エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

すんごく んめぇな~!

23日に行われた、道の駅 のだ ぱぁぷる での やませの郷 食の技研究会 ~伝えたい久慈の味~郷土料理レシピ集発表会に、私、畠山泉が参加してきました!!

食の匠に認定された方から、郷土料理レシピが受け継がれるこの発表会。

郷土料理には「味が濃い」「美味しくない」「保存食」

というイメージを持たれている方も少なくないのでは??

 

そんなことないんです!!!

とっても美味しくて懐かしい味がするんですね、郷土料理って!

 

出身が内陸の私の郷土料理は、ひっつみなんですが…(ちなみにひっつみ大好き(*^^*

久慈市の郷土料理は、豪華!(笑)海の幸が満載!

どの料理も本当に美味しくてびっくりしました!!(笑)

参加者の方々も最初の緊張感がほぐれ、絶品に笑みがこぼれております。♪~

 

↑こちらが食の匠の活動内容・料理の説明を聞く、参加者の皆さん。真剣です。

↑一品一品食の匠の思いがこもった料理に舌鼓♪ 

↑この絶品を作り上げた食の匠たち♪

インタビュー

 

豆腐作りをする祖母は、私が遊びにいくときは必ず、田楽とくるみもちを作って迎えてくれていました。

父はその豆腐を食べながら「この豆腐を食べに俺は、ここに戻ってくるんだ。これでおれは育ったんだ」とよく話していました。

父の姉妹・兄弟も関東で働いている人もいるのですが、おぼんには皆久慈市に集まります。

そして皆で、あ~でもないこ~でもないといいながら、火を囲み、味噌を塗った豆腐をひっくり返し、熱々の田楽を食べながら話をしています。

小さい頃の私には聞き取れない久慈のなまり。田舎もんと馬鹿にされないように普段は標準語を話すんだ!と言っていた父も、この時ばかりは何話しているのか分からないほどなまりますが、どっと沸く笑いを聞くと、とても安心したのを覚えています笑

 

 郷土料理は、扇子の軸。

レシピ集をいただいたので、それを見て作ってみるのももちろんいいと思いますが、贅沢を言えば、食の匠に直接伝授していただきたいですね!!

 

28日の放送ではうきうき団子をつくってみました!!!美味しかったです(笑)

 

その様子は次回☆

インタビューの様子はユーストリームで動画配信もしていますので、ぜひともご覧ください(^ロ^*

 

泉でした~!

Comments are closed.