中学年・高学年と中・高校生の4部門に41作品が応募。村長賞に九戸中学校2年の橋本くるみさんの「『今』を生きる」、村教育長賞は伊保内小学校5年の安堵城百花さんの「私にできること」が選ばれました。

 

 九戸村民読書感想文コンクールは昨年、9月14日からおよそ2カ月間募集。村内の小・中学校、高校から各部門に応募があり、優秀賞5人、入選8人、佳作8人が選ばれました。例年は、表彰式で村長賞や村教育長賞の受賞者が感想文を朗読する「村民読書の日」の開催が、新型コロナウイルス感染症防止のため中止となりました。

 

 「政実くのへFM」は今回、村教育長賞の伊保内小学校5年の安堵城百花さんが選んだ本「釜石の奇跡」と感想文を本人の朗読で紹介します。

教育長賞を受賞した伊保内小5年の安堵城百花さん


 

春の星座 東から登場

九戸村 天沼・江刺家小校長が紹介

3月 冬の星たちは見納め

 3月に入り、夜空は東側から春の星たちが昇り始め、冬の星たちはもうすぐ別れの時期です。現在は、夜8時頃に東西の夜空で冬と春どちらの星たちも楽しむことができます。

 

 東の空は、春の星座のかに座、しし座、うみへび座がどんどん高さを増して来ます。しし座の一等星レグルスは、最も暗い一等星。21個ある一等星の中で一番明るい「おおいぬ座」のシリウスと明るさを比べてみるのも、星空観察の一つの楽しみ方です。

 

 去り行く冬の星空、昇ってくる春の星空を、天文学に詳しい九戸村・江刺家小学校の天沼正明校長が紹介しました。

3月の星空を紹介する江刺家小・天沼正明校長


 

若い発想生かし商品開発

伊高むらおこし会社を設立

九戸村が出資 生徒は経営挑戦

 九戸村の伊保内高校は2月24日、生徒たちが商品開発・販売し事業の収益性や発展の可能性まで一貫して取り組む「伊高むらおこし会社」の設立総会を聞きました。設立総会には、1、2年生45人が出席し、発起人の晴山裕康村長が「自由な発想で新しい風を吹き込んでください」と、村の将来を担う伊保内高校生に期待し「責任は村長が取ります」と激励しました。

 

 役員体制は、実際に活動する生徒全員から執行役員の社長、専務、常務のほか、管理部長、事業部長の5人を選任し、執行役員社長に2年生の森太久斗さんを選びました。責任は代表取締役の晴山村長、取締役の伊藤仁副村長、岩渕信義村教育長と明確にしました。具体的な活動は、1年生を迎えた4月以降になります。

 

 活動は毎週1回の授業「総合的探求の時間」を活用し、4月から全校生徒が参加。専門家のアドバイスを受けながら具体的なコンセプトなどを企画・検討しながら7月から11月頃に、開発した商品やサービスの販売開始を目指します。来年2月頃に取締役会、株主総会を開き決算や事業報告を予定しています。

「伊高むらおこし会社」の役員に選ばれた2年生の森太久斗執行役員社長=右端=ら5人


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(3月3日から3月10日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/2OpGpwg

 


 

~3月プレゼント☆~

 

 3月のプレゼントは、九戸村の4つの企業・団体提供の「九戸の魅力詰め合わせセット」です。

 

 魅力の1つは、九戸村ふるさと振興公社の「あま茶ティーバッグ10包入り」。村の特産品・甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの甘~いお茶です。お茶として飲むほか、調理や化粧品にも使われています。使いやすいテトラ型のティーバッグで、ホッと一息つきませんか。

 

 2つ目は、江刺家の小笠原菓子舗の「甘茶でかっぽれ 6個入り」。甘茶を練りこんだ餡(あん)をパイ生地で包み焼き上げています。お土産に人気のお菓子です。

 

 3つ目は、村の陶芸サークル陶楽の「湯飲み」。会長の宮沢雅子さんが一つ一つ仕上げた作品です。全てデザインや色付けが違います。どれが当たるかは届いてからのお楽しみです。

 

 4つ目は、九戸オブチキクリエイターズの「オブチキてぬぐい」。キングオブチキン、略してオブチキの愛称で親しまれるキャラクターは、チキンに限らず村のさまざまなイベントに登場して九戸村をPRしています。紺色に白で9人のオブチキさんが描かれたデザインです。

 4つの魅力をぎゅっと詰め合わせたセットを抽選で3人に贈ります。

 

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 詰め合わせセット プレゼント」です。

 ☆締め切りは、3月21日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~3月のテーマ~

「ありがとう」

 テーマは毎月、設けています。3月のテーマは「ありがとう」です! 3月は卒業シーズンですね。今までお世話になったあの方やこの方、皆さんが「ありがとう」を伝えたいのはどなたですか。思い出エピソードを添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

レモン / ブルーバードマキシマ

てこちゃん / レモンバーム

4人のおかあちゃん / ゴルフ6オヤジ

アマビエ@座羽知之帆志 / しろまま

あんこう / ヤジイエルズ異星人

みっち / カシオペア

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 3月3日は、ひなまつりでした🎎 オドデ館は、ちらし寿司やのり巻き、江刺家の小笠原菓子舗には、ひなケーキが並んでいました! 季節限定のおいしいものが九戸はたくさんありますね🎵

またね~ドデンドデン(●´ω`●)

エビやイクラが入った古舘鮮魚店のちらし寿司

でんぶのピンク色、卵の黄色、三つ葉の緑で鮮やかに仕上げた「なかつる」のちらしずし

おりつめ工房の卵、ニンジン、カニカマなど8種の具が入った「のり巻き」

小笠原菓子舗の季節限定の「ひなケーキ」


【オンエアリスト】

             吉田拓郎「元気です」

             KOKIA「私にできること」

             V6「ありがとうのうた」

2月24日 第348回放送後記


 

ひたむきに生きる未来へ

九戸村民読書感想文コンクール

 村長賞は橋本さん(九戸中)

 九戸村民読書感想文コンクールの入賞作品が決まりました。令和2年度は、小学校低学年・中学年・高学年と中・高校生の4部門に41作品が応募。村長賞に九戸中学校2年の橋本くるみさんの「『今』を生きる」、村教育長賞は伊保内小学校5年の安堵城百花さんの「私にできること」が選ばれました。

 

 コンクールは昨年、9月14日からおよそ2カ月間募集。村内の小・中学校、高校から各部門に応募があり、優秀賞5人、入選8人、佳作8人が選ばれました。例年は、表彰式で村長賞や村教育長賞の受賞者が感想文を朗読する「村民読書の日」の開催が、今回は新型コロナウイルス感染症防止のため中止となりました。

 

 「政実くのへFM」は、村長賞の橋本さんと村教育長賞の安堵城さんが選んだ本の紹介と感想文の朗読を2週に渡りお届けします。

九戸村民読書感想文コンクールの村長賞を受賞した九戸中2年の橋本くるみさん


 

 九戸の冬を元気に楽しむ

九曜塾⑥ 雪遊び

 九戸村の小学生が村の歴史や文化に触れ体験活動に取り組む九曜塾は2月13日、くのへパークゴルフ場・ちびっこゲレンデで、かんじきやそり、竹スキーを体験し雪遊びを満喫しました。参加したのは、伊保内、戸田、江刺家、長興寺の4つの小学校の児童10人と保護者1人。

 

 雪遊びの先生は村山友会の村田勝義さんら19人。かんじきを履き、両手にスキー用のストックを持った児童は、かんじきを履いて歩くコツを教わりました。 30分ほどのかんじき体験を楽しんだ児童は、ちびっこゲレンデでビニール製の肥料袋を使ったそり遊びや竹スキーを体験しました。

 

 昨年7月に開講した九曜塾は、最初の講座が大雨の影響で延期。8月から講座が始まり、今回が最終回。参加児童一人ひとりに、岩渕信義村教育長から修了証が手渡されました。

かんじきをはいて雪原を歩く九曜塾の参加者

東屋の前で休憩しながら景色を眺める児童を笑顔で見守る講師の山友会・村田勝義さん㊧

肥料袋を敷いてソリを楽しむ参加者

児童に負けじとソリを楽しむ大人たち


 

まさざね九ponを全村民に

村商工会 買い物割引券を配布

 九戸村商工会は、村民の生活応援と村内の商工業の活性化を図る「まさざね九pon(クーポン)」を全村民に配布します。村商工会の藤舘卓弘副会長は、配布のきっかけと活用方法を紹介しました。

「まさざね九pon」を紹介した村商工会の藤舘卓弘副会長

クーポン取扱店に貼る目印のポスター


 

☆オドデ館友の会会員募集

 九戸村山屋のオドデ館友の会は、会員を募集しています。工芸部会の荒田建子部会長は、オドデ館で一緒に手作り作品を販売する会員募集を呼び掛けました。

オドデ館友の会の会員募集を呼びかけた工芸部会長の荒田建子さん


 

☆黒山の昔穴遺跡の展示会・調査報告会をPR

 九戸村教育委員会は2月28日、黒山の昔穴遺跡展示会・調査報告会を開催します。村教育委員会事務局の桂川祐太郎さんは、7年前から進めてきた調査の報告会と出土品の展示会を案内しました。

「黒山の昔穴遺跡 展示会・調査報告会」の開催を案内した村教育委員会事務局の桂川祐太郎さん


 

☆確定申告のお知らせ

 九戸村役場税務課会計課の佐々木愛美さんは、3月15日に受付が締め切られる確定申告の早めの申告を呼びかけました。

村役場税務会計課の佐々木愛美さん


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(2月24日から3月3日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/3aRusIm

 


 

~2月プレゼント☆~

 2月のプレゼントは、九戸村戸田の高倉工芸提供の「癒しほうき」です。

 

 「南部箒」は、軽くてしなやかなホウキモロコシを使い、穂先の強い縮れが特徴です。1年がかりで作り上げるホウキは、使いやすさと機能性を求め一つ一つ仕上げた自慢のホウキです。

 

 「癒しほうき」はペットと飼い主のコミュニケーションツールとして誕生し、2020年11月に初めて開催された「東北D2Cアワード2020」で特別賞を受賞しています。

 

 プレゼントの「癒しほうき」は、展示会で販売する限定サイズ。持ち手の幅5㌢、厚さ2.5㌢、長さは25㌢。色は、黒ベースに白の肉球柄、ベージュに茶色の肉球柄のどちらかを抽選で2人に贈ります。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。

◇高倉工芸HP⇒https://nanbuhouki.jp/

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 癒しほうき プレゼント」です。

 ☆締め切りは、2月28日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~3月のテーマ~

「ありがとう」

 テーマは毎月、設けています。3月のテーマは「ありがとう」です! 3月は卒業シーズンですね。今までお世話になったあの方やこの方、皆さんが「ありがとう」を伝えたいのはどなたですか。思い出エピソードを添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

幸せの黄色いラビット / ブルーバードマキシマ

マッスルドッキング / あんじゅ

ひめこねえちゃん / ゴルフ6オヤジ

アマビエ@座羽知之帆志 / 永遠の大将

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 24日のオドデ館は、春を感じさせるピンク色の桜もちやアサツキが並んでいました。江刺家の小笠原菓子舗は、27日から季節限定の「ひなケーキ(税込み 259円)」を江刺家の本店と伊保内のアムール小笠原で販売します。

 スタジオには、旅の途中のオブチキさんのフィギュアが立ち寄ってくれました。放送中もじーっと動かず熱い視線を送ってくれましたよ(*´ω`*)

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

春を感じさせるピンク色の桜もち

薬味にお薦めのアサツキ

旅の途中にスタジオに立ち寄ったオブチキさん


【オンエアリスト】

             いきものがかり「生きる」

             松たか子「明日、春が来たら」

             Alexandros「SNOW SOUND」

2月17日 第347回放送後記


 

コロナ退散 福は入れ

九戸村・江刺家神楽が新年門打ち

4年がかり 地元8集落を一巡

 九戸村江刺家の江刺家神楽は2月7日、「コロナを外に 福を入れます」と地元の道地・丸木橋の2つの集落を神楽衆12人が新山神社総代6人と2班に分かれて4時間近くかけて回りました。

 

 2班の神楽衆は道地・丸木橋の希望する63世帯を1軒ずつ訪れ、権現様が玄関先で舞い新山神社のお守り札を総代が手渡しました。保存会は、4年前に門打ちを復活。地元の8つの集落を2カ所ずつ回り、今回で一巡しました。

 

道地集落の25軒を回り新年の門打ちをした江刺家神楽の一行

 

コロナ対策 舞い初め式は2演目

 門打ちを終えた2班は、午後1時過ぎに「おりつめ構造改善センター」に戻り、冷えた体を温めながら昼食を取り休憩。午後3時からの舞い初め式に備えました。舞い初め式は32畳ほどの板の間で行い、見物客は30人ほど。演舞は向川雄将さんの剣舞で始まり、締めの権現舞は妻川祐樹さんが権現様、向川雄将さんがおっぱ取りでした。

舞い初め式で披露した権現舞

門打ちを終えた江刺家神楽保存会と新山神社の総代たち


 

食べて学ぶチキン産業

県北チキン学校給食の日

九戸村「甘茶からあげ」提供 

 岩手県は、唐揚げや焼き鳥で人気のチキン生産が1億1,080万羽と全国3位の大生産地。九戸村は1,940万羽を占め、県内一の産地です。

 

 2月9日は2と9の語呂合わせから「肉の日」とし、九戸村、二戸市、軽米町、一戸町はこの日を「県北チキン学校給食の日」と定め、鶏肉と地域ならではの食材を使った給食を提供しました。

 

 九戸村のメインメニュー「とりの甘茶からあげ」。この日は、スキー教室に出かけた小学校やテストで午前授業の伊保内高校を除く九戸中学校と4つの小学校に429食分が提供されました。

教室で給食を配膳する伊保内小6年生

九戸村の給食で提供された「甘茶からあげ」


 

春から訪問美容を目指す

江刺家・美容室snip×snip

念願のオープン 夢叶う

 九戸村江刺家に昨年9月にオープンした美容室「snip×snip(スニップ・スニップ)」。エンジ色の壁にピンクのドア、紺色の片流れ屋根、北欧風のおしゃれな外観です。中に入ると、天井が高く木目を残した壁や梁はそのまま木の温もりを残しています。キッズスペースの壁がボルダリングになっています。

 

 店主の松本志穂さんは、専門学校を卒業して埼玉県の美容室に3ヵ月勤務。その後、帰郷し二戸市の美容室で16年勤めました。自宅を建てた昨年9月に独立。理容免許も取得し春からは「訪問理容美容も始めたい」と夢を語りました。

 

 お薦めのレディースシェービングでワントーン明るい肌を体感しませんか。皆さんも癒しの美容室に訪ねてみませんか!

 

「snip×snip」

営業時間 午前9時30分~午後6時

定休日 月曜日

電話 0195-26-9742

エンジ色の壁にピンクのドア、紺色の片流れ屋根が北欧風でおしゃれな外観

笑顔で「チョキチョキ」を表現するsnip×snip店主の松本志穂さん

天井が高く梁(はり)がそのままの広い店内

キッズスペースの壁に設置したボルダリング


 

☆美術部合同展をPR

 岩手県高等学校文化連盟二戸支部の美術部合同展は、岩手町・石神の丘美術館で開催中です。(会期は2月23日まで)伊保内、沼宮内、一戸、福岡、軽米の5校の部員が手掛けた油絵や水彩画など64点が展示されています。九戸村の伊保内高校美術部1年の山本優菜さんが作品に込めた思いを語りました。

美術部合同展を紹介した伊保内高校美術部1年山本優菜さん


 

☆岩手県立図書館巡回展示inくのへをPR

 九戸村教育委員会の山本猛輝さんは、2月19日から28日まで村公民館で開催する「岩手県立図書館巡回展示 in くのへ 啄木資料展」を紹介しました。

◇九戸村HP⇒https://bit.ly/3auu0jd

岩手県立図書館巡回展示inくのへ「啄木資料展」を紹介した九戸村教育委員会の山本猛輝さん


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(2月17日から2月24日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/3pxo9xH

 


 

~2月プレゼント☆~

 2月のプレゼントは、九戸村戸田の高倉工芸提供の「癒しほうき」です。

 

 「南部箒」は、軽くてしなやかなホウキモロコシを使い、穂先の強い縮れが特徴です。1年がかりで作り上げるホウキは、使いやすさと機能性を求め一つ一つ仕上げた自慢のホウキです。

 

 「癒しほうき」はペットと飼い主のコミュニケーションツールとして誕生し、2020年11月に初めて開催された「東北D2Cアワード2020」で特別賞を受賞しています。

 

 プレゼントの「癒しほうき」は、展示会で販売する限定サイズ。持ち手の幅5㌢、厚さ2.5㌢、長さは25㌢。色は、黒ベースに白の肉球柄、ベージュに茶色の肉球柄のどちらかを抽選で2人に贈ります。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。

◇高倉工芸HP⇒https://nanbuhouki.jp/

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 癒しほうき プレゼント」です。

 ☆締め切りは、2月28日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月のテーマ~

「好きな季節」

 

 テーマは毎月、設けています。2月のテーマは「好きな季節」です! 春、夏、秋、冬、日本は美しい四季がありますが、皆さんの好きな季節はいつですか。理由も添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

からあげベクター / てこちゃん

名古屋の座頭市 / 金ヶ崎の平野です。

ちぃ子 / 隠密同心井坂十蔵

ブルーバードマキシマ / アドル

アマビエ@座羽知之帆志

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 17日のオドデ館は、春の山菜の定番フキノトウが登場しました。天ぷらやフキみそがお薦めです♪ アローカナの卵は、薄いブルーの殻を割るとレモンイエローの黄身が特徴です。おりつめ工房の豆乳プリンは、出来立ての豆乳を使った優しい味わいのプリン。お好みで黒蜜をかけるとよりおいしいです(^O^) 見つけたらぜひ食べてくださいね~🎵

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

天ぷらやフキみそが人気のフキノトウ

薄いブルーの殻にレモンイエローの黄身がおいしい「アローカナの卵」

黒蜜をかけるとさらにおいしい「おりつめ工房」の豆乳プリン


【オンエアリスト】

             ふきのとう「春雷」

             安室奈美恵「Four Seasons」

2月10日 第346回放送後記


 

「神様の年取り」

九戸村・やまびこプレゼンツ 2021冬

下村さんが紹介

  九戸村の読み聞かせグループ「やまびこ」の皆さんの朗読は今回、下村美江子さんが「九戸村の民話 Part2~炉ばたのむかし語り」から「神様の年取り」を紹介しました。旧暦の話ですので、現在の暦なら今頃の話です。

 

 昔、お大師という偉い和尚様がいました。お大師は貧乏で子どもも多く暮らしにも困り、年の瀬になっても米の飯も魚もなく年取りもできませんでした。それで、馬に食わせた萩の根元で作った箸を子どもに使わせ、米とアワ、小豆を混ぜた「おかゆ」を11月24日に食べて年越しのまねをしたそうです。

 

 12月になると、神様の年越しが次々と続きます。31日間のうち、20日間が神様の年越しや準備の日になっていました。神様の年越しや準備は、どのような手順で行われていたのでしょうか ? 人間の年越しは、神様の年越しが終わった後の31日。年取りの夜は早く寝ると白髪になると言われ、夜が更けるまでカルタやすごろく、あや取り、胴引きなどを楽しみました。人間と神様のごちそうは、お米のご飯と塩鮭が必ず出ます。今では餅がつきます。餅は九戸ですから、クルミ餅。それにゴマ餅、小豆餅です。

「神様の年取り」を紹介した読み聞かせグループ「やまびこ」の下村美江子さん


 

豆の風味、食感味わう

山根小・3、4年生が豆腐作り

手作りの技と味に感嘆

 九戸村の山根小学校の3、4年生5人は2月2日、山根集落センターで豆腐作りに挑戦しました。地元の日向栄子さんと舘祐子さんの2人が昔ながらの豆腐の作り方を児童と一緒に作業。途中で出来立ての豆乳を飲み、寄せ豆腐や豆腐を食べながら体験しました。

 

  日向さんは、この日に合わせ2日前から大豆8㌔を水に浸し下準備をしてきました。水に浸す時間は、夏は24時間、冬は48時間。たっぷりと水を含み2㌢くらいまで膨らんだ大豆を豆すり機に入れてすりつぶし生呉(なまご)にします。

 

 舘さんは「かき混ぜると焦げ付くのでかき混ぜないでそっとしておく。生呉をゆでると、オカラが沈み表面が平らになる。この時がゆで上がりの目安です」と釜の中に生呉を入れ変化する場面、場面で児童たちに説明しました。

 

 山根地区では、30年以上前からお母さんたちが冬場に集落センターで豆腐作りをしています。夏場は農作業、冬は収穫した大豆を使い生豆腐を作ったり、みそや凍み豆腐を作り、親戚や兄弟に分けています。地域のつながりが深く、手作りの味を分け合うのが素敵だと感じました。

2日間水に浸した大豆を豆すり機に入れる児童

大きなかまどの鍋で生呉をゆでる日向栄子さん

生呉を大きなかまどの鍋に入れる児童

ゆでた生呉を絞り袋に入れる舘祐子さん

ニガリの量を量る児童

寄せ豆腐を型枠に入れる児童

豆腐作り体験を終えて記念撮影


 

75歳以上に無料乗車券

聞いてみよう九戸村⑧

村循環バス便利に

 

 聞いてみよう九戸村は、豊かな村民生活に取り組む九戸村の制度や仕組みを紹介するコーナーです。

 

 九戸村は、村内に住む満75歳以上の村民を対象に村循環バスの無料乗車券を交付しています。村総務企画課の前川和也さんに聞きました。

 

 2月4日現在、173人が無料バス乗車券を利用しています。問い合わせは、電話0195-42-2111、内線172番、村役場総務企画課・地域振興班です。

九戸村HP⇒https://bit.ly/2MF2A0Z

75歳以上の村民に村循環バス無料乗車券の交付を紹介した村役場総務企画課の前川和也さん


 

☆JA女性部「家庭彩園」会員募集を呼びかけ

 JA新いわて九戸支所女性部の下村美江子部長は、女性部が運営する産直「家庭彩園」の会員募集を呼びかけました。

会員募集を呼びかけたJA新いわて九戸支所女性部の下村美江子部長


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(2月10日から2月17日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/2Z9X9d2

 


 

~2月プレゼント☆~

 2月のプレゼントは、九戸村戸田の高倉工芸提供の「癒しほうき」です。

 

 南部箒は、軽くてしなやかなホウキモロコシを使い、穂先の強い縮れが特徴です。1年がかりで作り上げるホウキは、使いやすさと機能性を求め一つ一つ仕上げた自慢のホウキです。

 

 「癒しほうき」はペットと飼い主のコミュニケーションツールとして誕生し、2020年11月に初めて開催された「東北D2Cアワード2020」で特別賞を受賞しています。

 

 プレゼントの「癒しほうき」は、展示会で販売する限定サイズ。持ち手の幅5㌢、厚さ2.5㌢、長さは25㌢。色は、黒ベースに白の肉球柄、ベージュに茶色の肉球柄のどちらかを抽選で2人に贈ります。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。

◇高倉工芸HP⇒https://nanbuhouki.jp/

 たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 癒しほうき プレゼント」です。

 ☆締め切りは、2月28日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月のテーマ~

「好きな季節」

 

 テーマは毎月、設けています。2月のテーマは「好きな季節」です! 春、夏、秋、冬、日本は美しい四季がありますが、皆さんの好きな季節はいつですか。理由も添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

こゆき / トラッキー

ぐぅたら / あんちゃ

レモンバーム / くるみもち

赤い、ひまわりさん。 / よっちゃん

山本大一研究会 / ゴルフ6オヤジ

ブルーバードマキシマ / からあげベクター

山好き / おでん

アスリート / ブラックペッパー

かおりん / タプコプ

田子ばあば / 月の夜 星の朝

ゆーくんママ / アサコ

すずきワゴンR / 大ちゃんのババ

ゆっこのママ / こめた

ウコッケイ / みろく姫

肘肩腰臓 / アマビエ@座羽知之帆志

よつば / 芥川龍之介

戦車男


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 10日のオドデ館は、バレンタインプチ企画を開催中! 2月28日まで九戸産リンゴジュースを特別価格で提供しています。売り場には、寒干しダイコンや干し菜などの乾物が並んでいます。煮物やお味噌汁にお薦めですよ(^O^)

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

バレンタインプチ企画で28日まで特別価格で提供するリンゴジュース

煮物やみそ汁に重宝する寒干しダイコンや干し菜などの乾物


【オンエアリスト】

             キャンディーズ「春一番」

             (リクエスト=しろまま)

             YOASOBI「夜に駆ける」

             (リクエスト=オブチキ大好きっこ)

             DEEN「永遠をあずけてくれ」

2月3日 第345回放送後記


 

222遺跡に驚き古地図学ぶ

九戸村・生涯学習アカデミー・女性教室合同1月講座

閉講式 さらなる学びに意欲

 九戸村の生涯学習アカデミーと女性教室の合同1月講座は1月19日、村公民館で開かれました。18人が受講した合同講座は「村の宝さがし学習会 古地図と遺跡」と題し村教育委員会事務局の文化財担当・桂川祐太郎さんが講師を務め村内の代表的な遺跡や出土品、村指定文化財、明治初期の旧江刺家村の古地図などを紹介しました。

 

 村内の222遺跡の中でも、岩手県指定・黒山の昔穴遺跡に、受講者の注目が集まりました。黒山の昔穴遺跡は江刺家地区の県道5号折爪トンネル近くの山に作られた平安時代の大規模な集落跡。2014年から5年間の事前調査と発掘調査を終えた後、今年3月までに報告書がまとめられます。発掘関係者からは「2本の沢を挟んだ3区域の6.7㌶の遺跡はそのまま腐葉土の下に埋まっている」と国指定に匹敵するような意義ある遺跡と高い評価を得ています。

 

 閉講式で岩渕信義村教育長は「春からの生涯学習は充実を目指して企画を進めている」と、一層の学びの場の提供を掲げ多くの参加を呼び掛けました。今後の取り組みについて「黒山の昔穴遺跡の国指定は、村民の盛り上がりが何より大切です。九戸村史の続編発刊に準備委員会が発足した。江戸時代から明治、大正、昭和までの村の歴史を10年がかりで取り組むことになる」とあいさつしました。

村内の遺跡と古地図を紹介した講師の桂川祐太郎さん

黒山の昔穴史跡から出土した土師器・須恵器を間近に見る受講者たち

明治6年7月に作成された「陸中国 九戸郡江刺家村の古地図」を熱心に見る受講者たち

閉講式であいさつする岩渕信義村教育長


 

星座の王様 オリオン座

九戸村 天沼・江刺家小校長が紹介

輝きに隠れた悲恋物語

 2月中旬になると、月と金星、土星、木星、水星、火星が順番に最接近します。南の地平線近くにあり見えにくいことから「見ると縁起が良い」と言われる「カノープス」の星も、日本の南側で見れるチャンスです。赤く光るカノープスは、シリウスに次ぐ2番目に明るい星です。

 

 天文学に詳しい九戸村・江刺家小学校の天沼正明校長が冬の星空の目印「冬の大三角」を始めとしオリオン座「ベテルギウス」、プレアデス星団「すばる」、狩人オリオンと女神アルテミスのギリシャ神話を紹介しました。

 

 「星空めぐりをはじめましょう~冬~」をradikoのタイムフリー機能で聴きながら、夜空をお楽しみください。

冬の星空を紹介する江刺家小・天沼正明校長


 

豪農の古民家に興味津々

九戸村・戸田小3年生、ふるさと創造館見学

農具や生活用具 身近に

 九戸村・戸田小学校の3年生は1月25日、伊保内の「ふるさと創造館」を訪れ昔の農具や生活用具に触れながら使い方を学びました。ふるさと創造館は、1923年(大正12年)に戸田地区の豪農が建築した古民家を1995年(平成7年)に村が現在地に移築した施設。

 

 中には、村内の旧家や農家から寄せられた石臼やバッタリー、唐箕(とうみ)、糸撚(よ)り機、糸巻き機、機織り機、むしろ編み機、ちょうちん、石油ランプ、足踏み式脱穀機、千歯こきなど昔の生活用具や農作業に使われた道具を展示しています。児童たちは、道具の名前を確認し、どんな仕事や生活に使ったのかを学び、使い方を想像できない農具は、担任が準備してきた動画を見ながら理解を深めました。

 

 見学後は、ふるさと創造館の探検。土間の通用口を入ると、左手に直径65㌢ほどの大きな釜が2つ使えるトナ釜、奥には大きな囲炉裏を囲んで食事をした畳25枚ほどの板敷きの大部屋、左手にも、囲炉裏のある居間、建物東側には奥座敷・中座敷・下座敷の35畳の大広間。大広間を囲む縁側は、冬の日差しが柔らかく温かさに驚きました。

バッタリ―に乗ってみる児童

糸撚り機を食い入るように見る児童たち

見学を終えて土間への通用口前で記念写真を撮る3年生の児童たち。後列右端は千田利恵教諭


 

☆確定申告のお知らせ

 九戸村役場税務会計課の佐々木愛美さんは、今年の確定申告の期間と休日・夜間申告日をお知らせしました。詳しくは村広報2月号に掲載しています。

◇村広報はコチラ⇒https://bit.ly/3atBzoX

「確定申告のお知らせ」を紹介した村役場税務会計課の佐々木愛美さん


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(2月3日から2月10日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/39G5QSk

 


 

~2月プレゼント☆~

 2月のプレゼントは、九戸村戸田の高倉工芸提供の「癒しほうき」です。

 

 南部箒は、軽くてしなやかなホウキモロコシを使い、穂先の強い縮れが特徴です。1年がかりで作り上げるホウキは、使いやすさと機能性を求めて一つ一つ仕上げた自慢のホウキです。

 

 「癒しほうき」は、ペットと飼い主のコミュニケーションツールとして誕生し、2020年11月に初めて開催された「東北D2Cアワード2020」で特別賞を受賞しています。

 

 プレゼントの「癒しほうき」は、展示会で販売する限定サイズ。持ち手の幅5㌢、厚さ2.5㌢、長さは25㌢。色は、黒ベースに白の肉球柄、ベージュに茶色の肉球柄のどちらかを抽選で2人に贈ります。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。

◇高倉工芸HP⇒https://nanbuhouki.jp/

 たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 癒しほうき プレゼント」です。

 ☆締め切りは、2月28日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月のテーマ~

「好きな季節」

 

 テーマは毎月、設けています。2月のテーマは「好きな季節」です! 春、夏、秋、冬、日本は美しい四季がありますが、皆さんの好きな季節はいつですか。理由も添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

ゴルフ6オヤジ / アマビエ@座羽知之帆志

ゆずみゆず / ブルーバードマキシマ

ぬれせんべい / 凪

ねこ好き / みんこりん

まさやん / 4人のおかあちゃん

サバンナ / しろまま


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 3日は立春でした。暦の上では春ですが、まだまだ寒さが厳しい九戸村です。オドデ館の売り場には、春らしい装飾品が並んでいます🌸 春が待ち遠しいですね~(*^▽^*)

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

             レキシ「ギガアイシテル」

             sinio「星めぐりの歌」

             DREAMS COME TRUE「SNOW DANCE」

1月27日 第344回放送後記


 

3年生に感謝と激励を

九戸中・春駒の会

伝統引き継ぐ後輩たち

 九戸村の九戸中学校は1月21日、3年生を激励し感謝を伝える「春駒(しゅんく)の会」を開きました。春駒とは、卒業する3年生を春の野に馬を放つ「春駒(はるこま)」に例え、母校からの旅立ちを表します。3月に卒業する48人への感謝の心を1、2年生が合唱や体育祭演技で伝えながら、伝統を引き継ぐ決意を示しました。

 

 後輩たちが贈る記念品は、3年生への感謝にあふれたメッセージをつづった色紙。例年は一人一人に手渡しますが、今年は3年生2クラスの代表と部活動のキャプテンの12人が在校生の代表12人から受け取りました。クラス代表は、高校の入学試験合格を願い、抱えるくらい大きな絵馬の形をした色紙を贈りました。

 

 激励を受けた3年生は、それぞれの進路に向けさらに勉学に励む決意と伝統を引き継いだ後輩たちへ感謝を伝えました。

演技発表の最後に3年生に合格祈願のメッセージを送る青組の1.2年生たち

後輩たちの発表に拍手を送る3年生

後輩たちから3年生のクラス代表と各部活のキャプテンに代表で色紙を手渡す様子

「決意に満ちた会になることを期待します」と力強くあいさつをした佐藤順子校長

1、2年生の合唱発表は、RADWINPSの「正解」を歌い上げました

3年生からエールを送る様子


 

「食の在り方」考え感謝

九戸村・長興寺小の食育授業

小笠原栄養教諭が講演

  全国学校給食週間は1月24日から1週間、学校給食の意義や役割について児童生徒や教職員、保護者、地域住民の理解を深め関心を高める取り組みが全国で行われています。九戸村は、昨年4月から長興寺小学校で集中的に食育授業に取り組んで来ました。

 

 学年ごとに開かれた食育授業の最後は22日、ふれあいホールで講演会が開かれました。村学校給食センターの仕事をDVDで鑑賞しながら小笠原美保子栄養教諭が「給食は、衛生管理を徹底して提供しています。ご飯粒も残さずしっかり食べましょう」と全校児童38人に語り掛けました。

 

 及川博文校長は、昨年4月から取り組んで来た「食育」を紹介し、「食育」の授業の中で児童たちの「気づき」の大切さを語りました。

ふれあいホールで食育授業を受ける長興寺小の全校児童

給食を作り、配送、回収、食器洗浄までの流れを紹介する小笠原美保子栄養教諭


 

九戸・戸田の女正月

「政実 くのへ FM」ライブラリー Ⅰ

男たち 感謝のおもてなし

 九戸村もこの1年、コロナ禍のなか感染症対策で村や地域の行事が中止になりました。「政実 くのへ FM」ライブラリーに残る2019年1月16日に放送した「戸田元村自治会の女正月」を紹介しました。放送で紹介する役職や日付、年齢などは当時のものです。九戸のお父さんたちの優しさを感じ取ってください。

 

 九戸村南部の戸田地区の戸田元村自治会は13日、今年も男たちが地域の集会所「いろり庵」で女正月を開きお母さんたち27人を手料理でもてなしました。料理は恒例のお雑煮、あんこやゴマ、きな粉を乗せたつきたての餅、好き昆布の煮物、黒豆、手打ちそば、甘酒、男たちが持ち寄った赤カブやダイコンの漬け物。

 

 もてなす料理は武骨でも開催を経るごとに味付けが上手になり、お母さんたちは女正月を満喫しました。お聞きになってどうでしたか。心尽くしの手料理をお母さんたちにふるまうお父さんたちが目の前に浮かんできたでしょうか。家庭円満の秘訣ですね !

自慢の手打ちそばに集中する皆川牧雄さん

男たちの手作り料理で年末年始の疲れを忘れて楽しむ戸田元村自治会のお母さんたち


 

☆新年のあいさつ

 九戸村各界の皆さんの今年の抱負を聞きました。村体育協会の坂本豊彦会長、阿部繁孝商店九戸工場の吉田三雄工場長、読み聞かせグループやまびこの伊保内恒子代表、在京九戸村ふるさと会の風張富男さんの4人を紹介しました。

村体育協会の坂本豊彦会長

阿部繁孝商店九戸工場の吉田三雄工場長

読み聞かせグループ「やまびこ」の伊保内恒子代表

在京九戸村ふるさと会の風張富雄さん


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(1月27日から2月3日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/3cgCvQa

 


 

~1月プレゼント☆~

 1月のプレゼントは、九戸村のハンドメイド作家・はるえ工房さん提供の「アフリカ柄布マスク」です。

 

 はるえ工房さんは、カラフルなアフリカの布に魅せられ、リメイクした布マスクや布ナプキン、麻タワシ、アームカバーなどを7年前からコツコツと作って います。

 

 活動は、大阪市の音楽活動家・SHIHOさんが中心となり2016年から始めた布ナプキンプロジェクトとの出合いがきっかけ。再利用できる布ナプキンを作ってケニアに送っています。活動の「wototo(ワトト) furuha(フルハ)」は、スワヒリ語で「こどもの幸せ」の意味です。

 

 鮮やかな色柄のアフリカの布と子どもたちの豊かな心に魅せられたはるえ工房さんは、マイペースで無理なく活動を続けています。1つの大きな生地から出来る作品は、すべて柄の出方や組み合わせが違う1点ものです。皆さんの暮らしにも取り入れてみませんか。

 

 寒い季節を迎え、アフリカ柄の布でネル素材をはさみ温かく通気性の良い仕上がりです。男女兼用のフリーサイズ。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。番組特製ステッカーをセットにして抽選で3人に贈ります。

◇はるえ工房Instagram⇒https://bit.ly/3pRwca6

◇watoto furuhaプロジェクト⇒https://bit.ly/3fgMRif

 

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 アフリカ柄布マスク プレゼント」です。

 ☆締め切りは、1月31日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月のテーマ~

「好きな季節」

 

 テーマは毎月、設けています。2月のテーマは「好きな季節」です! 春、夏、秋、冬、日本は美しい四季がありますが、皆さんの好きな季節はいつですか。理由も添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

ヤジイエルズ異星人 / アマビエ@座羽知之帆志

ブルーバードマキシマ / こめた

アサ子 / かおりん

ウコッケイ / ブラックペッパー

不機嫌な里いも / アスリート

たべすきー


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 九戸村伊保内の高松魚店は、1月からおでんの販売を始めました。大きく「おでん」と書かれたのぼり旗が目印です。メニューは、定番の卵やコンニャク、ダイコン、つぶ貝など13種類。自慢のだしで煮込んだあったか~いおでんを味わってください。

またね~ドデンドデン(●´ω`●)

入り口の「おでん」と書かれたのぼり旗が目印

のぼり旗から奥に進むと入り口に赤ちょうちんがあります

メニューは、つぶ貝やこんにゃくなど13種類


【オンエアリスト】

             BTS「Dynamite」

             (リクエスト=不機嫌な里いも)

             財津和夫「切手のないおくりもの」

             さだまさし「案山子」

1月20日 第343回放送後記


 

 

高齢者の力に いざ出動!

くのへ村スノーバスターズ・除雪見守り隊

小中高生ら今冬も参加

 今年の冬は、例年になく雪が多い九戸村。村社会福祉協議会は、除雪ボランティアを募り村内の一人暮らしや高齢夫婦の雪かきが困難な世帯を訪れ活動しています。

 

 1月9日は、午前中に江刺家地区子ども会育成会が活動。午後は、伊保内高校と九戸中学校の有志ボランティアが伊保内、長興寺、江刺家地区を訪れました。除雪を依頼したお年寄りたちは「安心した。今年も来てくれてありがとう」と顔なじみの児童生徒たちに感謝を伝えました。

 

 スノーバスターズや除雪見守りボランティアの訪問は、冬場に引きこもりがちになったり除雪を心配するお年寄りたちに安心感を与え毎年楽しみにしています。

玄関前を除雪する江刺家小の有志児童と保護者ら

硬く重い雪の塊を除雪する様子を「すんべ」を履き見守るおばあちゃん

軒下から長い氷柱が下がる山沿いの民家を訪問する九戸中と伊保内高の有志ボランティア

見守りに訪れた生徒に笑顔を見せ感謝を伝えるお母さん


 

地域おこし協力隊を募集

聞いてみよう九戸村⑦

 聞いてみよう九戸村は、豊かな村民生活に取り組む九戸村の制度や仕組みを紹介するコーナーです。

 

 九戸村は、地域の魅力を村内外にPRし、村に活力を呼び込む「地域おこし協力隊」を初めて募集しています。村総務企画課の関口麻輝さんに聞きました。

 

 問い合わせは、電話0195-42-2111、役場総務企画課・関口さんまでお願いします。

◇九戸村地域おこし協力隊募集の詳細⇒https://bit.ly/2Me8fdL

地域おこし協力隊員の募集を紹介した村役場総務企画課の関口麻輝さん


 

文科大臣が優良表彰

九戸村・伊保内高PTAに伝達式

生徒と一体の活動評価

 九戸村の伊保内高校PTAは2020年度の文部科学省の優良PTA表彰・高校部門で大臣表彰に選ばれました。伝達式は1月15日、伊保内高校で行われ道地勇PTA会長や井上仁、千葉利行の両副会長が参加。高橋良一校長が道地会長に表彰状を手渡しました。高校部門の大臣表彰は全国で28団体、東北では伊保内高校PTAなど3団体です。

 

 伊保内高校PTAは地域行事に生徒と一体になって参加し、文化祭では食堂・バザーの運営など高校と連携して活動を続けるほか、地域に伊保内高校の理解を広げようとPTA・同窓会の広報誌「伊高通信」の全戸配布に取り組むなど多彩な活動が評価され初の大臣表彰に選ばれました。

 

 コロナ禍のなかで、伊保内高校も昨年3月2日から4月3日まで休校となり、3月の卒業式は卒業生と保護者、教職員らで行いました。4月の入学式も新入生と保護者、教職員だけで行い、PTA総会も中止。苦心のPTA運営に取り組む道地会長は「今回の受賞が今後の活動の励みになる」と期待しています。

高橋良一校長㊨から文科大臣優良PTA表彰状の伝達を受ける道地勇会長(中央)

表彰状を手にする道地勇会長。中央左は高橋良一校長、左端が千葉利行副会長、右端は井上仁副会長


 

 

新型コロナ対策に一役

盛岡信金・九戸信友会

九戸村に10万円贈る

 盛岡信用金庫九戸支店を利用する地元企業の親睦会・九戸信友会の藤館卓弘会長と川村正章支店長は1月12日、九戸村役場を訪れ「福祉施設に役立ててください」と晴山裕康村長に10万円を贈りました。九戸信友会の寄付は、今回が初めてです。

 

 九戸信友会が企画した事業は昨年、コロナ禍のなかで行事やイベントの中止が相次いだことから「地域に貢献できることはないか」と役員と相談し満場一致で事業費の中から寄付することにしました。

 

 九戸信友会は、1986年(昭和61年)7月に発足。現在は、会員65社が法人会主催の経済講演会や村商工会青年部主催のビアガーデンを支援するなど積極的に活動しています。

晴山裕康村長㊧に寄付金を手渡す藤館卓弘・九戸信友会長㊥

記念撮影する藤舘卓弘・九戸信友会長㊥、晴山裕康村長㊧、盛岡信用金庫九戸支店の川村正章支店長


 

☆新年のあいさつ

 九戸村各界の皆さんの今年の抱負を聞きました。村社会福祉協議会の木村正樹会長、テーオー食品岩手工場の高橋一郎工場長、八戸地区九戸村郷友会の宮忠さん、JA新いわて北部支部九戸地区女性部の下村美江子部長の4人の声を紹介しました。

村社会福祉協議会の木村正樹会長

テーオー食品岩手工場の高橋一郎工場長

八戸地区九戸村郷友会の宮忠さん

JA新いわて北部支部九戸地区女性部の下村美江子部長


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(1月20日から1月27日まで聴けます)

◇radiko⇒https://bit.ly/3pbbh10

 


 

~1月プレゼント☆~

 1月のプレゼントは、九戸村のハンドメイド作家・はるえ工房さん提供の「アフリカ柄布マスク」です。

 

 はるえ工房さんは、カラフルなアフリカの布に魅せられ、リメイクした布マスクや布ナプキン、麻タワシ、アームカバーなどを7年前からコツコツと作って います。

 

 活動は、大阪市の音楽活動家・SHIHOさんが中心となり2016年から始めた布ナプキンプロジェクトとの出合いがきっかけ。再利用できる布ナプキンを作ってケニアに送っています。活動の「wototo(ワトト) furuha(フルハ)」は、スワヒリ語で「こどもの幸せ」の意味です。

 

 鮮やかな色柄のアフリカの布と子どもたちの豊かな心に魅せられたはるえ工房さんは、マイペースで無理なく活動を続けています。1つの大きな生地から出来る作品は、すべて柄の出方や組み合わせが違う1点ものです。皆さんの暮らしにも取り入れてみませんか。

 

 寒い季節を迎え、アフリカ柄の布でネル素材をはさみ温かく通気性の良い仕上がりです。男女兼用のフリーサイズ。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。番組特製ステッカーをセットにして抽選で3人に贈ります。

◇はるえ工房Instagram⇒https://bit.ly/3pRwca6

◇watoto furuhaプロジェクト⇒https://bit.ly/3fgMRif

 

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 アフリカ柄布マスク プレゼント」です。

 ☆締め切りは、1月31日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月のテーマ~

「今年の目標」

 

 テーマは毎月、設けています。2021年最初のテーマは「今年の目標」です! 今年こそ挑戦したいこと、頑張りたいことなど理由を添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

からあげベクター / ナカッチ

青森のパオ / よっちゃん

ウコッケイ / ブラックペッパー

アスリート / 凪

アマビエ@座羽知之帆志 / みろく姫

とこやのおばちゃん / ゆっこママ

スズキワゴンR / アサ子

月の夜 星の朝 / タプコプ

田子ばあば / こめた

かおりん / ダンディ・ガガ

ブルーバードマキシマ


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 20日は、オドデ館入り口にミズキ団子が飾られていました🍡 4色の団子と獅子舞や扇、タイなども一緒に飾り、五穀豊穣を願う小正月行事が行われています(^-^) 売り場には、福をよぶ可愛らしい陶器の「オドデ様」も並んでいました。今年も福がいっぱいの年になりますように☆

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

オドデ館入り口に飾られた4色のミズキ団子

4色の団子と獅子舞や扇、タイなども一緒に飾られています

福をよぶかわいらしい「オドデ様」の陶芸作品


【オンエアリスト】

             森昌子「越冬つばめ」

             GReeeeN「雪の音」

             カズン「冬のファンタジー」

1月13日 第342回放送後記


 

中継 村営くのへスキー場

 村営くのへスキー場は1月2日、待望の営業が始まりました。13日はスキー場の大畑英明さんにスキー場のお得な情報を中継で紹介しました。

 村営くのへスキー場のゲレンデ情報は、九戸村のHPに掲載しています。1月14日からはナイター営業も始まります。

◇九戸村HP⇒https://bit.ly/35zCRNF

村営くのへスキー場のお得な情報を紹介した大畑英明さん㊨

13日は、ゲレンデに家族連れのスキーヤーが多く見かけました

くのへスキー場のリフト券料金表

麓でソリ遊びを楽しむ子ども

温かいみそラーメンやジンギスカン定食が人気のレストラン「ロッヂ西山荘」

スキーやスノーボードのレンタルコーナーは、ロッヂ西山荘1階にあります。

 


 

読み聞かせ41年 歴史紡ぐ

九戸・伊保内高の地域子ども読書会

コロナ禍 5小学校にDVD 

 コロナ禍の中で静かな生活が求められた今年の冬休み。九戸村の伊保内高校生たちは、40年間続く冬休み恒例の「地域子ども読書会」を村内5小学校の地元に出向いての「読み聞かせと交流」を断念し、自分たちで宮沢賢治作品「猫の事務所」=1926年(大正15年)発表=をDVD制作し冬休みの贈り物にします。

 

 10月下旬から例年通り地域に出向いての交流を目指し準備が始まり、1年生25人が5班・2年生20人が4班に分かれ取り組んできました。12月に入り新型コロナ感染症の全国的な流行でDVDを制作しプレゼントに変更しました。収録は12月16、17日。校内の4カ所で発表しました。9組の発表の中から、DVDに収録は、1年生の1班が選ばれました。

 

 出来上がった作品は、村教育委員会を通じて冬休み明けに5つの小学校に贈られます。児童たちとの交流はかないませんでしたが、1.2年生45人が紡いだ伝統行事は児童たちへのプレゼントとして残り、伊保内高校の伝統を絶やすことなく後輩たちに引き継ぎました。

1年1班のメンバー。左端が千葉彩愛代表

1年生4班のメンバー。右から2人目が中野感大代表

2年生1班のメンバー。中央が山本瑠輝代表

自作のペープサートを手にする戸田好音さん(2年生1班)


 

村を守る気概強く

九戸村消防団出初め式

  九戸村消防団の出初め式は1月10日、伊保内小学校校庭で行われました。15の分団からおよそ150人と婦人消防協力隊15人が参加。山本篤団長と統監の晴山裕康村長の訓示を受け、無火災の村を目指すとともに災害時の迅速な対応を誓いました。

 

 今年の出初め式は、新型コロナ感性症対策を徹底し団員は全員マスク着用し間隔をあけて整列、分列行進も中止するなど短時間で行われました。

 

 安全な村づくりのため、村消防団が一致団結し迅速的確な消防活動に取り組むとともに村民一人一人の心がけが必要です。

村消防団の山本篤団長に敬礼する団員ら

統監の晴山裕康村長を先頭に歩き団員の観閲と服装点検を行う

発足58年目を迎える村婦人消防協力隊

号令や敬意を表すラッパの音色を響かせるラッパ隊


 

☆新年のあいさつ

 九戸村各界の皆さんの今年の抱負を聞きました。村商工会の尾友元一会長、村文化協会の上村勝己会長、令和2年度成人式実行委員会の中村偉織委員長、九戸精密の渡部達己社長の4人の声を紹介しました。

九戸村商工会の尾友元一会長

九戸村文化協会の上村勝己会長

令和2年度成人式実行委員会の中村偉織委員長

九戸精密の渡部達己社長


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(1月13日から1月20日まで視聴できます)

◇radiko⇒https://bit.ly/35yj3u4

 


 

~1月プレゼント☆~

 1月のプレゼントは、九戸村のハンドメイド作家・はるえ工房さん提供の「アフリカ柄布マスク」です。

 

 はるえ工房さんは、カラフルなアフリカの布に魅せられ、リメイクした布マスクや布ナプキン、麻タワシ、アームカバーなどを7年前からコツコツと作って います。

 

 活動は、大阪市の音楽活動家・SHIHOさんが中心となり2016年から始めた布ナプキンプロジェクトとの出合いがきっかけ。再利用できる布ナプキンを作ってケニアに送っています。活動の「wototo(ワトト) furuha(フルハ)」は、スワヒリ語で「こどもの幸せ」の意味です。

 

 鮮やかな色柄のアフリカの布と子どもたちの豊かな心に魅せられたはるえ工房さんは、マイペースで無理なく活動を続けています。1つの大きな生地から出来る作品は、すべて柄の出方や組み合わせが違う1点ものです。皆さんの暮らしにも取り入れてみませんか。

 

 寒い季節を迎え、アフリカ柄の布でネル素材をはさみ温かく通気性の良い仕上がりです。男女兼用のフリーサイズ。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。番組特製ステッカーをセットにして抽選で3人に贈ります。

◇はるえ工房Instagram⇒https://bit.ly/3pRwca6

◇watoto furuhaプロジェクト⇒https://bit.ly/3fgMRif

 

 たくさんの応募を待っています!

 プレゼント名は、「九戸 アフリカ柄布マスク プレゼント」です。

 ☆締め切りは、1月31日(日)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月のテーマ~

「今年の目標」

 

 テーマは毎月、設けています。2021年最初のテーマは「今年の目標」です! 今年こそ挑戦したいこと、頑張りたいことなど理由を添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

       九戸村伊保内11-47-1

       街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

S / えーちゃん

ゆっこのママ / よっちゃん

肘肩腰臓 / 山好き

かんきち / チャコ

心のまま / うどん県大好き

ゴルフ6オヤジ / Yuki

白馬童子 / アマビエ@座羽知之帆志

なな / シャドー河童

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 13日のオドデ館は、干し柿が並んでいました。「むかご」という小さなジャガイモのようなものが並んでいました。皆さん、これはどうやって食べるのでしょうか。

 スタジオの隣のマルイ造形家具工業のブースには、アウトドア用品が並び模様替えしていました。ぜひお立ち寄りください。またね~ドデンドデン(●´ω`●)

おやつだけでなく、料理にも使える干し柿

むかご これはどうやってたべるのでしょうか?

マルイ造形家具工業のブースには、アウトドア家具も展示されていました


【オンエアリスト】

             NiziU「Make you happy」

             (リクエスト=大畑さん)

             あんべ光俊Feat.臼澤みさき

             「イーハトーブの風~reborn~」

             GLAY「Winter, again」

1月6日 第341回放送後記


 

新年のあいさつ

 九戸村の晴山裕康村長の新年のあいさつを紹介しました。

村民やリスナーに新年のあいさつをした晴山裕康村長


 

八戸地区九戸村郷友会 上柿会長

ふるさとへ ラジオ年賀状

在京九戸村ふるさと会 市橋会長

 新年を迎えて全国各地の家庭で、届いたばかりの年賀状を手にし親戚や懐かしい友人、先輩後輩の近況に温かい気持ちになっているかと思います。

 

 ふるさと九戸村を離れて八戸地区や首都圏で活躍している村出身者が励まし合いながら集う八戸地区九戸村郷友会の上柿富久夫会長、在京九戸村ふるさと会の市橋賢悟会長に、ふるさとへの新年のあいさつをいただきました。「ラジオ年賀状」と題して、紹介しました。

八戸地区郷友会の上柿富久夫会長

在京九戸村ふるさと会の市橋賢悟会長


 

「大黒様とマタ大根」

九戸村・やまびこプレゼンツ 2021冬

漆原さんが紹介

 九戸村の読み聞かせグループ「やまびこ」の皆さんの朗読は今回、漆原芳子さんが「九戸村の民話 Part2~炉ばたのむかし語り」から「大黒様とマタ大根」を紹介しました。

 

 昔、餅が大好きでニコニコと笑顔を絶やさない体格の良い大黒様がいました。ある時、腹をこわしてしまい、母親は「何か、良い薬はながんべか」と心配していました。母親は、橋の先にある村で「大根を食べさせれば、治る」と聞きました。

 

 母親は村から帰る途中、大根を30本ほど背負っていた姉様に会いました。母親は「背中のダイコンを1本譲ってけろ」と頼みましたが、姉様は「旦那様に30本届けなければならないのす」と答え、困った顔になりました。母親は大黒様の腹痛を話し「何とかならないべか ? 」と頼み込みます。

 

 姉様は、背負っていた大根の中に二股の大根あるのを思い出し「良い考えを思いつきました」と言い、二股大根の股をカクッと欠いて二本の大根にしました。これで、背負っていた大根は31本になり、旦那様に30本届け、大黒様の母親に1本を譲れることになりましたが……。さて、姉様の知恵はうまくいったのでしょうか ? 

微笑みながら朗読する漆原芳子さん


 

中継コーナー オドデ館

 久しぶりの中継コーナーは、道の駅おりつめオドデ館からお薦め商品をオドデ館の七戸友紀さんとおりつめ工房の岩部フサ子さんが紹介しました。

オドデ館の入り口には、大きな門松が飾ってあります

ドライブのお供に人気の「おりつめ工房」のみそ田楽と串もち

お薦め商品を紹介したオドデ館の七戸友紀さん㊨と、おりつめ工房の岩部フサ子さん㊥

鍋に欠かせないハクサイ(1個230円から)。肉厚の焼きふを使ったアレンジメニューを紹介しました

人気のそば枕(1個1100円)

可愛らしい色柄で仕上げたお昼寝用枕(1個650円)

ドレッシングにも使えるおりつめ工房の「とりみそ」(70g 130円)


 

新年のあいさつ

 九戸村の桜庭豊太郎村議会議長と村ふるさと振興公社の吉川清一郎支配人の新年のあいさつを紹介しました。

桜庭豊太郎・村議会議長

九戸村ふるさと振興公社の吉川清一郎支配人


 

☆ゲレンデ情報

 村営くのへスキー場は1月2日にオープン、最新のゲレンデ情報をお伝えしました。九戸村HPからも確認できます。

九戸村HP⇒https://bit.ly/3hRs2eQ


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(1月6日から1月13日まで視聴できます)

◇radiko⇒https://bit.ly/2LvXumo

 


 

~1月プレゼント☆~

 1月のプレゼントは、九戸村のハンドメイド作家・はるえ工房さん提供の「アフリカ柄布マスク」です。

 

 はるえ工房さんは、カラフルなアフリカの布に魅せられ、リメイクした布マスクや布ナプキン、麻タワシ、アームカバーなどを7年前からコツコツと作って います。

 

 活動は、大阪市の音楽活動家・SHIHOさんが中心となり2016年から始めた布ナプキンプロジェクトとの出合いがきっかけ。再利用できる布ナプキンを作ってケニアに送っています。活動の「wototo(ワトト) furuha(フルハ)」は、スワヒリ語で「こどもの幸せ」の意味です。

 

 鮮やかな色柄のアフリカの布と子どもたちの心の豊かさに魅せられたはるえ工房さんは、マイペースで無理なく活動を続けています。1つの大きな生地から出来る作品は、すべて柄の出方や組み合わせが違う1点ものです。皆さんの暮らしにも取り入れてみませんか。

 

 寒い季節を迎え、アフリカ柄の布でネル素材をはさみ温かく通気性の良い仕上がりです。男女兼用のフリーサイズ。どの柄が当たるかは届いてからのお楽しみです。番組特製ステッカーをセットにして抽選で3人に贈ります。

◇はるえ工房Instagram⇒https://bit.ly/3pRwca6

◇watoto furuhaプロジェクト⇒https://bit.ly/3fgMRif

 

たくさんの応募を待っています!

プレゼント名は、「九戸 アフリカ柄布マスク プレゼント」です。

 ☆締め切りは、1月31日(日)です。

プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月のテーマ~

「今年の目標」

 

 テーマは毎月、設けています。2021年最初のテーマは「今年の目標」です! 今年こそ挑戦したいこと、頑張りたいことなど理由を添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

からあげベクター / おやつ番長

ゴルフ6オヤジ / えす

ブルーバード・マキシマ / えーちゃん

 

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 6日は、2021年最初の放送でした。オドデ館には、レジ前に大きな鏡もちが飾られていました。神様が宿るとされる鏡もちですが、オドデ館の鏡もちには、もしかしたらオドデ様が宿っているかもしれないですね(*´з`) 売り場には、桜もちが並んでいました。春が待ち遠しいです。

 皆さま、今年もよろしくお願いします✨またね~ドデンドデン(●´ω`●)

オドデ館のレジ前に飾られた大きな鏡もち

冬本番の中、気分は春の訪れを感じさせる桜もち


【オンエアリスト】

             新沼謙治、杉並児童楽団

             「ふるさとは今も変わらず」

             Da-iCE「DREAMIN’ ON」

             大場久美子「さよなら ありがとう」

             (リクエスト=アマビエ@座羽知之帆志)

12月30日 第340回放送後記


 

九戸中、優秀学校賞に輝く

いっしょに読もう! 新聞コンクール

気づき促し表現力養う

 九戸村は今年4月から教育に新聞を取り入れるNIE活動が村内全ての小中学校で始まり、毎週火曜日に岩手日報を配布し学校ごとに取り組んでいます。九戸中学校は、日本新聞協会主催の「いっしょに読もう!新聞コンクール」の中学校団体部門で「優秀学校賞」に初入賞しました。今年の活動を九戸中学校の後藤正有教諭に聞きました。

 

 九戸中学校は、3年前から「いっしょに読もう!新聞コンクール」に応募しています。後藤教諭は「新聞を読むことでまとめる力、考える力が養われる。家族と一緒に取りくむことでコミュニケーション能力も育ってほしい。全国で生徒の頑張りが認められたのがうれしい」と振り返りました。

 

 コンクールは自分一人の感想や意見だけでなく、周囲の意見も聞きより深く考える機会を提供することを狙いとしています。今年の入賞者は、47都道府県と海外から寄せられた5万7977編の中から、小・中・高校部門の最優秀賞をそれぞれ1人、優秀賞をそれぞれ10人、奨励賞を120人選びました。団体応募432校のうち小・中・高校部門で優秀学校賞をそれぞれ5校、学校奨励賞158校を選定しました。

「いっしょに読もう!新聞コンクール」で優秀学校賞を受賞した九戸中学校の取り組みを振り返った後藤正有教諭


 

ドローン普及と活用願う

九戸村に真柴商会(金ヶ崎町)が寄贈

岩手県全33市町村に

 岩手県金ヶ崎町でドローンスクール岩手金ヶ崎校を運営する真柴商会は12月25日、九戸村に超小型高性能カメラを搭載したドローンを寄贈しました。来年1月20日までに県内33市町村すべてに寄贈します。

 

 贈られたのは、航空法で操縦者の申請・許可が必要ない機体200㌘以下の超小型高性能カメラ搭載のドローン。専用アプリでスマートフォンと接続し画面を見ながら操作が出来ます。高度1000㍍、2㌔先まで飛ばすことができ、飛行時間は15分。街の風景の空撮や測量、災害時に人が立ち入ることが出来ない現場の確認など、さまざまな活用が期待されています。

 

 晴山裕康村長は「観光、災害時の確認、産業振興など多方面に活用できそうだ。若い職員と一緒に活用法を探りたい」と期待を膨らませた。真柴商会の菅谷忠寿代表取締役は「ドローンがもっと普及し測量や点検を地元企業に依頼できれば、地域の活性化につながるのではないか。県全体で新しい技術を取り入れ、地元の定着つながってほしい」と願いを込めた。

ドローンを受け取る晴山裕康村長㊧と真柴商会の菅谷忠寿代表取締役

村長室で飛ぶドローン


 

身近な食材で、プロの味

九戸村・公民館学級第6回料理教室

 九戸村公民館学級の料理教室は12月17日、村山村開発センターで開かれました。参加したお母さん9人は「和風レストラン陣羽織」の店主・坂本順二さんの指導で、コンソメスープとニョッキ、ローストビーフ、ロシア版クレープのブリヌイの4品を手際よく調理し、昼食を楽しみました。

 

 坂本さんは25年ほど前から村の料理教室で講師を務め、和食、洋食、ロシア料理を手掛けるベテラン料理人。村営くのへスキー場に近くのふるさとの館に和風レストラン陣羽織を1993(平成5)年に開店し、味噌ラーメンやジンギスカンが自慢です。坂本さんに講師を務める時に心がけていることを聞きました。

 

 坂本さんは「プロの料理人も家の台所で料理するお母さんも『誰かのために毎日料理を作るのは同じだ』と言われたことがある」と振り返り「地元の方と交流しながら毎回勉強させてもらっている。近くのスーパーで購入できる食材や家の調理器具でも作れるようなメニューを選ぶのがこだわりです」と語りました。

フランスではカブのことを「ナベ」という雑学も交えて切り方を教えます

ニンジンのグラッセの下ごしらえをする参加者

しっかり焼き目のついたローストビーフ

(左上から時計回りに)ニョッキ、ローストビーフ、ブリヌイ、コンソメスープ、ご飯


 

波乱乗り越え仏の道に

九戸村 生涯学習アカデミー・女性教室が合同講座

圓通寺住職 師匠3人、結婚語る

 九戸村の高齢者が集う生涯学習アカデミーと女性教室の12月合同講座は12月8日、村公民館HOZホールで開かれ、伊保内の圓通寺住職・上村陛巳さんが「住職誕生秘話」と題し講演しました。

 

 上村さんは八戸市生まれ。不幸が重なり高校1年生の冬に退学を決意した直後に、縁あって参学の師に出会い仏の道に導かれました。3年生の夏に南部町(旧名川町)・法光寺で授業師の下で得度し、修行を積む中で九戸村の圓通寺副住職となりました。

 

 圓通寺の副住職時代に「先代から寺にいないで、外に出て地域と交流しなさい」と指導を受け、今日があると打ち明けました。上村住職は、三人の師との思い出や住職となった半生、結婚を振り返り数々の「心の葛藤」を率直に語り掛け参加者の心を引き付けました。

波乱の中で仏の道に導かれた半生を率直に語りかけた圓通寺の上村陛巳住職

3人の師との出会いと結婚を振り返った上村住職の講演に「生きる意義」を考えさせられた参加者たち


 

タイムフリーでもう一度 radiko

 今週の放送を聴き逃した方やもう一度聴きたい方は、radikoのタイムフリーサービスでお楽しみください。(12月30日から1月6日まで視聴できます)

◇radiko⇒https://bit.ly/3b3QAzD

 


 

 

~1月のテーマ~

「今年の目標」

 

 テーマは毎月、設けています。2021年最初のテーマは「今年の目標」です! 今年こそ挑戦したいこと、頑張りたいことなど理由を添えてメッセージお寄せください。

 

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

       九戸村伊保内11-47-1

       街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

アマビエ@座羽知之帆志 / ぽんぽこ

ダンディ・ガガ / ブルーバード・マキシマ

ゴルフ6オヤジ / しゅうちゃん

天空剣士 / ボブ

いっこ

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 30日朝は、九戸村も15㌢ほど雪が積もりました。オドデ様も雪に囲まれたたずんで見守ってくれています(^-^) オドデ館は、ミカン付きの鏡もちが並んでいました。

 2020年も大変お世話になりました。皆さまよいお年をお迎えください。またね~ドデンドデン(●´ω`●)

雪の積もった屋根の下で1年を振り返っているようなオドデ様

正月用に並んだみかん付きの鏡もち

オドデ館の年末年始の営業案内です

街の駅まさざね館の年末年始の営業のお知らせです


【オンエアリスト】

           上木彩矢wTAKUYA

           「W-B-X~W-Boiled Extreme」

           (リクエスト=ダンディ・ガガ)

           石川さゆり「津軽海峡冬景色」

           三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

           「冬空」

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031