エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

★鵜鳥神楽が国重要無形民俗文化財指定されました

普代村のうねどり山にある鵜鳥神社

縁結び、安産のほか、海上安全などの漁業の神様ということで、

岩手県沿岸北部の漁業関係者に崇められています。

 

その権現様をご神体とした鵜鳥神楽は、沿岸にすむ方々の

生活に深く根付き、今日まで伝承され続けてきました。

 

この神楽、各地域にお宿と呼ばれる場所があり、そのお宿へ

新春の1月から3月までの2か月間かけて巡行するという

とても珍しい  廻り神楽   なんです。

 

どんなことをするのかしら?

ある日のお宿でのことをご紹介します♪

 

 

宿のある地域の中のお宅へ門祝いとしてめぐります。

(まだ自粛している地域もあります。)

DSCN3615 DSCN3613

春を告げる神楽は本当にありがたい…。

門祝い先の奥様のお言葉。

 

お宿へ到着しますと、舞い込みといって

神楽がきたことを告げます。

DSCN3359DSCN3352 DSCN3643 DSCN3645 

すでに玄関前の広場は地域の方々でいっぱいです。

本当にみなさん、楽しみに待っていたことがわかります。

※北回りは震災後初巡行で、4年ぶりでした。

 

その際、米の粉でといたもので鼻に白いお粉をつけてもらいます。

DSCN3653DSCN3654

 

清め守ってもらうそうです。

(神楽衆、宿に入る際には、焚いた火をもみ消します。)

 

 

お宿に入りますと、権現様を前に神楽衆が全員で拝みます。

 

DSCN3365

厳かですね。

きりっとした厳粛な雰囲気に包まれます。

 

 

そして、演目に入る前に神歌をうたい(舞なし)

その日に舞う神楽衆の顔見世をする座揃い

(神様をその場に集めるという説もあるようです)

その後、清払いと続きます。

DSCN3410

↑ 〈清払い〉舞台や会場を清めます。

 

お宿では、榊葉、山の神といった必ず舞う演目を含め

10ほどの演目を舞います。

 

演目ひとつひとつちゃんと意味やお話がありまして

塩をまいたり、米をまいたり

(お菓子も!←小さい子は大喜び♪)

見どころも満載!

 

 

力みなぎる勇壮な舞

優雅な舞

軽やかに転がり流れる笛

鉦と太鼓のリズム

揺れる幕

情景をも感じ、見応えがあります。

 

 

演目の中には、その地域に密着した狂言も含まれています。

DSCN3470 DSCN3760

〈姑礼〉                   

↑嫁を待っている間 ↑これだけで面白い(笑)

 

これがはじまると! 会場は底抜けに明るい笑いに包まれるんです!

この笑いで悪いのがいなくなっちゃうんじゃないかと思うほど! 

すべての演目が終わるころには、気分もスカッと

しています(笑)

 

 1  どこか品のいい優雅な恵比寿舞

DSCN3798  

        

2  斐の川(ヤマタノオロチをヤマトタケルが倒すお話)    

DSCN3732

 

3  こんな怖いのが会場を巡ります…。     

DSCN3754

 

4 面

 DSCN3659

 

すべての演目が終了し、お礼のあいさつが終わると、

身固めといって 権現様が会場の火伏せを、そして会場

にいらしている皆さんの頭などをかんで厄払いをしてくださる

のですが、

ああ、厄が払えたなぁ…

自然とそういった気持ちがわいてきました。

本当、ありがたい。

 

古くからこの地に根付いた鵜鳥神社への深い信仰、

と廻り神楽の  鵜鳥神楽

後継者育成が課題なのだそうです。

 

4月から中学生になる3人の男の子

DSCN3663

 今年から普代村の巡行にのみ参加しました!

 

小学生らしい元気な「勢剣」を舞い、大変喜ばれていました。

この中から、将来の神楽衆が生まれるかもしれませんね♪

 

そして、神楽衆のなかで若い衆と呼ばれるお二方、

DSCN3392

舞台袖のわずかな時間も惜しんで

練習

練習

真剣です。

非常に頑張っていらっしゃる。

応援したいですね。

 

そして、地域に愛される鵜鳥神楽

国の指定になったことを機に、

どんどん盛り上がっていってほしいですね♪

 

是非♪みなさま

鵜鳥神楽

見にいらしてください!

 

今年の廻り神楽は1月12日の舞立ちからはじまり

北廻り、普代村久慈市、野田村の各お宿を巡り

先日の3月29日の舞い納めで終了しました。

皆さんには、近いところで、

5月の鵜鳥神社例大祭でご覧いただけます。

是非、お越しください。

 

 

鵜鳥神社
普代村第25地割卯子酉13
TEL 0194-35-2339

 

Comments are closed.