エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for the ‘がったんごっとん’ Category

*第4回北国の春全国大会~出場者募集中~*

4月25日のがったんごっとんスタジオからお伝えした話題はこちら ↓↓↓↓

現在出場者を募集しています!!!

第4回「北国の春」全国大会

北国の春2016チラシ

今年度の久慈市山形町の大イベントといえば、

「第19回全国闘牛サミットin久慈大会」

ですが、、、!!!!

同じ日に、もう一つ違う、「全国大会」が開催されております!!

それが「北国の春」全国大会です(^O^)/

中継ゲストでお越し頂いたのは北国の春全国大会を主催されています

やまがた地域振興協議会の橋本實さん!!

DSC_1540

一番右側の方♪

以前、山形町産のいちご「こはくひめ」の取材の際にもお世話になりました♪

笑顔も心もお優しい♪ ステキなおじさまです♡

 

「北国の春」全国大会について教えていただきました。

 

Q 「北国の春」全国大会とは??

⇒その名の通り、千昌夫さんの名曲「北国の春」を歌って日本一を決める大会なんです。

「白樺~、青空~、南風~♪」皆さんお馴染みの曲ですよね。

作詞家いではく先生、作曲遠藤実先生の名コンビによってつくられた曲なんです。

まさに平庭高原をイメージして作ったんだろうなと勝手に思っています。

そして平庭高原といえば、「36万本もの白樺林」これが昨年「日本一の白樺美林」として宣言をされ、

白樺からとれる樹液の活用や郷土食「まめぶ」東北唯一の「闘牛大会」など観光と食を全国に発信し

久慈市の元気づくりに取り組んでいます。

 

今年で第4回の「北国の春」全国大会。

東日本大震災により被災され夢や希望までも失い心に大きな傷を持った方々や

地域社会全体に勇気と元気を与えることを目的として開催されました。

 

地域の活性化にはまず、人が元気でなければならない。

 

澄み切った青空のもとに響き渡る「白樺♪青空♪南風~♪」

歌って元気を取り戻す、また観客も元気と勇気をもらって

満足して帰ってほしい。そんな想いも込められているのではないでしょうか。

 

さて気になる大会の内容です。

⇒応募条件は「北国の春」を歌える人ならどなたでも参加できます!! 

(個人、団体問いません)

過去には小学校4年生の女の子から81歳のおじいちゃんまで幅広い参加がありました!

そして気になるのは賞金ですよね

優勝者にはでっかいトロフィーと賞金50000円!!!

準優勝には賞金20000円 3位 賞金10000円 \(゜ロ\)(/ロ゜)/

昨年は小学校5年生の男の子が優勝し5万円を手にしています。

また小学校4年生の子が特別賞を受賞しました、

最近は若い子の活躍が目立ちます(●^o^●)

全国どこからでも参加可能!遠いところから神奈川県からの出場者もいました!

 

われこそは!!という方!ぜひご参加ください!!

応募方法

往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号・自己PRを記載の上

平成28年5月31日(火) 必着申し込んでください。

※応募多数の場合は、当日朝9時から平庭山荘で予選会を行います。

申し込み先

 〒028-8602 岩手県久慈市山形町 8-15-6

プレステック(株)内 特定非営利活動法人やまがた地域振興協議会 事務局

問い合わせ先   ℡ 0194-72₋2711 までお願いします。

プレステック(株) HP 

⇒HP内のニューストピックスからPDFでチラシをご覧いただけます。

もちろん観覧もできます。

本選は平庭高原のスキー場で14:00から開催!!

そして今年も特別ゲストをお呼びしているそうです!!

⇒今年のゲストは、昨年に引き続き小田代直子さん!

歌はうまいしかわいいし、宮古弁のトークは面白いし3拍子そろった歌姫♪

岩手の宝と思っています。午後2時からの本線が終わり次第 「小田代直子ショー」

そしてなんと今回出場者の方に小田代さんから直々にアドバイスもいただいています。

きく広い心をもって腹の底からおもいっきり大きな声で歌ってください。

かならず聞いている人に伝わりますよ。とのこと。

自分でも心がけて歌っているんだそうですよ。

また同じ日の全国闘牛サミットのでもゲスト出演して歌います!

ので闘牛大会もよろしくお願いします。

それでは最後におさらいです♪

第4回 「北国の春」全国大会

平成28年6月12日日曜日

会場は平庭高原スキー場の特設ステージ

第1部14:00~ 本選

       (応募多数の場合当日9時から平庭山荘にて予選会)

       ※当日参加はできません。

第2部15:30~ 小田代直子ショー

大会表彰

1位 でっかいトロフィー 賞金50,000円

2位           賞金20,000円

3位           賞金10,000円

応募期間:4月20日(水)~5月31日(火)

応募方法

往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号・自己PRを記載の上

平成28年5月31日(火) 必着で申し込んでください。

※応募多数の場合は、当日朝9時から平庭山荘で予選会を行います。

申し込み先

 〒028-8602 岩手県久慈市山形町 8-15-6

プレステック(株)内 特定非営利活動法人やまがた地域振興協議会 事務局

問い合わせ先   ℡ 0194-72₋2711

Fax 0194-72₋2700

担当:岩井・島田 までお願いします。

平庭の大地に響け日本一の歌の共演!!!

沢山の参加をお待ちしています(●^o^●)/

平成28年4月25日月曜日

がったんごっとんスタジオ

ゲスト:やまがた地域振興協議会の橋本實さん

ナビゲーター:道の駅白樺の里やまがた 栁久保チエ子さん

リポーター:水上千穂

*3月がったんごっとん・その2*

さて その1 からの続きです。

この日のゲストはこちらのお二人

宇部さん・チエ子さん

ナビゲーターでお馴染みの道の駅白樺の里やまがたの栁久保チエ子さんと

年度末ということで、地域おこし協力隊の宇部芳彦さんにお越しいただきました。

今回の話題は久慈市山形町で活動を行っている

読み聞かせボランティア「どんぐりころころ」

佐々木さん・木藤古さん・三浦さん

左からメンバーの 佐々木さん・木藤古さん・三浦さん

きっかけは10年前、「読書離れ」が叫ばれていた時代…

岩手県では読み聞かせが推奨され講習会等も盛んに行われていました。

当時久慈市山形町には読み聞かせグループがなかったため佐々木さんを中心に声を掛け合い誕生したのだそう。 現在読み聞かせを行っているのは山形小学校と霜畑小学校の2校。

対象は小学生1年生から6年生までの児童。

おらほーる内にある、山形図書館で本をかりて、約一週間練習し本番にのぞみます。

絵本コーナー

こちらが絵本コーナー

みなさんボランティアですので仕事前や家事の合間をぬって活動を行っているそうです。

実際に読み聞かせをしている現場にもお邪魔してきました。

山形小学校では朝学習の読書の時間に読み聞かせの日があるそうです。

お邪魔したのは1年生の教室。

「よろしくおねがいします!!」と元気な子供たちの声が響きます。

読み聞かせをする木藤古さん

こちらは「いいから いいから」 という忍者のお話。

忍者の行動に子供たちは興味津々♪

おかあさんのぱんつ

こちらは「おかあさんのパンツ」

お母さんが履くと模様が大きくなるという単純なお話しなのですが

パンツネタは子供たちに大うけ(笑) 先生と私も大わらい。

「チュチュ―ねずみさんのパンツ、お母さんが履いたら?」 の問いかけに

「大きくなる!」「破けるんじゃない?」「くまになる!」「ねこじゃない?」

子供たちの創造力が爆発です。ページをめくると…正解はくまさんでした(笑)

大人のわたしでもとってもワクワクする内容で本のなかに引き込まれます。

子供たちの感想を聞くと大多数が「面白かった!!!」との反応が返ってきました。

 

先生からも、はじめは騒いだり、つまらなそうにしている子供も聞く回数を重ねるごとにだんだんと聞く力(集中力)がついてくる、この本はどこに置いてありますか?と聞いてくる子供もいて自主的に図書室へ行くようになるのでありがたい。と好評のようです。

どんぐりころころさんも

一番の目的は「本を好きになるきっかけを作ること」

とお話ししてくださいました。

たしかに、子供たちが一番始めに触れるのが絵本。面白くなくっちゃ意味がないですね(笑)。

読む本はジャンルさまざま、みなさん個人のセンスで決めているようです。

佐々木ナミ子さん→筋がはっきりしているもの、絵が見やすくシンプル、鮮明なもの

木藤古房子さん→楽しくなるようなもの、動物の命にかかわるような絵本

三浦元子さん→季節や時期に応じたもの

 

 

そして読むときに注意していることは「間」なんだそうです。

読み手の都合で表現や感情をオーバーにすると押しつけにもなりかねません。次のページに行く前に、「つぎはどうなると思う?」と児童に問いかけ、「間」を持たせ待ってみる

そうやって一人一人の読解力・感受性を育むように持っていくそうです。

 

どんぐりころころの他にも町内の各小学校でPTAのみなさんや地域の方々が読み聞かせを行っています。

ぜひこの素敵な活動を続けていってほしいですね~(●^o^●)

どんぐりころころではボランティアも募集しています。

お問い合わせは ℡0194-72-2445 ささきなみこさんまでどうぞ

絵本は子供だけでなく大人でも「ハッ!」っとさせられるものがあります。

 

といことで、最後に…

どんぐりころころプレゼンツ「おすすめの絵本」を紹介していただきました。

佐々木さん→「かぜのでんわ」

山の上に置かれた電話。だれもが自由に使えて、今はそばにいない人と話すことができます。でも実はそれは電話線のつながっていない電話でした。岩手県大槌町に東日本大震災のあと設置された風の電話ボックスをモデルにした絵本です。

木藤古さん→「ボクものがたり」

木藤古さん自身、犬を飼っているのでこの物語はぜひ読んでいただきたい本の一つだそうです。

三浦さん→「三匹のかわいいおおかみ」

三匹のこぶたの逆バージョン。ヒールな豚が何とも言えません。(笑)ブラックユーモアたっぷりで大人が読んでも楽しめるそうです。

この機会にみなさんも絵本にふれてみてはいかがですか?

がったんごっとんでは、これからもこういった素敵な活動をされているみなさんを、たくさん紹介していきたいと思います。

*みずかみ*

*3月のがったんごっとん・その1*

3月のがったんごっとんは情報満載でしたー!!

 

雪も解け、春がぐんぐん近いづいている山形町。

まだ少し気温は低めですが、日中はお日様はぽかぽかで温かいですよ。ガタゴン2

 

産直の様子

 

産直にはネギ、ほうれん草などお野菜がたくさん(#^.^#)

ワラビやゼンマイもでてきましたー。塩漬けが人気です。

 

なんとこの日、外では「白樺樹液の試飲会」が行われていました。

しかも採れたてです!!!

試飲会

みなさん樹液に興味津々♪

祝日ということで遠くからきたお客様もいっらしゃいまして、「え?白樺?」という話しから平庭高原の魅力、また久慈市のPRもできたのではないでしょうか。

IMG_2808

白樺樹液100%ドリンク

「森の恵み・白樺の一滴」

1000本つくった商品も残りわずか、増産に向けて動いてるところだそうです。

白樺樹液採取組合代表の柳平勝良さんは、「関係者の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。日本一の白樺美林の名に負けないくらい飲料水もがんばっていきたい。」とお話しくださいました。

この日、樹液を飲んだ八戸市のお客様は、体にいいようだ、とお取り寄せをしてくださったそうです。

柳平さん自身も春は採取のため毎日飲んでいるそうで、体調の変化を感じるそうです。

白樺樹液はミネラルを多く含んでおり、身体や内臓の活性化、抗ストレス・抗疲労に効果があるとされています。もしお近くで商品をみかけた際にはぜひお手に取って見てください(#^.^#)

 

 

 

2へつづく。。。

*2月のがったんごっとん*

2月のがったんごっとんは久慈市山形町霜畑の「七ツ役工房」さんの

木工製品についてお届けしました!!

道の駅白樺の里やまがたは、産直の他に民芸品も豊富に取り揃えています。

民芸品も豊富

そのなかから今日はこちらをピックアップ!!!

IMG_3733

この木工製品です。

こね鉢

こーーーーんな大きなこね鉢も!!!

どうやら山形町にいる方が作っているそうなのです!

今回は地域おこし協力隊で山形町の魅力を取材・発信されている

宇部芳彦さんに工房へ行ってもらい木工製品の魅力について探ってきていただきました!!

霜畑関地区のとある場所に工房はありました!!

工房の主は七ツ役利造さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笑顔で、気さくに話しかけてくれる優しいお父さん。

普段はほうれん草などの農業を中心に生計を立てているそうですが、作業が少し落ち着く冬場に作品作りをするそうです。

七ツ役さんが手掛けている作品がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

綺麗な模様の製品ですね~(●^o^●)

大野で2年間修業をし工房を開いたのは昭和62年。←わたしの生まれ年jjj!

製品はこね鉢や器など主に丸いものが多いそうです。

コナモンな地域柄というのもありますが、そば打ち道具はやはり昔から作っていて、いまでも売れ筋。特に定年で会社を辞めた方々が蕎麦打ちしてみようかな~といったような感じで買っていき、徐々に人気も広まって、いまでは他県からの注文も!!!!

実際に削っていただきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
   こっち向いて~とご使命をうける七ツ役さん。

※普段はちゃんと手元を見ています!

撮影にご協力ありがとうございました<m(_ _)m>

材料となる樹はアカマツ、けやき、せん、くるみ、などなど

バイトと呼ばれる手作りの器具で削るそうです。

工程は

荒削り→自然乾燥(1年~2年)→中削り→自然乾燥(1年ほど)

→微調整~磨き→表面塗装→完成

ざっくりいうとこんな感じです。

 

1年~2年も乾燥させるんですねぇ!!!驚きです。このあいだに温度変化等でひびが入ったり、割れたりもするんだそうです。木も生き物ですからねぇ、、、七ツ役さんは「あばれをとる」とおっしゃっていました。

七ツ役さんいわく、150個作っても残るのは100個ほどなんだとか!!!

だいぶ暴れん坊が多いですね(笑)

ということで荒削り、中削り合わせて製品が完成するまで、早くて3年・・・!!じぇじぇじぇ。

なんということでしょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/そんなに手間が・・・(涙)。

でも、より良いものを届けようという七ツ役さんの想いが伝わってきます。

技術もさることながらそれだけの時間が、この器一つ一つに、、、

そう思うと、製品に対する愛情もひとしおでしょうねぇ (p Д ≪)

器各種

こだわりは、やはり「木目」。まな板なら正目になるよう。器なら模様がでるように

製品にしたときに綺麗な木目になるよう心がける。とのこと。

器・お盆など

 

やはり木目をみて買う方が多いそうです。

たしかに独特の曲線美ってありますよね~^m^

それに木工製品って自然のぬくもりがじかに伝わるのでわたし大好きです。

素材の良さを生かすため、着色はせず、透明仕上げ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく輪切りですか?と聞かれるそうですが、製品はすべて縦に切ったもの。

木目がきれいにでるように木を縦に切って、素材の厚みの板にするんだそう。

要するに、この写真で七ツ役さんが指さしている場所が幹がある場所ということです。

(分かりますかね?)

あと最近は白いものも売れて来ているようです。伸ばし棒や、こま板もありますよ~。

 どれもリーズナブルでびっくりです!まな板たち そば用のこま板

作品は道の駅白樺の里やまがたで販売されています。

予約や注文もできますが注意事項として、大量発注は時間がかかります、特別注文となるとさらに時間はかかりますのでそこだけご理解ください。ご購入いただいた方はひびや割れはさすがになおりませんが、表面塗装の塗り直しや削り直しなどのケアなどは無料でしてくれるそうです。

工房また商品についてのお問い合わせは

でんわFAX共通で 0194-75-2309 

 七ツ役利造さんまで

丁寧に使えば5~10年以上つかえるとてもいいものです。

※どの木工品でもそうですが、電子レンジでの使用はしないでくださいね、割れてしまいます(泣)また長時間水につけるなどはしないでください。

濡れてしまった場合は直射日光を避け、水きりしっかりして自然乾燥させてください。

上記を守っていただければ長く使えると思います(#^.^#)

 

もしかしたらもうお手元にある方もいるかもしれませんね。

道の駅にお寄りの際はぜひひとつお手に取って見てはいかがでしょうか?

写真提供:地域おこし協力隊 宇部芳彦さん

*ちー*

*がったんごっとん0125~ボーダー必見!!~*

1月25日(月) がったんごっとん今月の話題は!!

「ウィンタースポーツ」

パウダースノウ

平庭高原スキー場

久慈市山形町の冬の魅力のひとつとして、人気を集めているものの一つとしてやっぱりこれは外せませんよね♪

ゲストはこのかた!!

一幸さん

久慈市山形総合支所 産業建設課

栁久保一幸さん

そう!我らががったんごっとんスタジオナビゲーター栁久保チエ子さんのご長男!久しぶりの親子共演です\(◎o◎)/!

3人んで!

最近親子エピソードということでジャケットを買ってもらいましたよ(#^.^#)とチエ子さん。家族の温かみにに囲まれながらの放送です♡

親孝行素敵ですね~。そんな一幸さんですが、山形町の方々印象などを聞くとみなさん口をそろえてスキーがうまい!とおっしゃります。(?!!!)お話しを聞くとクラウンがうんちゃらかんちゃらと、、、伺ってもおバヵな水上には複雑難解。。。

要するにすごいんだそうです!!!!!!

えっと…どのくらいすごいのかというと。。。。。

スキーインストラクターさんの指導ができる!

そのくらいすごいんです!!冬は各所から引っ張りだこなんだとか!

そんな一幸さんから平庭高原のお話を聞くと

平庭高原は太平洋がみれるスキー場なんですよ!」と。。。。。

え。。。えぇ??!!!!!!

「よく晴れた日で条件がいいと頂上から見えますよ~」とのこと

日本でも5つしかなくそのうちの一つなんだそう\(◎o◎)/!

なんともびっくり仰天情報でした!!

いつかその写真を撮ってみなさんにお見せしたいな~~!!!!

約30万本もの白樺林に囲まれながら遠くには太平洋

雪質はパウダースノウで滑り心地もいい~♡最高ですね。

 

そんな平庭高原スキー場ですがなんと2月に2つの大会が行われます。

ゲストの一幸さんにたくさん教えていただきました!!

まずはこちら 2月7日(日)開催

ポスター2016

岩手県スノーボード技術選手権大会

(兼第13回SAJ全日本スノーボード技術選手権大会予選会)

簡単にいうとスノーボードで岩手県の1位を決める大会!ですかね。

岩手県のスキー連盟が主催しているこの大会。新聞やテレビで取り上げられるのは速さを競う種目ですが、今回の技術選手権大会はターン技術を競うもので、もちろん斜面の中でスピードも大事ですが、速さの中にターンの綺麗さや安定感体の使い方にも点数をつけるのだそう。

しかもこの大会岩手県での1位を決める大会でもあると同時に、

兼第13回SAJ全日本スノーボード技術選手権大会予選会 =全国予選

そう!全国予選なんです!!←大事だから2回書いた(笑)

ということで、県内各地の実力のある選手たちがわんさか平庭高原にやってくる!!!ということなんです!!すごいよ!すごくないですか!!!この日は1日ボーダーであふれかえっているんだろうなぁ~~(●^o^●)

ちなみにこの大会の全国予選参加希望者一般部門で上位3位に入ると宮城県で行われる全国への切符を手にできるんだそうです!!

そしてもう1つ大会が!それは、、、

2月14日(日) 開催

久慈市民スキースノーボード大会

こちらは久慈市のスキースノーボードの大会

こちらは技術を競うものでみなさんも見たことがあるかと思います!

赤青のゲートを通ってタイムを競うものです。

今年は葛巻町岩泉町と久慈市の3市町村合同で行われます。

 

ちなみにどちらの大会も観戦できるんです

コースサイドやゴールエリアのうしろからご覧いただけますので、ジャッジの点数を見ながら観戦なんてのもおすすめ!そして当日は大会で規制のかかっていないコースでは一般滑走も可能なのでぜひスキー場に遊びに来たついでに観戦もしていただきたいです。

 

そしてこの大会が行われている2月上旬はイベントも盛りだくさん!

おすすめはこちらの2つです。

久慈市民スキースノーボード大会の前日、2月13日(土) は

平庭高原スキー場まつり 11時~

大会当日の2月14日(日)は

内間木洞氷筍観察会 10時~

内間木洞氷筍観察会チラシ

 

スキー場のすぐ近くに或る平庭山荘ではお得な「スキー宿泊プラン」もあります。

*平庭山荘公式ホームページ*

スキー場情報も載っています!

これはもう、、、、、泊りがけで行くしかないっ!!!!

え~、でも~わたしぃ~スキーとかぁ、久しぶりでぇー、

自信ないんだけどお~~~。。。(ギャル風)

というかた!!ご安心を!!こんなものもございます!!

*平庭高原スキー学校*

全日本公認インストラクターがおります!!

スキーもスノーボードも上達間違いなしです!!

 

ぜひこの冬は「平庭高原スキー場」へ

遊びに来てくださいね!!!

 

最後に…スキー場の風景撮影に協力してくれた方々のお写真をば。。。

快く引き受けていただき、、、ご協力感謝します。

 

大野のボーダー

準備ちゅう

洋野町大野来たスノーボーダーのみなさん

親子仲良く

そり滑り

地元久慈市からいらしたなかよし親子

そり滑りのコーナーもありますよ♪

あ!あと一幸さんの全身写真も!!ポーズがきまっています\(◎o◎)

そ、そのウエアは、、もしや!!

スキーウエア

 

*みずかみ*

*がったんごっとん0125~産直情報~*

1月25日(月) がったんごっとんスタジオからの放送でした~。

まずは今月の産直情報からです。

産直情報

小松菜80円!!

切り干し大根200円 干ししいたけ500円

雑穀、くるみおし栗など。。。

18日の雪の影響で野菜が少なめですが雑穀や干しモノがたーくさんありました。日持ちするものは寒い冬は嬉しいですよね♡

また先日の雪の影響でほうれん草のハウスがいくつか被害にあわれたようです。雪でのハウス倒壊、怖いです。被害にあわれた皆様におかれましては、お見舞い申し上げます。

今月の一押しはこちらでした! 白樺シリーズ(●^o^●)/

IMG_2808

「森の恵み・白樺の一滴」 100%ドリンク

1本 400円 (200ml)

久慈市山形町と葛巻町にまたがる久慈平庭県立自然公園にも指定されている平庭高原。

約1万本もの白樺林が自生しており平成26年度の調査により、日本一として認定されたところです。

DSC_3193 (2)

平庭高原の白樺林

この白樺からとれる「白樺樹液」をつかって作られているのが「森の恵み」シリーズです。前回までに、石鹸、ボディーソープを紹介してきました。今回は待望の…飲料水です!!

この100%飲料水に関しては、約30年前から取り組んできたそうで保存方法や加工方法などいろいろ困難な課題があったそうです。そこをクリアしやっとこの度、商品化されました。みんなの想いがつまった平庭高原の秘蔵っ子100%飲料水

「白樺の1滴」

IMG_2805

色は透明。実際に試飲してみましたが、味は少し甘みがあります。

さらっとしていてお水のように飲みやすいですね♪(水上の感想。)

なかに白いものが浮いていますがこれは成分が凝縮したもので味・品質には問題ありません。

むしろ、、、!!シラカバ樹液の主な成分は、ブドウや果糖などの糖分、アミノ酸、タンパク質、カルシウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅などミネラルが豊富。薬効は各国によってさまざまですが代表的なものは利尿作用があり、高血圧、痛風、胃炎、腎臓病などに効果があるとされており、近年ではストレスや疲労を和らげる効果も認められています

白樺は森の看護師とも呼ばれていますから、まさにこの白い成分は

「天使の羽」 ~(●^o^●)~

そしてななんと!

アミノ酸のグルタミン酸は、

加熱することにより成分が5割ほど増します

なのでお料理の水代わりとしてもお使いいただけます。

→例えばしゃぶしゃぶの水代わりや樹液を焼く前のお肉に十分浸したり)また焼酎やウォッカ等の水割りにも! 味がまろやかになるそうです。

販売価格は、樹液が3月~4月の芽吹きの前にしか採れなくて

 →*白樺樹液採取、取材時のブログ*

貴重な資源ということから400円ですがこの効能を考えると十分ですよね~。ぜひ、見つけた際にはお手に取ってその綺麗さをみていただき実際に飲んで体の中からきれいになっていただきたい!!道の駅白樺の里やまがたでは、常温と冷蔵と2種類販売されています。今年は販売本数1000本を予定とのことですのでお早めに\(◎o◎)/!

 

以上産直情報でした♪

 

*みずかみ*

*がったんごっとん1221*

12月21日(月) 2015年、がったんごっとんは年内最後の中継放送でした!!

今日の産直NOW

旬ものを紹介します!!

IMG_1527

あずきだらけ~~♪ お正月定番!

くるみ

こっちはくるみだらけ~~♪

くるみ~♪剥きくるみ 100グラム 100円

何かと忙しい年末年始、剥いてあるのは嬉しい♪

のびのびほうれん草

のびのびほうれん草 100円 栄養たっぷり(#^.^#)

そば粉

そば粉 1キロ 1000円

カライモ

カライモ 120円

はごたえがあり、炒めものやきんぴらにぴったり♪

このほかワラビや黒豆など

紹介しきれないくらい、お野菜や美味しいものがたーくさん♡

産直コーナーにも遊びに来てね♪

さてさて今回の話題は~、「1年を振り返って」 でした。

実は2015年のがったんごっとん中継はこの日が最後。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲストはこのかた、

久慈市 地域おこし協力隊 宇部芳彦 (ウベ ヨシヒコ) さん

今年の6月から久慈市役所山形総合支所でお仕事をされています。

宇部さん1

☆宇部さん自己紹介☆

久慈市宇部町の出身です。久慈高校を卒業して、東京の大学に行きまして、東京の出版社に就職し、途中フリーライターをやったものの、また別の出版社で編集者をやってきました。そして今年6月、地域おこし協力隊になり、山形総合支所に勤務しています。主な仕事は「久慈市山形町広報室」というFacebookや、「やまがた総合支所だより」という山形町の広報誌へ取材記事などをアップしています。

 

じぃくじ~くの放送でも「久慈の魅力」というコーナーに何度か

ご出演いただいており、年末ではありますが、満を持してがったんごっとんにも登場!!

宇部さんからも着任されてからいままでを振り返っていただきました。

宇部さん2

宇部さん:山形町は非常に、地域イベントや観光イベントが盛んですね。

どれも印象深いですが、たとえば、日本全国9か所でしか行っていない「闘牛大会」、この9市町村のうちの一つが山形町で、これは久慈生まれといえども知らなかったですね。

また、イベントの開催回数も非常に多く、6月に協力隊になって以来、11月まで毎週土日のうちのどちらか1日は必ず取材していたというくらいの印象があります。もちろん、これは山形町にとってすばらしいことですよね。

イベントでは、地域の自治会などが中心になって観光のみなさまを迎え入れているのですが、取材している私なんかよりも、自治会のみなさん、つまり住民のみなさんですが、準備から当日運営などを考えると本当に大変なのだろうと思います。みなさんの団結力の強さを感じます。

たしかに、イベント数が多いというのは、私も慣れてしまっていて気づきませんでした!!

市外の方が久慈市に来るきっかけや機会が増えるのでとてもいいことですよね♪

毎週土日、なにかしら出かけてお仕事をされていたということですので

下手したら私たちよりも山形町に詳しいのかも・・・汗!!

これは、がったんごっとんの強い味方となりそうです(笑)

 

お二人に抱負も語っていただきました。

宇部さん:そうですね。自治会のみなさんに負けないように、私も彼ら住民の熱意が伝わるような取材記事をつくって、読者の皆様に山形町あるいは山形町のイベントへ行ってみたいなと思ってもらえるように、共感を生む記事を作成していきたいですね。

また、協力隊の仕事は取材だけでなく、地域活性化へ向けた活動全般がその範囲になると思うので、地域の皆様にヒアリングして地域課題を掘り起こしてみたり、チラシデザインや運営協力など地場産品PR活動の支援などにも徐々に範囲が広げられたらいいなと思っています。

栁久保さん:毎日が反省の日々でしたので、来年はその反省が減るように頑張りたいです。また今年同様たくさんのお客様に立ち寄っていただけるよう真心こめて接していきたいと思います。

 

営業案内・イベント情報

・道の駅の営業案内

道の駅白樺の里やまがたは年末年始も休まず営業致します。

が、営業時間が少し変わりますのでご注意ください。

12/31、1/1は午後5時閉店になります。 

食堂の食楽は12/29~1/3はお休みになりますのでご注意ください。

・イベント情報

12月29日は「肉の日」!!

道の駅白樺の里やまがた、久慈市内のJA産直「花野果」と、道の駅くじやませ土風館の物産館で

山形町特産の「短角牛」の精肉販売やお振舞を行っています。

今月は12月29日火曜日です。

白樺の里やまがたそして市内のJA産直花野果では、短角牛の「べご汁」お振舞、

さらに「お楽しみくじ引き」を行います。当たった人には「短角牛関連製品」

などがプレゼントされますので、ぜひ参加してください。

1月1日元旦  ニューイヤーフェスタ開催

ファミリー利用も多い平庭高原スキー場!

1月1日元旦にニューイヤーフェスタが開催されます。

みなさんが参加しての餅つき大会やビンゴ大会などイベント盛りだくさん!

ちなみに、スキー場のすぐそばのセンターハウス平庭山荘には、日帰り利用もOKの大浴場があります。

アフタースキーで利用してみてはいかがでしょうか

ニューイヤーフェスタの詳細が発表になりましたら、もちろん

フェイスブック「久慈市山形町広報室」でもお伝えする予定とのこと!

詳細はこちら

→フェイスブック「久慈市山形町広報室」

平庭高原スキー場のホームページなどでも発表されると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

来年もがったんごっとんを宜しくお願い致します!!

宇部さんも加わりパワーアップしますよー!!

 ユーストリームはこちら

→1221がったんごっとんスタジオから新人アシスタント宇部芳彦さんを紹介。この冬の山形のイベント等 魅力をお伝えします。

*ちー*

*やまがたの冬②~手仕事編~*

さてさて、前回の続きです。

*やまがたの冬①~産直編~*

↑前回ブログ

産直や季節の品々の他に・・・

山形町の冬といえば、どんなものが浮かんでくるでしょうか?

柳久保さんに伺ったところ、ガタゴン山形会の民具部会さんでは

各自、民具づくりを行うと聞きました!!

 

夏の畑仕事をされているかたは、冬場に手が空くため

12月あたりから手仕事をする方が増えるとのこと。

 

民具部会

道の駅白樺の里やまがたの「ガタゴンやまがた会」に入会しているメンバーの中の民具担当の方々のこと。部会のメンバーは10名程で

活動内容は、手作りホウキ、かご、布草履、などを作って販売をしています。年4回ほど実演指導も行っています。

 

今回は会員の一人である佐々木ツナさんにお話しお伺いしました。

佐々木ツナさん

 

佐々木ツナさん 74歳 (民具部会会員。)

担当民具:主に背負い籠、籠バッグ、ホウキなど

今回はご自宅にお邪魔し、実際に実演していただきながら取材をしました。

Q:ツナさんはいつから民具を作り始めたんですか?

A:8年ぐらい前からですかね。。年をとってもできるのがあればいいな~と思ったりして始めたったんですよ。

  老後になんにもしなくて、ぼはっとしてれば、だんだんぼけてくるかなーと思ってだりして(笑)

  なにかやってわかってたらいいなと思ってだったりしてたんですよ。。

Q:作るのは大変ではないですか?

A:会員の中にほうき作りを教える方がいたので、自分の中で大体できるかな~と思うまでやって。

 あとそのあとに籠を作るようになって。みなさんの力を借りてできるようになったと思います。

 

Q:やりがいはありますか?

A:出来上がった瞬間がすごく、うれしいです。

 黙ってテレビばっかり見てるよりはやっぱり手を動かしたほうがいい。

 

ツナさん作ほうき

ツナさん手作りのホウキ

 

主にガタゴンに販売されているのはホウキとカゴ。

穂がバラバラにならないようにしっかりと紐で編みこんであります。

この紐の編み方は自作なんだそうです!!弾力もしっかりとしたものに変わるとか!

すごい!まさに職人ですね。

柳久保さんもツナさんはいろんな注文が入っても、改良をかさねる、とても研究熱心な方。

自分で改良したり、特別発注もうけたり、作品に対して前向きなです。と。

 

ツナさんも謙遜していましたが、使っている方と同じ気持ちで、「こうなったらいいのにな~」

をできるだけ形にしたいとお話ししてくださいました。さらにいまは、ホウキとカゴが主ですが、

昔、取り組んでみた作品もたくさん見せてくださいました。

裂き織(エプロン・ちゃんちゃんこ)、籠バッグ、焼き物(マグカップ)

どれも初めて取り組んだとは思えない出来栄え!さ、さらに・・・・・・・

こんなものまで!!!

IMG_1174

これ、なんだかわかりますか?

この模様は佐々木さんのおうちの家紋なんだそうですが・・・

なにで作られてると思います????

IMG_1176

少し近づくとわかるかな~??

そう、貝です!!白いところはのアワビの貝!

そして家紋の黒いところはなんと「ウニ」のトゲトゲ!

この発想力に驚きです。そしてそれを形にできるのことも素晴らしい。

水上大感動。。。。(涙)ほかにも数えきれないくらい楽しく面白いお話も聞けました。

ツナさんのお話を聞いてると本当に手仕事が好きなんだな~って伝わってきます。

恥ずかしながら快く取材に応じてくださったツナさんありがとうございます。

 

いま、民具部会は60代から80代と若い人が少ないとのことですが

実演体験には30代~40代の若い方の参加も少しづつ増えているそう。

 

見に来るだけでもいい、ぜひ作品や商品触れてぜひ、作り手の想いを感じ取ってほしいです。

民具部会または作品に興味があるというかたは道の駅白樺の里やまがたへお越しください。

また道の駅にお立ち寄りの際にも、置いてある作品の数々を見ていただきたいです(*^。^*)

 

そしてそして実演体験してみたいという方に朗報です!!!

12月15日にお正月用の「しめかざりづくり」体験が行われるそうです!

くわしいお問い合わせは、道の駅白樺の里やまがた 電話0194-72-3131へお問い合わせを。

 

*ちー*

 

*やまがたの冬①~産直編~*

雪も降りいよいよ冬間近。。。今回は山形町の冬に迫ってみました!!

 

〇産直〇

 

産直やさい

 

ほうれんそう・大根・しいたけ・ネギ 等々

秋から冬にかけてのお野菜がびっしり!!!!

こんなものも見つけました!!

黒豆1 干し柿

黒豆(平成27年度産) & ほしがき

あと、この時期には欠かせない、くるみ!!

もありましたよ(*^。^*)

山の恵みもしっかりおさえてます!!

〇お土産品・特産品コーナー〇

 

こちらにかなり気になるものが!!!

妖精水のボディーソープ

「妖精水のボディーソープ」¥760

平庭高原の白樺から採れる樹液を配合したボディーソープ。

柳久保さんが使用した感想では、「いつも入浴後はハンドクリームで保湿するんだけどいらなかったよ!」

ということで、いつもより保湿効果が保たれたようです!!

わたしも使用してみました!普段使っているボディーソープより水っぽくて「ん~?」と最初は思いましたが、ちゃんと泡立ちますし、やはり栁久保さんのおっしゃるように保湿効果が!

さらにラベンダーのさわやかな香りで気分もリラックスです。

※個人の感想です。

そしてもうひとつ。。。ボディーソープよりも上段にでででーーーんと並んでいるこちら!!

IMG_1209

「お風呂用スパット」 ¥1,404

赤褐色の液体「お風呂用スパット」????!!!

なんじゃそら?の方もいるでしょう。。始めはわたしもそうでした(汗)

この赤褐色の液体は木炭を焼いたときに出る煙から作られ一般的に「木酢液」と呼ばれるものだそう。その木酢液をお風呂用に改良したもので入浴剤のようにして使います。

IMG_1244

またまた使ってみました!

キャップ1杯ほどしか入れないので、色はそんなにつかないみたいですね。

IMG_1245

 

私、個人の感想ですが… 匂いは炭焼き!自然の香りですね。

一番びっくりしたのはお湯の肌触りがとてもよくなったこと!!!

「あれ?お水がいつもよりやわらかい??!!」と感じ、調べてみたところ

木酢液は、水のクラスター(分子集団)を小さくし塩素も消してくれるのだそう 。

なので刺激のない、お肌に優しいお湯を作られるんですね!!!

 

販売元の谷地林業さんのHPでも「お肌に優しいお湯」が出きるとかいてありました!!!

*谷地林業HP*

さらに。。。。。!!!!

木酢液には、酢酸、フェノール類、カルボニル類、アルコール類、アミン類など、
200種類以上の天然有機酸が含まれています。主成分である酢酸には肌の痒み止め効
果や、硬くなった角質を柔らかくする効果、肌をひきしめる収れん作用・炎症をおさえ
る消炎作用、そして優れた殺菌作用も認められています。とのこと!!

遠赤外線効果で体ぽかぽか、冷え症や乾燥肌に効きそうですね!!!

 

※効果は個人差があります。

万能やないかーい!!と思ったのはわたしだけ??…

とおもいきや、こちら産直でも売れ筋の品なんだそうです!

まとめ買いする方や、送ってほしいという方もいるそう!!!

わたしもリピーターになりそう!!!

ボディーソープでダブルで使えば、、、、美肌になれる???

。。。「ぐっふっふ」

 

産直には山の恵み、美の秘密がいっぱいでした(*^。^*)

ぜひ道の駅白樺の里やまがたの産直へも足をお運びください♪

次はやまの手仕事に迫ります。

②へつづく。。。。

 

*ちー*

*がったんごっとん9月28日*

9月28日(月)  中継リポート

お天気は晴れ!!雲一つない秋晴れでした~。

そんなか嬉しいニュース(^・^)

山形町荷軽部地区の木藤古集落にある

「山村生活体験施設 バッタリー村」が

開村30周年を迎えました。

1985年いまから30年前の7月に開村したバッタリー村。

 

木藤古集落に残っている、昔ながらの山村の暮らしや文化を体験できる場を木藤古徳一郎さんが

村長となって活動を始めたとのことでした。

 

施設内は山村生活体験ができる施設があり、様々な田舎の生活を体験できます。

しかもほとんど手作り!!!!

宿泊も可(^・^) ただし、携帯は圏外。。。←ここが魅力なんだなぁ~。

徳じい

愛称は「徳じぃ」(^・^) 御年84歳!!

村長は気さくな方で、その人柄を慕って全国から多くの方が訪れます。

県内外から、大学生も田舎暮らし体験や宿泊に訪れ、卒業してからも

「徳じぃ」と交流が続いているそうです。

そんなかの30周年。

26日土曜日はパネルディスカッションが行われ、久慈市長を始め、三陸鉄道の望月社長、地区の青年会長など、

また県内外から約60人ほどが参加し、村の魅力や今後について話が行われました。

パネルディスカッション

バッタリー村の魅力

「自然と近い」 「人とのつながりを感じられる」 「なんいもない、それがいい」

「徳じいの人生観と人柄」「日本の原風景」などなど、いろんな魅力がだされました。

バッタリー村の課題

「過疎化」「少子高齢化」「やはり存続していくためには運営費を稼ぐ知恵がなければならない」

などなど

今後について

「人が来る流れを」「他社やほかの地域との連携」「カフェを作りたい」

「定住者を!」など
参加者

観覧者をを交えながらみなさん熱く語り合っていました!

あ、ビックニュースがもう一つ、このパネルディスカッションの前には

2匹の子ヤギも誕生!!していました!!なんという偶然!!!いや、必然?!

生まれたて!!

なんともバッタリー村らしい出来事。

木藤古村長は「30年頑張ってきましたが、これは下積み、準備期間だったと思っています」

「ここからがまた新たなスタート、夢を追い続けます。」

と今後の抱負を語りました。

さて、話は変わりこの日の話題は。。。。久慈市山形町、秋の恒例イベント

「ぐれっとやまがた街道祭」についてお届けしました!

街道祭チラシ

今年の「ぐれっと!やまがた街道祭」は10月10日(土)・11日(日)の2日間、久慈市山形町全域を会場に開催されます。

「ぐれっと」とは「ぐるっと」という意味の方言で、各会場で秋の味覚や郷土食の「まめぶ」などを楽しみながら

“ぐれっと”山形町を満喫していただくイベント。

DSC_1339

ことしの会場は全14箇所

 

各地区、楽しいイベントや山村ならではの郷土食、そして秋の味覚を提供してくれます。

また好評のスタンプラリーを今年も実施します。

チラシ(裏)

 

DSC_1201

各会場に設置されたスタンプ10個以上と

お買いもの時にもらえるショッピングポイント5個で参加することができます。

スタンプ10個以上でもれなく山形町の特産品がプレゼントされるほか、

スタンプ14個を集めて完全制覇された方には「特選山形村短角牛肉セット」、

スタンプ12~13個集めた方には「山形村短角牛ハンバーグセット」が

当たるチャンスもございます。

チラシの裏面がスタンプラリーの用紙になっていますので、各会場か総合案内所でお受け取りください。

DSC_1420

 

参加者は毎年たくさんの方がいらっしゃるそうです。

市内の方はもちろん、県内各地からも、

遠くは北海道から毎年参加されている方もいらっしゃるそうです。

特産品の販売のほかにも、会場ごとに様々なおもてなしを企画して皆様のお越しをお待ちしております。

 

伝えてくれたのは久慈市山形総合支所、ふるさと振興課の中塚剛志さん。

中塚さん

 

中塚さんは山形町に配布されている「山形総合支所だより」の編集、作成などのお仕事ををされていて

相棒のカメラと黒ブチメガネの奥に光る熱いまなざしで山形町を日々追いかけています。

支所内で一二を争うほど、若い!!26歳!!!!

(実は、がったんごっとんの影の立役者でもあったり。。。)

取材先で会うこともしばしば(^・^)

当日イベントに参加すれば、取材している彼に会えるかも???

ぜひ、支所にも会いにお越しください(^0_0^)

とのことです。

 

あ、おっといけない、お問い合わせ先を載せ忘れることでした。

お問い合わせ先

イベントに関するお問い合わせ

山形総合支所ふるさと振興課内の実行委員会事務局TEL0194-72-2111まで

周遊バスについて

10日(土)は久慈駅発着で周遊バスが運行されます。

午前9時30分に出発して全14会場を巡ったのちに午後4時に久慈駅に到着予定です。

「自分で車を運転して巡るのはちょっと…」という方はぜひご利用いただければと思います。

周遊バスの申し込みは岩手県北観光久慈支店TEL0194-53-5221までご連絡ください。

 

それでは、また来月!!

 

*ちー*