エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

9月23日 中継 二戸市民文化会館 ~九戸村出身の英雄 九戸政実の生涯が描かれた二戸市民文士劇「天を衝く」舞台稽古~

二戸市民文士劇「天を衝く」のポスターはこちらから!

9月23日の中継は、九戸村のお隣二戸市にある二戸市民文化会館からお届けしました!

当日、こちらの大ホールでは二戸市民文士劇「天を衝くの舞台稽古が行われていました。

大ホールの収容人数は1,210名。天井が高く、広々とした空間に音楽が響きわたります。

この「天を衝く」は盛岡市在住の作家 高橋克彦さんによる小説。九戸村出身の英雄 九戸政実の生涯が描かれています。

 

当日は、九戸政実役 古舘聖人(きよひと)さん(ポスター右)、九戸実親(さねちか)役 田中めぐみさん(ポスター右から4番目)、演出 坂田裕一さんにお話を伺いました。

 

古舘聖人さんは、一戸町在住で普段は運送業を経営していらっしゃいます。

昨年に引き続き、物語の主人公 九戸政実役を演じます。

「九戸政実は、戦国時代、豊臣秀吉に抵抗した最後の武将。男らしく人情味のある政実に少しでも近づければ」と意気込みを語りました。

 

田中めぐみさんは、二戸市民文士劇に今年初めての参加。実は伊保内高校出身で、昨年、「伊保内高校を勝手に応援する会」の発足に併せて「神楽舞」ちゃんのイラストデザインを担当した方でもあります!

そんな田中さんが演じるのはメインキャストの一人、九戸実親。

「九戸実親は、政実の実の弟。陰ながら政実を支える役。お腹から声を出すのが難しいですが、頼もしい兄についていくように頑張ります」と仲間と協力しながら、稽古に取り組んでいる様子が伺えます。

 

坂田裕一さんは現在、岩手県演劇協会 会長、NPO法人いわてアートサポートセンター副理事長、社団法人岩手県芸術文化協会監事を務めていらっしゃいます。盛岡劇場の立ち上げ、盛岡文士劇の復活や数々の演出に携わってきました。

「昨年と比べて今年は、配役もかなり変わっています。二戸地域全体で作り上げる文士劇です。このメンバーなら本番も大丈夫!」とスタッフの皆さんを信頼している様子でした^^

 

当日は舞台稽古の様子をお届けできませんでしたが、9月19日(土)に舞台稽古の様子を取材しました。

セット

セットの準備を終えた後…

 

坂田さん

坂田さんが客席からマイクを通して、台詞の言い回しや言うタイミング、立ち位置の指導をします。

 

舞台稽古3

音響

ステージに立つ役者の皆さんだけでなく、音響、大道具、小道具、照明など、裏方の皆さんと一体となって稽古に取り組んでいました。

 

昨年ご覧になった方、また今年初めてご覧になる方、どちらでも楽しめる内容となっているようです!

二戸市民文士劇「天を衝く」はきっと観衆の目を楽しませてくれることでしょう!

※チケットは二戸市民文化会館であれば、まだ若干数準備できるとのことでしたので、お早めにお問い合わせの上、足をお運び下さい!

 

 

二戸市民文士劇「天を衝く」

日時:10月3日(土)午後6時 開演、10月4日(日)午後1時 開演

会場:二戸市民文化会館 大ホール

入場券全席指定 1,300円

 

お問い合わせ先

二戸市民文士劇実行委員会

TEL・FAX 0195-43-4250

 

二戸市民文化会館

TEL 0195-23-7111

Comments are closed.

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031