エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

第25回久慈市郷土芸能祭

2月13日のリポートコーナーは

平成29年2月19日㈰

久慈市文化会館アンバーホールで開催される

第25回久慈市郷土芸能祭についてでした。

 

久慈市の郷土芸能6団体が参加いたします。

 

参加団体のひとつ

「夏井大梵天神楽」をご紹介いたしました。

 

お話を伺ったのは

夏井大梵天神楽保存会

IMG_4247

巽山稲荷神社 神主 播磨 豊和 さん

 

中継は社務所にお邪魔しました。

 

スタジオのある道の駅くじやませ土風館

IMG_4273

すぐそば

久慈市民の憩いの場

巽山公園の敷地内にあります。

 

小高い丘の上にあり

IMG_4275

 

お天気のいい日には

IMG_4282

海側に向かって

久慈市内を

一望できるすばらしい眺めです。

 

当日もとてもいいお天気に恵まれ

久慈市のシンボル

牛島も気持ちよさそうに見えました♪

IMG_4277

※展望スペースもありますよ♪ぜひ♪

 

 

久慈市夏井町にある

大宮神社が発祥の夏井大梵天神楽は

なんと660年以上も受け継がれる神楽です。

 

古くは播磨藩(現在の兵庫県)から

この地域へ修験者として訪れ

播磨家を中心に

舞い継がれてきた山伏神楽です。

夏井大梵天神楽

 

50もある舞のうち、現在は20演目ほどを

舞っているそうです。

悪魔祓い、家運長久を祈り、鎮魂の舞曲として

播磨家を中心に

代々受け継がれてきたということです。

その数もさることながら

演目の中には非常に貴重な舞もあり

平成9年には久慈市

平成11年には岩手県の

指定無形民俗文化財に認定されました。

 

神楽といえば「権現様」です。

神様が獅子頭を憑代として仮の姿で現れ、

まるで神様をあそばす様に舞うそうです。

 

夏井大梵天神楽の「権現様」は

あごの部分が離れているそうでして、

動きがよりダイナミックな舞となるそうですよ。

 

19日㈰に開催される

久慈市郷土芸能祭では

「権現舞」と「子供御神楽舞」を

披露するそうです。

「権現舞」は

下舞、しだれ、伏せ獅子、身がため、三本頭に分類され

「身がため」でお祓いいたします。

「子供御神楽舞」は

夏井小学校、夏井中学校の生徒が舞います。

天岩戸が開かれ、中から天照大神がおでます時に

そのご威光により夜が明ける如く明るさが増す

喜びを舞う祝と鎮魂の舞です。

 

夏井大梵天神楽をはじめ

その土地に出向かなければ見ることができない

郷土芸能が一堂に会する

第25回久慈市郷土芸能祭は見逃せませんね♪

みなさまぜひお越しください♪

 

■第25回 久慈市郷土芸能祭

日時:平成29年2月19日㈰

開場   9時30分

開演 10時

場所:久慈市文化会館アンバーホール大ホール

入場料無料

第25回久慈市郷土芸能祭

 

以前から郷土芸能を通じて交流のあった

八戸市などから

三圏域郷土芸能交流祭も併せて開催されます。

ぐるっとこの地域の郷土芸能がそろい

見ごたえのある催しとなりそうですね♪

 

みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

 

おまけ

夏井大梵天神楽は

■大宮神社(8月15日)

■若宮八幡宮(旧暦8月15日)

■巽山稲荷神社(5月5日)

の例祭で奉納されます。

 

その土地の神社でみる神楽はまた格別!

空気感や迫力が違います。

ぜひ各神社の例祭へもお越しください。

IMG_4285

そして

神楽に興味を持たれた方へ♪

来月から若宮八幡宮で

1か月間神楽の練習が行われるそうです。

お気軽にごらんください♪

 

 

 

 

 

Comments are closed.