エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

2月13日 第242回放送後記


 

①冬の風物詩・九戸の凍み豆腐作り

寒さ本番 今が最盛期

自慢の手作り、1年分

 九戸村の寒さが厳しくなる1月下旬から2月は、凍み豆腐作りが盛んです。

 

 地域の集落センターに豆腐作りの施設が併設されていることから、気心しれた農家のお母さんたちがグループを作り、週に1回か2回朝から豆腐作りに励みます。

 

 山根地区のお母さん3人が豆腐を作るのを山根集落センターに訪ねました。


 

九戸村・教育振興運動、PTA研究大会

2実践区が事例発表

2団体、9人を功労表彰

 2月3日に開催した九戸村民読書の日・くのへ朗読会・村教育振興運動集約集会・村PTA研究大会のうち、今回は先週に続き教育振興集約集会とPTA研究大会を紹介しました。

 

 教育振興集約集会は小学校部会の山根小実践区が「読書で育む ゆたかな心」を目指す活動を発表し、保育園・こども園・中学校・高校部会の戸田保育園実践区は「絵本に親しむために取り組んだこと」と題し2年間の取り組みを紹介しました。

 

 教育振興とPTA活動に尽力した功労者表彰は、教育振興運動の団体が江刺家神楽保存会、個人が3人、PTA活動は団体が伊保内小学校PTA、個人は6人が受賞しました。


 

 

③二戸地区・就職フェア2019

テーオー食品など19社面談

 「二戸地域合同企業説明会 就職フェア2019」は2月8日、二戸市のロイヤルパレスで開かれました。二戸管内の企業19社が集まり、二戸地域の企業に就職を目指す方およそ41人が参加しました。

 

 合同企業面談会に参加した九戸村のテーオー食品株式会社は、高橋一郎生産本部副本部長と遠藤彰岩手工場長が出迎え、自社製品を手に取って紹介しながら会社の求める人材像や、企業理念の品質第一主義・心身ともに安全な職場環境を目指すーと熱い思いを語りかけました。

 

 面談会に先立ち求職者向けに講演会が開かれました。講師のグローアップ教育センターの西澤浩二代表が「転職のためのマインドセット」と題し、転職した後に失敗しないために「知識や技だけでなく、自ら考えて行動し人柄を磨いてセンスある人になって欲しい。違う価値観を受け入れ、働く喜びを知って欲しい」と呼びかけました。


 

~2月プレゼント☆~

 2月のリスナープレゼントは、九戸村江刺家の小井田立体農業研究所が提供の「手打ちくるみ500g」を抽選で4人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 手打ちくるみ プレゼント」と記入してください。締切は、2月28日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月13日テーマ~

「チョコっとした話」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

ノブたん / O.Katsuyuki

赤い、ひまわりさん。 / 電車女

ヤジイエルズ異星人 / のんちゃん

座羽知之帆志@携帯修理中 / ゲブレシワシエ

ダンディ・ガガ / トラッキー


 

~2月20日 次回テーマは~

「座右の銘」です!

 日々の生活の中で、自分が「忘れてはならない」と思っていることや 「こうでありたい」と目指している格言や座右の銘はありませんか。メッセージを待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 九戸村は13日、風が強く雪がチラチラ舞っていました。オドデ様の頭に雪のお団子が乗っていました!

 村営くのへスキー場のナイター営業も始まりました。木~土曜日は午後8時までナイターも楽しめますよ🎿

 それでは、皆さん体調を崩されないように♪ ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

          松山千春 「大空と大地の中で」

          刀剣男子 「刀剣乱舞」(リクエスト=沖田)

          木村カエラ 「チョコレート」

2月 リスナープレゼント~手打ちくるみ500g~

 

手打ちくるみ

抽選で4人に提供

小井田立体農業研究所


 

 九戸村江刺家の小井田立体農業研究所は、くるみの林の下の草地に乳牛と鶏を飼育する「クルミとミルクと鶏卵」の立体農業を編み出し、放し飼いの乳牛や鶏の堆肥を利用し化学肥料や農薬に頼らない果樹や家畜を複合的に取り入れた農家経営を実践しています。

 昨年秋に収穫した手打ちくるみは、折爪岳のふもとにある農場2.7㌶のおよそ50本の木から収穫しました。クルミの木は、大きいもので高さ20㍍、樹齢50年にもなります。

 

 クルミの殻が薄く、手で割ると中には実がびっしり詰まっているのが特徴です。クルミの持つ香りと香ばしさが口いっぱいに広がり、かむと甘みが感じられます。

 

 旨味がギュッと詰まった小井田立体農業研究所の手打ちくるみ。ぜひご賞味ください。

 応募の方は、

✉番組プレゼント応募フォームから⇒ こちら

📠FAXから⇒ 0195-42-3083

〠おハガキから⇒ 〒028-6502  九戸村伊保内11-47-1、

街の駅まさざね館2階 エフエム岩手九戸支局宛て

当日消印有効         

 氏名(本名とラジオネーム)・住所・電話番号・希望のプレゼント名「九戸 手打ちくるみ プレゼント」を記入し応募ください!

 締め切りは、2月28日(木)です。たくさんの応募待ってます✨

(ゆかさん)

2月6日 第241回放送後記


 

①九戸村民読書の日・くのへ朗読会

読書感想文コンクール

村長賞 尾友さん(伊高3年)教育長賞 釜石くん(山根小2年)

 九戸村民読書の日・くのへ朗読会・村教育振興運動集約集会・村PTA研究大会の四つの行事は2月3日、村公民館HOZホールで村内の小中学校、高校の児童、生徒、一般のおよそ160人が参加して開かれました。今回は九戸村民読書の日と、くのへ朗読会を紹介しました。

 

 読書感想文コンクールは4部門に39人が応募しました。小学校3部門と中高生の村長賞に伊保内高校3年の尾友花歩さん、教育長賞は山根小学校2年の釜石佳吾くんが受賞しました。

 

くのへ朗読会・「母と暮せば」

樹原さん10回連続 高橋さんと迫真の劇

 くのへ朗読会は、俳優の樹原ゆりさんと高橋和久さんが出演しました。樹原さんは、10回連続のステージで村民にはお馴染みです。

 

 今年は作家の井上ひさし原案、映画監督の山田洋次脚本の「母と暮せば」の作品を迫真の朗読で演じ分けました。

 

 和服の樹原さんは3通り、学生服に身を包んだ高橋さんが4通りの声を使い分け、効果音を巧みにはさみながら1時間13分の熱演でした。


 

②江刺家神楽 舞い初め式 

 地道な活動 1演目復活

門打ち 細屋、山屋を回巡る

 九戸村江刺家の江刺家神楽保存会は2月3日、地元の細屋ふれあいセンターで舞い初め式を行い地区民や村内外の神楽ファン約30人に山伏神楽を披露しました。

 

 長らく途絶えていた翁舞を若手が復活させ初披露するなど、保存会の地道な活動をうかがわせる今年のスタートでした。

 

 昨年復活した門打ちは舞い初め式に先立ち、細屋、山屋の二つの行政区の53世帯を巡り無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願しました。


 

③史跡・九戸城跡講演会

千田教授(奈良大)城郭ファンを魅了

 史跡・九戸城跡講演会は2月2日、二戸市の市民文化会館で開かれました。

 

 講師の奈良大学文学部の千田嘉博教授は「九戸城から考える日本城郭史」と題して講演、二戸市教育委員会も九戸城跡の発掘調査を報告し、およそ410人が九戸城の魅力を再発見しました。

 

 千田教授は「九戸城は独立した曲輪が集まった分離的構造の城であった。本丸大手門の大手ルートは中世の九戸城時代は堀底を通る追手門ルートで、近世の福岡城になると在府小路を経由し二ノ丸を通るルートに変わっていったのではないか」という推論を専門的な視点から読み解き、会場から拍手が沸き起こりました。


 

☆九戸村舞踊研究会 舞踊発表会をPR

 九戸村舞踊研究会舞踊発表会は2月17日、村公民館HOZホールで開かれます。今回のゲスト紹介と見どころを事務局の尾友勝則さんが紹介しました。


 

~2月プレゼント☆~

 今月2月のリスナープレゼントは、九戸村江刺家の小井田立体農業研究所提供の「手打ちくるみ500g」を抽選で4人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 手打ちくるみ プレゼント」と記入してください。締切は、2月28日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月6日テーマ~

「風呂の楽しみ」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

金ケ崎の平野です。 / 沖田

あまぐり / 座羽知之帆志@携帯修理中

ミスターX / にゃーも

ヨーチャン / カーナ

ダンディ・ガガ / あきのん

 


 

~2月13日 次回テーマは~

「チョコっとした話」です!

 もうすぐバレンタインデー。チョコレートにかけてこのテーマです! 声を大にして言うのはちょっと・・・というような「チョコっとした話」やバレンタインデーにちなんだ話などメッセージを待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

なまはげ襲来!豆まき会

 九戸村長興寺のひめほたるこども園(上山恵子園長、園児52人)は2月1日、豆まき会を開きました。園児の前に突然現れた「なまはげ」2匹に驚きながらも自分たちが育て収穫した豆を投げつけ追い払いました。その後園児たちは恵方巻を作り、口いっぱいにほお張りました。

 

 6日のオドデ館は、野菜類だけでなく九戸産の濃厚な山ぶどうジュースやワイン、リンゴジュースも並んでいました。おりつめ工房の豆乳プリンもありました! 優しい甘さの黒蜜と豆乳の絶妙なバランスは一度口にすると病みつきになります。見つけるといつも買ってしまいます(*ノωノ)

 

 それでは、皆さん体調を崩されないように♪ ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

         村下孝蔵 「初恋」

         森高千里 「勉強の歌」(リクエスト=ミスターX)

1月30日 第240回放送後記


 

村づくり推進のつどい 

花壇造り 丸木橋が最優秀賞 

 九戸村の「村づくり推進のつどい」は1月27日、村公民館HOZホールで32の村民憲章推進実践区の代表らおよそ160人が参加し開かれました。

 

 花いっぱいコンクールで昨年取り組んだ花壇造りの表彰や最優秀賞を受けた丸木橋実践区の事例発表、紫波町の古舘地区子どもを見守るまちづくり委員会の佐々木勉事務局長が「子育ち支援で、じんわりと地域が動く」と題した講演に熱心に聞き入りました。

 

 花いっぱいコンクールには10実践区が参加し、優秀賞は宇堂口実践区と細屋実践区、優良賞は瀬月内実践区と戸田元村実践区でした。

最優秀賞を受けた丸木橋実践区の池田一男会長

 

講演した紫波町の古舘地区子どもを見守るまちづくり委員会の佐々木勉事務局長

 


②山根、九戸カルタ大会

世代をつなぐ地域行事

 九戸村山根の第12回ふるさとさんねカルタ大会は25日、地元の山根集落センターで開かれました。

 

 山根小学校の全校児童13人と佐々木優校長ら5人、地域の14人が参加しました。読み人が札を読み上げると、児童は真剣な表情で素早く取り札に手を伸ばし交流を楽しみました。

 

 九戸カルタは約20年前に村高齢者大学が生涯学習活動で作成し、九戸名物や自慢が読み札となり、取り札には柔らかいタッチのイラストが描かれています。


 

やまびこプレゼンツⅡ 

「鉄砲じい様」 渡さん紹介

 九戸村の「読み聞かせグルーブ やまびこ」の1月の紹介は、九戸の民話「鉄砲じい様」でした。

 

 代表の伊保内恒子さんが、語り部の渡フジヱさんと民話の粗筋を紹介しました。

 

 渡さんは、伊保内地区の二ツ家集落に放談にたけたおじいさんが「鉄砲じいさん」と異名をとった民話を素朴な九戸弁で魅了しました。


 

☆江刺家神楽保存会、神楽舞い初めをPR

 九戸村の江刺家神楽保存会は、2月3日午後3時から神楽舞い初めを細屋ふれあいセンターで披露します。江刺家神楽保存会の大崎廉成さんが紹介しました。


 

~☆1月プレゼント☆~

 今月1月のリスナープレゼントは、九戸村在住のハンドメイド作家CURRO(クロ)さん提供の「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしております!

 プレゼント名は、「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」と記入してください。締切は、1月31日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

☆おハガキ⇒〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1

        街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月30日テーマ~

「3分あったら何したい」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

座羽知之帆志@携帯修理中 / O.Katsuyuki

ABAI_TOHOKU / ゲブレシワシエ

にゃーも / ダンディ・ガガ

キリンの長介 / ローマは一日にしてならず者


 

~2月6日 次回テーマは~

「風呂の楽しみ」です!

 2月6日は「 2と6 」で「 ふ・ろ 」の語呂合わせ で、お風呂で読書をしたり音楽を聞いたりとそれぞれの過ごし方があると思います。皆さんの風呂の楽しみは 何ですか?メッセージを待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 オドデ館から見える折爪岳も冬を迎えた雰囲気。今は冬真っ最中です。冬でもオドデ館は、野菜類の品揃えが豊富! 30日の店内も白菜やキャベツやホウレンソウ、シュンギク、ネギ、ニンジンなどがたくさん並んでいます。

 くのへスキー場は1月25日、待望のオープンを迎えました!村内の小学生たちのスキー教室で賑わっています。隣接の西山荘のジンギスカンは名物です。温かいみそラーメンもおすすめです♡

 それでは、皆さん体調を崩されないように♪ ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

         松任谷由実 「春よ、来い」

         (リクエスト=ABAI_TOHOKU)

         SHISHAMO 「君とゲレンデ」

1月25日 くのへスキー場 待望のオープン

 

八戸、洋野から 一番乗り

 九戸村伊保内の村営くのへスキー場は1月25日、待望のオープンとなりました。早速、駆けつけたスキーヤーたちは、キリリと引き締まった自然のなかで新雪のゲレンデに思い思いにシュプールを描き楽しみました。

 

 スキー場は積雪20㌢、晴れ渡った青空が広がり絶好のスキー日和。中・上級者用のダイナミック、パノラマの2コース、初心者用のカラマツコースとも頂上から中腹は滑れますが、麓の一部は少し雪不足の個所があります。

 

 毎日HPでゲレンデ情報をチェックしていた八戸市の山内慎一さん(68)と洋野町の下荢坪千代司さん(69)は、連れだって訪れくのへスキー場初滑りを楽しみました。下荢坪さんは「ここは、一番近いスキー場。僕らのホームゲレンデなのでオープンを待ちわびていた。平庭高原との共通リフト券で今年も存分に滑りたい」と笑顔でした。

 

 久保田一成主任は「ようやくオープンです。ゲレンデ状態は今一つですが、整備は丁寧にしています。ぜひ、楽しんでください」と村内はもちろん、二戸地域や久慈、洋野町、八戸市方面のスキーヤーに来場を呼び掛けています。

 

 リフト運行は、午前9時から午後4時まで、リフト券は6種類。4時間券の場合、一般1,500円、中学生以下と60歳以上が1,000円。毎月第1、4の土・日曜日は、一般800円、中学生以下と60歳以上が500円になる親子割引料金やレディース割引料金があります。

 

 詳しくは、九戸村役場のHPゲレンデ情報に掲示しています⇒コチラ

 

【村営くのへスキー場】

電話0195-42-2366

1月23日 第239回放送後記


 

髙倉工芸25周年

村の伝統工芸品・南部箒

販路拡大目指しパリへ

 

 九戸村戸田の高倉工芸は、村の伝統工芸品「南部箒(ほうき)」を作り続け昨年、創立25周年を迎えました。

 

 村に代々続く農家の高倉さんの家は、農閑期の副収入源の箒づくりをコツコツと続け昔からの地域の技を極め、村を代表する会社に育ちました。

 

 2代目社長の清勝さんは1月20日にパリに向かい南部箒のセールスに奮闘しています。


 

②九戸村 除雪・見守りボランティア

伊高生ら5人、6世帯訪問

 

 九戸村の除雪・見守りボランティアは1月12日、高校生や小学生の5人が参加して始まりました。

 

 村社会福祉協議会が「地域で支え合いの村づくり」を目指し、この冬からスタートした活動です。

 

 初日は一人暮らしのお年寄りや障がい者たちの6世帯を訪れました。お年寄りたちは冬場になると家の中で過ごしがちなだけに、思いもしなかった若者の訪問に笑顔が広がりました。


 

③九戸村婦人のつどい

安心安全な地域づくりを目指す

 

 九戸村婦人のつどいは1月20日、村公民館HOZホールで約150人が参加して開かれました。

 

 女性の立場から住みよい九戸村を目指そうと、村内の女性5団体が連絡会をつくり昭和59年から始まりました。

 

 つどいは、二戸警察署九戸駐在所の森岩春雄所長の防犯講話や女性5団体のステージ発表、手作り交換市と多彩で来場者でにぎわいました。


 

~☆1月プレゼント☆~

 今月1月のリスナープレゼントは、九戸村在住のハンドメイド作家CURRO(クロ)さん提供の「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしております!

 プレゼント名は、「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」と記入してください。締切は、1月31日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

☆おハガキ⇒〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1

        街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月23日テーマ~

「拝啓〇〇様」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

あんめぇ / あはは

おかあちゃん / まさやん

suzuki.33 / ヤジイエルズ異星人

のんのん / 赤い、ひまわり。

山本大一研究会 / ダンディ・ガガ

座羽知之帆志@携帯修理中


 

~1月30日 次回テーマは~

「3分あったら何したい」です!

 1月30日は「3分間電話の日」です。公衆電話からの市内通話料金が3分で10円になったのが1970年のこの日です。皆さんは3分あったら何をしたいですか。メッセージを待っています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 岩手県内もインフルエンザ警報が発令されました! うがいや手洗いは必ずしましょう。体調がいつもと違うなと感じたら早めに受診し、おいしいものを食べて元気に冬を乗り切りましょう。

 それでは、またね~♪ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

         Sylvie Vartan「あなたのとりこ」

         チューリップ 「サボテンの花」

1月16日 第238回放送後記


 

地域子ども読書会

伊高生 代々引き継ぎ地域文化に

 九戸村地域子ども読書会は1月8日、10会場で開かれ村内の小学生188人が参加しました。

 

 読み聞かせをしたのは伊保内高校の1、2年生57人。グループに分かれ、宮沢賢治の童話「カイロ団長」とグループで選んだ創作紙芝居と大型絵本の3作品を読みました。

 

 読書会は今年で39回を数え、伊保内高校の生徒たちが代々引き継いできた伝統行事です。

 

 小学生に読書の楽しさを知ってもらいたいと、宮沢賢治作品や九戸や岩手の民話を題材にして取り組み、今では村内に「読み聞かせ文化」が広く根付いています。


 

②九戸・戸田の女正月

男たち、感謝のおもてなし

 九戸村戸田の戸田元村自治会の女正月は1月13日、今年も男性有志が地域の集会所「いろり庵」で開き、訪れた婦人27人を手料理でもてなしました。

 

 料理は恒例のお雑煮、あんこやゴマ、きな粉を乗せたつきたての餅、すき昆布の煮物、黒豆、手打ちそば、甘酒、男たちが自宅から持ち寄った赤カブや大根の漬け物。

 

 もてなす料理は無骨ながらも年を経るごとに味付けが上手になり、女性たちは女正月を満喫した会食でした。


 

③九戸・ 小井田立体農業研究所

受け継ぐ手打ちくるみ 販売開始

 

 九戸村江刺家の小井田立体農業研究所(小井田重雄代表)は、昨年秋に収穫した手打ちくるみの乾燥と選別作業が終わり販売が始まりました。

 

 折爪岳のふもとにある農場2.7㌶に、くるみの木およそ50本が林立し、高さ20㍍、樹齢50年になる木もあります。収穫量は、1.8㌧。実も例年よりうま味があります。

 

 小井田家の立体農業は、18年前に79歳で亡くなった寛周(ひろのり)さんの祖父・与八郎さんが小井田家の農家経営の柱にしようと取り組み、現在は父の重雄さん夫婦と長男・寛周さんが引き継いでいます。


 

☆うまいぞ!北いわてとり肉キャンペーンをPR

 鶏王国北いわて推進協議会事務局の村上千晶さんは、1月7~31日に開かれている「うまいぞ!北いわてとり肉キャンペーン」を紹介しました。

 

 村内は、道の駅おりつめレストラン、オドデ館、スーパーおともの3店が参加しています。


 

~☆1月プレゼント☆~

 今月1月のリスナープレゼントは、九戸村在住のハンドメイド作家CURRO(クロ)さん提供の「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしております!

 プレゼント名は、「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」と記入してください。締切は、1月31日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

☆おハガキ⇒〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1

        街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月16日テーマ~

「フリーテーマ」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

よつば / 芥川龍之介

ゲブレシワシエ / ピンクの桜

ナカッチ / よっちゃん

ほっそ / 赤い、ひまわり。

マッコ / バラの香り

座羽知之帆志@携帯修理中 / カノ

金ケ崎の平野です。


 

~1月23日 次回テーマは~

「拝啓〇〇様」です!

 毎月23日は「ふみの日」。1月23日は「1(いい)23(ふみ)」の 語呂合わせから「電子メールの日」に制定されています。 普段なかなか口に出せない気持ち・あなたの素直な思いをお寄せください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^♪

 

 リクエスト曲も、ご記入くださいね~♪ たくさんのメッセージを待っています(*^-^*)

 

《メッセージの応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 1月15日は小正月でしたね。伊保内のアムール小笠原で行われた「みずき団子飾り」を紹介しました。子どもたちの明るい声とカラフルな団子に気持ちがあったかくなりました♫

 

 スタジオや支局にも「みずき団子」を差し入れしてくれました! 支局内も明るくなり小正月気分を楽しんでいます。ありがとうございます。

 

 それでは、またね~♪ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

         Chara 「大切をきずくもの」

         三浦大知 「Blizzard」

        (リクエスト=ナカッチさん、ゲブレシワシエさん)

1月9日 第237回放送後記


 

 九戸村新年交賀会

抱負と課題、弾む交歓

  九戸村の新年交賀会は1月4日、村公民館HOZホールで村内各界の代表ら135人が参加しにぎやかに開かれました。

 

 五枚橋久夫村長が年頭のあいさつをし、上村昇村議会議長が祝辞を述べました。

 

 乾杯の発声は、九戸精密株式会社の渡部達己社長が務め、祝宴は参会者が今年の抱負や課題を語り合う姿があちこちにあり、九戸村の活力と底力を垣間見ることができました。


 

瀬月内神楽門打ち

正月恒例、里に映える権現舞

 九戸村戸田の瀬月内地区で正月恒例の瀬月内神楽の門打ちが1月3日、きりりとしばれる氷点下の中、地域の35世帯を訪れて行われました。

 

  午前7時半に神楽保存会の西野誠会長ら16人が瀬月内地区集落センターに集まり、準備を整えました。

 

 神楽人の装束に身を包み、午前8時に太鼓や鉦(かね)を打ちならし、笛の音を奏で新年の家内安全と無病息災を祈りました。


 

九戸村消防団出初め式

村を守る気持ち 新たに

 

 九戸村消防団の出初め式は1月6日、伊保内小学校校庭で行われ村内15の分団およそ180人がはんてんに身を包み、婦人消防協力隊の20人とともに村の災害出動や防災活動にかける意気込みと勇姿を披露しました。

 

 昨年12月に就任した山本篤団長と統監の五枚橋久夫村長が訓示し、団員は寒さの中で気持ちを新たにしました。

 

 新団長のもと、団員が一致団結し災害を未然に防ぎ安心安全な村づくりに村民の期待が集まりました。


 

~☆1月プレゼント☆~

 今月1月のリスナープレゼントは、九戸村在住のハンドメイド作家CURRO(クロ)さん提供の「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしております!

 プレゼント名は、「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」と記入してください。締切は、1月31日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

☆おハガキ⇒〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1

        街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月9日テーマ~

「正月あれこれ」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

ひろくん / ゆんきー

ダンディ・ガガ / くろまめ

金ケ崎の平野です。 / ヤジイエルズ異星人

よっすぃ~先輩 / ヤクルトファン

トラッキー / くろねこのぽぽ

座羽知之帆志@携帯修理中 / ゲブレシワシエ

赤い、ひまわりさん。 / 仙台西公園そば

マッコ / 替え玉@師匠は岡田圭右

 


 

~1月16日 次回テーマは~

「フリーテーマ」です!

 次回はメッセージテーマを設けません。最近あったことや冬休みの思い出などメッセージお待ちしています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^♪

 

 リクエスト曲も、ご記入くださいね~♪ たくさんのメッセージを待っています(*^-^*)

 

《メッセージの応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 九戸村の小学生が参加する「寺子屋九曜塾」は1月9日から3日間、村公民館HOZホールで行われます。

 

 寺子屋は、夏と冬に行われ、小学生が英語に親しんでもらう「Genki English タイム」は、村在住のALT(外国語指導助手)のマッケンジー夫妻が講師となり開かれました。身体を動かしながら、動物の種類や鳴き声を英語で紹介しました。

 

 「いきいき宿題タイム」は、高校生ボランティアと一緒に冬休みの課題や苦手分野の復習課題などをこなしていました。

 

 HOZホールには、新春書初め大会の作品が展示されています。ぜひ見に来てくださいね。

 それでは、またね~♪ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

           松任谷由実 「真冬のサーファー」

           ジェロ 「海雪」

           スキマスイッチ 「冬の口笛」

1月 リスナープレゼント~CURROさん・あったかハンドメイドセット~

 

ネックウォーマーとラミネートポーチのセット

抽選で3人に提供

九戸在住ハンドメイド作家・CURROさん

 

 

 九戸村在住のハンドメイド作家CURROさんは、ポーチやガーゼハンカチなどの小物類からバッグや洋服、オーダーメイドの車のシートカバーなどさまざまな作品を手がけています。

 

 人気のラミネートポーチは、マチ付きで手帳や通帳が楽に入るサイズです。内側は、ナイロン生地でポケットも付いています。

 

 リボン柄、花柄、北欧柄の3種類を作って頂きました。

 

 ◇リボン柄は、モノトーンで大人の女性にぴったりです。

 ◇花柄は、赤やカラフルな色合いでかわいらしい仕上がりです。

 ◇北欧柄は、男性にもお薦めです。

 

 


 

 ネックウォーマーの内側は、もこもこのあったか生地、外側はかわいらしい色柄の組み合わせです。

 

 かわいらしいラッピングは、贈り物に最適です!

 

 「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」。どれが当たるかは、届いてからのお楽しみです。

 


ご応募の方は、

✉番組プレゼント応募フォームから⇒ こちら

📠FAXから⇒ 0195-42-3083

〠おハガキから⇒ 〒028-6502  九戸村伊保内11-47-1、

街の駅まさざね館2階 エフエム岩手九戸支局宛て

当日消印有効         

 

氏名(本名とラジオネーム)・住所・電話番号・希望のプレゼント名「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」を記入しご応募ください!

 

締め切りは、1月31日(木)です。たくさんのご応募お待ちしております✨

(ゆかさん)

1月2日 第236回放送後記


 

①ヤクルトスワローズ風張投手

ふるさと九戸村に元気を

 新年最初のコーナーは、九戸村出身、東京ヤクルトスワローズの風張蓮投手にお話を伺いました。

 

 風張投手は、伊保内高校出身でプロ4年目の25歳。

 

 昨年は、1軍でプロ初勝利を挙げ、これからの活躍が期待されています。

 

 村内の野球少年たちの質問に答えてもらいました。


 

②ラジオが届ける年賀状

九戸を懐かしみ応援

 ふるさと九戸村を離れ八戸地区や首都圏で活躍している村出身者が励まし合いながら集う八戸地区九戸村郷友会の古川正司会長、在京九戸村ふるさと会の市橋賢悟会長に、ふるさとへの新年のあいさつをいただきました。


 

③新春オドデ館初売り

地場産品で新年を祝う

 九戸村山屋の「道の駅おりつめ産直施設オドデ館」の正月恒例行事・新春オドデ館の初売りは、1月3日午前10時から開かれます。

 

 毎年地元の方や帰省客、観光客でにぎわう会場で、九戸産のもち米を使ったつきたてのお餅や温かい搾りたて牛乳、甘茶が振る舞われます。

 

 初売りや車でお越しの皆さんへおすすめ情報など、オドデ館施設長の秋元光浩さんが紹介しました。

 

 ※イベントは終了しました。また来年もお楽しみに☆

 


 

~☆1月プレゼント☆~

 今月1月のリスナープレゼントは、九戸村在住のハンドメイド作家CURRO(クロ)さん提供の「ネックウォーマーとラミネートポーチのセット」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしております!

 プレゼント名は、「九戸 あったかハンドメイドセット プレゼント」と記入してください。締切は、1月31日(締切日の当日消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

☆おハガキ⇒〒028-6502

        九戸村伊保内11-47-1

        街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~1月2日テーマ~

「今年の目標」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

※ラジオネームを記入の方の紹介となります。

からあげベクター / にこ丸

赤い、ひまわりさん。 / 山本大一研究会

酉年のニクの日産まれ / ヤジイエルズ異星人

座羽知之帆志@携帯修理中/ そのまま

ゲブレシワシエ / でんちゅー

 


 

~1月9日 次回テーマは~

「正月あれこれ」です!

 皆さんはどんなお正月を過ごしましたか。実家に帰省した人、おいしい料理をつい食べ過ぎちゃった人、お年玉たくさんもらった(あげた)人など、皆さんの今年の正月の出来事のメッセージお待ちしています。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの#まさざねからも、どんどんつぶやいてください(^^♪

 

 リクエスト曲も、ご記入くださいね~♪ たくさんのメッセージを待っています(*^-^*)

 

《メッセージの応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします✨

 

 今週は定休日のオドデ館から初の生放送でした。いつもにぎわっているオドデ館だけに、ひっそりとしているのは新鮮で貴重な経験となりました。来週からは通常通り公開生放送となります!

 

 それでは、またね~♪ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

           EXILE 「RISING SUN」

           水前寺清子 「三百六十五歩のマーチ」

           SMAP 「がんばりましょう」