エフエム岩手 | 番組サイト | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」 | 九戸村 ふるさと元気隊 「政実(まさざね) くのへFM」

くのへPG場2019オープン交流大会

 くのへPG場・2019オープン交流大会 

中田さん(青森・三戸町)が優勝

 

 九戸村・くのへパークゴルフ場は4月13日、今季の営業が始まりました。オープン記念の交流大会は、近隣の市や町、青森県の八戸市や十和田市、三戸町や南部町、秋田県鹿角市など県外の愛好者たち130人が詰めかけて楽しみました。競技は男女混合で競い、青森県三戸町の中田道穂さんが100打で優勝しました。

 

 

入賞者は、次の通りです=4コース、36H、132ストロークプレー。

 ①中田道穂(青森・三戸町)100②上野幸夫(洋野町)104③松井襄児(青森・三戸町)104④佐藤良則(久慈市)108⑤久野是(青森・十和田市)109⑥中村正義(青森・八戸市)110⑦守村一守(一戸町)110⑧古里匡宝(青森・八戸市)110⑨工藤範光(青森・三戸町)112⑩長沼勉(青森・三戸町)112

          (同スコアの順位は、カウントバック方式による)

4月10日 第250回放送後記


 

三陸ワイン食堂 ケラッセ東京

九戸出身女性シェフ

五枚橋さん、岩手感満杯

 九戸村長興寺出身の五枚橋麻理子さんは、東京・新宿区で岩手の食材を使いイタリア料理を提供する「ワイン食堂 ケラッセ東京・若松河田店」のシェフとして活躍しています。

 

 ケラッセ東京をプロデュースする坂東誠シェフに誘われ、昨年12月に入店し毎日を忙しく過ごしています。

 

 若松河田店は、昨年11月にオープンしました。食堂とバーが一緒になったイタリアで「バル」と呼ばれる軽食喫茶店です。「三陸の感動を伝える」をコンセプトに一年を通して三陸産のカキや岩手のリンゴを使ったシードルが楽しめます。

 

◇ケラッセ東京HP⇒https://kerasse.com/


 

伊保内高校入学式

希望を胸にスタート

  九戸村の伊保内高校入学式は、4月6日に行われ新入生20人は希望を胸に高校生活がスタートしました。

 

 真新しい制服姿の一年生たちは、目標に向かって努力すること、仲間とともに協力して伊保内高校発展のために努力することを誓いあいました。

 

 伊保内高校は今年、創立70周年を迎えます。新入生は3年生30人、2年生30人とともに伊保内高校生として自覚を持ち、それぞれの目標に向かい3年間歩んでいきます。


 

 イワテヤマナシ研究会 

せんてい技術を研修

九戸 産地目指す生産組合

 九戸村を拠点に和ナシの固有種・イワテヤマナシの研究に取り組む「イワテヤマナシ研究会」は4月8日、村内の栽培園地で第8回研究会を開きました。

 

 今回は、果樹栽培に最も重要なせんてい技術の座学と栽培地での実技講習。

 

 村内有志が5年前に設立した九戸村イワテヤマナシ生産組合の組合員や研究会員の4人が参加し、大きな刺激を受けました。


 

☆九戸村役場新職員紹介

 桂川雄平さんは、4月から九戸村役場農林建設課で働いています。桂川さんの抱負を紹介しました。


 

☆春の農作業安全月間を紹介

 九戸村役場農林建設課の岩崎浩美さんは、4月15日から6月15日まで「春の農作業安全月間」と呼びかけました。


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶ティーバッグ10包入り&いわてやまなしシャーベット2個のセット」を抽選で3人にプレゼントします。たくさんの応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶とやまなし プレゼント」と記入してください。締め切りは、4月30日です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~4月のテーマ~

「スタート」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

さっちゃん / くんのこマン

あんめぇ / 赤い、ひまわりさん。

座羽知之帆志@携帯修理中 / ぎん

ダンディ・ガガ / りんごちゃん

よっちゃん / 戦車男

ファンファン / ひなたぼっこ

からあげベクター

 


 

~4月のテーマ~

「スタート」です!

 4月からは、1カ月ごとにテーマを設けています。新年度が始まり、皆さんが新しく始めたこと、これから挑戦したいことなどのメッセージを待っています。テーマ以外のメッセージも自由にお送りください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 

 10日のオドデ館は、「ばっけみそ」や大袋に入ったホウレンソウ、紅白餅が並んでいました! そして、ツバメたちは今年も元気にやってきました。春の足音が少しづつ聞こえる九戸村です。

 またね~ドデンドデン(●´ω`●)


 

【オンエアリスト】

             The New Christy Minstrels 「Green,Green」

             絢香×コブクロ 「WINDING RORD」

4月3日 第249回放送後記


 

茶師十段の大山泰成さん

講演懇談会

高品質の甘茶 村特産品で村おこし

 

 九戸村特産の甘茶を使った村おこし講演懇談会は3月26日、村公民館HOZホールで開かれました。

 

 全国茶業連合青年団会議から推薦された茶師十段の大山泰成さんは、甘茶の活用法の講演や甘茶を使った試飲を行い、九戸村の甘茶は高品質と評価しコーヒーと組み合わせた飲み方を提案しました。

 

 参加した甘茶の生産者や製茶業者、村内の飲食店関係者や村民ら19人は、特産甘茶のさらなる展開や活用法に期待を膨らませました。


 

発見!くのへ村

東京いわて銀河プラザ

 今回から始まりました「発見!くのへ村」。このコーナーは、九戸村に関係する食・工芸・人を発見し魅力を随時紹介します。

 

 今回は、東京・銀座5丁目の「いわて銀河プラザ」です。店長の長沢由美子さんが九戸村特産品のあま茶や手打ちくるみを紹介しました。

 

 いわて銀河プラザは、岩手県の食品や工芸品などおよそ1800点が並ます。岩手の魅力を東京でも感じられるように、さまざまなイベントを毎日開催しているアンテナショップです。

 

 リスナーの皆さんからも九戸村の発見情報を募集します。「#発見くのへ」を付けて情報をお寄せください。


 

九戸村、いわて県北クリーンが災害協定

民間初施設 村外の被災者、一時滞在も

 九戸村と「いわて県北クリーン」は3月28日、災害時に「村民の避難所施設・広域一時滞在施設」の協定を結びました。

 

 いわて県北クリーンは、九戸村江刺家で廃棄物処理の「いわて第2クリーンセンター」を運営し、自家発電設備と大型貯水槽を備えてることから「災害時に施設と電気と水を活用してもらいたい」と申し入れ実現しました。

 

 九戸村が民間施設を避難所として協定を結ぶのは、初めてです。


 

☆九戸城ボランティアガイドの会

4月6日(城の日)ガイド始まる

 九戸城ボランティアガイドの会の小原尋子代表は、4月6日(城の日)から二戸市の「国指定史跡、九戸城跡」のガイドを開始しますと呼びかけました。


 

~4月プレゼント☆~

 4月のリスナープレゼントは、九戸村ふるさと振興公社提供の「あま茶ティーバッグ10包入り&いわてやまなしシャーベット2個のセット」を抽選で3人にプレゼントします。たくさんの応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 あま茶とやまなし プレゼント」と記入してください。締め切りは、4月30日です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~4月のテーマ~

「スタート」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

金ケ崎の平野です。 / バタバタ

里ちゃん / 赤い、ひまわりさん。

座羽知之帆志@携帯修理中 / りょう

 


 

~4月のテーマ~

「スタート」です!

 4月からは、1カ月ごとにテーマを設けます。新年度が始まりました。皆さんが新しく始めたこと、これから挑戦したいことなどメッセージ待っています。テーマ以外のメッセージも自由にお送りください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

      九戸村伊保内11-47-1

      街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 新年度最初の放送は、雪の日にスタートしました。全国的に桜の便りが届いていますが、九戸村の春はもう少し先になりそうです。

 

 オドデ館は、雪の日でも品ぞろえが豊富です! おりつめ工房の「おりつめ豆腐」のコーナーにおからも一緒に並んでいました。豆腐をお買い上げの方に無料で提供しています。この機会に、私たちもおからを使った料理に挑戦してみようと思います(●´ω`●)

 

 それでは、新年度もよろしくお願いします。またね~ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

            Jiang Xiao-Qing 「茶林」

            foorin 「パプリカ」

4月プレゼント~あま茶といわてやまなしシャーベット2個のセット~

あま茶といわてやまなしシャーベット、3人に

九戸の特産品セット


 

 九戸村の特産品「あま茶」は、砂糖の200倍の甘さなのに、「ゼロカロリー、ノンカフェイン、ノンタンニン」の体にやさしいお茶です。

 ブレンドティーやコーヒーに入れる飲み方、化粧品や生薬の原材料、調理にも使われさまざまな楽しみ方があります。日本一の品質を誇る九戸村の甘茶をお試しください。

 使いやすいテトラ型のティーバッグタイプ(10包入り)です。

◇あま茶 九戸村ふるさと振興公社HP⇒https://amacha.jp/

 


 

 和梨の原種と言われるイワテヤマナシは、岩手県を中心とした東北地方の山野に自生しています。宮沢賢治の童話「やまなし」にも登場し、フルーティーな香りとレモンのような酸味が特徴です。自生する木は減少し今では絶滅危惧種といわれ、果実は希少です。

 貴重な果実をぜいたくに使ったシャーベットは、梨のシャリシャリとした食感を残し、豊かな香りが広がるお薦めの一品です。後味はさっぱりとし、食後のデザートにぴったりです。


 

 あま茶ティーバッグ10包入りと、いわてやまなしシャーベット(130ml入り)2個をセットにして3人の方にプレゼントです。

 

応募の方は、

✉番組プレゼント応募フォームから⇒ こちら

📠FAXから⇒ 0195-42-3083

〠おハガキから⇒ 〒028-6502  九戸村伊保内11-47-1、

         街の駅まさざね館2階 エフエム岩手九戸支局宛て

当日消印有効         

 氏名(本名とラジオネーム)・住所・電話番号・希望のプレゼント名「九戸 あま茶とやまなし プレゼント」を記入し応募ください!

 締め切りは、4月30日(火)です。たくさんの応募を待ってます✨

(ゆかさん)

3月27日 第248回放送後記


 

九戸村・円通寺 お寺ライブ 

松山隆宏 今年も来演

全国を旅する吟遊歌人

 フォークシンガー松山隆宏さんは4月7日、九戸村伊保内の円通寺で「お寺ライブ」に出演します。

 

 松山さんは昨年4月に初めて九戸村を訪れ、円通寺本堂で愛用のギター一本で歌い村民や駆けつけたファンを魅了しました。

 

 「円通寺お寺ライブ」を前に、松山さんの音楽人生を紹介します。


 

②たかおか農園・りんごの木せんてい

みのりの秋に 願いを込めて

 今月の「いいね!ふるさと~元気総研」は3月26日、全支局が参加し放送しました。九戸研究所は、九戸村小倉のたかおか農園の2代目園主、高岡朋子さんの「りんごの木のせんてい作業」を紹介。今回はその続編をお届けしました。

 

 たかおか農園は、瀬月内川の西側に広がる緩やかな斜面30㌃におよそ270本のりんごの木が並ぶ自然豊かな場所です。

 

 せんてい次第でその後の実の育ち方が決まるため、1本1本の木の個性を知り成長を見据えて枝を切ります。リンゴの木に最も適した環境を作るにはどうせんていすれば良いか、毎年考えながら作業する高岡さんを紹介しました。


 

 九戸・やまびこプレゼンツⅣ 

細川さん「戸田と面岸の大蛇」

 九戸村の「読み聞かせグルーブ やまびこ」の今月の紹介です。代表の伊保内恒子さんが戸田に伝わる伝説「戸田と面岸の大蛇」の粗筋と話し手を紹介してくれました。

 

 戸田の若者が一戸の面岸にある長沼に住む女大蛇と、九戸の戸田妻ノ神の十一面観音裏にある池の主・男大蛇の話を語ります。男大蛇は女大蛇に会いに出かけ、帰り道に不運にも山焼きの火にまかれてしまいました。男大蛇はどうなったのでしょう…、そして女大蛇は…。

 

 この朗読は、4回の予定で昨年12月から毎月月末の放送日にお届けしてきました。今回のシリーズは、今日で終わります。また、お届けできることを願っています。


 

☆未来へはばたけ伊保内高校生④

 伊保内高校3年の大谷百乃さんの今後の進路と抱負を紹介しました。


 

~3月27日テーマ~

「鶏肉料理」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

座羽知之帆志@携帯修理中 / よっちゃん

おやつばんちょう / かもめの王子

ひなひな / 赤い、ひまわり。

ダンディ・ガガ / 奥州おばさん


 

~4月のメッセージテーマ~

「スタート」です!

 4月からは1カ月ごとにメッセージテーマを設けます。新年度が始まり、新しい環境で気持ちを新たに新生活の準備を進めている方も多いと思います。皆さんが新年度、新たに始めたいことや挑戦したいことをお寄せください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 27日は、オドデ館のソフトクリーム売り場前で久慈市から出張しコロッケや魚の唐揚げなどの対面販売が行われました。唐揚げの匂いに引き寄せられ、たくさんのお客さんで賑わっていました。

 もうすぐ4月。新年度もお昼12時から放送の「政実くのへFM」をよろしくお願いします。

 それではまたね~ドデンドデン(●´ω`●)

 


【オンエアリスト】

             松山隆宏 「挽歌」

             柏原芳恵 「春なのに」

3月20日 第247回放送後記


 

①カシオペア連邦大博覧会が東京開催 

九戸村の南部箒(ほうき)と甘茶PR

 二戸地域の食、工芸に触れ体験する「カシオペア連邦大博覧会2019」は9~11の3日間、東京・丸の内のJPタワー・KITTE(キッテ)内の東京シティアイで初めて開催されました。

 

 九戸村から参加した高倉工芸の南部箒(ほうき)作りの実演や村特産品の甘茶の試飲販売会ほか、カシオペア地域の特産品や工芸品をPRするイベントに手ごたえを感じました。

 

 大博覧会の来場者は、3日間で3321人。首都圏でカシオペア地域の魅力を伝えるイベントは大盛況でした。


 

② 九戸村・大震災8年で集会

伊保内小 発災時刻 全員黙とう

地震と津波 一体学ぶ 長興寺小

 

 九戸村の伊保内小学校と長興寺小学校は、東日本大震災から8年目となる3月11日に被災地の復興を願う集会を開いたり自分の身は自分で守る震災学習に取り組みました。

 

 伊保内小学校は、午後2時30分から全校児童107人が「復興を願う会」を開きました。昨年9月に野田村を訪れた4年生25人が、被災したお年寄りたちとの交流を報告し大震災発生の時刻に黙とうを捧げました。

 

 長興寺小学校は、全児童46人が参加し3.11集会を開きました。津波が押し寄せた後に沿岸地域で撮影した1枚の写真をモニターに映し出し、自分の身は自分で守るにはどうれば良いかを話し合いました。


 

 九戸村介護予防5教室、登録者を募集 

シルリハ体操 普及に力

 岩手県北の山間地にある九戸村は、今年2月28日現在の人口が5,781人。シルバー世代が年々増え、今年度は高齢化率41.1%と40%台になりました。

 

 そんな中で、村住民生活課が力を入れ取り組んでいるのが▽女性の介護予防▽パワーアップ▽男の湯っこ介護予防▽男の介護予防料理▽転倒予防ーの5つの教室です。2019年度も4月から始まる5つの予防教室に登録者を募集しています。

 

 特にシルバーリハビリ体操(シルリハ体操)の普及は、3年前から各教室で取り組み「出来るだけ長く、自分のことが自分で出来る幸せを目指そう」と村民に呼び掛けています。


 

☆未来へはばたけ伊保内高校生③

 伊保内高校3年の玉川大輝さんの今後の進路と抱負を紹介しました。


 

~3月プレゼント☆~

 3月のリスナープレゼントは、九戸村戸田の髙倉工芸提供の「和洋服箒(ほうき)」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 南部ほうき プレゼント」と記入してください。今月は締め切りがいつもより早く、3月24日です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~3月20日テーマ~

「私の花粉症対策」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

なっちゃん / ナカッチ

ダンディ・ガガ / のんたん

座羽知之帆志@携帯修理中 / よっちゃん

まさやん / 裕神

ミオ

 


 

~3月27日 次回テーマは~

「鶏肉料理」です!

 九戸村はチキン王国です! 焼いて、煮て、揚げて美味しいバラエティに富んだ調理に人気の鶏肉です。皆さんの好きな鶏肉料理はなんですかメッセージお寄せください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

 リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 オドデ館は20日、お彼岸ということで色鮮やかな切り花が並んでいました。葉ワサビもありましたよ。この葉ワサビは、5月になるとお店に並ぶ「葉ワサビ」と違い、辛みが強いので醤油漬けにするよりそのまま薬味で使うのにオススメと店員さんが教えてくれました(・∀・)

 オドデ館西側入り口の右側にあるみそ田楽とみそ餅の売り場も大人気です! 炭火でじっくり焼いた特製みそにリピーターがたくさんいます。オドデ館に立ち寄った際は、一度は食べてくださいね♪

 それではまたね~ドデンドデン(●´ω`●)

 


【オンエアリスト】

             太田裕美 「さらばシベリア鉄道」

             19 「あの紙ヒコーキくもり空わって」

3月13日 第246回放送後記


 

 東日本大震災特集

上村さん(九戸)  野田村訪問

上山さんと派遣1年回顧

 九戸村教育委員会の上村勝己さんは、3.11大震災から8年を迎える3月3日に野田村を訪れました。

 

 上村さんは大震災から3年後の2014年4月、九戸村役場を定年退職後、再任用職員となり野田村役場総務課に1年間出向し、復興に携わりました。

 

 当時の直接の上司・野田村役場総務課企画調整班総括主査(現・住民福祉課保健班総括主査)・上山晃さんとは、今でも交流が続く仲です。2人の再会、思い出、復興の話を追いました。


 

②戸田小学校ほうき作り体験

伝統の技 次世代へつなぐ

 九戸村の戸田小学校は3月8日、5,6年生13人が地元の高倉工芸でキャリア教育学習に取り組み、ほうき作りを体験しました。

 

 戸田小学校は、村の伝統工芸品の南部ほうき作りを通し、昔からの地域の技と郷土愛を育んでほしいと5年前から6年生が箒づくり体験を行っています。今年度は5、6年生の複式学級で初めて取り組みました。

 

 職人の技を見て、聴いて、実際に製作することで、村の伝統工芸のすばらしさを楽しみながら学びました。


 

③九戸中学校「春駒の会」

感謝の気持ち 新たな決意 

 九戸村の九戸中学校は3月8日、3年生を送る「春駒(しゅんく)の会」を体育館で開きました。

 

 卒業する3年生を春の野に馬を放つ「春駒(はるこま)」に例え、学校行事や部活動などで1・2年生の先頭に立ちリードしてくれた先輩たちに、後輩たちが感謝の気持ちを伝えました。

 

 3年生49人は3月13日、母校で過ごした思い出を胸に九戸中学校を卒業します。

 


 

☆未来へはばたけ伊保内高校生②

 伊保内高校3年の田澤陽明子さんの今後の進路と抱負を紹介しました。


 

☆美楽&陶楽ART展をPR

 九戸村の美術サークル「美楽」と陶芸サークル「陶楽」の作品・ART展は、3月21日から5日間、伊保内の「まるふく」で開催します。美楽・陶楽の宮澤まさ子会長が作品の魅力を紹介しました。


 

~3月プレゼント☆~

 3月のリスナープレゼントは、九戸村戸田の髙倉工芸提供の「和洋服箒」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 南部ほうき プレゼント」と記入してください。今月は締め切りがいつもより早く、3月24日です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~3月13日テーマ~

「フリーテーマ」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

Charlie / 金ケ崎の平野です。

シチノヘ / ゆずみゆず

ちゃこたむ / さやパパ

ふくまる / ひなたぼっこ

赤い、ひまわり。 / チャコ

Fighting Girl / 替え玉@師匠は岡田圭右

ヤジイエルズ異星人 / ダンディ・ガガ

芥川龍之介 / よつば

だてさん / ナルトの金ちゃま

トラッキー / 山本大一研究会

座羽知之帆志@携帯修理中 

 


 

~3月20日 次回テーマは~

「私の花粉症対策」です!

 春が近づいてきましたね。うららかな春は気持ちがほっこりしますが、この時期は「花粉症」に悩んでいる方も多いでしょう。皆さんは、どんな花粉症対策をしていますか。メッセージお寄せください。

 

FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 九戸村の山野にも、フキノトウが顔を出しています。少しづつ春が近づいてきましたね。オドデ館にも、フキノトウが並んでいます。次は「ばっけみそ」が並ぶのが待ち遠しいです♪

 それではまたね~ドデンドデン(●´ω`●)

 


【オンエアリスト】

     仙台市立八軒中学校吹奏楽部・合唱部 「明日という日が」

     Little Glee Monster 「明日へ」

3月6日 第245回放送後記


 

①伊保内高校卒業式

未来へ 26人の門出を祝う

 九戸村の伊保内高校卒業式は3月1日、同校体育館で行われました。春の訪れを感じながらも、卒業生との別れを惜しむように寒さが戻ったこの日、26人の卒業生の旅立ちを在校生や保護者、来賓およそ130人が温かく見送りました。

 卒業生を代表して、関畑雪華さんが答辞を述べました。3年間の思い出を振り返りながら、先生や仲間たち、両親に感謝を伝える時にはこらえきれず涙があふれました。

 今年度は3年生が、12月に進路達成100%を実現しています。26人の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。


 

第42回火災予防運動ポスターコンクール

作品に込めた 防火の願い

 第42回二戸地区火災予防運動ポスターコンクール(二戸地区危険物安全協会主催)は2月22日、二戸市の二戸地区広域行政事務組合消防本部で表彰式を行いました。

 

 最高賞の特選に伊保内小6年の中村凛さん、入選に伊保内小6年の日向優那さん、佳作に伊保内小5年の松田侑莉朱さんと長興寺小5年の山本汐織さんが入賞する大活躍でした。

 

 コンクールは二戸地区の小学校4~6年生の児童を対象に毎年春に行われ、今回は91点の中から特選1人、入選3人、佳作5人が選ばれました。受賞作品は、二戸地区広域行政事務組合のホームページに掲載しています。ぜひご覧ください。


 

二戸法人会九戸支部、健康まつり開催 

減塩率先、老後を快適に

 二戸法人会九戸支部主催の「健康まつり」は2月27日、九戸村伊保内の街の駅「まさざね館」で開かれました。

 

 お年寄りら27人が脳卒中の予防法の講話や血圧測定を受け健康相談を受けたほか、家庭の味噌汁の塩分濃度を測定してもらい食生活へのアドバイスを受けました。

 

 最後に、3択形式の税金クイズ10問に挑戦しました。参加者がその場で手を挙げて答えながら税金の仕組みを学びました。


 

☆未来へはばたけ伊保内高校生①

 伊保内高校3年の皆川大輔さんの今後の進路と抱負を紹介しました。


 

~3月プレゼント☆~

 3月のリスナープレゼントは、九戸村戸田の髙倉工芸提供の「和洋服箒」を抽選で3人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 南部ほうき プレゼント」と記入してください。今月は締め切りがいつもより早く、3月24日です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒(締め切り日の消印有効)

         〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~3月6日テーマ~

「贈る言葉」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

うたたねこ / 仕事が手につかない

葛巻かず子 / 万引き家族

はやてこまち / ダンディ・ガガ

山本大一研究会

 


 

~3月13日 次回テーマは~

「フリーテーマ」です!

 最近あったことを自由にメッセージお送りください。東日本大震災から間もなく8年。13日は、震災関連のコーナーを中心にお伝えします。日頃の備えについて、心がけていることもお寄せください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 春の訪れを感じながらもまだ風が肌寒いです。オドデ様もマフラーで耳まで温めていました。

 皆さんもあたたかくして過ごしてください♪ ドデンドデン(●´ω`●)

 


【オンエアリスト】

海援隊 「贈る言葉」

    橘和徳 「千のありがとうを」

  miwa 「春になったら」

3月のプレゼント~髙倉工芸・南部箒(ほうき)

和洋服ぼうき、3人に

九戸の誇る伝統工芸品


 

 九戸村戸田の高倉工芸は、村の伝統工芸品の南部箒(ほうき)を作り続け昨年、創立25周年を迎えました。農閑期の農家の副収入源だったほうき作りをコツコツと続け企業化しました。

 南部箒(ほうき)は、軽くてしなやかなホウキモロコシを使い、穂先の強い縮れが特徴です。和洋服ほうきは、服についたほこりやペットの毛をきれいに取りのぞき、素材を傷めず風合いを整えてくれます。

 

 

 髙倉工芸のほうき作りは、原材料の「ホウキモロコシ」を村内の畑で無農薬栽培しています。種まきから収穫後の素材の選別、ほうきの編み上げ、商品の販売からアフターフォローまですべて自分たちの手で行っています。

 1年がかりで作り上げるほうきは、使いやすさと機能性を求めて一つ一つ手作りで仕上げた自慢の箒です。

 

◆髙倉工芸HP⇒https://nanbuhouki.jp/

 


 

応募の方は、

✉番組プレゼント応募フォームから⇒ こちら

📠FAXから⇒ 0195-42-3083

〠おハガキから⇒ 〒028-6502  九戸村伊保内11-47-1、

街の駅まさざね館2階 エフエム岩手九戸支局宛て

当日消印有効         

 氏名(本名とラジオネーム)・住所・電話番号・希望のプレゼント名「九戸 南部ほうき プレゼント」を記入し応募ください!

 締め切りは、3月24日(日)です。たくさんの応募待ってます✨

(ゆかさん)

2月27日 第244回放送後記


 

①岩手木炭と里山のくらし体験ツアー

日本一の炭作りを学ぶ

 カシオペア地域で生産される木炭と山里の料理を体験する「岩手木炭と里山のくらし」ツアーは2月23日、九戸村で開かれました。

 

 県内外から15人が参加し、生産量日本一と高品質で知られる岩手木炭の生産現場で作業を体験し「GIマーク」を学びました。

 

 一行は、古民家の「ふるさと創造館」に移動し、囲炉裏を囲み郷土料理や地域三大ブランド肉の炭火焼、ホワイトアスパラを楽しみました。


 

②村生涯学習アカデミー・女性教室修了

 さらなる学び誓い合う

 九戸村の生涯学習アカデミーと女性教室の合同閉講式は19日、村公民館HOZホールで行われました。

 

 41人の受講者が参加し、この1年間に開催したそれぞれ11講座を思い出しながら「学びの足跡」を振り返りました。

 

 昼食は、山下ミヨさん、桂川祥子さん、上柿幸子さんの九戸村在住の食の匠3人の手作り弁当を楽しみながら懇談し「来年度も元気で会いましょう」と、さらなる学習を誓い合いました。


 

 九戸・やまびこプレゼンツⅢ 

「弘法大師 霊験の話」 石川さん紹介

 九戸村の「読み聞かせグルーブ やまびこ」の2月の紹介は、九戸の民話「弘法大師 霊験の話」でした。

 

 代表の伊保内恒子さんが民話の粗筋と語り部を紹介してくれました。

 

 石川さんは、江刺家地区を訪れた弘法大師が気立ての良い娘に会い、クルミを分けてもらったお礼に殻が薄く手で割れる「手打ちクルミ」お礼に残してくれた話を素朴な九戸弁で語りかけました。


 

☆第25回オドデ塾ふれあい演芸まつりをPR

 第25回オドデ塾ふれあい演芸まつりは3月3日、九戸村の江刺家小学校体育館で開かれます。事務局長の小井田寛周さんがまつりの見どころを紹介しました。


 

~2月プレゼント☆~

 2月のリスナープレゼントは、九戸村江刺家の小井田立体農業研究所が提供の「手打ちくるみ500g」を抽選で4人の方にプレゼントします。たくさんのご応募をお待ちしています!

 プレゼント名は、「九戸 手打ちくるみ プレゼント」と記入してください。締め切りは、2月28日(締め切り日の消印有効)です。

 プレゼントは、こちらをご覧ください(‘ω’)ノ

 

《プレゼントの応募方法》

   ☆プレゼントフォーム⇒こちらから!

   ☆おハガキ⇒〒028-6502

         九戸村伊保内11-47-1

         街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

~2月27日テーマ~

「フリーテーマ」

☆メッセージをお寄せいただいた方☆

(ラジオネームを記入の方の紹介となります)

まさ / 寝たふりしているライオン

みい姉さん / かかよ

滝沢スイカ / ダンディ・ガガ

しずく / よっすぃ~先輩

にゃーも / 芥川龍之介

O.Katsuyuki / 座羽知之帆志@携帯修理中

ゲブレシワシエ


 

~3月6日 次回テーマは~

「贈る言葉」です!

 卒業シーズンですね。進学や就職などで新生活を迎える皆さんは、たくさんいると思います。普段お世話になっているあの方に、家族や友達、恋人に伝えたい言葉はなんですか。メッセージお寄せください。

 

 FacebookへのコメントやTwitterの(#まさざね)からも、どんどんつぶやいてください(^^)♪

 

リクエスト曲も、記入くださいね~♪

 

《応募方法》

①メールフォーム⇒こちらをクリック!

②FAX⇒0195-42-3083

③おハガキ⇒〒028-6502

九戸村伊保内11-47-1

街の駅まさざね館2F、エフエム岩手九戸支局 宛て


 

 少しずつ春の足音を感じるようになりましたね。スイーツも春の装いで登場します。小笠原菓子舗は、3月1日~3日までの期間限定で手のひらサイズのケーキ「ひなケーキ」を販売します。江刺家の小笠原菓子舗本店と伊保内のアムール小笠原で提供します。さくら餅はオドデ館にもあります。

 ちょっと小腹が空いたときのオススメは、「かりんとう」です。ひえ、たかきび、大豆、にんじん、ごぼう、コーヒー、ごま塩の7種類のフレーバーが並んでいました。

 皆さんもぜひ食べてみてください♪ ドデンドデン(●´ω`●)


【オンエアリスト】

          Mr.Children 「エソラ」(リクエスト=ゲブレシワシエ)

キャンディーズ 「春一番」

SHISHAMO 「水色の日々」