エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

*がったんごっとん0627*

ごめんなさーい、6月のがったんごっとん載せた思ったら

下書き保存のままでした((+_+))大変失礼いたしました。

遅れましたが、掲載いたします。

 

2016年6月27日のがったんごっとん

■季節■

昼は蒸し暑く、夜は肌寒い・・・、

やませがくればなおさら寒い((+_+)) そんなお天気の久慈市です。

さて山のツツジはすっかり終わってしまいました。

緑が青々しい季節です。

が、山となればなおさらお天気が変わりやすく

薄着は禁物です(^O^) ジャンバー片手に、散策・観光がベストですよ!

 

■道の駅情報■

道の駅白樺の里やまがたでは

 

産直には大根がずらり!

大きいのから小さいものまで各種そろっています。

これで100円は安い!!!!

 

山菜はほぼ終わってしまいましたが、ほうれん草やお豆腐がでていました。

この日は寄せ豆腐「ゆかべ」がでていましたよ~~(^O^)

鍋がおわたら、冷奴の季節!おひとついかがですか?

 

さらにおやつにピッタリの「くるみちゃん」「ごまちゃん」も♪

お餅にくるみやごまがかかっています。かわいいネーミングですね♡♡

 

■今日の話題■

今日の話題は「くじぃくじ~く放送300回記念」

ということでなにか長寿なものを紹介したいな~~・・・・と考えていたところ

バッチリなお方がおられました!!!!

それがこちら↓↓↓

推定1000年の大けやき

わかりますか~~~??画面いっぱいに、(いや、収まりきらずはみ出している)

写っている、そう、この~木、なんの木♪

「推定樹齢1000年の大けやき」

です!!!

久慈市山形町霜畑に「霜畑八幡宮」という古い神社があるんですが、

その境内に現在、大きなケヤキの木が2本あります。

天然記念物として昭和52年に久慈市の指定文化財に。

その後、昭和55年には県の指定文化財にも認定されました。

一体どんな木なのでしょうか?

「霜畑八幡宮」の氏子さんで、けやきの管理をされているひとり、

下畑利蔵(したはたとしぞう) さんにお話しを伺いました。

下畑さん・八幡さん

左側の方が下畑さんです。

Q:境内に入ってすぐ神社の横に大きなケヤキがありますね。

はい。文化財指定時に取り付けた看板を見ると、

樹高は36m、根元の太さは、4m20㎝

昭和56年に文化財に指定されたときの測定結果です。

じゃあもしかしたらもう少し大きくなっているかもしれない・・・(とみずかみはおもった)

Qそしてなんといっても樹齢が!

そうですね、岩手県1番の樹齢ということで約千年ということになりますね、看板からいうと。昔は4本ありました、社殿を取り囲んで「東西南北」だいたい正確ではないけど、台風なんかで2本倒れて、現在は2本だけ残っています。

Q4本そろっていたときはさぞ壮観だったでしょうね。

そうですねまさに「鎮守の森」でしたね。

 

文化財指定時には3本あったので「霜畑のケヤキ群」と名がつき

かなり貴重だったとのことです。(今でも貴重です。)

現在も県下一番の太さを誇っています。(ケヤキの中で)

そして実はこれだけじゃないんですよ(@_@)!

霜畑八幡宮にはあの「義経北行伝説」も残っています。

記録には源義経もその昔に立ち寄り「兜・陣笠・太刀」を奉納

そしてこの大きなけやきの木を拝んだと言い伝えが残ります。

(調べていて分かったのですが、このほか山形町には「義経北行伝説」の言い伝えが残る場所がたくさんありました!いつか紹介できたらいいなー(#^.^#)!)

義経が大けやき見た時は「樹齢149年」くらい。それでもかなりでは・・・

 

神社内を見渡すと、金精様や岩手の珍木シダレカツラがあったりします。それだけ愛され、親交の深い神社なのではないでしょうか。

 

大けやきをみながら、下畑さんがこんなお話しをしてくれました。

「子供のころはここでよく遊びました。けやきの真ん中に穴が開いていて、かくれんぼをよくしたもんだ。あと夏になると葉っぱで日陰ができる、おじいさんおばあさんは農作業の合間にここにきてねっ転がって昼寝したりしたもんだあね。この木はここのシンボル、この木がずっ~と村民を守ってきてくれた、だから我々村民も木を守ります。お互いに支え合って長生きしたいなあ。むかしはどんなだったか聞いてみたいねえ((笑))」

なんでしょう・・・

心がほっこりしたのはわたしだけでしょうか・・・

素敵ですねえ。

 

われわれも互いに支え合い長生きしたいですね。

 

 

ちなみに毎年、海の日は例大祭を行っているそうです。

木はいつでも見ることができます。紅葉した姿もステキなんだそうです。

ぜひみにいらしてみてさい。

またケヤキの木は樹齢千年のかなりのご老体・・・

見る際は木の根っこを踏まないようにご注意くださいね。

平成28年6月27日月曜日

がったんごっとんスタジオ

取材先:霜畑八幡宮 大けやき

ナビゲーター:道の駅白樺の里やまがた 栁久保チエ子さん

リポーター:水上千穂

Comments are closed.