エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

くじぃくじ~くvol.194

6月16日 194回目の放送でした。

P1030404

 

 

 

 

 

 

放送日前日、日本代表が熱い戦いを繰り広げる中、久慈市では東北唯一の闘牛大会

「平庭闘牛大会つつじ場所」が行われました。

24頭、12の取り組みが行われ、多くの闘牛ファンを魅了しました

つつじ場所1

 

 

 

 

 

そして今年のつつじ場所で1頭の闘牛が平庭闘牛場を去りました

平成18年から平庭闘牛大会をけん引してきた「平庭嵐」

つつじ場所2

 

 

 

 

 

年齢は17歳、人間にすると70歳近い高齢で、年とともにオーラが減ってきたということですが、

これまでの戦いで角を突き合わせることなく睨みを聞かせて勝負とつけたこともある平庭嵐は

当日闘牛場内で若い牛を睨み付け、戦い方を教える場面もありました。

12の取り組みがおこなわれた今年のつつじ場所、どの取り組みもよかったですが、

その日一番の拍手は平庭嵐に送られました。

 

このほか道の駅くじ・やませ土風館にあるくんのこスタジオからは

郷土料理伝承会について紹介しました。

郷土料理伝承会は久慈東高校の授業の一環で行われているもので食の匠が郷土料理を伝えつものです

今回高校生たちに伝えられたのは洋野町種市角浜地区の「鯨汁」

くじら汁1

 

 

 

 

 

料理を教えてくれたのは食の匠の小向弘子さん

くじら汁2

 

 

 

 

 

鯨の本皮をつかった鯨汁、昭和40年代半ばごろまでは頻繁に食されていたそうですが、最近はあまり食べる機会が少なくなってきた幻の料理なんだそうです

料理を教えてもらった高校生たちは「家族に作って食べさせたい」と言っていました

大事な郷土料理、絶やすことなく伝え広げていきたいですね。

◆0616O.Aリスト◆

○Fantasista / Dragon Ash

○太陽と花 / 高橋優

○ラブノーツ / ゴスペラーズ

○万華鏡 / ゆげみわこ

◎ヤエ◎

 

 

 

Comments are closed.