エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

Archive for 10月 16th, 2015

日本民謡協会岩手九戸会 全国大会出場!

10月15日(木)~18日(日) に平成27年度民謡民舞全校大会が東京両国国技館で行われます。

この民謡民舞の全国大会に九戸村から『日本民謡協会岩手九戸会』が出場します!

 

そんな岩手九戸会の本番直前の練習にお邪魔してきました!練習場所は九戸村公民館(HOZホール)。普段は週に2回程集まって練習をしているそうです。HOZホールに入る手前には…

DSC_0146_RDSC_0141_R

岩手九戸会の皆さんが今までに出場した大会の賞状やトロフィがズラリ!\(◎o◎)/!今までの輝かしい功績がこうして飾られているのですね。

 

これらを横目で見ながら練習場へ入ると…

DSC_0135_R

三味線、尺八、三味線、小太鼓、それに鈴。様々な楽器を持っている人達が居ました。民謡は生演奏&生歌で披露されるのだそうです。メンバーの中には九戸村だけでなく周辺地域から来ている人も居るそうです。

DSC_0126_RDSC_0127_R

そして楽器の生演奏、生歌に合わせて民舞の練習も行われていました。皆さんの踊りは一つ一つの動きが力強く、掛け声にも気合が入っていました。和やかな雰囲気なのですが、一度演奏が始まるとピリッと空気が締まって真剣に民謡と民舞の練習が続けられました。時間を図るなど、本番を意識した練習でしたよ!

 

 

練習の後に岩手九戸会の会長の屋形場正蔵さんにお話を伺いました。

DSC_0139_R

Q.全国大会で披露する演目は何ですか?

A.旧南部藩(青森県南部から岩手県北部の辺り)に伝わる伝統芸能の『南部馬方三下がり』を披露します。この演目を7人で踊ります。

 

Q.大会ではどのようなことを意識して踊りたいですか?

A.(男踊りなので)鋭く、気合を入れて激しさを表現出来れば良いなぁと思っています。他にも旧南部藩には牛などの動物に関わる仕事歌が沢山あります。中でも『南部馬方三下がり』などの民謡はこの九戸地方でも我々の親たちが継承して受け継がれてきたものです。今それを再現できるように頑張って練習をしているところです。

 

Q.練習の手ごたえはいかがですか?

A.踊りの力強さなどが揃ったところを持続するのが大変です。6人7人で踊るならすべての動きが合わなければいけないので。

 

Q.全国大会への意気込みをお願いします。

A.岩手から出場しますが、岩手県の民謡は高度なものがあります。岩手の代表として恥じないように団結で頑張ってきます。よろしくお願いします。

 

日本民謡協会岩手九戸会の皆さん、頑張ってきて下さいね!

 

 

 

(なっちゃん)

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031