エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

Archive for 3月, 2017

3月15日 中継 ~株式会社マルイ造形家具工業~『春の感謝セール』

DSC07969

こんにちは!ゆかさんです♪

3月15日の中継コーナーでは、岩手県指定伝統工芸品の『南部箪笥』を製造・販売している株式会社マルイ造形家具工業「春の感謝セール」について、道の駅おりつめ産直施設オドデ館のセール会場からお伝えしました!

※イベントは終了いたしましたので、ご了承ください。

DSC07961

今回は、株式会社マルイ造形家具工業の長者森 淳さんにお話を伺いました。商品の検品・出荷から営業までを1人でこなす長者森さん。入社5年目の27歳。若きエースです!

まずは、岩手伝統工芸品の南部箪笥について伺いました。

DSC07964

色んな種類のある南部箪笥の中から、今回は長者森さんイチオシの

津軽塗箪笥

についてお話を伺いました。

DSC07979

国指定「津軽塗」伝統工芸士の黒瀧茂美さんとのコラボレーションによって誕生したのがこちらの商品!

津軽塗が前面に施されたそれぞれの引き出し・扉は、すべて違う柄になっています。などで塗られた津軽塗ならではの艶のある色彩に、一目で惹きつけられます(●´ω`●)

南部箪笥の彫金士による手打ち金具も魅力の一つ。最下段の引き出しについている金具の紋は、注文すると家紋をいれることも出来るそうです。

コンパクトなサイズなものも置く場所を選ばず、更に木車付きなので普段の掃除の際に少し移動させるのも楽に行えます。岩手と青森の職人の技のコラボレーション作品、南部箪笥らしさが活きた自慢の一品だそうです(*^^*)

※注文にてお好みの津軽塗の種類や色もご指定できるそうですよ~!

 

他には~

DSC07959DSC07965

人気商品の~ダイニング火鉢セット~(テーブルと回転式の椅子4脚のセット)

真ん中にIHコンロなどの熱源をおくスペースもあり、ご家族で食事を囲むテーブルにもぴったり!中蓋・ガラス蓋が付いているので、使わないときはフラットに広くも使えます。

側面には4か所全てに引き出しが付いているので、よく使う小物やカトラリー類などの収納にも便利です。

回転式の椅子は、体にフィットして座り心地が良く、温もりを感じる木の質感がとても落ち着く商品です♪

色合いは、お好みで選ぶことができるそうですよ(*’ω’*)

 

DSC07962

~分離式ソファ(2人掛け)~

こちらは2人掛けですが、手すりを追加することで1人ずつに分離することもでき、更に追加して3人掛けにすることも出来ます!分離式で1つ1つのパーツが軽いので、女性1人でも簡単に移動や組み立てができるのも人気のポイント。

 

そして

南部箪笥の製造工場も見学させていただきました!

DSC07950 DSC07948

DSC07958 DSC07957

職人の技が活きた伝統工芸品・南部箪笥は、確かな職人の技と目で創りあげられ、伝統を守りながら現代にも調和するような新しい文化を創っているように感じました。

DSC07941 DSC07942

さらに、お客様のご希望に応じて作られる南部箪笥は、梱包も1つ1つサイズに合わせて板段ボールから箱作りするそうです。箪笥や家具はお客様の置きたい場所のサイズに合わせて作るので、梱包も自ずと合わせて作るように対応しているそうです。ニーズに柔軟に対応して頂けるのは嬉しいですね♪

 

九戸村が誇る 『岩手民藝・南部箪笥』

今回ご紹介した春のセールは終了いたしましたが、道の駅おりつめ産直施設オドデ館にあるショールームでは常時展示を行っています。皆さんぜひ一度お越しください。

 

DSC07977

【株式会社マルイ造形家具工業】

九戸村伊保内11-13

電話:0195-42-3031

FAX:0195-42-3026

 

毎月29日は「肉の日」!~有限会社阿部悦三商店

こんにちは!あずさんです。

毎月29日は「肉の日」

岩手県は鶏肉の生産量が全国で第3位。そして県内で1番鶏肉を生産しているのがここ九戸村なんですよ!

今日はその鶏肉を村内で加工している企業・有限会社阿部悦三商店をご紹介します。

 

有限会社阿部悦三商店は九戸村伊保内に本社を構え、伊保内・長興寺にある3つの工場では焼鳥、鶏ガラ、チキンミート(ハンバーグ、サラミ、ソーセージなどに使われる鶏のすり身)を生産。鶏肉の加工を行っています。今年で創業45周年です。

 

IMGP1631_R

代表取締役社長 阿部 誠 氏

阿部氏は平成24年に2代目の代表取締役社長として就任。

「現在、1日に約1万6000本の焼鳥、約8tの鶏がら、そして約11tのチキンミートを生産しています。また、今年の11月にはチキンミートを日本一多く生産できる工場として新工場を開設する予定です。今後は特にチキンミートの生産に力を入れていきたいと考えています」

 

~工場の一部の様子~

IMGP1628_R

衛生面から、作業場に入っての取材はできなかったのですが、ご厚意で作業場の外側から見学させていただきました。

(写真は作業場の窓の外からズーム機能で撮影しました)

 

IMGP1630_R

運ばれてきた鶏は規格に沿ってその日のうちに加工。焼鳥を作る際は鶏肉を指定のグラム数になるようにカットした後、はみ出ないように串に刺していきます。

阿部悦三商店では、ももを始め、ももねぎ、皮、砂肝など10種類以上の焼鳥を生産しているので、種類ごとによってその方法を覚えなければなりません。

1本でも多く作れるように、丁寧で素早い作業が求められ、とても集中力が必要だと話していました。

 

~働いている従業員の方の声~

焼鳥の生産を担当している女性の方(34年目)

「2kg入の鶏肉を1箱あたりの本数に合わせてカットして、串にさしていく仕事を担当しています。職場の仲間同士、お互いに助け合いながら子育てと両立してきました。子育てに理解がある職場なので、女性にとって働きやすい環境だと思います。職場が地元の小学校に近いのもありがたかったです。実は私の娘も今、同じ職場で子育てをしながら働いているんですよ!」

 

品質管理を担当している男性の方(3年目)

「製品や原材料の品質管理、そして従業員の衛生管理を担当しています。『より高品質の製品を届ける』ことを目標に、製造部の皆さんと連携をしながら、製品作りに取り組んでいます。」

 

 

会社一丸となって、高品質の鶏肉加工品を製造している阿部悦三商店。

地元の方々にも支えられ、夏場やイベントシーズンには焼鳥の注文がたくさん来るそうです!

たくさんの人で賑わう九戸村畜産まつりや九戸村産業・文化まつりなどでも使用されています。

焼鳥の注文は50本から可能。生肉と冷凍の2種類準備できるとのことですが、受注生産を行っているため、ご注文の際は事前に予約をお願いします

また道の駅おりつめ内にある「ふるさとの味処 でんでん亭」では、阿部悦三商店の焼鳥を使っているんですよ♪

隣にあるオドデ館の惣菜コーナーにも並んでいますので、ぜひお試し下さい!!

 

 

<お問い合わせ>

有限会社阿部悦三商店

九戸村伊保内13-47

TEL0195-42-3611

『いわて音ラボ~元気総研』九戸研究所”旅立ちの音”

170302-131445_R 170302-131454_R

3月28日(火)お昼12時からエフエム岩手本社放送『いわて音ラボ~元気総研』。

3月のテーマは、『旅立ち』。と言うことで、九戸研究所からは九戸村立山根小学校『少年消防クラブ引継ぎ式』の様子をご紹介しました。

160522-130403_R 160522-131011_R 160522-131123_R 160522-131205_R 160522-131214_R 160522-131254_R 160522-131311_R 160522-131554_R

平成5年(今からおよそ24年前)から発足した少年消防クラブ。地元・九戸村消防団第10分団の指導のもと、山根地区運動会や九戸村消防団消防演習で実際ホースを使っての放水操作(小型ポンプ操法)を行っています。

卒業シーズンを迎え、いよいよ引き継ぎの時。

170302-131755_R 170302-131803_R 170302-131939_R 170302-131945_R170302-132329_R 170302-132049_R

引継ぎ式では、九戸村消防団第10分団長が見守る中、卒業生から在校生へ消防の証『まとい』が手渡され、全員で『少年消防クラブ誓いのことば』を力強く読み上げました。

170302-132135_R 170302-132120_R

 

今年度の全校生徒は20名。来年度は15名となります。そんな子供達の想いを地元の皆さんが支えて下さるからこそこの活動は継続されているのだと感じました。

九戸村立山根小学校・少年消防クラブ。これからも、どうか末永く活動を…そしてその想いが受け継がれて行きますように…

 

(久保 裕美  研究員)

3月3日 思い出給食会~九戸村立江刺家小学校

こんにちは!あずさんです!

春は出会いと別れの季節…九戸村内でも各学校で卒業シーズンを迎えています。

 

DSC07578_R

3月3日(金)、九戸村立江刺家小学校では6年生5名にとって、最後の全校給食となる思い出給が行われました。

 

DSC07571_R

この「思い出給食会」では全校児童が9つの班に分かれて、様々な学年の子どもたちと交流を深めます。

保健給食委員会が進行役を務め、途中、事前に6年生に答えてもらったアンケート結果をクイズ形式で発表。

「中学校で入りたい部活」や「一番好きな学校行事」など、普段ではわからない意外な一面を知る機会になり、大いに盛り上がりました!

 

DSC07621_R

また、在校生が書いたお手製のメッセージカードが6年生1人1人に配られました。

「今までありがとうございました」「中学校に行っても頑張ってください」

など、感謝やエールの言葉と一緒に手渡すと、6年生は嬉しそうに受け取っていました。

 

DSC07634_R

高橋俊明校長は「1~5年生の皆さんが今日のために一生懸命準備してくれました。6年生の皆さん、卒業まであと2週間ありますが、1日1日を大切にしながら過ごしてください」と話しました。

 

DSC07648_R

参加した6年生に感想を伺うと「自分たちのためにこういう会を準備してくれたことに感謝している。メッセージカードをもらえて嬉しかったです」と話していました。

 

DSC07576_R

残り少ない小学校生活の締めくくりとして、素敵な全校行事が行われている九戸村立江刺家小学校。

卒業生にとって、在校生や先生方と触れ合える貴重な機会となりました。

 

 

3月15日~メッセージ紹介~

DSC07970 DSC07971

こんにちは~久々のメッセージコーナー担当するひろ姉です(´◉◞౪◟◉)

さて、今回のメッセージテーマは『ありがとう』でした。卒業シーズン…そして旅立ちのシーズン…。皆さんの日頃から思っている『ありがとう』にまつわるメッセージをいただきました。ありがとうございました。

それでは、番組でお伝えできなかったメッセージをご紹介(一部省略しておりますがご了承下さい)♪

 

☆僕は、ありがとうという感謝の気持ちを言葉にしていますが、お礼を忘れたこともあります。東日本大震災から6年がたちます。震災からの復興で、学校のみんなが笑顔になって行き、岩手県内や東北地方が未来に向かって輝くように…。

⇒そうですね!ありがとうを言葉にするのってなかなか照れてしまう所もあるかと思いますが大切な事ですよね?そして、震災から6年…少しずつではありますが輝ける未来に向かって、復興がすすんでいきますよう願っております。

 

☆みんな~!!元気かなぁ~?!ん~?!そっかぁ~!!わ・た・し・も、元気ー!!!!!……という事で、ありがとう、私の周囲の存在 全てに捧げます。特に、近しい人達。私の人生の中でも 3歳までと、この一年半ほどは、物凄く人に恵まれています。心からのありがとうを。

⇒元気ですよー!!!人に恵まれているなんて本当に幸せな事ですよね(*´▽`*)

 

☆今回のテーマ。私の事ですか?今日も、メール投稿できた事。ありがとう。

⇒投稿して下さって、ありがとう(⌒∇⌒)

 

☆今日のテーマ「ありがとう」ですか?あちこちで言ってるけど、俺は感謝より陳謝の方が多いぜ!(ドヤ顔)

⇒オイッッ!!(´っ・ω・)っ☆ペシッ!

 

☆九戸村・小笠原菓子舗さんのオドデまんじゅうの美味しさに、超ありがとう!

⇒これは、私も同感です☆超ありがとう(*´ω`*)

 

☆今朝は我が家の辺りでは久々の積雪となり、春の雪でずっしりと重いこともあって車の雪下ろしからスタートした朝でした。「ありがとう」と伝えたいのは、やはりパーソナリティの皆さんです!私の拙い文章を読んでいただいたり、放送後記でブロクに掲載して頂いたり。ありがたい限りです。

⇒拙いなんてとんでもない!いつもメッセージをお送りいただきまして、本当にありがとうございます(^^♪

 

☆今日は少し季節が戻ったような天気ですね?外は寒くてもスタジオの熱気で九戸村を熱くしてください。今日のテーマですが、私がお礼を言いたいのはエフエム岩手の皆さんにです。私達が放送を楽しめるのはエフエム岩手の皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます!これからも私達リスナーが盛り上がれる温かい放送をよろしくお願いします。今週の残りも元気に頑張りましょう!

⇒皆様の励ましのメッセージをいただいて、私達もいつも元気をもらっています!ありがとうございます(*´▽`*)

 

☆九戸までなかなか行けませんがまだまだ知らない岩手県を春から体感して歩きたいです。

⇒雪解けの九戸村へ、是非お越しください!自然がいっぱい♪おすすめです(‘ω’)ノ

 

☆オノオレカンバって、確か、道の駅おおので、食器だったか売ってますよね。今月、なんで締め切りが早いのかな?

⇒新生活に間に合うよう、早めの締め切りとなっております♪斧が折れる程の固さの木って凄いですよね(゚д゚)!

 

☆先程の子供達の一生懸命なメッセージ、一言一言大切に大事に届けよう、そういった真摯な真っ直ぐさ、そして、可愛らしい緊張感、被災なさった方々が耳を傾ける、その御気持ちは、いかばかりかと心を寄せると、察するに余りある。泣けて泣けて…。そして、「だす!!」 で笑えて笑えて…(笑)☆ なんなの?! この緩急(笑)。

⇒内陸での震災、そして沿岸での震災…お互いを知り、助け合う心…今回ご紹介しました子供達は、きっと絶やすことなくこの東日本大震災での出来事を語り継いでくれることでしょう。

そして…「だす!!」(;・∀・)これには私もドデンしましたが、言った本人があまり動じない様子にカズオがプルプルしていましたよ~実は(笑)

 

☆だす!!(爆笑笑笑笑笑)!!

⇒だす!!さすがアズさん(笑)

 

☆春の駒ね。てっきり、春の独楽かと思った。

⇒春の野原に馬を放つ『春駒』。古くから馬の産地として知られている九戸村から旅立つ卒業生を例えてこの『春駒の会』という名前がつけられたのではないか?とのことでしたよ!

 

☆1914年3月15日は、秋田県でM7.1の秋田仙北地震が、発生し、山崩れなどにより死者94人。被害は、広範囲にで、田沢湖から横手。更に、西和賀町まで。先人が記録してくれる事は、ありがたいです。私は、携帯のカレンダーに、災害を記載してますよ。

⇒地震は、様々な二次災害が発生しますね。日頃から様々な状況を予測して備えなければなりませんね…

 

☆釜石は、第2の故郷。いまだに、津波映像は、見れません。私が住んでいた町の建物は、無くなってしまい。声になりませんでした。それと、釜石大観音も倒壊しかけたと聴きましたよ。部屋から見える観音様が消えたらと考えると…

⇒知っている場所が変わり果てた姿になる…これを見ることは本当につらいことだと思います。私も沿岸部はよく行っていたので大津波の後の状態を見てかなりの衝撃を受けました。

 

☆南部箪笥、知らなかった。どうしても、岩谷堂箪笥のイメージが、ありますからね。ひろ姉を入れる箱入り娘箪笥は、無いの?

⇒私が入るタンスは超特注ビッグサイズじゃないと入りませぬ(~_~;)いや…そう言う問題じゃない!!

 

☆今日も、熱湯風呂の挑戦、お疲れ様です。1963年3月15日は、ダチョウ倶楽部リーダーの肥後克広さんの誕生日です。カズオ、九戸支局の女性陣では、誰が、リーダーでジモンちゃんで、リュウちゃんですか?もちろん、リーダーは、あの人ですよねあの人!

⇒ジモンちゃん…アズさん、りゅうちゃん…アズさん、リーダー…アズさん!…って、1人3役(゚д゚)!

 

☆蟻が一匹。蟻が二匹。蟻が三匹。蟻が四匹。蟻が五匹。蟻が六匹。蟻が七匹。蟻が八匹。蟻が九匹。蟻がライダージャーンプ。トォー!

⇒普通に終わらないのがナイスです٩( ”ω” )وグット!

 

☆三月に入り、別れと出会いの季節ですね。九戸支局でも、別れと出会いが、ありますか?

⇒別れと出会いの季節ですねぇ…ちなみに九戸支局の別れは、壊れた懐中電灯。出会いは、新たな懐中電灯☆

 

☆3月18日は、秋田県大仙市大曲で、新作花火コレクションが、18時20分から大曲ファミリースキー場で、開催されます。若手花火師の育成も兼ねていて、上位花火師は、88月の全国花火競技大会に、出れますよ。今年は、クジャクが羽ばたく様な花火も打ち上がるらしいです。新しい花火を、こちらで観れるなんて、ありがたいです。防寒対策しないと寒いですよ。九戸支局の中で、デートしようと思っているのは、オマエだな!

⇒花火見たいなぁ…九戸支局の中で、デートしようと思っているのは…誰でしょう?( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

【Facebookより】

☆キャ─(´∩ω∩`)─♡ アズさ〜ん! ・:*+.(( °ω° ))/.:+

⇒Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

と言うことで、皆さんたくさんのメッセージありがとうございました♪

番組宛に、メッセージをどうぞお寄せ下さいませ(‘ω’)ノ

メッセージのご応募⇒こちら

 

(ひろ姉)

3月22日~メッセージ紹介~

170322-105619_R

こんにちは~ひろ姉です(´◉◞౪◟◉)

さて、3月22日のメッセージテーマは『思い出給食』でした。給食かぁ…私の思い出は、番組冒頭でもお話した『コッペパン』。初恋の子がおたふくかぜで心配になり様子を人目でも見たくて、そのコッペパンを届けることを口実にお宅訪問!しかし…おたふくかぜを貰うことになるなんて…(´;ω;`)

ま、気を取り直して番組でご紹介できなかったメッセージをご紹介(一部省略されておりますがご了承ください)♪

 

☆今日のテーマなんでしたっけ?

⇒『思い出の給食』です。まずはテーマを思い出して(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

 

☆今、岩手県では、給食にさんまのすり身汁が、出るらしいですね。私は、食べた事がありません。皆さんは、ありますか?

⇒さんまのすり身…すり身のものを確かに給食で食べた様な気がしますが、さんまだったかは定かではありませぬ(´◉◞౪◟◉)

 

☆給食のおば…お姉さんが似合うどでんシスターズと好きな給食のメニューはカレーっていいそうな岩部さん率いる政実くのへFMの皆様こんにちは~わたくしの好きな給食のメニューは牛乳です。やはりビンの牛乳ですよね。味をつけずにストレートが一番。休んだ人の分は必ず飲んでいました。おかげさまでまあまあデカくなりました。態度もデカくなりました。(ノ∀`)アチャー

⇒ビン牛乳!!ありましたねぇ…私の時には寒くて中身が凍ってしまい、教室のストーブに水を張ったタライをのせてその中にビン牛乳を入れて温めて飲んだ記憶にあります(゚Д゚)ノしかし…「おば…」の続きは何だい?(#^ω^)コラッ!

 

☆唯一、学校給食で食べれなかったのは、おから。クラス全員、残しました。今も食べれません。

⇒何てこった(゚д゚)!おからは体に良いじゃないのぉぉお~!私はおから大好きですよ♪しいたけのダシでに含めると更に美味しくいただけますよ♪おからドーナッツに、おからコロッケ…あぁ、お腹空いた_( _´ω`)_ペショ

 

☆私が、読み書きを習っていたのは、寺子屋じゃからの。給食って、なんじゃ!

⇒寺子屋…(ΦωΦ)ホホゥ…

 

☆箸置きを使って食事をいただいたら、普段のご飯もグレードアップしそうな気がしますね。思い出の給食は…私の住む町は学校ごとに作るのではなくセンター方式だったのですが、行事などで給食のお休みがあった時の帳尻合わせとして年度末にお菓子だったり、クリスマスにケーキが出たりしたことがあったんです。中学でほかの小学校から来た子とその話をしていたら、いきなり「嘘!ケーキなんて出なかった!」と怒り出してびっくり、ということがありました。

⇒箸置きを使うと何だか食事の場の雰囲気がまた変わりますよね♪給食で、クリスマスケーキ出ました!これが毎年楽しみで…ただ、箱を開けた時、砂糖菓子のサンタさんの顔にクリームがついて顔がわからなくなっていた時の悲しい気持ちが何とも言えませんでした(´;ω;`)ショボーン…

 

☆泣く!

⇒泣くな!けど泣いていいぞっっっ!!⇒ドッチヤネンッ!(´っ・ω・)っ

 

☆ひろ姉の給食の思い出が、初恋の君とな?ジェラシー。

⇒もうねぇ…〇〇年前の話だし~(笑)

 

☆学校給食を食べている時。シチューの入った寸胴。独り占めしたいと思いましたが、実行しませんでした。後悔です。

⇒わかるわぁ…好きなメニューが来た時って、「あの中に入りたい♪」とか思ったもん!…え?そこまでじゃない?(;・∀・)

 

☆ユカさんがミキサーって?まさか、カズオが、脱退するの?

⇒九戸支局員全員が、全てのポジションをこなせるようお勉強中なんですよ♪カズオはティーチャー(師匠かな?)なんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

☆やなぎばっと?名前しか知らない。リスナーの中で、batしかしとぼける人、かなりいそうだな!

⇒柳の葉にかたどった『はっと』(すいとんみたいなもの)です。私も幼少期に『ばっと』と聞いて、野球のバットかと思いましたよ(本気で)…

 

☆今週のテーマ。昨年もありましたよね。そんなに、出せないですよ。話しを作らない限り。

⇒以前もこのテーマにしましたが、地域や年代によって給食の想い出って様々♪そこで、今回もこのメッセージテーマにしました!

 

☆BGM、蘇州夜曲だね~。カラス、カッコイイって言って欲しかったんだね~。

⇒民話コーナーのBGMですね~凄い!よくわかりましたね!!カズオが「バレた…参りました…」と申しております(‘ω’)ノ

 

☆テレビで、見て羨ましいなと思ったのは、木工品の器。今、なかなか、普段使い出来ない世の中。地元木工産業発展にもなるような気がします。

⇒木工品って、なかなか使うことが少なくなっていますよね?しかし、木の持つ良さってありますよね?私は、木の箸が好きですよ~器も積み木も…何だか安心感があります(*´ω`*)

 

【Facebookより】

☆あずさんかわいい💕💕

⇒これはこれは…本人が照れております( *´艸`)

 

たくさんのメッセージ、ありがとうございました!

160101-022057_R

さて、次回のメッセージテーマは『お肉』です!毎月29日は『肉の日』です。あなたの好きなお肉料理など、お肉にまつわるメッセージをお寄せ下さい♪番組宛のメッセージもお待ちしております(‘ω’)ノ

メッセージのご応募⇒こちら

 

(ひろ姉)

3月22日 第143回放送

170322-122609_R

「こんにちは~…って、またカズオはボヘェ~っとしているな?」

170322-121048_R

「何を考えているんだろう??そうか!もうすぐ3月も終わるから…」

170322-120014_R

「あ!あの顔は、何かを意識している顔だ!!視線の先には…」

DSC_0388

「…って、自分かいっっっ!!(# ゚Д゚)」

今日も突っ込まれまくりなカズオ…とにかくグレーな色が好きなようですな(ΦωΦ)

こんにちは~ひろ姉です(´◉◞౪◟◉)

DSC_0384

DSC_0386

さて、今回もいっ〇く堂のようなカズオの発声にプルプル笑いを我慢しながら全員で発声練習(あ、アズさん口がとんがってるから~!)

170322-105611_R

それでは、今回も番組内容を振り返りましょう(゚Д゚)ノ

161210-110559_R 161210-112745_R

①郷土料理『柳ばっと』

九戸村を含む岩手県北部に伝わる郷土料理『柳ばっと』。地域によっては『柳ばっとう』『柳はっとう』などと呼ばれたりもします。食の匠である上柿幸子さんに作り方を教わりながら、村内の小学生と一緒にユカさんが体験しました。

170303-122838_R 170303-122906_R  140108-200253_R 140108-192038_R

②九戸村立江刺家小学校~思い出給食会・卒業式~

小学校生活最後の給食。全校生徒と先生が一緒にいただく会『思い出給食会』。そして、平成28年度九戸村立江刺家小学校卒業式の様子をお伝えしました。。卒業生5名のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

③民話『梟(ふくろう)と烏(からす)』

昭和55年に発行された『九戸の文化財』に記載されている民話『梟と烏』。全て真っ白だった鳥達に、染物屋のフクロウが色鮮やかに羽を染める。その様子を見たカラスが染めてもらったのが、今の色は『黒』。怒ったカラスがフクロウを追いかけまわすことから、フクロウは昼間は山奥へ佇み夜に活動するようになったとのお話。ドデンしましたね~(゚д゚)!

161026-113831_R

さて、美味しそうなお肉料理(*´ω`*)これは、昨年の『いわてとり肉キャンペーン』の時にオドデ館レストランで提供された美味しい鉄板焼きの写真です…(´艸`*)

次回3月29日のメッセージテーマは『お肉』。毎月29日は『肉の日』ですね。あなたの好きなお肉料理など、お肉にまつわるメッセージをお寄せ下さい。

他にも、番組宛のメッセージもお寄せ下さい。たくさんのメッセージをお待ちしております。

メッセージのご応募⇒こちら

DSC_0382 DSC_0380

DSC_0381 DSC_0383

さて、オドデ館外では春らしいキレイなお花が販売されていました。久々の色鮮やかなお花を目にした女性陣は、思わずうっとり…(*´ω`*)春…まだかな?どうしてまだ雪が降るんだ…(´;ω;`)皆さんも風邪など気を付けて下さいね!!

170322-123249_R DSC_0376

 

 

170322-123257_R 170322-115647_R

それでは、次回放送もお楽しみに~ドデンドデン♪

DSC_0365

 

(ひろ姉)

 

【オンエアリスト】

・新沼謙治 『 北の故郷 』

・ZONE 『 卒業 』

・The  Gospellers 『 BOO~お腹が空くほど笑ってみたい 』

2月24日 第8回くのへ朗読会

DSC07425

2月24日(金)九戸村公民館HOZホールで行われた『第8回くのへ朗読会』

~俳優の樹原ゆりさん・高橋和久さんを迎えての朗読会~

IMG_8886DSC07427

[第1部]は、子供向けとして

・『おじいちゃんのごくらくごくらく』(西本鶏介/作 長谷川善史/絵)

・『わたしから、ありがとう。』(中島啓江/原案 河原まり子/作・絵)

の二冊の絵本を、樹原ゆりさんが朗読。

DSC07444DSC07452

[第2部]は、大人向けとして

・『月島慕情』(浅田次郎/著)

樹原さんと高橋さんのお二人で朗読。

DSC07506DSC07501

お二人の朗読は私が思い描いていたものとは、まったく違っていて驚きました!

まるで登場人物が目の前で話しているかのように情景が目の前でコロコロ変わり、あっという間に物語の世界に引き込まれました!子供が登場したら子供の声に、おじいちゃんが登場したらおじいちゃんの声に聞こえ、その場に何人もの声優さんがいるようでした。

目に見えない人の感情も声だけで伝わることを改めて感じ、音の表現の幅広さに驚きました(゚д゚)!

声だけで創りあげる作品の世界観、そして、お二人のさすがの表現力に感動いたしました!!

DSC07482DSC07453

会場にいらした皆さんも、すっかり朗読の世界に引き込まれ、最後までじっくりと聞き入っていました♪

DSC07516

九戸村では朗読や読み聞かせの活動が盛んに行われています。子供たちも、小さなときから色んな作品に触れ、豊かな感性・表現力をどんどん育んでいってほしいです♪

私たちも声で伝えるお仕事なので、たくさん勉強させていただきました(●´ω`●)来年もぜひ開催して欲しいです☆

(ゆかさん)

二戸市民文士劇『 みちのく忠臣蔵 相馬大作物語 』

170219-175805_R

2月19日(日)二戸市民文化会館大ホールにて行われた二戸市民文士劇『みちのく忠臣蔵~相馬大作物語~』

昼の部・夜の部1日2回公演が行われました。

170219-175306_R

私ひろ姉は、夜の部に取材へ参りましたが…たくさんの方が!!

昼の部は早くも完売しており超満員だったようで、この1日の公演でおよそ1,500名の動員数でした(゚д゚)!

170219-180517_R 170219-180801_R 170219-180904_R 170219-180923_R

択捉島で警備にあたる南部藩の武士達。そこに、ロシアの戦船が海岸に現れ大砲を打ち込んでくるシーンから始まりました。

170219-181508_R 170219-181437_R170219-181714_R 170219-181851_R

平山道場・平山行蔵のもとへ、弟子の夏目長右衛門がある1人の男を連れてくる。この男こそが、下斗米秀之進こと相馬大作である。

170219-182509_R 170219-182556_R 170219-182606_R 170219-182755_R

江戸城にて、将軍・徳川家斉から位を頂戴した津軽藩主・津軽寧親。祝いの言葉をかける秋田藩主・佐竹、米沢藩主・上杉、仙台藩主・伊達。しかし、その話の中に入らないのが敵対している南部藩主・南部利敬。かねてからの確執が、再び勃発する。

170219-183712_R 170219-183720_R 170219-183740_R 170219-183750_R

足早に歩く秀之進について歩く光子。光子の前では優しさを持った男性と化してしまう秀之進と、会話の流れから手を握り締めてしまい、お互いを意識していることにハッとするシーン。

170219-184527_R 170219-184728_R 170219-184758_R 170219-185216_R 170219-185531_R 170219-185534_R

師匠である平山行蔵から縁談をすすめられる。姪である豪子は、自分をすすめてくれていると勘違いして一人盛り上がるが、実は縁談の相手は光子であった。秀之進も想いを寄せていたことから了承する。

170219-185751_R 170219-185815_R 170219-190144_R 170219-190512_R 170219-190513_R 170219-190618_R

故郷に戻った秀之進は、兵聖閣を開く。宴の席では、神楽舞(岩手県立伊保内高等学校・郷土芸能委員会)が披露される。福岡代官・中野周左衛門、秀之進の竹馬の友・細井萱次郎を招いての宴のシーンでは、迫力ある勇ましい門下生の掛け声に圧倒する。

170219-194304_R 170219-195154_R

かたき討ちを!と門弟たちは声を荒げて秀之進を責め立てる。しかし、秀之進は親友の死や藩同士の因縁により悩む。福岡代官から詰め寄られ戸惑う秀之進だが、息子・勝之助が発した言葉により動き出す。

170219-195832_R 170219-195845_R 170219-195944_R 170219-200134_R

津軽公の通る参勤交代の峠道。行列を襲うよう福岡代官から頼まれ、一行を待つ秀之進や門弟たち。しかし一向に来ない。どうやら情報が津軽側に漏れていたようである。しかし、この戦を望んでいない秀之進にとっては成就したようにも思える。

170219-201050_R 170219-201126_R 170219-201147_R 170219-201227_R

歌舞伎の題材で知られている秀之進の門弟・関良助。今回の一件により、自らお縄頂戴する。

170219-201942_R 170219-202051_R 170219-202339_R 170219-202457_R

藩との確執を止めたかった相馬大作の想いが世間で話題になり、お奉行様も何とかしたい.

しかし、将軍は処刑せよの一点張り。大作は、自分の信念を貫いた。残された息子・勝之助を寺へ出家させるよ、妻・光子に頼む。

170219-203017_R 170219-203112_R 170219-203232_R 170219-203454_R

お奉行様から処刑を言い渡され、いよいよ最期の時…相馬大作と関良助は処刑される。

170219-203625_R 170219-203728_R 170219-203849_R 170219-204252_R

雪の舞う中、父の想いを受け出家する息子・勝之助。弟子を亡くした平山行蔵と姪・豪子に見守られながら母と共に出発する…

170219-204406_R 170219-204416_R

170219-204643_R 170219-205349_R

最後は、テーマ曲『いざゆかん』をキャスト全員で熱唱。

感動のフィナーレを迎えました。

170219-192825_R

【音響・岩部一雄より~参加してみて~】

今回初めて舞台の音響のお手伝いをさせて頂きました。

何もわからない状態のスタートでしたが和やかに迎え入れてくださった

キャスト・スタッフの皆さん。

演出家の坂田さんを始め、様々な方々が一つの作品に取り組む姿に感動しました。

音響陣の浪岡さん、佐藤さん、吉田さん。

会場のマイクセッティングから音の調整などもしていただきありがとうございました。

貴重な経験をが出来ました本当にありがとうございました。

170219-164325_R

【実行委員・久保裕美より~参加してみて・観覧の感想~】

今回初めて実行委員をつとめさせていただきました。私自身はあまり参加と言う形ではなかったのですが、練習する姿を見て…そして本番を観覧して、皆さんの団結力の素晴らしさを実感しました。いかにその役になりきれるか…その人(役)への想いが演技にもにじみ出ているようにも感じました。今回この二戸市民文士劇に関わらせていただき、実行委員長の柴田清克さんを始め、関係者の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。

170225-200137_R

その後、2月25日(土)二戸パークホテルで行われた打ち上げでは、キャスト一人一人のお話を聞くことができました。

170225-195024_R 170225-201512_R 170225-203322_R 170225-203912_R 170225-204056_R 170225-202829_R 170225-200033_R 170225-200057_R

この場所でも、皆さんの仲の良さ・団結力を改めて強く感じました♪

170219-210126_R 170219-210157_R 170219-210246_R 170219-210034_R 170219-210048_R 170219-210100_R

連日、夜遅くまで練習を積み重ねてきましたキャストの皆さん。そして、舞台スタッフや関係者の皆様…本当にお疲れ様でした。今回この文士劇を観覧された皆さんへ、もっと相馬大作の人物像を知っていただくためにも是非ゆかりの地めぐりをおすすめします!

170219-210520_R 170219-210456_R

次回の二戸市民文士劇も楽しみにしています!!

 

【二戸市民文士劇】

Facebook⇒こちらをクリック

Twitter⇒こちらをクリック

 

【テレビ放送】

3月26日(日)午後2:30~午後3:54 IBCテレビ にて放送予定!

 

(ひろ姉)

3月のリスナープレゼント

こんにちは!あずさんです!

3月ももうすぐ過ぎ去りそうな今日この頃。温かくなったり、雪が降ったりと不安定な天候が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

遅くなりましたが、3月のプレゼントをご紹介します!

 

IMG_7429_R

株式会社マルイ造形家具工業ご提供の箸置き4個セットを5名様にプレゼント致します★

岩手県指定伝統工芸品「南部箪笥」を製造販売しているマルイ造形家具工業。高い技術と質の良い木材、おしゃれなデザインから全国的にも人気があります!

 

IMG_7433_R

この「箸置き」は、岩手県産のオノオレカンバを使い、水や汚れが浸みないように加工しており、長く使うことができます♪

よく見てみると中心に向かって、斜めになっているのがわかります(^^)普段の食卓に、優しい木のぬくもりを添えてみませんか?

 

プレゼントの締切日は3月26日(日)までです。

4月の新生活に間に合うように、早めに締切日を設定いたしました)

お葉書の方は当日消印有効です。たくさんのご応募お待ちしています!

 

<宛先>
028-6502
九戸村伊保内11-47-1 街の駅まさざね館2階
エフエム岩手九戸支局 宛
 
 
<メール>
プレゼントフォームからご応募下さい。こちらからアクセスできます。

 

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031