エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

9月30日 中継 道の駅おりつめ産直施設オドデ館

9月30日の放送では道の駅おりつめ産直施設オドデ館から産直情報をお届けしました。

DSC_0116_R

今の時期、オドデ館の品ぞろえは、まさにに秋めいています(*‘∀‘)レジ付近の売り場には『ぶどう』がたっくさ~ん並んでいますよ♪

DSC_0112_RDSC_0111_R

DSC_0113_R

当日並んでいたのは…

・名前の通りあま~い『はちみつぶどう』

・果汁が多くて瑞々しい『天秀(てんしゅう)』

・大粒で甘さと酸味のバランスがぴかいち!『ブラックオリンピア』

・九戸村は県内でも有数の産地!酸味が特徴『やまぶどう』

 

そして秋と言えば何といってもキノコ!

今年はマツタケが豊作だったそうですよ。

IMG_0983_R

そしてオドデ館の施設長 秋元光浩さんに伺うとキノコは何といってもホイル焼きが一番おいしいそうです。調味料も塩やバターなどシンプルに使うだけで美味しく頂けるそうです。

 

これから10月にはほうれん草やジャガイモ、白菜などが多く入ってくるとのことです。あと、九戸村と言えばカボチャ!10月4日には九戸村の南側に位置する戸田地区で『戸田カボチャ祭り』も行われました。

 

握りこぶし程の黄色にオレンジ色の筋が可愛いプッチーニ(食べられるそうですよ!)

DSC_0110_R

ホクホク感が特徴の甘龍(かんりゅう)

DSC_0109_R

コロッケに煮物、ポタージュなどなど…様々な調理を思い浮かべてニヤニヤ(゚∀゚)

 

そして今収穫の時期を迎えている雑穀

DSC_0107_R

因みに雑穀の種類によって特徴があるそうで、例えばアマランサスは炒って天ぷらやフライの衣に混ぜると触感も楽しめて味も深くなるそうです。いなきびは粘りが特徴なので炊いて団子などにまぶすと黄金色の団子になるそうです。

 

普段作っている料理に少し足すだけで更に美味しく頂ける上に栄養もバッチリとれるので、この秋は是非様々な料理に雑穀を使ってみてはいかがでしょうか。

 

【道の駅おりつめ産直施設オドデ館】

営業時間 : 8:00~19:00/休館日  :  1月1日~1月2日

岩手県九戸郡九戸村大字山屋2-28-1

TEL 0195-42-4400

 

 

(なっちゃん)

Comments are closed.

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031