エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

Archive for 2月 12th, 2017

1月18日~メッセージ紹介~

DSC06179

こんにちは~♪すっかり雪が積もって冬らしい季節になってきましたね!今年は雪がたくさん降るのかなぁ~・・・(´ω`)寒さが苦手なゆかさんです。。。

DSC06181

1月18日のメッセージテーマは、「歌」でした!支局では、よく色んな歌声が響いていますが、私はCMソングを気がつくと口ずさんでいます♪

それでは、今回も張りきって番組でご紹介できなかったメッセージの一部をご紹介いたします。(一部内容を省略させて頂いております)

 

★今日は、カップスターの日。♪カップスター食べたその日から~味のとりこに~とりこになりました平成生まれには、分かるまい!

⇒そうみたいですね~(´ω`)めちゃくちゃ歌ってました♪懐かし~ぃ!

 

★年末に、また入院した桂歌丸さん。無事に退院できたかな?

⇒無事退院されたようで、何よりです。笑点は勇退されても、まだまだお元気で活躍されて欲しいです。

 

★私は感動的な歌を聞くと、ついつい感動してしまいます。私が最近聞いて、感動した曲をリクエストします。

⇒やはり音楽はいいですね♪最近は、感動すると涙もろくなってダメですね(´;ω;`)ステキな曲のリクエスト、ありがとうございます☆皆さんのおすすめの曲などもどんどん教えて下さいね♪

 

★皆さんは、食べ物や料理の歌と言ったら何が一番先に思い浮かびますか?最近、メロンパンのうた、という歌を知り、YouTubeで聴いてほのぼのしていましたぁ。ぜひ聴いてみてくださーい

⇒聴きました!(・∀・)子供らしい素直な歌詞とメロディーで、とっても可愛らしくてほのぼのしました。「ざんね~ん」とか「かもね!」って歌っているところが耳に残りました♪

 

★子どもの頃。うたう!大龍宮城を、見てました。

⇒勉強不足です~。調べたところ、浦島太郎をモチーフにしたミュージカルのような番組なんですか!?(゚д゚)!魚介類を擬人化したキャラクターが登場するのも興味深いです(゚д゚)!

 

★「テーマメッセージ」皆さま、こんにちは。私も車の中で歌っちゃいます。信号待ちの時にも、歌い続けてしまいます。なので、マスクをしながら歌うようにしています。結構、息苦しいですが…

⇒車で歌うときは、マスクして歌えば対向車も気にならない・・・のか!?(。-`ω-)なるほど!私も車の中でよく歌うので、参考にさせていただきます(^^♪

 

★クルマのCMでファレル・ウイリアムのhappyをよく耳にするのですが、やっぱりサビのところは「カツ丼ハッピー」に聞こえて仕方ありません。空耳なのは分かっていますが、お腹が空いている空いていないに関わらず、つい「カツ丼!」と歌っちゃいますね(笑)

⇒確かに!!これはカツ丼と聞こえます(#^.^#)お腹空いているときなら、余計にそう聞こえちゃうかもしれないですね!

 

★今日のテーマ「歌」ですか!もう、CDは世界的に売れるし、スーパーボウルで国歌は斉唱するし、歌に関しては大忙しですよ!、、、いけね、これ、俺じゃなくて本家のガガ様の話だった!

⇒岩手のガガ様の今後の活躍に大いに期待しております(^^♪

 

★気づいたら35年、褪せることなく聞き続けてる!大好きな歌い手、それは小田和正さん☆好きになったのは中学生の頃。オフコース全盛期、解散、ソロになって、私も三人息子の母ちゃん。子育て中にCDかけてたから子供達もファンです。特にこの歌は時代を越えて聴き続けたい、名曲です。かけてねー♪

⇒名曲ばかりですよね!CMに使われていた曲で泣きましたもん(´;ω;`)リクエストもありがとうございます(^^♪

 

★皆様のカラオケの十八番はなんですか?岩部さんの星野源の歌でシスターズの恋ダンスが見てみたい…政実くのへFMの皆様おつカモンジョイナスです。ちなみに僕はナ・イ・ショですイヤッホォォォォイイ!

⇒恋ダンス、いつか実現できる・・日は・・・来るのかな~(´◉◞౪◟◉)どうなのかな~♪

 

★今回は、うた?仙台で働いていた時。後輩に、南三陸町歌津出身の女性がいました。辞めてから、かなり経ってしまい連絡先も聞いていなかったので、彼女は勿論、家族が、東日本大震災で助かったかは、分かりません。

⇒どうか皆様のご無事をお祈りいたしますm(_ _)m

 

★太陽に吠えろの演奏。秋田県大仙市協和に、行きたくなりました。椿FM近くに七曲署が実在しますからね!

⇒素敵な演奏でしたね♪会場で聴かせていただきましたが、とっても迫力があってかっこよくて鳥肌が立ちました!

 

 

★今日も振り袖のコスプレ。お疲れ様です。1657(明暦3)年の今日は、明暦の大火の日。又の名を、振り袖火事。この時期は、乾燥してますからね。お肌カッサカサの支局員は、誰ですか?

⇒えっ!呼びました??(。-`ω-)年中カッサカサですが、この時期は特にもひどいです(´◉◞౪◟◉)

 

★今年、挑戦してみたい事は、パン作りです。

⇒パン作りは楽しいですよ~♪挑戦したらぜひまた教えて下さいね!(‘ω’)ノ

 

★2017年挑戦したい事いちのへ ドッキドキFMの公開放送を見る。

⇒(●´ω`●)ぜひくのへにも来てくださいまし♪

 

★バレンタインパーティー?カズオと二人、女装は、OK?

⇒残念!アウトです!(ΦωΦ)でも、実はカズオさんの女装…可愛いですよ( ̄ー ̄)ニヤリ★

 

★女正月ね?寝正月かと思った。

⇒寝正月、いいですね♪ゆっくりこたつでミカン食べながら、正月を過ごすのも日本ならではの感じがしますね!

 

★皆様に質問です。九戸政実について詳しく知りたいのですが、入門書としておすすめの本がありましたら教えてください。自分の住む県の歴史について気になります。

⇒スタジオに九戸政実についての冊子をご用意しています。わかりやすく書かれていますので、良かったらぜひ九戸にお越しの際は手に取っていただければと思います。

 

今回もたくさんのメッセージありがとうございました。

皆さまの最近の様子などもお気軽に番組まで教えて頂けたら嬉しいです(#^.^#)

メッセージはこちらからドシドシ送ってください⇒こちら

毎日雪が降って、雪かきに追われる日々です((+_+))皆さまも、体調崩されないようにお過ごしくださいませ☆彡

それでは♪(‘◇’)ゞ♪

12月27日 いわて音ラボ~元気総研~九戸研究所『落としてはいけないほず』

DSC05305

12月27日(火)のいわて音ラボ元気総研では、九戸研究所から『ほず』について研究発表。そして、翌日28日(水)の政実くのへFM番組内ではその続編を、2日連続でお伝えしました。

皆さんは「ほず」って言葉ご存知ですか?

九戸村では普段の会話にも使われ、九戸村役場の隣にある、九戸村公民館のホールは通称「HOZ(ほず)ホール」と呼ばれていたりと、身近な言葉のひとつです!

【前編:12月27日の放送】

今回、九戸村伊保内地区にある圓通寺(えんつうじ)というお寺で「ほず」ならぬ『ほず袋』が売ってると聞き、住職の上村陛巳(うえむら へいみ)さんにお話を伺いました。

DSC05303


【上村住職のお話】

昔から南部地方では、失敗したときに『ほずなし!』と叱られたり、赤ちゃんが大きくなって知恵がついてくると『ほずがついてきた』という風にも使われます。

一番よく使われるのが、お酒を飲みすぎて酔っぱらった状態のことを『ほずを落とした・なくす』という風に言います。

このほずの語源と言われているのが、『本地(ほんち)』

意味は、その人の本性・本心・理性・知識

そして、なぜか『伊保内のまちの日に行ってほず買ってこい』とよく言われたそうです。

※まちの日=市日のことで、九戸村の伊保内では毎月7のつく日に市日が開かれています。

どうして伊保内なのかというのは、色々説がありますが、昔から伊保内には歴史的にも有名な方がいるので『知恵を授けてもらってきなさい』という意味で使われていたのではないかと言われています。

そこで、伊保内にある寺として、この目に見えないほずを落とすことのないよう、袋へ封印して、御祈祷して「ほず袋」というお守りとして皆様にお分けしています。


 

しかも、このほず袋は住職の奥様の美智子さんが、一つ一つ手作業で作られています。

今回特別に、作っているところを取材させていただきました♪

DSC05298 DSC05300 DSC05297IMGP1161_R

着物や帯のリサイクルも兼ねて、丁寧に作られていました♪色柄の種類も豊富で、どれにするか迷ってしまいますね~(*’ω’*)

ちなみに、黒地に赤いリボンが一番人気の「ひじきバージョン」

※上村さんの愛猫の名前がひじきちゃんで、黒猫で赤いリボンの首輪をしていることからそう呼ばれています(●´ω`●)

完成したほず袋は、住職によって御祈祷が行われ、「お酒で失敗しないように」「知恵がつきますように」などと、願いが込められていました☆

DSC05289

※ちなみに、ほず袋の御祈祷の様子は、パッケージに貼ってあるQRコードから見ることができます♪気になった方は、ぜひ動画もチェックしてみて下さい♪

ほず袋は、圓通寺の本堂、または、道の駅おりつめ産直施設オドデ館で販売しています。

皆さんもぜひ、上村住職のありがたいお話を聞きながら、ほず袋を手にしてみて下さい♪

DSC05306

 


【後編:12月28日放送】

九戸村外のほずにまつわる情報をお伝えしました。

調べてみると、葛巻町にある『近誠(こんせい)』という文具屋さんでも、「ほず袋」が販売されていました!

161229-165837_r

こちらは、九戸村の圓通寺で販売されているほず袋と比べて、大きさは少し小さめ。真ん中の刺繍は「ほずぶくろ」とすべて平仮名です。そして、生地は着物の生地を使い、ほんのりいい香りがします♪(●´ω`●)

 

葛巻町のほずぶくろは、2009年から販売されていて、言うならば『元祖・ほずぶくろ』、九戸村のほず袋は『本家・ほず袋』ということで、現在2種類存在するそうです!

どちらもご利益は同じで、ほずを落とさないようにと願いが込められています。同封されている説明書きもそれぞれユニークですので、そちらも要チェックですよ!!何より、近誠さんのご主人は、とってもユニークでお話の面白い方ですので、ぜひ一度訪れてみて下さい。(*^^*)

 

そして、ほずという言葉は、九戸村だけの方言ではなく、津軽地方では「ほんずなし」、他にも「ほじ」「ほで」のように東北各地で使われているそうです。実際、宮城県の方にきいてみたところ、「ほでなし」と昔は使っていたそうです。

東北地方のいわゆる「ズーズー弁」では、『ヂ(di)』・『ジ(zi)』・『ズ(zu)』・『ヅ(du)』の4つは全て『ズ(zu)』と発音されるそうなので、少しずつ形が変わって伝わっているのかもしれません。言葉の伝わり方って不思議ですね。もしかしたら、他の地域でも更なる新しい発見があるかも!(*’▽’)

皆さんのお住いに地域のほずにまつわる情報もぜひ教えて下さいね!

以上、九戸研究所からの報告でした(‘◇’)ゞ

IMG_7936

(ゆかさん)


 

【圓通寺(えんつうじ)

〒028-6502

九戸村大字伊保内20-52-1

電話:0195-42-2407

 

【道の駅おりつめ産直施設オドデ館】

〒028-6506

九戸村大字山屋2-28-1

電話:0195-42-4400

 

【近誠(こんせい)】

〒028-5402

岩手郡葛巻町葛巻第14地割3-2

電話:0195-66-2605

 

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728