エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for 10月 1st, 2013

*9月プレゼント当選者*

 

おまたせしました~~❀❀

9月のリスナープレゼント当選者の発表です。

 

久慈出身の唄歌い ゆげみわこさんのデビューアルバム

「こはくうたい」5名様

*当選者*

セーチョックさん (盛岡市)

かんきちさん   (北上市)

ふうママさん   (奥州市)

きーちゃんさん  (奥州市)

まさやんさん   (二戸市)

 

上山琥珀工芸の「アマリンミサンガ」

ザッシ―さん (花巻市)

せっつさん  (花巻市)

まいまいさん (盛岡市)

あまちゃんカムバック (盛岡市)

ササキスミエさん   (奥州市)

 

 たくさんのご応募ありがとうございます。

みなさんの熱いメッセージたくさん読ませていただきました(*^。^*)

当たった方、当選おめでとう~~!!

 

*ちー*

 

 

久慈秋祭りに、能年玲奈さんと宮本信子さんがいらっしゃいました!

畠山ですー。

 

久慈秋祭り!なんといっても大きな山車が目をひく久慈のビッグイベント!

 

久慈秋祭りのお通りの日に能年玲奈さんと宮本信子さんが久慈市にいらっしゃいました!

ということで、私、インタビューしてきました!

能年玲奈さん

           

                      ♪はっぴ姿も素敵な能年玲奈さん♪

宮本信子さん 

 

                      ◎優しい笑顔が素敵な宮本信子さん◎

 

能年玲奈さんの出身地である兵庫県では、お囃子はあるものの、山車を曳くお祭りはあまりないようで、「あんな大きな山車が動いているのを見て、まさにじぇじぇじぇでした。」と目をキラキラさせながら話していました。

宮本信子さんは、「『夏ばっぱー!』『ありがとー!』という声が聞え、とてもうれしく思いました。本当に素敵なところですね」と、優しい笑顔で話していました。

能年玲奈さんは、一つ一つの言葉を丁寧に、しっかりと話してくれ、まっすぐな方だな~と思いました!宮本信子さんは、能年玲奈さんにやさしい笑顔をかけている姿がとても印象的でした!

 

久慈市はもちろん、日本中を元気にしてくれた「あまちゃん」。

お二人に久慈市という土地はどう映ったのでしょうか?(*^_^*)

先週で「あまちゃん」は終わってしまいましたが、海女の文化はこれからも続きます!

来年の海女素潜り実演も、楽しみですね♪

 

畠山でしたー♪

 

~久慈市山根町・遠島ぴりか焼き~

こんにちはー。畠山ですー。

 

今週のリポートは、私の故郷・久慈市山根六郷からのリポート(*^_^*)

 

遠島ものづくり工房にお邪魔しましたー!

 

ゲストは、栗沢 獏さん。

 

「遠島ぴりか焼」という焼き物を焼いていらっしゃいます。

遠島ぴりか焼の遠島は、久慈市でもっとも高い山、遠島山から。

ぴりかは、アイヌ語で「美しい」「可愛い」という意味。

 

北海道出身の栗沢さんは、20代の頃バイクで通った久慈市を気に入り、数年後に野田村で働いていたそうです。

山があり、海があるなんて素敵な場所なんだろうと思ったんだとか。

 

知り合いから「焼きものやってみるか?」と言われたのがきっかけで、焼きものの勉強を始め、遠島ぴりか焼をつくりました。

 

ぴりか焼だけではなく、他にも様々な取り組みをされており、「皆が気軽にものを作れる環境を作りたい」という気持ちで、3年前に「遠島ものづくり工房」を作りました。

 

毎月第三土曜・日曜はまちなか水族館で、ぴりか焼体験教室もされています!

「教室と言っても、あえて形の作り方などは教えていない。子どもが自分で手で触って、どうしたら形になるのか考えることが貴重な経験になる」と話す栗沢さん。

確かか・不確かかも分からない情報が溢れている現代で、こどもたちが一つのものに対して真っ向から向き合う姿が減ったのではないかと心配していた栗沢さんが、遠島ぴりか焼体験を通して伝えることは子どもにとって大きな財産になると思います。

 

栗沢さん、とても多趣味で、鳥人間コンテストという大会にも出場したことがあるんです!

元々大学の航空学科で勉強していた栗沢さんは空に対するあこがれが強く、仲間とともに翼の設計もされていたようです。

 

ということで「遠島ものづくり工房」では、翼を作れるような広い場所もありますので皆さんお越しください!

その他にも染め者・絵画など、「ものづくり」に関わるものなら工房を貸し出すことができるので、

「作りたいけど場所がない」

「じっくり物事を考えたい」

「焼きものの製作場を見てみたい!」

という全ての方!遠島ものづくり工房を利用してみてはいかがでしょうか?(*^_^*)

遠島ものづくり工房

 栗沢さんのHPもご覧ください♪

 

畠山。

0930OA.リスト

9月30日 9月最後の放送

くじぃくじ~くは157回目の放送でした!

DSC_2588

スタジオゲストにはもぐらんぴあまちなか水族館から

日當春樹さん

DSC_2595

そして広崎真樹さん

DSC_2596

飼育担当のお二人に来ていただきました

もぐらんぴあまちなか水族館の9月の来館者が久慈秋まつりの3日間だけで8241人の方が来られたそうです

しかも、お祭りの最終日だけで4593人もの方が来たということですからすごいですね~

さらにその日はクラゲの専門家「クラゲマイスター」のかたが来られて、クラゲに触る体験やクラゲについての詳しい説明もあったようです

自分は久慈秋まつりの山車組「に組」の一員として祭りに参加していたので、クラゲマイスターの話を聞けませんでしたが

来館されたお客さんからは大好評だったようです!

 

もぐらんぴあまちなか水族館の最新情報を届ける「もぐらんぴあタイム!」

恒例の質問コーナーではリスナーから寄せられた質問に答えていただきました

今回はラジオネーム「メロン大好き」さんからの質問

『夏と冬では魚などの食べ物は違うんですか?』という質問でした

答えは

水族館で飼育している魚は年間通して安定して餌を食べれる。スーパーなどで各地の旬な魚を飼うことができ保存できるからだそうです

そして水族館でエサとして与えるものは主にカツオ・アサリ・エビ・オキアミ・イカなどだそうです。

自然界では季節があるので普段は海藻を食べる魚が、海藻が少なくなる時期には小魚やエビなどを食べるようになるそうです

草食から肉食に変わりまた時期が来れば草食にもどるんですね~

 

そしてまちなか水族館の10月のイベント情報!

まず毎月チェンジ水槽は「かわいいフグの赤ちゃん」

小袖の海でとってきた2センチほどのかわいいフグの赤ちゃんです

10月13日(日)には歌の会による「まちなか復興応援歌声ショーを開催

時間は午後2時から4時までです

 

今回の放送ではドラマあまちゃんが最終回を迎えたこともあってたくさんのメッセージをいただきました。ありがとうございました!

あまちゃんは終わってしましましたが、まだまだ久慈の賑わい・盛り上がりは続きます。

そしてくじぃくじ~くも続きますので、皆さんこれからも聴いてくださいね~

 

◆0930OA.リスト◆

●ベイビーレイズ / ベイビーレイズ

●すみれSEPTEMBER LOVE / 一風堂

●Smile In Your Face / Boo feat.MURO

●The sign / Ace of Base

◎ヤエ◎