エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

7月8日 黒山の昔穴遺跡 花いっぱい運動

皆さんは九戸村にある黒山の昔穴遺跡はご存知でしょうか?

DSCN9704_R

県道24号線、折爪トンネル南側(九戸側)の入り口付近に立てられている「黒山の昔穴遺跡 入口」の看板が目印です。

 

黒山の昔穴遺跡は平安時代後期(10世紀後半)敵の襲撃に備え山の上に築かれた蝦夷の集落(防御性集落)です。かつて九戸村の江刺家地区には標高400mを超える山中に20軒を超える集落が形成されていました。

昭和7年から発掘調査が始められ、出土した土器などから当時の生活が明らかになりつつあります。(上写真中央の窪地がかつての住居跡の一つと考えられています。)平成19年には岩手県指定史跡に指定されました。

(※2004年報告書、2008年広報3月号参照)

 

 

この遺跡を花でいっぱいにしようという取り組み私達の黒山の昔穴 花いっぱい運動が平成19年度から行われています。

7月8日(水)、九戸村立江刺家小学校の子ども達が黒山の昔穴遺跡カタクリの花の種を植えました。

DSCN9694_RDSCN9703_R

 

現地に着くと、早速平 俊一校長先生が子ども達に質問をしました。

20150708_134752_R

「(この黒山の昔穴遺跡は)昔何があった穴でしょうか?」

 

”はいっ!”

 

「昔人が住んでいた跡だと思います」

「家があった跡だと思います」

 

元気いっぱいの返事とともに立派に答える江刺家小学校の子ども達。勿論どちらも大正解!

 

「この遺跡について詳しく調べている先生が種の撒き方を教えてくれます。しっかり話を聞いてしっかりと種を植えて下さい」

と話しました。

 

20150708_134958_R

「私達の 黒山の昔穴 花いっぱい運動」の開催にあたり、九戸村教育委員会 漆原一三教育長

 

「今皆さんが立っているのは(今の中学校2年か3年生の人たちが植えた)カタクリの花が沢山咲いていた場所です。去年と今年は沢山カタクリの花が咲きました。一つ一つに思いを込めて種を植えて下さい。綺麗なカタクリにしましょう。」

 

と挨拶しました。

20150708_135244_R

そして岩手県立大学総合政策部講師 菊池強一先生より、カタクリの花の種の植え方が子ども達に伝えられました。子ども達は真剣に話を聞いて種の植え方を学んでいましたよ。

 

20150708_134907_R

「昨年よりも更によく芽が出る植え方を聞いてきたので皆でやってみましょう。希望の花を沢山咲かせましょう」

 

因みに今年行った植え方がこちら。

20150708_141156_R

割りばしを使って3cm以上の穴をあけます。

 

20150708_141359_R

そして種を入れ、土を被せます。これで芽がよく出るようになるとのこと!

 

いざ、子ども達もカタクリの花の種を植えます!

 

20150708_140254_R

「よーし、ここに植えようかな」

 

20150708_140511_R

「穴を開けて…うーん、穴を開けるのが難しいなぁ」

 

20150708_140921_R

「あれ?種がつかめない…?」(種の大きさはおよそ5mm程でした)

 

20150708_140651_R

「出来たかな?」「もうちょっと!」

 

こうして思い思いの場所に種を植えました。カタクリの花は種を植えてから8年前後かかって花が咲くそうです。

20150708_142200_R

咲くのはこの辺りでしょうか?カタクリの花が咲く時期が待ち遠しいですね。

 

最後は皆で記念撮影です。

20150708_142546_R

 

 

 

 

【おまけ】

九戸村立九戸中学校の生徒達が丁度キャリアスタートウイーク(職場体験)を行っているところでした。

九戸村役場・広報担当の下村さんに取材の際のインタビューや写真の撮り方などを学んでいました。

20150708_141703_R20150708_142045_R

逆にインタビューもしてきました(笑)

難しい…と話しながらも仕事の体験をして表情がキラキラと輝いていた中学校の生徒達。

 

20150708_142411_R

どちらも未来に繋がる取り組み。今後が楽しみです。

 

 

(なっちゃん・ひろ姉)

Comments are closed.

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031