エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

山根地区在来種 ヤマシラタマ大豆

8月31日は野菜の日!リポートは

「豆」について紹介しました♪

お話をうかがったのは

DSC_1270

久慈市農政課

地域おこし協力隊の渡邊勇さん

 

そして

DSC_1269

山根端神(はしかみ)地区長 大久保 俊勝さん

素敵な笑顔です~♪

 

ヤマシラタマ大豆

山根地区で昔からあった大豆なのだそうです。

 

私は初めて聞く名前でした。

(実は大豆の種類は全くしりません……)

 

県の公式発表によりますと、このヤマシラタマ大豆

保管しているもので1.8kgしか残っていないそうなんです。

小さな袋にひとつぶんくらいしかないのですね…。

 

理由は、品種改良がすすみ、より育てやすい豆ができたから。

 

でもせっかく山根由来の大豆が

豆腐文化が根強く残る山根にまだあるのなら!と

調査がはじまりました♪

 

その調査…

DSC_0981

 

こんな広い畑の中を

葉っぱをかき分けて、やっとわかるほどの

小さい花を確認していくというもの。

 

DSC_0980

↑現在多く栽培されている「すずかり」

 紫色の花

 

DSC_1004

↑これが「ヤマシラタマ大豆」(ぼやけている!)

 白い花

 

この調査を

DSC_0984

もくもく

DSC_0983

えんえん

ただひたすら調査しました。

 

担当したのは渡辺さん

 

DSC_0988

いいお顔していますでしょ♪

とても穏やかで優しい印象の青年です。

なんと東京都出身で、この4月に赴任したばかり。

 

しかし

ご覧ください♪

DSC_0995

調査対象だった畑の所有者 遠川保雄さんと

 

地域の方々とこんなに仲良しなんですね。

方言や気候の違いなどなんのその!

(…気候の違いはこれからが大変なのですが)

 

ゲストの大久保さんのお話では

地域のお母さんたちに大変人気なのだとか

東京へ帰ってしまうのではと心配しているのだそうですよ。

 

渡邊さん、山根で頑張っていますので、みなさんもみかけましたら

温かいお言葉をいただけたら嬉しいです♪

 

ちょっと寄り道してしまいました。

「ヤマシラタマ大豆」

今回みつかったもので畑を作って

栽培していく予定なのだとか。

 

栽培者さんたちの協力がとても必要ですね。

 

リポートの場所だった

DSC_1264DSC_1266

DSC_1260 DSC_1261

山根端神地区にある「桂の水車広場」

素敵でしょ~♪

どーんと桂の樹がたち、その脇を小川が流れ

川のせせらぎと桂の葉の甘い香り

蝉のなきごえ…。

 

地元の方々で

郷土料理やその時期のもの、土地のものを販売する

「水車まつり」が毎月1回 第一日曜日開催されています。

 

もちろん豆腐文化があるので豆腐もこちらで作って販売

しています。

地域のお母さんたちの協力のもと、その施設をつかい

なんと!「食べ比べ」をしてみたのだそうです!

 

結果は

「ヤマシラタマ大豆」で作ったもののほうが

豆味が濃厚で

豆の甘みが強い

…………美味しい!

ということでした。

 

うわーっ!食べたい!

なんで呼ばれなかったんだ!(当たり前ですが)

 

ゆくゆくは

この豆腐文化が残る山根で

山根だけの大豆をつかった商品

「豆腐田楽」「ゆかべ」(寄せ豆腐のようなもの)

が販売されるかもしれません!

DSC_1267

そんな夢にむかって頑張っている方々♪

 

みなさん、楽しみに待っていましょうね♪

ヤマシラタマ大豆のお豆腐、田楽豆腐の販売が待ち遠しい!

 

★みか姉★

 

 

おまけ

DSC_1263

リポート風景(真剣です)

 

DSC_0966 DSC_0968 DSC_0971

調査にお邪魔した遠川さんちのやぎさん

 

とっても素敵な山根なんです♪

少しでも伝わればいいな~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.