エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for 10月 9th, 2013

*10月のリスナープレゼント*

やってきました~食欲の秋~♫

みなさんこちら食べそびれてないですか~~??

ということで、、、

10月のリスナープレゼントは

パッケージ1

小袖屋さんで販売されている、「レトルトの久慈まめぶ汁」

こちらを4つセットで3名様に!!

 

そして、先日リポートでもご紹介した遠島ぴりか焼きのコーヒーカップセット

コーヒーカップ

模様

 

こちらを2名様に!!

 

応募方法は希望の商品に「まめぶ汁」または「遠島ぴりか焼き」

と明記してラジオネームのほかにお名前(本名)・住所・電話番号

番組へのメッセージを添えてご応募ください。

 

あて先

ハガキ 〒028-0061 久慈市中央2-14 エフエム岩手久慈支局 まで

FAX  0194-75-3161

メールの方はこちらからどうぞ→*プレゼント応募フォーム*

 

たくさんのご応募お待ちしています♫

 

ちー

 

*「ぐれっと!やまがた街道祭」 in2013*

久慈市山形町の秋の大イベント

「ぐれっと!山形街道祭」が今週末に開催されます(*^。^*)

 

街道祭オモテ

街道祭ウラ

 ※チラシでは出店となっていますが、今回は「そばの匠館」はお休みとなります。

 

山形町全域が会場となっており各ポイントを巡るスタンプラリー

今回は会場が15か所\(◎o◎)/!

各地域を回りながら昔懐かしいものを見たり、食べたり、

さらに秋の味覚も満喫できちゃう♫

今回はこのほかにさらにじぇじぇじぇな企画が!!

チラシにも載っていますが、「まめぶ」が各地域で食べられるのだ(@_@)!!

 

久慈市山形町の郷土料理であるまめぶ汁、地域によって味が違ったり作り方が

違うのも特徴で、今回は15会場中で7会場で各地域に伝わるまめぶ汁が食べられます!!

 

7日のリポートでは4カ所のまめぶ汁をご紹介しました。

まめぶ(川井)

 

道の駅白樺の里やまがたのある川井地区のまめぶ

汁がさらっとしていて食べやすい。まめぶも5つ入っていて

思う存分まめぶが楽しめます。

 

 

 

具材が7~8種類と多めで四角に切られています。

さつまいもやこんにゃくが入っていて子供でも食べやすいかも♫

シイタケで出汁をとっており飲んだ瞬間に口に広がるような風味があります。

形は卵型、下館さんいわく小さいころからこの形なので

卵型の理由はわからないとのこと。

 

ひのさわまめぶ

一番特徴的だったのが、ひのさわまめぶ

とろみがすごくついていて、味も甘い。こちらも具材が多め。

まめぶは楕円形で、団子の中にはクルミがびっしり!

黒砂糖は入らないとのこと。

 

今紹介しただけでもかなり味にも見た目も違います(@_@)!

街道祭の会場15か所のうち、7か所の地区でまめぶが食べられますので

この機会にぜひ山形町のまめぶをご賞味ください♫

 

まめぶのほかにも、でんがく、ほどもち、きのこに、まつたけ♡

秋の味覚も満載です!!

街道祭は2日間行われますので、思う存分満喫してね~(*^_^*)

 

ちー

◎街道祭 バッタリー村からリポ-ト◎

こんにちはー。畠山ですー!

 

今日のリポートはちーちゃんと久慈市山形町で行われる街道祭の魅力をお伝えに行きました!

 

ちーちゃんは道の駅 白樺の里 やまがた がったんごっとんスタジオから中継していましたね!

 

私は、久慈市山形町木藤古にあるバッタリー村から!街道祭の会場のひとつなんです♪

 

バッタリー村は、自然の力を生かした生活と体験を送れる村!

まずびっくりするのは、

山羊がいる!

にわとりがいる!

ということ。

柵を設けてはいますが、時間によって放し飼いをしているので、目の前で山羊が草をむしゃむしゃしているところをみることができます。

山羊もにわとりも毛並みがとってもいい!ノンストレスが生み出す美しさです♪

 

 木藤古村長

ゲストはバッタリー村の徳じぃ!

 

本名は木藤古 徳一郎さんというんですが

「俺のことは徳じぃを呼んでください。皆そう呼んでるから」

ということで以下「徳じぃ」とさせていただきます♪

 

 

徳じぃは、自分の手でバッタリー村を作りました。

自然の力を生かした村を自分の手で作り、その姿から何かを学びにバッタリー村に沢山の人が。

 

 自然とともに暮らそう。

いつまでも夢を持ち続けよう。

 

徳じぃの第一目標は90歳!

それを大学生に行ったら「徳じぃ90歳で第一なの!?」と驚かれたんだとか(笑)

 

農学部の大学生や、教育や環境に携われる仕事をされている方々がよく来るというバッタリー村。

そんな方々はもちろんのことながら、もっと沢山の人に気軽に来てほしい!と目をキラキラさせながら話す徳じぃ。

 

12・13日の街道祭では、宮城県塩釜市で被災を受けたマルブン株式会社のかまぼこが焼かれ食べられるんです!

これは、海と山の交流を図った「絆市」として開催されます。

 

もちろん、バッタリー村の美味し~いほどもちも販売されます♪

 

ぜひ皆さん、秋の味覚を堪能しに、山の紅葉を観に!久慈市山形町街道祭にいらしてくださいね!

 

畠山でしたー。

バッタリー村ーー!

バッタリー村ー!

バッタリー村のコマ達♪