エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for 1月 28th, 2014

あたたかい寄付

1月28日、久慈市に「震災復興に!」と寄付がよせられました

寄付をしたのは久慈市内にある建設業の株式会社小山組。

昭和19年に創業した小山組。今年で創立70周年の節目として700万円を寄付

IMG_1020

山内市長に目録を手渡した小山組の小山茂社長は「創業からこれまでこれたのは市長はじめ多くの市民の

皆さんのおかげ。震災の復興支援に使ってほしい」と話しました。

目録を受け取った山内市長は「東日本大震災でも小山組さんは被害を受けられた。それを乗り越えて久慈市はじめ広域に力を尽くしてもらっている。その上での寄付。これから様々な事業で財源が必要になってくる。復興にあててほしい、その趣旨にそうように使わせていただきたい」と語りました。

行政とともに震災からの復興を担ってきた建設業界。山内市長と小山社長は

『明るい市の展望を信じて頑張っていきたい』と誓い合いました。

◎ヤエ◎

 

 

0127O.Aリスト

1月27日、1月最後のくじぃくじ~くは174回目の放送でした

0127-1

道の駅くじ・やませ土風館にある「くんのこスタジオ」にはゲストをお招きしました

毎月、最終週にお送りしてきた「もぐらんぴあタイム!」

もぐらんぴあ・まちなか水族館から関合雅敬さん

0127-2

そして中屋敷美雪さんのお二人におこしいただきました

0127-3

お二人からはまちなか水族館で開催された新春企画展の賑わいのほか、1月8日に水族館に展示しているオオカミウオの水槽で発見された「エダアシクラゲ」について紹介してしてもらいました。

そしてリスナーの方から寄せられた質問に答えてもらう「おしえてもぐらんぴあ」では

『魚がストレスを感じない水槽の大きさはありますか?』との質問に

「アジなどのように常に泳いでいる魚であれば少なくとも魚の体長の10倍くらいは必要。

 大きければ大きいほど良いが、ハゼやカサゴなどじっとしていることが多い魚にとっては

 大きさよりも隠れる場所や落ち着く場所があるとよい」とのことでした。

ちなみに、さかなクンから届いた大きな水槽には久慈の海の魚でインパクトのあるものを入れたいそうです。

まちなか水族館の入口にドーンとある水槽なので楽しみです!

☆まちなか水族館の最新情報☆

月替わりで生き物を紹介しているチェンジ水槽。2月は「さかさま」がテーマ

サカサナマズとサカサクラゲを展示するそうです

また今年に入ってからミズクラゲの赤ちゃんがたくさん生まれているそうです。

成長が速いので赤ちゃんクラゲを早く見にきて下さい!

 

◆0127O.Aリスト◆

●アイ アム ア ヒーロー / STEREOPONY

●ニューピース / ホフディラン

●ビールとプリン / レミオロメン

●氷の花 / ゴスペラーズ

●Hey Mr.DJ / Zhane

◎ヤエ◎