エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

Archive for 4月, 2020

4月29日 第305回放送後記


 

春先に現れる幻の滝

九戸・林道折爪岳線が開通

沿道の山野草を楽しむ

 岩手県北の九戸村や二戸市、軽米町にまたがる標高852.2㍍の折爪岳に九戸村から登る林道・折爪岳線は4月24日、冬期間の通行止めが終わり開通しました。天候が落ち着いた週明けの27日に、村の観光道路ともいえる林道を歩き折爪岳の春を実感しました。

 

 今年は新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、国が全国に非常事態を宣言していることから、林道ですれ違う車も数台、山頂展望台にはだれもいませんでした。5月6日までは、山頂近くの「ふるさと自然公園センター」や山の家、食堂・仙人の食卓は閉鎖が続きます。

 

 7日以降の対応は、宣言の解除後に検討となります。寂しい「折爪岳の春」ですが、林道沿いや山肌の残雪は少なく、大きなフキノトウがあちこちに開いていました。折爪岳の春は、一日ごとに進んでいます。

 

春先に出現する幻の滝

折爪岳を象徴するオドデ様の滝の前で一休みの一行

ふるさと自然公園センター近くにある山居権現

山折権現近くの山折湧水


 

「チキント手アライ」励行

九戸村商工会青年部・オブチキ

コロナ対策を呼び掛ける

 岩手県は全国有数のブロイラーの産地。九戸村は、2018年度が県内生産量ナンバーワンです。村商工会青年部は、九戸村をPRするキャラクター「キング オブ チキン」(略称オブチキ)を昨年制作しています。頭が鶏、体が人間の姿をしたエジプトの壁画のようなデザインで、Tシャツや前掛けなどのグッズや地元で飲んで飲酒運転撲滅を呼びかけるポスターを作り、「九戸村はチキン王国」と盛り上げています。

 

 今回は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止を呼び掛けるポスターを3種類作りました。イベント中止や活動自粛の中で「正しい手洗い」の手順を広めたいと作ったポスターは、村内のお店や公共トイレ、学校、保育園、幼稚園などに掲示しています。

 

 青年部部長の下斗米佑太さんに村内外での反応を聞きました。紹介したポスターは、オブチキ(キングオブチキン)のfacebookページからダウンロードできます。ご活用ください。

◇オブチキfacebookページ⇒https://is.gd/3cczVE

◇ポスターのダウンロードはコチラ⇒https://is.gd/o2dPF7

チキント手アライのポスター

卵40個分でソーシャルディスタンスを表現したポスター

「密閉 密集 密接」の3密を意識し避けるよう呼び掛けるポスター


 

安定した生産量目指す

九戸村のワサビ、岩手で生産2位

若手生産者獲得に期待

 九戸村荒谷のワサビ栽培農家・森松造さんは昨年度、村で一番生産量が多く3月の「村農業生産者の集い」で村長表彰の優秀賞を受賞しました。

 

 ワサビは、清流で育つ沢ワサビと畑に育つ畑ワサビの2種類あります。村内で栽培しているのは、畑ワサビ。出荷は花が咲く前のつぼみがついた花ワサビと、花を摘み取った後の茎ワサビの2種類です。

 

 岩手県は、日本一の畑ワサビの生産量を誇り、九戸村は、岩泉町に次ぎ県内2位の生産地です。村内の栽培農家20人が総面積10㌶で手塩にかけ育てる花ワサビは今、出荷のピークを迎えています。

JA新いわて九戸地区担当課の橋本竜也さん㊨とワサビ生産部会の森松造さん

九戸村内のワサビ生産者の葉ワサビ畑

ハート形のワサビの葉


 

☆戸田小学校・最上啓校長の抱負

 九戸村の戸田小学校長の最上啓さんは、金ヶ崎町の第一小学校から着任しました。戸田小学校の校歌の歌詞にもある瀬月内川の清流の美しさに驚き、これから村の魅力を探索する喜びを語りました。

戸田小学校の新校長・最上啓さん


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶セット」を抽選で5人に贈ります。

 

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地です。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われいろいろな楽しみ方があります。

 

 テトラ型のあま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募を待っています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶セット プレゼント」です。

あま茶ティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りのギフトボックス

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て

☆締め切りは、4月30日(木)です。


 

~4月のテーマ~

「 和菓子・洋菓子、どっちが好き?

 テーマは毎月、設けています。日本の伝統的な和菓子と、ケーキやタルトなどの洋菓子どっちが好きですか。お薦めのお菓子やお菓子を食べたくなるシチュエーションなど理由も添えてメッセージお寄せください。

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

みっち / あはは

アマビエ@座羽知之帆志 / ぽてこ

ブルーバードマキシマターボXR / いっこ

不機嫌な里いも / 赤い、ひまわり。

山本大一研究会 / ヤジイエルズ異星人

裕神 / 三味線屋勇次

 

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 九戸村内の桜のつぼみもほころび始め、29日は村内のあちこちで開花してた桜を見かけました。戸井良沢の水芭蕉を25日に訪れました。少しずつ咲いている花が増えています。今年は例年より沢の水量が少なく、咲いている花の数も少なめでした。

 来週5月6日の放送は、スタジオの都合で収録放送となります。

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

九戸村内の開花した桜

白い妖精・戸井良沢の水芭蕉


【オンエアリスト】

             坂本九「上を向いて歩こう」

             ヨルシカ「ただ君に晴れ」

             (リクエスト=アマビエひなぼん)

             宇多田ヒカル「SAKURAドロップス」

             (リクエスト=不機嫌な里いも)

4月22日 第304回放送後記


 

晴山新村長村づくり語る

 九戸村の新村長に4月20日に就任した晴山裕康さんを紹介しました。晴山村長は村づくりの抱負を語りました。

新村長に就任した晴山裕康さん


 

紙面に注ぐ 豊かな視点

九戸村・小中全校でNIEスタート

新聞身近に 広がる関心

 九戸村は今年度、村の小中学校の児童生徒の全員が教育に新聞を活用するNIE活動に取り組みます。新学期がスタートして2週間。先週14日(火)から各学校に岩手日報本紙と子ども新聞「日報ジュニアウィークリー」が届き、具体的な活動が始まっています。

 

 九戸の子どもたちは、幼いころから家庭や地域で、童話や昔話の読み聞かせを楽しみ活字に親しんでいます。NIE活動は、新聞を通じて社会の出来事を知り関心を持つ自分なりに考え理解する力を身に付け視野の広い人間性をはぐくみます。

 

 児童・生徒358人は新聞の活字に抵抗感なく、記事に関心を示しています。九戸中学校や伊保内、長興寺、戸田、山根、江刺家の小学校の取り組みと、村教育委員会が全小中学校で取り組むことになった経緯を紹介しました。

子ども新聞を広げ、担任の佐賀敦子教諭と話し合う戸田小学校2年生の児童たち

記事の要約と感想文に取り組む長興寺小学校6年生の児童たち


 

通学路の危険個所

九戸村・江刺家小で交通安全教室

児童37人交通ルール学ぶ

 九戸村は、新学期を迎えた小・中学校で交通安全教室が開かれています。4月7日の九戸中学校を皮切りに、15日に戸田小学校、17日は江刺家小学校で開かれました。

 

 江刺家小学校の安全教室は二戸警察署九戸駐在所の森岩春雄所長の交通安全の講話の後、1、2年生11人は学校近くの通学路で歩行体験、3年から6年生26人が公邸で自転車利用の交通ルールを学びました。

 

 天沼正明校長は「しっかり学び命を守ろう」と児童37人に呼びかけました。交通安全教室はこの後、4月20日に伊保内小学校、22日に長興寺小学校、23日に山根小学校で開かれ終えました。

危険箇所を確認しながら横断を学ぶ児童ら

押ボタン式信号の横断歩道を渡る児童ら

九戸村・伊保内高校がモデル校

自転車防犯、非行防止誓う

 九戸村の伊保内高校は、今年の「自転車安全利用モデル校」と「少年非行防止・自転車盗難防止モデル校」に二戸警察署から指定され、4月15日に校長室で指定書交付式が行われました。

 

 交付式は、伊保内高校の高橋良一校長ら10人が出席し、生徒会長の古舘瞳花さん(3年)が二戸警察署の南部一成署長から受け取りました。

 

 古舘生徒会長は、「交通事故のない安全な交通社会の実現に努力する」と誓いました。伊保内高校がモデル校の指定を受けるのは、10年ぶり2回目です。

指定書交付式に臨む生徒会長の古舘瞳花さん㊧と高橋良一校長


 

地域挙げ鍵かけ実践

九戸村・長興寺上、下行政区

二戸署、モデル地区指定

 九戸村の防犯活動の模範となる鍵かけモデル地区の指定書交付式は4月15日、村役場村長室で行われました。指定を受けた長興寺上・下行政区の髙崎徳雄防犯隊長は「住民一体となって地域の防犯活動に努める」と誓いました。

 

 交付式は、関係者10人が出席。高橋隊長が二戸警察署の南部一成署長から指定書を受け取りました。

 

 長興寺上・下行政区は、2014年に指定を受け、国道340号沿いに「安全安心なまちづくり、鍵かけモデル地区」とドライバーの目に留まりやすい大きな看板を2か所設置しています。今回も、看板と同じデザインのステッカーを144世帯に配り、防犯を呼びかけます。モデル地区は、防犯意識の高い地区が指定されます。

 

鍵かけモデル地区の指定書を受け取る長興寺上・下行政区の髙崎徳雄防犯隊長㊨

国道340号沿いのドライバーの目に留まりやすい場所に設置された鍵かけモデル指定地区の看板


 

☆役場新職員の抱負

 小野寺愛保育士は、4月から戸田保育園に勤務しています。小野寺保育士に卒園した保育園に勤める喜びを聞きました。

戸田保育園の小野寺愛保育士


 

☆長興寺小学校・及川博文校長の抱負

 九戸村の長興寺小学校長に着任した及川博文さんは、西和賀町の出身。古里と同じ里山の九戸に親しみを感じている喜びを紹介しました。

長興寺小の及川博文新校長


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶セット」を抽選で5人に贈ります。

 

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地です。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われいろいろな楽しみ方があります。

 

 テトラ型のあま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募を待っています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶セット プレゼント」です。

あま茶ティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りのギフトボックス

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て

☆締め切りは、4月30日(木)です。


 

~4月のテーマ~

「 和菓子・洋菓子、どっちが好き?

 テーマは毎月、設けています。日本の伝統的な和菓子と、ケーキやタルトなどの洋菓子どっちが好きですか。お薦めのお菓子やお菓子を食べたくなるシチュエーションなど理由も添えてメッセージお寄せください。

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

赤い、ひまわり。 / とど

アマビエ@座羽知之帆志 / マッコ

ブルーバードマキシマ / ゴルフ6オヤジ

よっちゃん / みっち

中村主水 / 生むぎ生米生卵

 

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 22日のオドデ館周辺の桜は、つぼみが少し膨らみピンクの花びらが顔を出し始めました。オドデ館は、炒め物がお薦めの行者ニンニク、50㌢ほどの大きなホウレンソウが並んでいます。

 

またね~ドデンドデン(●´ω`●)

オドデ館駐車場の桜は、つぼみが膨らみ始めました

炒め物にお薦めの行者ニンニク

50㌢ほどある大きなホウレンソウ


【オンエアリスト】

             ナオト・インティライミ「Hello」

             吉田拓郎「春だったね」

             松たか子「桜の雨、いつか」

             (リクエスト=ヤリスに乗りたい)

4月15日 第303回放送後記


 

魅力満載「ホッこり九戸さんぽ」

九戸村観光パンフレットを一新

岩渕さん(村協会)が紹介

 九戸村観光協会は、村の観光パンフレットをリニューアルした「ホッこり九戸さんぽ」(A5判、16ページ、フルカラー)を発行しました。

 

 担当した事務局の岩渕信毅さんをスタジオに迎え、30年ぶりに装いを新たにしたパンフレットに収めた九戸村の魅力を紹介しました。

 

 巻末のQRコードから九戸村のHPにアクセスし「九戸ブランド」の中に「ホッこり九戸さんぽ」があります。村の食・観光・工芸などのHPやfacebookページを閲覧できます。

◇九戸村HP⇒http://www.vill.kunohe.iwate.jp/

九戸村の魅力を紹介する村観光協会事務局の岩渕信毅さん㊧

リニューアルした自慢の観光パンフレットを持ちながら笑顔を浮かべる岩渕さん㊧

「ホッこり九戸さんぽ」の表紙

村の伝統工芸の「南部箒」と「南部箪笥」を紹介するページ


 

太郎と七郎

九戸村・やまびこプレゼンツ 2020春

漆原さんが紹介

 九戸村の読み聞かせグループ「やまびこ」の皆さんの朗読は今回、漆原芳子さんが「九戸村の民話Part 2 炉ばたのむかし語り」から、心がけが良く行儀のよい太郎と行儀の悪い七郎の話「太郎と七郎」を朗読しました。

 

 太郎は彼岸団子を腰に下げ山にマキ取りに行くと、団子が落ちて山の麓のお堂まで転がりネズミの穴に入ってしまいます。太郎は穴の中の地蔵様の座敷に行くと、地蔵様が団子のお礼に鬼たちから銭を巻き上げいっぱいになったら鶏をまねて「カッケローと叫べ」と言いました。

 

 太郎が「カッケロー」と叫ぶと、鬼たちは逃げてしまい、地蔵様は残った銭を太郎に団子のお礼にくれました。この話を聞いた七郎は、自分も地蔵様から銭をもらおうと団子を持って山に行きます。ネズミの穴に入り地蔵様の座敷に行きますが、七郎は銭をもらって帰れたでしょうか……。

「太郎と七郎」を朗読する漆原芳子さん


 

☆陶芸サークル「陶楽」のスケジュールを紹介

 九戸村の陶芸サークル「陶楽」は、会員が自由に作品を作り交流できるのが魅力の一つです。伊保内の村陶芸センターで毎月第1月曜日と日曜日に活動しています。宮沢雅子会長と真下ユウ子理事が今年度のスケジュールを紹介しました。

宮沢雅子会長㊧と真下ユウ子理事

令和2年度のスケジュール


 

☆伊保内小学校・立花淳校長の抱負

 今春、九戸村の伊保内小学校長となった立花淳さんは、二戸市福岡の出身。奥州市の稲瀬小学校から着任しました。抱負を紹介しました。

伊保内小学校長になった立花淳さん


 

☆岩手県山火事防止運動月間

 3月1日から5月31日まで、岩手県山火事防止運動月間です。4月6日に九戸村で山火事防止を呼び掛ける車両パレードが行われました。

 

 村内15の分団や二戸消防署九戸分署、村の3つの財産区や二戸地方森林組合九戸支所の38人、車両19台が参加。村役場を二班に分かれて出発し、北は江刺家地区、南は瀬月内地区まで山沿いの農道を回り、村民らに山火事防止を呼びかけました。

 

 村内は、この1か月間で3件の火災が発生しています。春は空気が乾燥し、風の強い日も多く火災が起きやすい季節です。村役場農林建設課の山本拓洋さんが、山火事防止を呼びかけました。

村役場農林建設課で山火事防止担当の山本拓洋主事

九戸村の北側をパレードする村消防団らの車列

九戸村内の農道をパレードする村消防団らの車両


 

☆春の農作業安全月間

 岩手県は、「慣れるほど 忘れてしまう その危険 心につけて 若葉マーク」をスローガンに、4月15日から6月15日まで春の農作業安全月間とし農作業事故防止対策の強化を図ります。

 

 九戸村は、これから農作業が始まる季節です。九戸村役場農林建設課の細川猛さんが、農機具の安全点検や農作業の注意点を呼びかけました。

村役場農林建設課で農作業の安全に取り組む細川猛主事


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶セット」を抽選で5人に贈ります。

 

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地です。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われいろいろな楽しみ方があります。

 

 テトラ型のあま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募を待っています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶セット プレゼント」です。

あま茶ティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りのギフトボックス

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て

☆締め切りは、4月30日(木)です。


 

~4月のテーマ~

「 和菓子・洋菓子、どっちが好き?

 テーマは毎月、設けています。日本の伝統的な和菓子と、ケーキやタルトなどの洋菓子どっちが好きですか。お薦めのお菓子やお菓子を食べたくなるシチュエーションなど理由も添えてメッセージお寄せください。

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

ヤリスに乗りたい / コロコロ

ももしまたろう / レモンバーム

ブルーバードマキシマセダンルグラン / スーちゃん

ふなしん / かまいシーマン(盛岡)

ゴルフ6オヤジ / ゆうこ

座羽知之帆志 / からあげベクター

不機嫌な里いも / 紅玉

しんちゃん / ロマン走行

森うさ / みんこりん

裸の大将

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 15日のオドデ館は、お浸しや酢みそあえがお薦めのウルイ、サッと湯通しして刻んで薬味に使える花ワサビが並んでいます。オドデ館沿道の桜は、つぼみが少し膨らみ始めました。少しずつ春が近づく九戸村です。

 

またね~ドデンドデン(●´ω`●)

お浸しや酢みそあえがお薦めのウルイ

爽やかな辛みが人気の花ワサビ


【オンエアリスト】

             Carpenters「Top Of The World」

             ぽこた「タカラモノ」

             (リクエスト=カモミール)

             平井堅「怪物さん feat. あいみょん」

             (リクエスト=ゆうこ)

4月8日 第302回放送後記


 

九戸山族 葛藤を語る

日本一の自伐型林業を目指す

共有財産の山林を守る

 九戸村に自伐型林業を根付かせ、九戸にとどまらない活動をしている「九戸山族」の夏井辰徳さんは、昨年9月に出演し、「自伐型林業とは何か」を紹介しました。

 

 九戸山族は、自分や目先の利益だけでなく、50年、100年先の豊かな山や麓にもたらす恩恵を願いながら1本の木の「命」と向き合い山を育てる林業に取り組んでいます。

 

 今回は九戸山族代表の松本稔さんと会員の鎌田博栄さんに、自伐型林業に魅せられたきっかけや活動の中で抱える葛藤を聞きました。

 

◇九戸山族のFacebook⇒https://bit.ly/2UXDHic

自伐型林業の魅力や活動の中で抱える葛藤を語ってくれた松本稔代表㊨と会員の鎌田博栄さん

自慢の広葉樹林に掲げる九戸山族の旗


 

栽培38年 一層の増産目標

あま茶の里・九戸村

「生産と加工・販売」密に

  4月8日は、灌仏会(かんぶつえ)。お釈迦さまが生まれたとされるこの日、神々が天から甘露の水を注いで祝福したと言われています。現在も、甘露に見立てた甘茶をお釈迦さまの像にかけて祝う「花まつり」を行います。

 

 県内で唯一の「アマチャ」の産地・九戸村は、栽培がJA新岩手の甘茶生産部会、加工と販売は村ふるさと振興公社が担当し、全国でも長野県に次ぐ生産量で品質の良さが人気を集めています。

 

 アマチャ栽培を始めて37年。生産者が手間暇かけて育てる九戸産甘茶を、多くの人に味わって欲しいです。

アマチャ畑

甘茶パックを手に「九戸の甘茶」をアピールする九戸村ふるさと振興公社の吉川清一郎支配人


 

38人、希望を胸に挑戦

九戸中学校が入学式

「自分を高める」と誓う

 九戸村の九戸中学校は4月4日、学校体育館で入学式を行いました。新入生38人は、中学校生活への希望を胸に代表の風張誓也さんが「何事にも挑戦し自分を高める」と誓い、在校生や教職員、保護者ら170人に見守られ新スタートを切りました。

 

 春休み明け初日のこの日、2、3年生は久しぶりにクラスメートと再会し新入生を迎える喜びに笑顔が広がりました。在校生91人は「My Oun Rord」を合唱し歓迎、3年三春響季さんがより良い九戸中学校を一緒に作ろう」と呼びかけました。

 

 村内は伊保内高校の入学式が、4月8日です。新型コロナウイルスの流行で新入生26人と教職員、保護者の参加で開かれ、新入生代表の桜庭千鶴さんが高校生活の希望と目標を述べました。

 村内5つの小学校は、4月7日に入学式がありました。来賓などの参加を見合わせて行い、33人のピッカピカの新1年生が教職員や保護者の祝福を受けました。

式辞を述べる佐藤順子校長

新入生を代表し「誓いの言葉」を述べる風張誓也さん

歓迎の言葉を述べる3年・三春響季さん

合唱で新入生を歓迎する在校生たち


 

見頃迎えるカタクリの花

九戸村・熊野舘公園

  九戸村伊保内の熊野舘公園は、カタクリの花が間もなく見ごろを迎えます。公園は村役場の裏側にある標高323㍍の小さな丘にあり、南向きに開けたなだらかな斜面にはヤマザクラ、ツツジやモミジなど色とりどりの木々も季節を通して楽しめます。

 

 中腹にある東屋からは伊保内の街並みが一望でき、村中心部を南から北に流れる瀬月内川、南方の就志森や平庭連山を見渡せます。三本杉や栗の巨木もあり癒しの場所で周辺の人達の散策コースになっています。地元の南田町内会の千葉モヨさんにカタクリと季節ごとの楽しみ方を聞きました。 

 

 熊野舘公園は地元の南田町内会が2013年に刈り払いを始め、毎年整備を進めながら5年前に完成しました。春はカタクリの花、夏は木々の緑、秋には紅葉まつりが行われ、地域住民の憩いの場となっています。

熊野舘公園のカタクリの花の見ごろを紹介する千葉モヨさん


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶セット」を抽選で5人に贈ります。

 

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地です。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われさまざまな楽しみ方があります。

 

 テトラ型のあま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募を待っています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶セット プレゼント」です。

あま茶ティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りのギフトボックス

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て

☆締め切りは、4月30日(木)です。


 

~4月のテーマ~

「 和菓子・洋菓子、どっちが好き?

 テーマは毎月、設けています。日本の伝統的な和菓子と、ケーキやタルトなどの洋菓子どっちが好きですか。お薦めのお菓子やお菓子を食べたくなるシチュエーションなど理由も添えてメッセージお寄せください。

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

ブルーバードマキシマ / ふなしん

ゴルフ6オヤジ / ヤリスに乗りたい

みっち / 滝沢スイカ

紅玉 / しんちゃん

よっちゃん / 森うさ

カロテン三世 / ロマン走行

からあげベクター / 座羽知之帆志

下町の玉三郎 / よつば

芥川龍之介 / スマイリー

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 8日は花まつりです。オドデ館は、九戸村の特産品・あま茶のリーフやティーバッグ、ドレッシングなど豊富なラインナップをそろえています。試飲コーナーもあります。お試しください。

 オドデ館は、炒め物や汁物にお薦めのコマツナ、豆乳と黒蜜のほど良い甘さが人気の豆乳プリンが並んでいました。4月でもまだ雪が降る日があり、タイヤ交換はもう少し様子を見ている九戸支局です。

 

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

オドデ館内のあま茶売り場

鉄分を多く含む新鮮なコマツナも並んでいます

おりつめ工房の「豆乳プリン」は、口の中でプリンがとろけ、別容器の黒蜜をかけ好みの甘さで楽しめます


【オンエアリスト】

             小坂忠「山の上から」

             Gipsy Kings「Inspiration」

             (リクエスト=吉川清一郎さん)

             嵐「ふるさと」

             (リクエスト=ふなしん)

4月プレゼント~あま茶セット~

 

あま茶、あま茶アロニア

九戸村ふるさと振興公社

セットで5人に提供

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、しかもノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われさまざまな楽しみ方があります。

 

 甘茶は、収穫した葉を乾燥し、揉捻(揉みこむ)、発酵、火入れの工程を経て生産されています。出来上がった茶葉は、手作業で選別しながら茎や種などを取り除きます。リーフ、ティーバッグなどのサイズごとに梱包しています。

リーフタイプの甘茶の茶葉

琥珀色をしたあま茶

1.5㌘が5包入りの「あま茶パック」

 あま茶アロニアは、九戸産の「甘茶」と盛岡産の「アロニア」を甘味料や保存料を一切使わずブレンドしました。アロニアは、北米原産の果実で、豊富な栄養を含むミラクルフルーツで人気を呼んでいます。

 主に4つの栄養素を含んでいます。目の健康にいいと言われている「アントシアニン」、体に害を与える発がん性物質を防ぐ役割の「βクリプトキサンチン」、脂肪を分解させる効果・効能がある「カロテノイド」、抗酸化作用の特徴がある「ポリフェノール」です。

 甘茶の自然な甘みとアロニアの酸味のハーモニーが楽しめます。

そのまま食べると苦みと渋みが強いアロニアは、ジャムやドリンクなどに加工して食べることが多いです

3㌘が5包入りの「あま茶アロニアパック」

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 あま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。テトラ型のティーバッグに入っています。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募をお寄せください!


応募の方は、

✉番組プレゼント応募フォームから⇒ こちら

📠FAXから⇒ 0195-42-3083

〠ハガキから⇒ 〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1、街の駅まさざね館2階

        エフエム岩手九戸支局宛て        

 氏名(本名とラジオネーム)・住所・電話番号・希望のプレゼント名「九戸 あま茶セット プレゼント」を記入し応募ください!

 締め切りは、4月30日(木)です。(当日消印有効)たくさんの応募を待ってます✨

(ゆかさん)

4月1日 第301回放送後記


 

納豆、みそ 手作りの技

九戸村・宇堂口生活改善グループ

昔の味、世代を超え伝承

 九戸村戸田の宇堂口生活改善グループは3月20日から3日間、家庭で手軽にできる納豆とみそ作りの勉強会を宇堂口地区農村婦人の家で開きました。3日間の参加者は、延べ31人。最終日の昼食会は、柔らかくふっくらと仕上がった納豆に笑顔が広がりました。 

 

 初日は原材料の大豆を水に浸けてたっぷりと水分を含ませる下準備。2日目は、納豆づくりを全員が体験し自宅で手作りできるように取り組み、最終日は家庭で作る少量のみそと大量に仕込む場合の大豆のペースト状に仕上げる作業を体験しました。

 

  最終日は、みそ作りを終えると全員が前日に仕込んだ出来立ての納豆で昼食会。11月頃にも見込まれるみその出来栄えに会話が弾みました。3日間の作業は、お母さんたちが家族に手作りの味を提供したいという心が伝わりました。

大豆を量りたるでうるかすお母さんたち

良く煮て軟らかくなった大豆に市販の納豆を混ぜた後、容器に詰める作業(奥)。手前は昔ながらの藁苞(わらづと)に煮豆を詰めるおかあさん

市販の納豆と煮豆を混ぜてパック詰めし、電気毛布で丁寧に包み込みました。一晩寝かせると納豆が出来上がりです

煮豆を豆すり機にいれペースト状のみそ種を作る作業

最終日は出来立ての納豆で昼食会。話題は秋のみその出来上がり

60代の若手の作業を頼もし気に見守るベテランの山本憲子さん、中奥テルさん、市橋キミエさん(左から)


 

大石のがっきりじいさん

九戸村・やまびこプレゼンツ 2020冬

下村さんが紹介

 九戸村の読み聞かせグループ「やまびこ」の皆さんの朗読は今回、下村美江子さんが「九戸村の民話」から「大石のがっきりじいさん」の民話を紹介しました。

 

  伊保内の二ツ家に大石という屋号の家があり、家の主の中村さんの先祖に、力持ちのお爺さんがいました。退屈しのぎに道路に大石を運び出しいたずらをしたら、馬車が通れなくなりお爺さんにお酒を買って取り除いてもらったといいます。

 

  このお爺さんは木こりの名人で、大志田川の奥の山にマサカリを担いで行き木を切っていました。ある日、いつもより奥の沢で木を切った帰りに木の根にマサカリをガッキリと切りさして帰りました。次の日に行くと、マサカリは……。どうなっていたのでしょう?

「大石のがっきりじいさん」を朗読する下村美江子さん


 

城の日から史跡案内

九戸城ボランティアガイド

二戸市観光協会・堀内さん紹介

 九戸村で生まれ育ったとされる戦国武将・九戸政実公が豊臣秀吉と最後に戦ったのが九戸城です。九戸城は、現在の二戸市にあり、3方を川に囲まれ切り立った断崖となっている天然の要害の城でした。現在は、石垣、堀跡が残り「九戸城跡」として国史跡に指定されています。2017年に「続日本100名城」にも選ばれています。

 九戸政実公や九戸城の歴史を「九戸城ボランティアガイド」の皆さんが伝えています。二戸市観光協会事務局の堀内晋介さんが紹介しました。

 

 ◇令和2年度のガイドハウス開所は、4月4日から11月30日まで。

 ◇ガイド受付は、4月6日(城の日)から11月30日まで。完全予約制です。1週間前までに二戸市観光協会まで申し込みください。電話 0195-23-3641

 ◇令和2年度から九戸城跡環境整備事業が行われます。工事に伴い史跡内の一部に立ち入り制限や散策コースの変更が予定されます。詳しくは二戸市観光協会のホームページをご確認ください。

 

 ◇二戸市観光協会HP⇒https://bit.ly/2UTSLw3

九戸城ガイドをPRする二戸市観光協会の堀内晋介さん


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶セット」を抽選で5人に贈ります。

 

 九戸村特産品の甘茶は、砂糖の200倍の甘さを持ちながらゼロカロリー、ノンカフェインの体にやさしいお茶です。九戸村は年間3トンを超える上質な甘茶を生産する国内有数の産地です。ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われさまざまな楽しみ方があります。

 

 テトラ型のあま茶のティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りをギフトボックスに入れて贈ります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。たくさんの応募をお寄せください!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶セット プレゼント」です。

あま茶ティーバッグ5包入りとあま茶アロニアのティーバッグ5包入りのギフトボックス

テトラ型のティーバッグに入った甘茶

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て

☆締め切りは、4月30日(木)です。


 

~4月のテーマ~

「 和菓子・洋菓子、どっちが好き?

 テーマは毎月、設けています。日本の伝統的な和菓子と、ケーキやタルトなどの洋菓子どっちが好きですか。お薦めのお菓子やお菓子を食べたくなるシチュエーションなど理由も添えてメッセージお寄せください。

 テーマ以外のメッセージも待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も待っています♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

☆メッセージを今週お寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

ひろちゃん / みっち

よっちゃん / おやつばんちょう

コロコロコロ / 座羽知之帆志

ブルーバードマキシマセダンルグラン / 赤い、ひまわり。

何でも屋加代 / kamechan

シンシンシーン / こゆき

月牡牛座で金のカメレオン / かすみ草

いとうけーすけ / Katsu

いっこ

 


 

 「発見!くのへ村」のコーナーは、皆さんから九戸の発見情報を募集しています。寄せられた情報をもとに「九戸村の宝」を紹介します。皆さんの住んでいる地域で気づいた九戸村の食・工芸・人などの情報を待っています。ハッシュタグ( #発見くのへ )をつけて、送ってください。


 

 新年度が始まりましたね。今年も九戸村の魅力を掘り起こして、皆さんにお伝えします! 政実くのへFMをよろしくお願いします(*^_^*)

 1日のオドデ館は、フキノトウ、フキみそ、タラの芽の天ぷらが並んでいました。4月は季節の変わり目。新生活への不安と期待で心のバランスや体調を崩しやすい時です。旬のものを食べて、心も体もリフレッシュして新年度も元気に過ごしましょう(^^)/

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)

天ぷらにお薦めのフキノトウ

ご飯のお供にピッタリのフキみそ


【オンエアリスト】

             千昌夫「北国の春」

             朝倉さや「木綿のハンカチーフ」

             絢香×コブクロ「WINDING ROAD」

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930