エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for 3月, 2015

*がったんごっとん0330白樺樹液採取*

3月30日月曜日

26年度最後のがったんごっとんは、この時期に行われている

「白樺樹液採取」の話題をお届けしました!!

 

くじぃくじ~くでは調査により31万本を越えていることが改めて確認された「白樺美林」や

その「白樺の樹液を使った新商品」の話題など年末から数回お届けしてきました。

世間は卒業、入学、就職、転勤、などなど…、なにかと忙しい時期ですが

久慈市山形町の平庭高原ではなんといま、春の雪解けと共に白樺樹液の採取が始まっているんだそうです。

 

実際に採取の様子を取材してきました(^○^)♬

協力していただいたのは白樺の採取を取り続けてこの道20年。

白樺樹液採取組合 代表の栁平勝良さん。

 

質問攻め

 

採取場所へ…

 

採取場所は山の中、ずんずんと進んでいくと、いきなり発見!!

 

こんな感じ

 

3センチくらいぶすっと。

 

白樺の木の根元から1メートルぐらいの場所に、鉛筆ほどの太さの針が刺さっています。

そこに管を繋ぎ容器へと、、、。樹液が すこしづつ 流れでるという仕組み。

 

この日は天気が良く 流れるスピードも増し、取材に行ったらすでに4L満タンでした!!!

1本からだいたい1日、20L、これを20日~30日間で繰り返し採取するそうです。

「枯れてしまわないかなあ。。。」って思った方もいるかと思いますが大丈夫!!!

芽吹きのために、土からたくさんの水を吸い上げるこの時期が採取のタイミング

本当に水が必要になると穴から流れ出る樹液はピタリ止まるそうです。

無理やりではなくほんの少しをおすそ分けしてもらっているんですね。

また、あけた穴には、穴とおんなじ形にかたどられた、木で穴をふさぐんだそうです。

また、採取場所は土地の所有者の方に許可を頂き、限られた場所での採取。

きちんと保護しながら行っていますのでご安心を。

水の音きこえる?

時期がいいときは、樹に耳を当てると吸い上げた水の音が「こぽん」と聞こえるそうです。

この日は残念ながら聞こえず…シーズン中盤がいいようです。

マイクでひろえるかな…?

 

樹にマイクをあて、粘るみずかみ。。。

ちなみに採取する木の目安は特にないそうですが、栁平さんいわく

「おねえさんのような(←わたしのこと。。。) いい時期」   だそうです。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ようするに人間でたとえたら20代から30代なのかな?(笑)

あとはこの道20年のプロの勘。

栁平さんがとれたてをおすそわけしてくれました!!!

採れたてをかんぱ~い。

 

「かんぱーい❀」

DSC_2304

 

味はなんとたとえたらいいのやら。。。

水のようなさらさらしたのど越し。

ほのかな甘み。

もっと癖が強いのかな~と思いましたが、そんなことは全くなくとても飲みやすかったです。

もう少し時間が経つと、中に白い浮遊物が浮いてきます。が、これ、実はとても体にいいものなんです。

平庭高原産の白樺樹液には「筋肉を修復する効果」「疲労回復」「美肌効果」などの成分がある

4種のアミノ酸が含まれていると専門の分析調査で確認されています。

そのアミノ酸が凝縮して固まったものが、白い浮遊物の正体!!!

これを「天使の羽」「妖精の羽」と表現するんだそうです。

また栁平さんのお話しでは、塩漬した漬物を樹液に浸したところ、塩分が抜け

野菜が元の状態に戻ったことから採取関係者からは「魔法の水」とも呼ばれているようです。

 

そんな北国の早春、自然からの最初の贈り物「シラカバ樹液」

どこかで手に入るの???というかたへ

樹液をつかった商品や料理開発も進んでいますよ。

今年の1月には東京銀座の「いわて銀河プラザ」にて一般者向けに清涼飲料水の試飲アンケート調査が行われました。

味に関してはとても評判がよく(中には予約された方も) 健康への関心も高かったということです。

関係者のお話ではある程度の樹液は確保され商品としての段階は「清涼飲料水」「料理への使用」共に9割がた完成。

また美容パックなどへの活用も考えているそうで、販売に向けて現在詰めている状態。

夏ごろには販売する方向で進めたい想いでいるということです。

あらたな久慈市山形町のブランド、特産品となるか!!!

これは、今後こうご期待ですね!!!

 

取材協力:「森の恵み・白樺の一滴」活用推進協議会 会長 下舘 満吉 さん

山形総合支所産業建設課  谷地   彰 さん

 ※写真提供:山形総合支所ふるさと振興課 皆川 賢司 さん

 

*ちー*

 

★鵜鳥神楽が国重要無形民俗文化財指定されました

普代村のうねどり山にある鵜鳥神社

縁結び、安産のほか、海上安全などの漁業の神様ということで、

岩手県沿岸北部の漁業関係者に崇められています。

 

その権現様をご神体とした鵜鳥神楽は、沿岸にすむ方々の

生活に深く根付き、今日まで伝承され続けてきました。

 

この神楽、各地域にお宿と呼ばれる場所があり、そのお宿へ

新春の1月から3月までの2か月間かけて巡行するという

とても珍しい  廻り神楽   なんです。

 

どんなことをするのかしら?

ある日のお宿でのことをご紹介します♪

 

 

宿のある地域の中のお宅へ門祝いとしてめぐります。

(まだ自粛している地域もあります。)

DSCN3615 DSCN3613

春を告げる神楽は本当にありがたい…。

門祝い先の奥様のお言葉。

 

お宿へ到着しますと、舞い込みといって

神楽がきたことを告げます。

DSCN3359DSCN3352 DSCN3643 DSCN3645 

すでに玄関前の広場は地域の方々でいっぱいです。

本当にみなさん、楽しみに待っていたことがわかります。

※北回りは震災後初巡行で、4年ぶりでした。

 

その際、米の粉でといたもので鼻に白いお粉をつけてもらいます。

DSCN3653DSCN3654

 

清め守ってもらうそうです。

(神楽衆、宿に入る際には、焚いた火をもみ消します。)

 

 

お宿に入りますと、権現様を前に神楽衆が全員で拝みます。

 

DSCN3365

厳かですね。

きりっとした厳粛な雰囲気に包まれます。

 

 

そして、演目に入る前に神歌をうたい(舞なし)

その日に舞う神楽衆の顔見世をする座揃い

(神様をその場に集めるという説もあるようです)

その後、清払いと続きます。

DSCN3410

↑ 〈清払い〉舞台や会場を清めます。

 

お宿では、榊葉、山の神といった必ず舞う演目を含め

10ほどの演目を舞います。

 

演目ひとつひとつちゃんと意味やお話がありまして

塩をまいたり、米をまいたり

(お菓子も!←小さい子は大喜び♪)

見どころも満載!

 

 

力みなぎる勇壮な舞

優雅な舞

軽やかに転がり流れる笛

鉦と太鼓のリズム

揺れる幕

情景をも感じ、見応えがあります。

 

 

演目の中には、その地域に密着した狂言も含まれています。

DSCN3470 DSCN3760

〈姑礼〉                   

↑嫁を待っている間 ↑これだけで面白い(笑)

 

これがはじまると! 会場は底抜けに明るい笑いに包まれるんです!

この笑いで悪いのがいなくなっちゃうんじゃないかと思うほど! 

すべての演目が終わるころには、気分もスカッと

しています(笑)

 

 1  どこか品のいい優雅な恵比寿舞

DSCN3798  

        

2  斐の川(ヤマタノオロチをヤマトタケルが倒すお話)    

DSCN3732

 

3  こんな怖いのが会場を巡ります…。     

DSCN3754

 

4 面

 DSCN3659

 

すべての演目が終了し、お礼のあいさつが終わると、

身固めといって 権現様が会場の火伏せを、そして会場

にいらしている皆さんの頭などをかんで厄払いをしてくださる

のですが、

ああ、厄が払えたなぁ…

自然とそういった気持ちがわいてきました。

本当、ありがたい。

 

古くからこの地に根付いた鵜鳥神社への深い信仰、

と廻り神楽の  鵜鳥神楽

後継者育成が課題なのだそうです。

 

4月から中学生になる3人の男の子

DSCN3663

 今年から普代村の巡行にのみ参加しました!

 

小学生らしい元気な「勢剣」を舞い、大変喜ばれていました。

この中から、将来の神楽衆が生まれるかもしれませんね♪

 

そして、神楽衆のなかで若い衆と呼ばれるお二方、

DSCN3392

舞台袖のわずかな時間も惜しんで

練習

練習

真剣です。

非常に頑張っていらっしゃる。

応援したいですね。

 

そして、地域に愛される鵜鳥神楽

国の指定になったことを機に、

どんどん盛り上がっていってほしいですね♪

 

是非♪みなさま

鵜鳥神楽

見にいらしてください!

 

今年の廻り神楽は1月12日の舞立ちからはじまり

北廻り、普代村久慈市、野田村の各お宿を巡り

先日の3月29日の舞い納めで終了しました。

皆さんには、近いところで、

5月の鵜鳥神社例大祭でご覧いただけます。

是非、お越しください。

 

 

鵜鳥神社
普代村第25地割卯子酉13
TEL 0194-35-2339

 

3月特集リポート〈沿岸編〉

3月の特集リポートでお邪魔しました

久慈市・野田村・洋野町・普代村の4地区

一挙に紹介します!

 

 

 

まずは、3月2日放送

久慈市小袖海岸から!

みてください!

DSCN3939

じゃじゃーん!

完成しました♪

復興のシンボル的存在のひとつ、海女センター!

驚くほどの透明感の小袖の海にマッチした

白い三階建ての見晴らしのいい♪建物です!

 

1階は物産販売

2階は海女に関する展示

3階は! ドラマでいうところの

?★海女カフェ★?

この春から

うに丼

いちご煮

まめぶ汁

など提供する軽食コーナーとなります♪

 

潮の流れがはやく、冷たい海へさっそうと潜る海女の実演は

7月から!

実演をみて、海女センターで休んでいってくださいね♪ 

 

 

 

 

第2弾は、

3月9日放送

野田村、野田漁港からでした

DSC_3622DSC_3623

光り輝く 美しい朝を迎えた野田漁港

こちらには、がちゃがちゃ威勢のいい音とともに

ほたてが運ばれていました。

DSC_3618DSC_3600

栄養豊富な外洋で自由に動くことができるかご漁

そして丁寧にお世話をしたほたて、

その中でも★荒海★という名前で出荷される

素晴らしいほたてを紹介しました。

DSC_3578

波が高いことがわかります?

お天気がいい日でも、こんな荒海…。

ぶいんぶいん走ります…。かっこいい…。

DSC_3611

光り輝く美しい海ですね。

こんな海で育った荒海シリーズ!

今後、わかめ、かき(試験中)とつづきます♪

みなさま、

荒海ほたて

荒海わかめ

荒海かき(今後期待)

みかけましたら、ぜひお試しください♪

野田の気持ちのいい男たち、頑張っています。

野田の頑張っている男たち、これからも

海から野田村を盛り上げていきます。

絶賛! 漁師! 募集中!

 

 

 

 

第3弾は! 3月16日放送

洋野町 小子内浜(おこないはま)から!

DSC_3640DSCN3597DSCN3574DSCN3596

なんて、美しい…浜なんだろう…。

これが、私の最初の感想でした。

地元の方々に「たつのくち」と呼ばれる奇岩が鎮座し

遠浅の岩盤がつづく穏やかな場所。

 

冬の寒い時期、この浜に響くのは元気なお母さんたちの

笑い声でした。

 

なんて素敵なお母さんたち…。

明るくて、ひたむきで、まじめで

初めてお会いしたのに、懐かしく、温かい

DSCN3897DSCN3915DSCN3914

この地域のふのり・まつも漁は夜の作業

寒い日には、ふのりも凍るほど

ひたすら黙って岩についたふのりを取ります。

安心安全な海産物をと、お母さんたちは天然素材の石鹸を

生活の中で使う運動が盛んなのだそうですよ。さすがですね♪

これからは、ああ、寒い中お母さんたちがとったんだなと

思いながらもっともっと大切に食べますね!

これから、温かくなると

うに漁がはじまります。

洋野町では夏になると

★うにまつり★も開催されます♪

楽しみにしていましょう♪

 

 

 

 

 

さて、沿岸からの特集リポート

最終週は 3月23日放送

普代村堀内漁港からでした。

 

DSCN3942DSCN3945

翔光丸と船主 前川さん♪

普代村、昆布で有名ですが、わかめの水揚げも県内でトップクラス!

DSCN3959

前川さんもお父さんとわかめの養殖、そして観光釣り船をされています。

親子で船に乗って繰り出す外洋。素敵ですね♪

DSCN3990

この地域では深夜0時から始まるわかめの収穫

各漁港には灯りがつき、地域ごとに沖に輝く漁火

ドラム缶に火をおこして暖を取り

お母さんたちが待機する漁港もありました。

そんな景色が、生活の背景を含め…感動しました。

もしかしたら、漁火の灯りだけで家族の船がわかるかもしれませんね。

DSC_4074 DSC_4073    

世話をしたぶん、いいわかめがとれる

前川さんのお父さんがおっしゃっていました。

4mはある大きな大きなわかめ、夜中に家族総出で選別作業をします。

外洋のきれいな海、丁寧な仕事

おいしいわかめです。

 

まじめで誠実な前川さんの観光釣り船

「ばらめぬけ」という、なにをしてもおいしい!

珍しい、赤いおさかなをめあてに遠くからもいらっしゃるそうですよ♪

みてみたいですね~♪ 赤いおさかな!

そしてそして! 食べてみたいですね~♪

聞いてくだされば、アドバイスもしてくれるそうですよ♪

そして、こちらも要望があればですが

有名になりましたね

普代水門・防潮堤など、当時の話もしているそうです。

詳しい情報は 翔光丸のHPでご覧ください♪

 

北三陸! まだまだ復興途中ですが、頑張っています!

みなさまぜひ♪ おいでください♪

ぜひぜひ♪ 北三陸の美味しいもの♪

たべてみてください~♪

 

全面的に協力くださった

岩手県県北広域振興局 水産部 遠藤主査 にリポートでゲスト出演

していただきました!ありがとうございました♪

これからも、くじぃくじ~く

北三陸の沿岸! おいかけて、みなさんにご紹介しますよ~!

★みか姉★

             

*3月のリスナープレゼント*

3月のリスナープレゼントはこちら

久慈市山根町にある新山根温泉べっぴんの湯「食事付日帰り入浴券」をペア1組にプレゼント。

 

IMG_5993

日本昔話に出てくるような風景に囲まれた静かな宿、ぺっびんの湯。

IMG_5992

泉質は東北では最高の強アルカリの湯で、入るとお肌がつるつる、すべすべ、べっぴんになれる温泉です。

今回はお食事券や個室も用意していただいたので

ゆっくりと過ごせます。

 

 

プレゼント応募方法

希望の商品に『べっぴんの湯入浴券』 と明記して

①ラジオネーム

②お名前(本名)←住所が記載されていても本名がないとプレゼントが

            当たっても発送ができません。ご記入お願いいたします。

③住所・電話番号

④番組へのメッセージを添えてご応募ください。←これ大事ww

 

 

 ※RNだけですと発送ができませんので本名も忘れずにお書きください。

名前がなくて抽選外なんて、悲しいわ。。。

 

あて先

ハガキ 〒028-0061 久慈市中央2-14 エフエム岩手久慈支局 まで

FAX  0194-75-3161

メールの方はこちらからどうぞ→*プレゼント応募フォーム*

 

 

*ちー*
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

*拠点機能形成車両 配備式*

2月25日水曜日 久慈広域連合消防本部に

大型エアテント3張りなど後方支援資機材を積載した消防車両

「拠点機能形成車両」 が配備されました!!!

 

IMG_5384

*拠点機能形成車両*

 

東日本大震災では約11万人の緊急消防援助隊員の方々が被災地で活動されましたが

「拠点機能形成車両」はその活動を支援するものなんです。

全長12メートル、幅約2・5メートル、高さ約3・6メートル

かなり大きな車両で実際に見るとなりの迫力があります。

 

 

内部

 内部はこんな感じ。

荷室が右側に約2・1メートルせり出し、指揮本部や休憩所に活用できます!!

 

 

コンテナ

 

  大・小様々なコンテナに、配備されたものが入っています。

 

いくつか例を挙げると

大型エアテント

 

P1000728

 隊員の休憩所となる *大型エアテント*

東日本大震災の時も緊急消防援助隊員のみなさんが各自テントをもって応援に来てくれたそうですが、

3月の東北は低温・降雪・強風といった過酷な気象状況で

実際は空いている体育館で寝泊まりをしていただいたそうです。

また津波浸水地域での厳しい活動など隊員が激しく疲弊していました。

このテントはその反省を生かして、そんな場合にも対応できる能力があるそうです。

 

浄水器

 

浄水器

 

 

 

 

 

P1000743

 

 

 

 

 

コンプレッサーユニット

 

P1000732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1000733

 

 

 

 

 

 

 

他にも

P1000737

TV、PC、プリンター、衛星携帯電話、プロジェクター、トランシーバーなど

本当に様々!!これでもまだ1部です。

 

 しかもこの車両、全国9消防本部に配備、そして東北では初の配備なんだそうです。

消防には様々な機能の車両があります。

この車両は東日本大震災で残った課題や反省点を踏まえて開発されたもの。

それが東北唯一、久慈にある。ということ。

 

平時は久慈広域連合消防本部に、

久慈広域の災害発生時での活用やまた、日本で大規模災害が起きた場合も

被災地で緊急消防援助隊の活動に使われます。

 

災害が起きないことが一番。

ですが、自然の大きな力には私たちは無力で、いつなにが起こるかわかりません。

そんな場合に備えて、この車両の存在は私たちにとっても、消防隊の皆さんにとってもすごく心強いですね。

 

P1000748

 

*日々訓練に励んでいる消防隊のみなさん*

ありがとうございます。

 

もうすぐ東日本大震災から丸4年。

私たちも、いまいちど日ごろの備えの確認などしっかりしておきましょう。

 

*ちー*