エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

*がったんんごっとん0926*

■季節

ぐんぐんと秋が深まっています。

昼間は暖かい日もありますが、朝晩は冷え込みます・・・((+_+))

厚手のパーカーや暖かい上着が一枚あると安心さん!

外出の際はお忘れなく(●^o^●)

■道の駅

産直には季節のお野菜がめいいっぱい詰め込まれています!

ネギ、ほうれん草、ピーマンかぼちゃ、シイタケ、などなど

そのなかでも特にこの日、目立っていたのが

 

%e6%9d%be%e8%8c%b8%e7%a5%ad%e3%82%8a

でん!!!!

%e3%81%be%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%91%e7%a5%ad%e3%82%8a

でででん!!!

そう!!!まごうことなき!!!

「まつたけ」 「まいたけ」!!!

この日9月26日はわんさか入荷していました!!

大小さまざまで、一番大きいものはなんと長さ27センチ!!!

%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%8d%e3%81%84%e6%9d%be%e8%8c%b8%ef%bc%81%ef%bc%81

わたしの顔との比較・・・、私の顔ですいません・・・・(~_~;)

 

けっこう身もしっかりしていました!! 笠は12~3センチくらい

笠が開きすぎると・・なんてお話しも聞きますがまだ開き切っておらず

ほのかに香りもして、なんだか見ているだけでもワクワクドキドキしちゃいます。

お客さんも、「話しをきいてみにきただけ~」という方も(笑)

「みてるだけで楽しくって♬」 その気持ち・・・わかります!!!

 

今年は台風の影響もあり時期があまり読めないというお話もあり

親戚に・・・、遠いところからも、ありますか・・?と、早い段階で売れてゆきます。

みなさん、見たら買い時です!!!

 

2016年9月26日のがったんごっとん

■今日の話題

地域を変える新しい力「地域おこし協力隊」!!

 

現在久慈市では9名の地域おこし協力隊が活動をおこなっています。
そのうち4名は今年度からの活動で番組ではいままで3名の方をご紹介させていただきました。
みなさん明るく元気に地域を盛り上げてくれています!
この日は久慈市山形町で活動を行っている方に、がったんごっとんスタジオにお越しいただきました!

2

久慈市地域おこし協力隊の志水彩子さんです。

何事にも真摯に一生懸命に取り組むステキな方です。

気になるところをいろいろ聞いてみました!!!

 

Q:清水さんは関東出身、今年の4月からの活動ということでしたが、もう生活には慣れましたか?

A: だいぶ慣れました。

言葉も周りの皆さんが話しているのを聞きながら、わからない言葉があれば

その場で聞くようにしています。皆さん優しく教えてくれます。

ただ時々、標準語で何と言うかが出てこない時があって、その時に、

その言葉を使う状況として、「野原で牛が逃げ出した時に。。。」と言われた事が

あったんですが、まずその状況事態を経験した事がないので、理解するのに苦

労しましたね。

あとは、おじいちゃん同士など、ネイティブスピーカー同士がお話をされてい

るとついていけない時が多いので、頑張ってなまっていきたいと思います。

 

標準語でなんていうか出ててこない…は田舎あるあるですね(笑)

野原で牛が逃げ出した時・・・なぬっ!地元民でも分からない方もいる

かなり深い所までいきついていますね(笑)見習いたい!

 

Q,地域おこし協力隊へ応募するきっかけは?

A:大学時代に久慈市山形町出身の友人が居たのがきっかけでした。

何度か遊びに来ていて、友人のご家族とも仲良くさせていただいて。

初めて来た時はこんな山奥に人が住んでいるのかと田舎度にびっくりしました。

遊びに来ていた時はまさか、住む事になるとは思ってもみませんでした。

ご縁ですね。募集内容には久慈市内での業務もありましたが、私が久慈市を知ったきっかけだったのが山形町だった事とせっかく都会から田舎に来たのだから、思いっきり田舎の方がいいなと思って、山形町での活動を希望しました。

車の運転は東京ではそんなにしていなかったので、おそるおそる運転をしていますが、東京で満員電車に揺られて通勤でおじさんの頭を見ながら通勤するより、季節を感じながら自然の中を走れるのはとてもストレスフリーで楽しいです。

ストレスフリー♬ 嬉しいお言葉ですね。

おもいっきり田舎がいい!という勇気と季節を感じるという感受性の豊かさ

志水さんのお人柄もみずかみ大好きですヽ(^o^)丿

もしかしたら…実際に住んで感じるストレス(不安)よりも、

減ったストレスの方が多かったのかもしれませんね~。

自然のパワーだぁ(●^o^●)/

 

1

お仕事中の志水さん♬

 

Q:いまはどんなお仕事をしているのですか?

A:山形支所、産業建設課に所属をしていて、山形の特産品を使った商品の開発やPRを行うのが仕事です。

今は今年発売をした白樺樹液のドリンクがあるのですが、いずれは山形内で製造加工をするのを目標に、山形で樹液に関わっている方々や北海道で樹液製造加工をさせている方に色々と教わったり、お話をしたりして、仕事を進めています。

短角牛のブランディングももっと手がけていきたいと思っています。

まずは闘牛という強そうなイメージの物だけでなく、短角牛の子供、女性も持てるかわいい感じのグッズがあったら良いなと思ったので、短角牛のTシャツとタオルを作りました。平庭山荘や道の駅ガタゴン、イベントなどで販売をし始めています。

外の方が山形に遊びに来たらコレを買って帰ろう、地元の方が手土産を持って行く時はコレを買っていこう思う。そんな商品を作りたいと思っています。

ステキなお仕事ですね~(^・^)

どちらかというと、あれをやりながらこれもという方が多いと思うので

そこに色々話を聞いて、企画や商品を起こしてくれる方がいると、

地元の方もとても助かるのではないでしょうか(^・^)

よそ者・女性からの目線も考えてくれていてすごく素敵な活動です。

 

Q:最後に、これからについて教えてください。

A:自然の中で暮らしている色んな知識を持ったプロの方が多くいるので、

色々と教わって、それを仕事にも生活にも役立てていきたいとおもっています。

どこまでも前向き!あっぱれです。

これからも山形町の皆さんと公私ともに夢いっぱいな活動を

たくさん行ってもらいたいですね。

%e3%81%9f%e3%82%93%e3%81%8b%e3%81%8f%e3%81%8e%e3%82%85%e3%81%86t%ef%bd%bc%ef%bd%ac%ef%be%82%ef%bc%86%ef%be%80%ef%bd%b5%ef%be%99

志水さんが手がけた商品は現在、

平庭山荘や道の駅白樺の里やまがたなどで販売されています!

また、各イベントでも販売されている時もあるようですので

みなさん会場をくまなくチェックしてみて下さい!!

志水さんの応援も一緒にしていきましょう(●^o^●)/

■久慈市山形町のイベント情報

こちらをご確認ください→*山形町のイベント情報*

平成28年9月26日月曜日

がったんごっとんスタジオ

取材先:久慈市地域おこし協力隊 志水彩子さん

ナビゲーター:道の駅白樺の里やまがた 栁久保チエ子さん

リポーター:水上千穂

 

Comments are closed.