エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for the ‘未分類’ Category

平庭山荘

3月13日のリポートコーナーは

「平庭山荘」からお届けしました!

P1000673

HPはこちらです→→平庭山荘 ぽちっ

 

久慈市山形町にある平庭高原リゾートの

中心にたつ平庭山荘

 

久慈市の冬のレジャーといえば!

「平庭高原スキー場」

HPはこちらです→→平庭高原スキー場 ぽちっ

 

スキー場に隣接する宿泊施設です。

 

毎年いろんなイベントで四季を通して

楽しませてくれる平庭高原から

スキー場情報と今後の企画などを伺いました。

 

お話を伺ったのは

スキー場から平庭山荘、レストランなど

平庭高原の観光施設を運営している

平庭観光開発株式会社

下舘 満吉 社長

 

おおらかで優しい方です。

 

■スキー場

昨年のスキー場は雪不足に悩まされ

年を越した1月9日OPENしましたが、

今年度はなんとか年末12月29日OPENし

お客様も1月前年比122%の集客となりました。

 

初心者から上級者まで楽しめる平庭高原スキー場

リフトとコースが充実しており

宿泊パックがあったり、リフト料金がリーズナブル

とあって特にファミリーに人気があります。

 

今年のクローズは3月末が目標ですが

昨年度は3月14日だったこともあり、

どのくらい延ばすことができるか…

天候との相談となりそうです。

 

これから春スキーは

天候に恵まれる日が多くなります。

 

知る人ぞ知る

平庭高原スキー場は

海が見えるスキー場…なんです!パチパチ

※いくつかの条件が整った場合に限ります。

 

これは全国的にも本当に珍しいスキー場

ぜひ!残りわずかなスキーシーズン

貴重な景色も狙ってみてはいかがでしょうか!

 

 

■今後について

日本一の白樺美林をうたっている平庭高原ですが、

その資源を活用して皆さんに楽しんでいただこうと

モニターツアーを開催します。

※応募は締切ました。

 

●モニターツアー

今後観光メニューになるかもしれない

気になる内容をきいてきました♪

○体験

白樺樹液について紹介

白樺樹液の採取体験

※白樺樹液は3月~4月までのおよそ1か月間のみ採取可能

○食事

樹液カレー

樹液でしゃぶしゃぶ!(山形町短角牛)

○お風呂

樹液風呂!(樹液が入っている!)

※各種アミノ酸含有で美肌につながる!?

しらかばの湯

※参考画像です。

 

なんて素敵なんでしょう♪

平庭高原の観光に今後取り入れられたらうれしいですね♪

 

そして!

●平庭山荘

毎年春と秋に開催している

○ワインの夕べ

40回目を迎えます!パチパチ

毎回、大人のひとときを楽しく演出してくれます。

40回を記念し盛大に企画中とのこと!

詳しい内容は3月中旬ころ

みなさんにお知らせできるそうです♪

いつも盛大で豪華なイベントの40回記念とあって

ますます楽しみですね~♪

 

○お誕生日企画

レストランやまぼうしでは

P1000663

一度お食事にいらした方に

任意でお誕生日などを伺い、その方のお誕生月にお得な

情報をお知らせする企画をはじめます。

お得な情報とは

ななななんと!

通常2900円のサーロインステーキ

お誕生日の方のみ

………………ワンコイン

……ワンコイン…………

うわーっ!\(◎o◎)/!

ワンコインでご提供いたします!

 

500円!

 

500円なんです!

 

素晴らしいですね。

 

美味しいお食事をしてもらいたい

レストランにきてもらいたい

平庭にきてもらいたい

そんな思いでやります。と社長。

 

お誕生日企画は4月からスタートです!

 

スキーはあともう少しだけですがお楽しみいただけます。

その後春に向けても

お楽しみ満載の平庭高原♪

久慈市の海や山

そして山形町の自然をおもいっきり楽しむことができる

自然体験学習もはじまりますよ♪

HPはこちらです→→体験学習(一般向け)ぽちっ

 

活動拠点としてもどうぞご利用ください。

大人数またはファミリーのご宿泊には

コテージも人気です♪

HPはこちらです→→コテージ ぽちっ

 

 

ほかの地域よりも少し遅い春の芽吹きを

どうぞ平庭高原でゆっくりとお楽しみくださいね♪

P1000672

お待ちしています♪

 

 

 

 

 

 

 

*3月のリスナープレゼント*

今月のリスナープレゼントはこちら!!

IMG_3516

手作り工房やませみさんの

山ぶどう染の手ぬぐい、スカーフ、プチストール

藍染のテーブルセンター

ちなみにスカーフを広げるとこんな感じ^m^

IMG_3510

綺麗な薄紫色~、可愛い模様がついてますね♡

IMG_3511

手作り工房やませみ 中田悦子 さん

お部屋や会社にに飾っても絵になりそうですし

ストールやスカーフはお着物の帯アレンジにも使えそうですね♪

私も欲しくなってきちゃったー(@_@;)!!(笑)

気温や山ぶどうの種類、発酵具合でも色が変わってくるので

作品のほとんどが一点ものなんだそうです。

 

IMG_3515

抽選で4名様に この4つの中のどれかが当たります!!

※内容は選べません(ごめんね)。届いてからのお楽しみです。

それでは応募方法です。

↓↓↓

応募方法

希望のプレゼントに、『  やませみ 』

と明記して・・・・そのほかに

①ラジオネーム

②本名

※お名前(本名)がないと当選した際に発送ができません。

記載がない場合は抽選対象外となります。ご注意ください。

③住所

④電話番号

⑤年齢

番組へのメッセージも添えてご応募ください♡

 ※すべて必須ですよ~。

宛先

ハガキ

〒028-0061

久慈市中央2-14 エフエム岩手久慈支局 まで

ファックス   0194-75-3161

メール →*番組HP プレゼント応募フォーム*

 

たくさんのご応募お待ちしています^m^

 

*スタッフ一同*

 

「おつこ汁」 八幡トシノさん

2月27日のリポートコーナーは

久慈市山形町に伝わる

「おつこ汁」について紹介いたしました。

おつこ汁

 

お話を伺ったのは

久慈市山形町霜畑にお住いの

八幡トシノさん

八幡トシノさん

優しいおかあさんです。

 

トシノさんご夫妻

息子さんご家族の6人で暮らしています。

現在は5頭ほどいる牛の世話や

昨年大きな被害を被りましたが

寒しめほうれん草などの栽培をされています。

 

いまでは有名になった

「まめぶ」

ドラマ「あまちゃん」でも

甘いのかしょっぱいのか…といわれていました。

 

まめぶが有名になる前から

トシノさんは伝承活動をされていたそうです。

トシノさんがつくる「まめぶ」は

黒砂糖が入らないもので甘くないそうです。

確かに砂糖は昔はなかなか手に入らなかったもの

古くは甘くないのかもしれませんね。

 

さて、リポートで紹介したのは

「おつこ汁」

どんなものか

お豆腐を作る際に

豆乳とおからを分け、

豆乳を固めますが、

「おつこ」は

豆乳とおからを分けずに

そのまま固めたものなんです。

 

その昔

毎年毎年作物が収穫できたわけではなく

3年に1度は凶作に見舞われていたそうです。

昔は子だくさんで、みんなに食べさせるため

おからも含めた「おつこ」で食べさせた。

 

おつこという名前の由来は

おつこ = おんつこ・おんづっこ・おんづ

= 長男以外の男の子供・次男

 

「おんづっこどぉにもか(食)せれるよぉに」

次男たちにも食べさせてあげられるように

といった意味があるそうです。

 

お母さんの気持ちがつまったお料理ですね。

 

では

作り方を紹介いたします!

■ 準備するもの

・大豆  1カップ

・水   5カップほど

・にがり 適量

■作り方

1.大豆をよく洗い、6時間以上多めの水に浸します。

IMG_4469

2.同量の水と1をミキサーにいれ2分ミキサーにかけます。

※お水は多めのほうがミキサーが回りやすかったです。

※2分は目安です。回しながら様子を見て

 なめらかになるまで大目にミキサーをかけてくださいね。

1.大豆をうるかし   ミキサーにかける (生呉)

3.生呉(なまご)と呼ばれるものになります。

※生呉を味噌汁に入れて煮たものを

 呉汁(ごじる)というそうです。これも郷土食とのこと。

4.鍋に同量の水を入れいったん沸かします

2.湯を沸かす

※お水は同量は目安です。大目のほうがいいようです。

5.4に3の生呉を入れ、かき混ぜます。

3.湧いたら生呉を投入する

よくかきまぜます。※鍋の底にこびりつきます。

3.沸いたら生呉をいれる

6.沸騰してきたら差し水をし、

※すぐ沸いてふきこぼれますのでご注意くださいね。

 

5.沸騰してくる

泡が落ち着き、再度沸騰してきたら火をとめます。

 

7.6を少しだけ置き、少しだけ温度を落ち着かせます。

6.泡が出たら水を少し入れる 少ししたら火を止める

8.7に「にがり」を少しずついれ、

7.すこしだけ休ませた後、にがりをいれる

様子をみながらゆっくりかきまぜます。

 

9.おからのもろもろのような塊がでてきたら、

8.ゆっくりかきまぜる※ゆっくり

あらかじめ濾し布をしいた 穴の開いた型にいれ流し

10.濾し布を敷いた型に流しこむ

11.形を整える

覆うように濾し布をかぶせ、軽い重しをして30分

12.おし蓋をする (軽いものでいい)

10.出来上がり!

13.出来上がり※10分後

見た目は水分の多いおからといった感じです。

14.おつこ

美味しそう♪

※こわれやすいので包丁で切るのではなく

お玉などですくって使います。

 

■食べ方

・お味噌汁に入れる「おつこ汁」

・野菜とともに油で炒める

・出来上がりをそのままお醤油とねぎで!

 

大豆のお味と栄養がしっかり入った「おつこ」

みなさんもご家庭で作ってみてはいかがでしょうか♪

 

おからの食感も感じながら

お豆腐感覚でどうぞ♪

 

とはいっても

郷土料理って体にいいことはわかってはいますが

なかなか教わるチャンスがないですよね。

 

岩手県農業改良普及会では

食べよういわて 伝統食と食の匠の技

IMG_4448

※紹介用のチラシから引用

というA4版オールカラーの本を発行しています。

とてもわかりやすく岩手の食を学べます♪

興味のある方は

岩手県農業改良普及会までお問い合わせください♪

電話番号 019-629-5658

 

参考

いわて公式 食の総合ポータルサイト 食財くらぶ

 

また、

「おつこ汁」

インターネットでも作り方をみることができます。

 

おつこ汁 で検索しますと、岩手県公式HP内

県北広域振興局 久慈農業改良普及センター

久慈地方の郷土食で紹介されています。

おつこ汁

ぜひご覧ください。

 

 

※おまけ

トシノさんのお宅の軒下には

IMG_4306

珍しい干しイモ(凍み芋)

粉にすると3年ほど保存可能になるそうです。

昔の方々の知恵ですよね。

IMG_4487

※凍み芋のおもち

IMG_4488

※おからのおもち

 

トシノさん宅ででてきた素敵なおやつ♪

ちょっと手間をかけて

ささっと作って出す

体にもいい食は心にも温かいですものですね♪

*がったんごっとん0220*

■季節

冬真っ只中の山形町

降っては解け、降っては解けを繰り返しています。

 

あたたくなったと思いきやこんなに積もったり…

春の足音は・・・・、まだ聞こえてきません。

みなさまお出かけの際は情報収集や事前の確認

早めに家を出るなどの対策をし、ごゆだんなく。

■道の駅

今月も季節のお野菜がずらり!!!!

2月20日産直

ほうれん草・しいたけ・大根・お豆腐

塩漬け類も種類豊富でした。

IMG_3470

↑↑ こちらはフキ(^・^)

また、今日の一押し「きび粉」↓↓

きび粉

みずかみ、「きび粉」なるものを初めて目にしました!!

「桃太郎さん、桃太郎さん♪」 の、お腰につけてるあの黍団子!!!

の!元になる!!きび粉\(◎o◎)/!ほんのりピンク色~

聞いてみると、ここら辺ではメジャーなもののようです。

いつもこの時期に登場し、人気ですぐに売れてしまうそうですよ。

 

そして民芸品コーナー

徳じいコーナー

先月同様、徳じいコーナーが!!

かごバックたち

そして、山形町でも流行の兆し「かごバック」!!

         しかもめちゃめちゃ手が込んでいる!!

あと、こんなものまで入荷されていました!!

工芸品コーナー

木でつくられた工芸品!

戸呂町の方が製作してるようです。

数少ないとのことでみずかみも「おひつ」購入しちゃいました♡

(夢はおひつで出す朝ごはん^m^ 笑 )

そして珍しい物も入荷中!!

これなんだかわかりますか~~??

さるのこしかけ

そう・・・ 「サルノコシカケ」!!

山形町小国でとれたものです。

しかも500円~1000円という超激安価格!

おうちに飾ってあるのをよく見かけますよね~。

うちのおじいちゃんちにも購入したものが仏間に飾ってあります。笑

これもみずかみ購入・・・。いざとなったら煎じて飲みます!!

気になった方、どれも数少なくなっておりますのでぜひ!

産直もそうですが民芸品コーナーも季節ものを見るのは毎月ワクワクします!

その時にしかないものが、そこにある!!

あなただけの一品を見つけてみてください(●^o^●)

 

■季節の話題

さてさて今回の放送は縫製業の話題でしたね♪

がったんごっとんスタジオからは

久慈市山形町にある縫製工場

「株式会社アクティブ」をご紹介(^・^)

株式会社アクティブは平成元年に久慈市誘致企業として侍浜町に工場を建設しました。その後、平成9年にも久慈市山形町の川井地区に工場を増設し今に至ります。現在の従業員数は34名。もちろん山形町でお仕事されている方もいらっしゃいます。

名前は出せませんが…侍浜工場は

某有名メーカの指定工場になっていたりするんですよ♪

IMG_3123

山形工場 工場長大柳良克さん

とてもまじめで優しい方ですよ。

取材時も、縫製について素人の私にとても丁寧に説明をしてくださいました!

Q:工場で作っているものはなんですか?

A:アクティブでは肌着やカットソーを取り扱っています。

 山形工場でいま作っているのは、春夏に向けたTシャツやポロシャツ、肌着など

 時期は終わってしまいましたが、先日まではパーカーも作っていました。

Q:1つの工場でいろんなものがつくられるというわけではないんですね!

A:そうですね、久慈市にはたくさんの縫製工場があります。

 それぞれに生産しているのもが違います。例えばスーツ・作業服・子供服・ドレス・十剣道着…

 と色んなジャンルの縫製工場があるのです。久慈市は、先ずそういったところでいろんな

 ジャンルのアイテムが作れる街ですね。

Q:「縫製の街・久慈市」ですね。

 それぞれに得意分野が違う、ということですかね?

A:得意分野と言いますか、まあ、うちの例をあげますと…

いまうちのほうで「4本針F(フラット)シーマ」という特殊ミシンを使っています。

(4本針Fシーマ・・・4本の針と糸で生地を縫う特殊ミシンの名称。このミシンを使って縫う縫い目が裏も表もフラット・平坦になる。分かりやすく言えば、凹凸がなくなるので肌へのふれ心地がよいまた耐久性に優れ糸を変えればデザインも変えられる。) 

これがあることでその方面の仕事に幅がきくというところがあります。

そのような持ってる機械がそれぞれちがうというところも

作るものが違う、というのにつながってくるのではないかと思います。

工場内はこんな感じ

工場内

工場内は肌着部門とカットソー部門に分かれています。

肌着部門の撮影はできなかったのですが、白い帽子に白い制服を着て

髪の毛が入らないよう品質管理に気を使っているとのことでした。

さて、大柳さんには録音出演をしていただきましたが、

がったんごっとんスタジオのゲストはこの方でした!!

香取さん&栁久保さん

ナインオクロック株式会社の香取正博さん

チエ子さんのお隣、写真左側におられる方です(^・^) 最近新聞やテレビで取り上げられることも多くご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?とても気さくで面白い方です。

なぜ、ゲストでお呼びしたかというと・・・??

実は香取さんが販売しているTシャツは「株式会社アクティブ」で作られたものなんです。

大柳さんとはいわば、縫製工場メーカーというお立場ですね♪

香取さんについてもお話お聞きしました!

Q:香取さんについて教えてください。

A:昨年の5月に東京から久慈に移住してきました。もともと洋服をつくりたかったのですが、縫製業の盛んな地域で生産したいと考えていました。そこでインターネットで調べているとここ久慈地域が縫製の街と知ったので、拠点を久慈に移しました。

そして第一弾としてTシャツブランドを立ち上げました。まずはこれをブラディングできるように岩手に、そして全国に発信していきたいと活動しています!

なんと!移住者!しかも東京から単身久慈へ。

そしてブランドを立ち上げ、Tシャツを作ったんですね♪

名前は、久慈=九時=ナインオクロック

なんて分かりやすくキャッチーな名前なんでしょう(^・^)/

Q:なぜ、アクティブさんと提携しようと思ったのでしょうか?

A:久慈地域は縫製工場が20社以上ありますが、工場によって得意分野がそれぞれ違います。ぼくはTシャツブランドなので、Tシャツ・カットソーがもっとも得意なアクティブさんにお願いしました。私も素人でしたが、やっぱり縫製はとても綺麗ですよ、 しっかりとしていてヨレヨレにもなりづらい。お客さんにもそう言っていただけます(^^♪

みんなで(Tシャツ)

実際にTシャツを見せていただきましたが、本当に丁寧な縫製でした。

なおかつ触り心地がとてもよくTシャツはもちろんですが肌着にも近い感覚がありました!

またデザインもとてもスタイリッシュ! 特にみずかみはVネックがお気に入りです(^・^) Vネックと言っても切込みに深いわけではないので、肌をあまり露出しなくて良いですね♪

デニムにTシャツというシンプルスタイルでも上品さが出せるデザインなのかなーと思いました。←水上の感想です

 

服を着る側からは気付かれにくいですが、調べていくと色んなものが見えて来るような気がして、今回もとても勉強になりました。

…最後にお二人からラジオをお聴きのみなさんにメッセージを頂きました。

株式会社アクティブ 山形工場

工場長 大柳良克さまより

本日は株式会社アクティブ山形工場をご紹介いただきまして大変ありがとうございました。私たちはお客様の満足を第一に考え、品質にこだわったモノづくりをしながら、働き甲斐のある職場づくりを目指しております。

縫製関係に興味のある方やどんな職場なのか近くに寄ったらぜひ見学してってください。お待ちしております。

 

ナインオクロック株式会社

代表取締役 香取正博さまより

ブランド名のナインオクロックは、時間の9時。このラジオ番組名もくじぃじ

~くで久慈です。つまりナインオクロックのブランドが広まれば久慈市も同時

にPRできてしまうかもしれないので、どんどん発信していきたいと思います!

今後とも久慈を、ナインオクロックをどうぞよろしくお願いします\(^o^)/

 

香取さんが販売しているTシャツですが、主にインターネット販売で手に入れることができます。また久慈や盛岡のセレクトショップに一部おいてもらっているそうです。

さらに!2月末から新宿ルミネで1か月限定ストア販売が始まるようです。

関東方面にお住いの方にも嬉しい情報ですね。

Tシャツのご購入やお問い合わせについては

ナインオクロックHP

上記をご覧ください。

 

 

ぜひ機会がありましたらメイドイン久慈のTシャツをご覧になってみてください(#^.^#)

大柳さん、香取さん ありがとうございました!

 

平成29年1月20日月曜日

がったんごっとんスタジオ

取材先:株式会社 アクティブ

ナインオクロック株式会社

ナビゲーター:道の駅白樺の里やまがた

栁久保チエ子さん

リポーター:水上千穂

第25回久慈市郷土芸能祭

2月13日のリポートコーナーは

平成29年2月19日㈰

久慈市文化会館アンバーホールで開催される

第25回久慈市郷土芸能祭についてでした。

 

久慈市の郷土芸能6団体が参加いたします。

 

参加団体のひとつ

「夏井大梵天神楽」をご紹介いたしました。

 

お話を伺ったのは

夏井大梵天神楽保存会

IMG_4247

巽山稲荷神社 神主 播磨 豊和 さん

 

中継は社務所にお邪魔しました。

 

スタジオのある道の駅くじやませ土風館

IMG_4273

すぐそば

久慈市民の憩いの場

巽山公園の敷地内にあります。

 

小高い丘の上にあり

IMG_4275

 

お天気のいい日には

IMG_4282

海側に向かって

久慈市内を

一望できるすばらしい眺めです。

 

当日もとてもいいお天気に恵まれ

久慈市のシンボル

牛島も気持ちよさそうに見えました♪

IMG_4277

※展望スペースもありますよ♪ぜひ♪

 

 

久慈市夏井町にある

大宮神社が発祥の夏井大梵天神楽は

なんと660年以上も受け継がれる神楽です。

 

古くは播磨藩(現在の兵庫県)から

この地域へ修験者として訪れ

播磨家を中心に

舞い継がれてきた山伏神楽です。

夏井大梵天神楽

 

50もある舞のうち、現在は20演目ほどを

舞っているそうです。

悪魔祓い、家運長久を祈り、鎮魂の舞曲として

播磨家を中心に

代々受け継がれてきたということです。

その数もさることながら

演目の中には非常に貴重な舞もあり

平成9年には久慈市

平成11年には岩手県の

指定無形民俗文化財に認定されました。

 

神楽といえば「権現様」です。

神様が獅子頭を憑代として仮の姿で現れ、

まるで神様をあそばす様に舞うそうです。

 

夏井大梵天神楽の「権現様」は

あごの部分が離れているそうでして、

動きがよりダイナミックな舞となるそうですよ。

 

19日㈰に開催される

久慈市郷土芸能祭では

「権現舞」と「子供御神楽舞」を

披露するそうです。

「権現舞」は

下舞、しだれ、伏せ獅子、身がため、三本頭に分類され

「身がため」でお祓いいたします。

「子供御神楽舞」は

夏井小学校、夏井中学校の生徒が舞います。

天岩戸が開かれ、中から天照大神がおでます時に

そのご威光により夜が明ける如く明るさが増す

喜びを舞う祝と鎮魂の舞です。

 

夏井大梵天神楽をはじめ

その土地に出向かなければ見ることができない

郷土芸能が一堂に会する

第25回久慈市郷土芸能祭は見逃せませんね♪

みなさまぜひお越しください♪

 

■第25回 久慈市郷土芸能祭

日時:平成29年2月19日㈰

開場   9時30分

開演 10時

場所:久慈市文化会館アンバーホール大ホール

入場料無料

第25回久慈市郷土芸能祭

 

以前から郷土芸能を通じて交流のあった

八戸市などから

三圏域郷土芸能交流祭も併せて開催されます。

ぐるっとこの地域の郷土芸能がそろい

見ごたえのある催しとなりそうですね♪

 

みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

 

おまけ

夏井大梵天神楽は

■大宮神社(8月15日)

■若宮八幡宮(旧暦8月15日)

■巽山稲荷神社(5月5日)

の例祭で奉納されます。

 

その土地の神社でみる神楽はまた格別!

空気感や迫力が違います。

ぜひ各神社の例祭へもお越しください。

IMG_4285

そして

神楽に興味を持たれた方へ♪

来月から若宮八幡宮で

1か月間神楽の練習が行われるそうです。

お気軽にごらんください♪

 

 

 

 

 

有限会社 宇部煎餅店

2月6日のリポートコーナーは

久慈市長内町にある

有限会社 宇部煎餅店からお届けいたしました。

出荷・倉庫・事務所

お話を伺ったのは

宇部 清志郎さま

専務 宇部 清志郎 さん

とても優しく誠実そうな方でした。

 

会社名でわからない方でも、

1斗缶 うすやきこわれ煎餅

1斗缶せんべい①

ときけばお分かりになるのではないでしょうか。

 

昭和21年創業 従業員数60名

何度か大型焼成機を増設し

工場が手狭になったため

震災後現在の場所へ移転し

その後もどんどん規模を拡大しています。

※大型焼成機1台で25000枚/日

 

実は

有限会社 宇部煎餅店

南部煎餅の生産量が全国最大級!

1日に50万枚製造している!そうです。

 

すごい

 

注文にこたえるために増設してきたとのこと

…すばらしい人気ですね。

 

専務にこれだけ皆さんに親しまれている

ポイントは何か伺いました。

IMG_4122

※うす焼きこわれピーナッツ

 

 

専務

「創業当時の味を追求しています。

初代の言葉で

(きつね色になるまで焼け)

があります。特徴としては

パリッとした食感があることと

またでんぷんを使わず

小麦本来の味を楽しんでいただける

ものとなっています。」

 

確かに!

宇部煎餅は食感がパリッパリッとした印象があります。

この食感がないと食べた気がしないという

方もたくさんいらっしゃるでしょうね♪

IMG_4116

現在10種類ほどを販売していますが

 

■東北では南部煎餅のごま

IMG_4101

 

 

■関東方面は厚焼きピーナッツ

IMG_4094

がよく売れているそうです。

 

1斗缶ではないのですね。

1斗缶せんべい②

東北3県で1斗缶のおせんべいは人気があるそうです。

 

さて、現在、敷地内にある広い駐車場では

大がかりな工事が行われています。

新社屋 工事風景

3階建の鉄骨が組まれています。

工事風景①

今年5月OPEN予定の新社屋を建設中なんです。

 

1階は事務所と売店

2階は飲食スペースと工場へつづく見学スペース

ができあがるそうなんです。

 

これは楽しみですね。

 

現在も両側がガラス張りの仕切りで

工場や倉庫の様子がわかるようになっていますが

工場の風景①

 

これまで学校や施設からの

見学の依頼があったことと

最新の機械で焼く南部煎餅の

製造工程を見学できる場所が

これまでなかったことから

工場風景③

2階から工場を見渡すことができる

見学スペースを作るそうです。

 

open予定は5月

気候もいい時期ですね♪

みなさん行楽がてらぜひゆっくりお越し下さい。

 

大きな転機を迎え

新たなスタートをきる

宇部煎餅店

有限会社宇部煎餅店

 

 

みなさんへプレゼントをいただきました!

人気の1斗缶入りと同じ量が入った

5種類のせんべいを1箱ずつ!

※詳しくはプレゼントブログをご覧くださいね♪

段ボールせんべい①

 

これからも

皆様に喜んでいただけますように

 

専務よりみなさまへ

久慈市にお越しの際にはぜひ

宇部煎餅店にお寄りください♪

玄関前

お待ちしております♪

 

NPO法人 久慈未来

ワンツースリー↑↑と人生をジャンプアップする日

1月23日のリポートコーナーは

 

昨年12月にたちあがったばかりの

NPO法人 久慈未来 をご紹介いたしました。

 

お話を伺ったのは

理事長の

理事長 大沢 さん

大沢 貞義 さん

 

そして

小嶽 さん

下嶽 毅 さん

 

このお二人は70代と80代

この会員はおふたりを含む

メンバー

40代から80代の10人ほど

どんな活動をされているのでしょうか。

 

大沢さん

「久慈地域の一流の技術者が集い

それぞれの知識を生かした

久慈市の

■雇用拡大

■特産品の研究・開発

■熱エネルギーの活用等

などなど

 

 

具体的には

■こんぶ・うに・あわび等の陸上での養殖

■乾燥窯の開発 などなど

(省略しましたがものすごい項目があります)

小型釜 3号

※移動式の乾燥窯

 

 

…え?

水産物の陸上での養殖ですか?

 

大沢さん

「なかなか成功例を聞くことができずにいる分野ですが、

8割がた成功しています。」

行政が有名な大学などと研究しているような内容ですよね。

 

施設へお邪魔して見せていただいたのですが、

昆布はすくすく育ち、

つぶ貝には赤ちゃんがたくさん産まれていました。

※写真なし(とっても秘密があるようですよ♪)

IMG_4025

※参考:いわなも育てています。

 

大沢さん

水産関係の最終目標は

「海洋牧場」を作ることです。

 

か、海洋牧場?

海に水産物の養殖環境を大規模に設置し

自然の中で管理して育てるということなのでしょうか。

 

……壮大…

 

にこやかで優しい方々

一見、穏やかな楽しいおじいちゃんたち

といったお二人なのですが、

 

大沢さんは

肩書が数多くあり、いろんな団体を率いる

方でして主に行政との折衷担当のほか

柔軟なアイデアはこの方から発せられるそうです。

 

下嶽さんは、久慈市の誇る「小久慈焼き」の先代で

いらっしゃいます。

窯の熱効率、循環などを専門に

研究にはなくてはならない大きな力となっています。

 

リポート当日はNPO法人久慈未来のメンバーで

土木建築担当の

馬渡 さま

馬渡さんもいらしたのでお話を伺いました。

 

現在、馬渡さんは新しい研究施設の建築をしているそうです。

なんと無償で廃材などを提供くださる地元の業者さんも

いらっしゃるそうなんです。

みなさんが応援しているということなんですね。

 

建設中の研究施設は

現在は屋根がかかり、完成すれば広く温かい施設となります。

もっともっと研究が進むかもしれませんね。

 

 

さて、廃材等を利用し

環境にも優しいエコな研究を

目指しているそうでして

乾燥窯から出た熱を利用した温水は

水産物の養殖等に利用され、その後

畑へ流れ、地熱のような役割を果たします。

 

年中、天候に左右されることがない

農産物の栽培もめざし

肥料等は団体の特産品研究に使われたものや

通常廃棄される地元由来の原料。

 

エネルギーは廃材等を利用し、とてもエコ!

■アイディアでお金のかけずにすごいものを作る。

■ランニングコストも最小限

■安価で提供できるうえに安心安全。

出荷等の作業は地元の年配の方を考えていて

地域のお母さんたちのお小遣い稼ぎにもなります。

 

会員の皆さんは10年ほど前から一緒に活動されていた

そうなんです。

なぜ、いま、NPO法人を立ち上げることになったのか

伺いました。

IMG_3563

※参考:発表会の様子

 

大沢さん

「だんだんに成果がみえてきて隠れていられなくなったことと

実際にすでに完成しているものもある。

これまで自分たちが培ってきた知識や経験を成果として残し

全部つたえようと考えた。」

IMG_3561

※参考:市長へ挨拶、説明等

 

先に見えているのは、次の世代へのバトンタッチなんですね。

 

 

これまでNPO法人久慈未来の取り組みに対し

世間の方々はできるわけがないといっていたそうです。

「そういわれればいわれるほどアドレナリンが出てきて、

絶対にやってやる!と思う。」と笑います。

 

NPO法人久慈未来にはこれまで培った経験や知識

そして日本一の技術を持つ方もいらっしゃいます。

「最低でも日本一を目指しています。」

自信にあふれた真剣なお顔でした。

 

近いうちに

あ!と驚く

素晴らしい成果を発表するかもしれません♪

NPO法人 久慈未来

覚えておいてくださいね♪

元気ないわなちゃん

※参考:いわな元気です。

 

久慈市には

70代でも80代でも

まだまだまだまだ

本気で楽しんで取り組む

NPO法人 久慈未来 の方々がいます!

 

夢中になって研究のお話をされる

お二人、本当にうれしそうなんですよ。

 

 

若輩者が失礼を承知で申し上げますが

いくつになっても男の子なんだな~と

お二人を見て思いました。

わくわく素敵な中継リポートでした。

半纏

※参考:半纏もあります。

 

 

 

 

 

 

★北三陸ご当地鍋街道祭り★

1月16日リポートコーナーは

北三陸ご当地鍋街道祭り 

についてお届けいたしました。

チラシ 表紙

参加店舗のひとつ

新山根温泉べっぴんの湯から中継いたしました。

 

県道7号を岩泉方面へ30分のところに

新山根温泉べっぴんの湯はあります。

寒波が到来中ということで

カラス、トンビ、小鳥さんたちは

上空で逃げ惑うように大騒ぎ

横殴りの雪、雪、雪

でした。

 

 

ひどい被害などはなく

午前中の荒天は、放送終了のころには落ち着きましたが、

寒波、今季初、記録更新などなどの情報が

ついに飛び交うようになった、

冬!真っ只中!の岩手県!

 

やはり体の芯からあたたまるお鍋は、

嬉しいですよね♪ (簡単だし!)

 

ご家庭でいただく

ぐつぐつお鍋も

美味しいのですが、

久慈地域ご当地らしい、

提供店の特色ある

お鍋だったら…

 

なおさら嬉しい!(!大声!)

 

 

ゲストは

主催の久慈広域観光協議会から

新井田 舞 さん①

新井田 舞 さん

 

この寒さで風邪ひきさんのところ

頑張ってくださいました!

ありがとうございます!

 

 

北三陸ご当地鍋街道祭

久慈地域(久慈市・洋野町・野田村・普代村)の

飲食店21店舗参加

それぞれ特色ある「お鍋」提供しています。

 

お鍋ならなんでもいいというわけではないんです。

毎年なにかしらのお題」がだされるのです!

 

昨年のお題は「麺」

 

今年のお題は!

 

DANGO!

(格好をつけて斜めにしてみました!)

 

そう!団子なんです♪

 

 

つみれ、まめぶ、ホタテを擦りこんだお団子などなど

各店舗、趣向を凝らしたお団子鍋を提供してくださっています。

(新井田 舞さん談)

 

ホタテ!?

食べたい!

 

21店舗ある参加店と参加メニュー

パンフレットHPで紹介しています!

北三陸ご当地鍋街道祭り

ぜひご覧くださいね♪

 

さて、

リポートでお邪魔した参加店舗のひとつ

新山根温泉べっぴんの湯

「長芋ひっつみ団子鍋」参加しています

 

放送では

新山根温泉べっぴんの湯支配人 村田 勉 さん

じきじきに説明くださいました。

ありがとうございました。

 

長芋ひっつみ団子鍋

すりつぶした長芋が入ったお団子が特徴。

 

ひらひらのまん丸の形がかわいい♪

IMG_4030

まっしろ~♪

※撮影用にスープを半分ほど別に取り分けています。

 

お団子は真ん中がぷっくりしているのですね♪

これ、作るのが難しいそうなんですよ。

 

まん丸の形にすること自体難しそう…。

 

お団子お箸から逃げてしまうほどつるっつる♪

噛むともちもち♪

そして

スープとの絡み具合がちょうどいいのです。

やはりこのまん丸で真ん中ぷっくりの形がいいのでしょうね。

 

そしてスープ

お出汁は 鶏だし でして

 

岩手県北が誇る「菜彩鶏」を使っているそうです。

とてもしっかりしているのに上品なお出汁でした。

 

ごぼう、にんじん、しめじ、お豆腐と具だくさん

温まる長芋ひっつみ団子鍋。

コーヒーがついて770円です。

CIMG5025

温泉と美味しいお鍋で癒されてください。

新山根温泉べっぴんの湯

日帰り入浴の方にお得な曜日別の情報もあるようです♪

詳しくは新山根温泉べっぴんの湯へご連絡ください。

代表TEL 0194-57-2222  

 

 

また、そのほか

参加店舗は

■絶景・北三陸の海を眺められる

■ゆったり落ち着く古民家風

■自慢の温泉、お風呂

などなど

それぞれお店の良さがあります♪

 

久慈地域を観光しながら

参加店舗を巡ってみてはいかがでしょうか。

 

カニやホタテなどの海産物も楽しめるなど

趣向を凝らした参加メニューがそろっています。

ぜひ♪

美味しいお鍋を食べに

久慈地域にお越しくださいませ♪

 

毎回、北三陸ご当地鍋街道祭では

スタンプラリーも行っています。

これまでは各店舗でもらえるスタンプを

3つ集めて応募していたのですが、

昨年の台風10号被害の支援を感謝

スタンプ1個から応募可能となっています。

 

集めたスタンプごとに当たる景品

変わります。

パンフレットまたはHPでチェックしてくださいね

 

スタンプラリースタンプ台紙・応募用紙も兼ねる

パンフレットは、各参加店舗のほか

道の駅でもらえるということでした♪

 

※ちなみに

スタンプ3つ集めて応募すると

抽選で「毛がに」が当たる!

 

北三陸 ご当地 鍋街道祭り

みなさま久慈地域で

美味しく、楽しく、温まってくださいね♪

 

 

 

 

 

*2017年1月リスナープレゼント*

新年にはいりまして~,1回目のプレゼントはこちら!!

久慈地下水族科学館もぐらんぴあ 様からのご提供

もぐらんぴあフェイスブック

もぐらんぴあニュース

リポートブログ

2017年 さかなクンの図鑑カレンダー

img_3874

さかなくんが描く53種類のさかなの絵と解説付き

img_3875

週めくりというのがいいですね♬

毎週違うお魚に会えちゃう! お勉強もできちゃう!!

一石二ギョウ!!!

ぎょぎょぎょ~!!!

この図鑑カレンダーを2名の方へプレゼントいたします!!

いつもの宛先までどしどしご応募ください!

それでは応募方法です。

↓↓↓

応募方法

希望のプレゼントに、『 カレンダー』

と明記して・・・・そのほかに

①ラジオネーム

②本名

※お名前がないと当選した際に発送ができません。

記載がない場合は抽選対象外となります。ご注意ください。

③住所

④電話番号

⑤年齢

番組へのメッセージも添えてご応募ください♡

 ※すべて必須ですよ~。

宛先

ハガキ

〒028-0061

久慈市中央2-14 エフエム岩手久慈支局 まで

ファックス   0194-75-3161

メール →*番組HP プレゼント応募フォーム*

 

たくさんのご応募お待ちしています^m^

*スタッフ一同*

新春企画展~もぐらんぴあ~

2017年

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします!

img_3919

↑出張中のくじぃら↑

※みんなのリクエスト・メッセージまっているのら~♪

 

 

新年1回目

1月2日放送のリポートコーナーは

久慈地下水族科学館「もぐらんぴあ」からでした♪

%e6%97%a5%e7%95%b6%e8%aa%b2%e9%95%b7%ef%bc%91

ゲストは 日當 はるき 課長

とっても優しくて穏やかな方。

 

水槽の掃除からお魚さんのお世話はもちろん

各水槽を毎日まわり、注意深く様子をみています。

img_3937

お魚さんの体調はすぐにわかるそうなんです!

こんな方に育てられているお魚さんは幸せですね♪

 

 

1月2日~15日まで

新春企画展を開催しています。

午前10時~午後4時まで

期間中休まず営業ということで、

 

★故郷へ帰省されている方

★オープンからまだ行くことができずにいた方

★新春企画展を楽しみにしていた、もぐらんぴあファンの方

が、10時開館前から並ぶ人気ぶりでした!

img_3925

もぐちゃんとかめきちくんもお出迎えしました♪

みなさんわくわくです。

 

さて、気になる新春企画展ですが

 

■新春水槽!

★干支にちなんで酉の名前がつくお魚

「シマスズメダイ」を展示しています。

img_3943

千葉県以南に生息するシマスズメダイは

成魚で15cmほどの小さなお魚です。

 

展示されているシマスズメダイは

まだ小さく3~4cmです。

img_3942

たくさんいます♪

 

そして、装飾もお正月モード全開です!

とっても賑々しいですね♪

みなさんお見逃しなく♪

 

 

そして

もぐらんぴあといえば子供たちが喜ぶ企画を毎回かならず準備してくれます。

img_3918

管理棟4階では

 

■オリジナル工作体験

★簡単万華鏡 100円

★酉の紙風船 150円

 

■2017カレンダー作り

★4月始まりのカレンダー

200円

※1月7・8・9日(3日間)

10時30分から(1日10個限定)

が行われます

 

 

そして

■景品付き館内ぐるっとスタンプゲット

スタンプを3個集めてくじ引き♪

新春の運試し♪

※1月2日~9日限定

img_3945

■今年の運試し おみくじ

がちゃがちゃ  100円

 

などなど楽しそうな企画が盛りだくさんですね♪

 

もちろん通常どおり土日祝日には

久慈の海の生き物を展示している

大型水槽で

「南部もぐり」(11:30~)と

「海女の素潜り」実演(13:30~)が行われます。

img_3939

※南部もぐり実演の様子

 

 

日當さんは

よ~っく見ないと気が付かないような生き物もいます。

毎回いらしても何かしらの生き物がどこかに増えています。

じっくりみればみるほど発見もあります。

どうぞゆっくりご覧ください。

 

 

とおっしゃっていました。

img_3941

…たしかに♪

 

そして

★日當さんからみなさんへ★

%e6%97%a5%e7%95%b6%e8%aa%b2%e9%95%b7%ef%bc%92

オープンしてから初めての新年を迎えます。

初めて迎える新春企画ということで、

いろんな思いが込み上げています。

2017年はもぐらんぴあにとっても

新しい出発となります。

みなさまぜひお越しください。

 

また、もぐらんぴあからみなさんへ

さかなくんが描く53種類のさかなの絵と解説付き

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%ef%bc%92

2017年 さかなクンの図鑑カレンダーを

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%ef%bc%91

2名の方へプレゼントいたします。

今年も「もぐらんぴあ」を

どうぞよろしくお願いいたします。

とのことでした!

 

ありがとうございます♪

 

※応募方法等詳しい情報はプレゼントブログをご覧ください♪

 

 

久慈地下水族科学館「もぐらんぴあ」

新春企画は15日までです。

開館時間はam10:00~pm4:00

img_3954

みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

 

久慈地下水族科学館「もぐらんぴあ」

■開館時間 4月~10月 9:00~18:00
11月~3月 10:00~16:00
(最終入館は閉館30分前)

 ■入館料  大人700円、高校・大学生500円、

        小・中学生300円、幼児は無料

 ■年間パスポート

        大人1,400円、高校・大学生1,000円、

        小・中学生600円

 ■団体割引(20名以上)

       大人500円、高校・大学生300円、

       小・中学生200円

 ■電話番号  0194-75-3551

 

 

 

★おまけ★

1階のお土産品コーナーでは

もぐらんぴあグッズや

img_3949

お土産品が

img_3951

たくさんありますよ♪

img_3950

大人気のさかなくんカレンダーや

img_3953

ぬいぐるみなどなど

img_3952

※人気のチンアナゴ↑

こちらもご来館の記念にゆっくりじっくりご覧くださいね♪