エフエム岩手 | 番組サイト | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」 | 久慈市 ふるさと元気隊 「くじぃくじ~く」ブログ

Archive for 1月 29th, 2013

*道の駅白樺の里やまがたインフォメーション*

どうも~♪  ちーチャンこと水上千穂です(*^。^*)

道の駅白樺の里やまがたの情報をお届けする『道の駅白樺の里やまがたインフォメーション』

 

1月28日、今年1回目(^ム^)!!ということで気分新たに、BGMをチェンジしてさらにタイトルコールもつけました。

 

『道の駅白樺の里インフォメーション』と元気よく言ってくれたのはこちらの方々です。

道の駅観光物産コーディネート畜産物消費向上PRのお仕事をしている皆さんです。

新商品の開発や短角牛のPRイベント出店のお手伝いをしており、私もくじ冬の市で何度かお会いしたことがあります(゜-゜)みなさんとても気さくで話しやすく仕事熱心!!

 

さ・ら・に、賑やかになった道の駅白樺の里やまがた、通商『ガタコンサライ』から電話で柳久保ちえこさんにお話しお伺いいたしました~。

 

この日の久慈市山形町は晴れていて、気温も-1℃ではありましたが最近に比べたら暖かい方、、、しかしやはり山に囲まれていますから雪はやはり久慈よりは降ったようで(@_@;)除雪車の皆さんにとても感謝されていたようでした。

 

さて今月の5日・6日には新春うめ~もんお振舞が開催されたくさんの方々で賑わったようです。しみどうふの入ったべこ汁は大人から子供まで大人気!!くじ冬の市や各種イベントでもお振舞されることが多いので見かけた際はみなさんぜひ食べてみてください♪

 

そして1月も後半、産直にはほしな」(干した大根の葉っぱ)人気の城内パン」そしてとっても気になったのが「山菜の塩漬け」去年採れたものを塩漬けにしたもので保存食に最適です。塩を抜く際は「熱湯をかける」と簡単に抜けるそうでプチ料理情報も聞けました♪

 

また道の駅白樺の里やまがたは産直だけでなく民芸品もたくさん置いてあります。

 

 

 

道の駅白樺の里やまがたは久慈市と盛岡市をつなぐ国道281号線沿い緑色のガタコンの卵が目印。お近くにお越しの際・お通りの際はぜひお立ち寄りください(^_-)-☆

 

*ちー*

 

 

 

0128OAリスト

1月28日 くじぃくじ~く122回目の放送でした

今回はスタジオには「もぐらんぴあタイム」のゲストに

もぐらんぴあのスタッフ中屋敷美雪さんと熊谷寿子さんのを二人にお越しいただきました。

もぐらんぴあまちなか水族館は人気ですね~

昨年12月の入館者が一昨年の12月を上回ったそうです。さらに来年度もまちなか水族館は継続!

身近な水族館として久慈市民に愛されてますからね~。うれしいです!

そして恒例の質問コーナー「お・し・え・て もぐらんぴあ」では

RNあきちゅんさんから「なぜ深海魚はあの暗闇の中を泳げるのですか?暗闇の中を泳ぐことができるように目は進化したんですか?」という質問

Q.暗闇の中で泳げるように、わずかな光を見つけられるように特殊な目に進化

一般的に推進200mより深い魚を深海魚と言うそうです。知らなかった~

RNアバラーさんから「なんでウロコのある魚と無い魚がいるんですか?」

Q.ウロコは外敵などから体を守る働きがある。また、ケガをしたり病気になりにくくする役目を持っている。

ウロコの無い魚は、皮膚を厚くしたり、体表の粘液を多くしたりしている

ウナギなんかがそうですね。あのヌルヌルは体を守るためのもの。場所や環境に順応してウロコが有る無いにわかれているんですね~

●もぐらんぴあまちなか水族館最新情報

毎月チェンジ水槽2月は「背負っているものが変なヤドカリ」

桃の節句「ふな祭り」展 2月19日~3月10日まで開催

3月2日と3日の2日間はもぐちゃんのお内裏様とアマリンのお雛様も登場します

 

くんのこスタジオにはもぐちゃんも遊びに来てくれました。一緒に写っているリポーターのいっちゃんは「市日」をリポート。久慈市では3と8が付く日は市日「まぢの日」。朝早くからスタジオのある土風館近くの市日通りで開催している市の様子を伝えてくれました。

このほか、月に一度久慈市山形町の季節の便りを届ける「道の駅白樺の里やまがたインフォメーション」では、スタッフの柳久保ちえこさんと電話をつないで山形町の「今」を伝えていただきました。

さらに今回は「いっちゃんのクッキングターイム!」(郷土料理編)

ということで、リポートから帰ってきたいっちゃんが郷土料理「ウキウキだんご」にチャレンジ

完成したうきうきだんごを試食。

ちーちゃんは「思ってたより美味しい」の一言。作っている姿を見ていったいどう思っていたんだろう・・・

 

0128OAリスト

●Rocket Dive / hide

●No Limit / 2Unlimited

●ばら色の雲 / ヴィレッジ・シンガーズ

●小さな恋の歌 / モンゴル800

●野菜占い / AKB48

●You’re the only / 小野正利

 

リクエスト・メッセージはここ

◎ヤエ◎

 

 

 

 

 

 

 

名前募集してます!

くじぃくじ~く放送から120回を越えてようやく番組キャラクターができました。

デザインは、以前番組でも紹介した久慈高校の小室好さん

小室さんは昨年行われた「いわてマンガ大賞」のU-20部門の金賞を受賞した方です。

その小室さんに無理言ってくじぃくじ~くのキャラクターをデザインしていただきました。

久慈市山形町の珍獣ガタゴン+恐竜をベースに、琥珀のトサカと、しっぽにはウニ。

久慈らしさが出ているキャラクターですよね~~

 

そこで、この新キャラクターの名前を皆さんから募集しまーす!

素敵な名前を思いついた方は番組の「リクエスト・メッセージフォーム」から送ってください。

よろしくお願いしま~す。

◎ヤエ◎

 

 

 

すんごく んめぇな~!

23日に行われた、道の駅 のだ ぱぁぷる での やませの郷 食の技研究会 ~伝えたい久慈の味~郷土料理レシピ集発表会に、私、畠山泉が参加してきました!!

食の匠に認定された方から、郷土料理レシピが受け継がれるこの発表会。

郷土料理には「味が濃い」「美味しくない」「保存食」

というイメージを持たれている方も少なくないのでは??

 

そんなことないんです!!!

とっても美味しくて懐かしい味がするんですね、郷土料理って!

 

出身が内陸の私の郷土料理は、ひっつみなんですが…(ちなみにひっつみ大好き(*^^*

久慈市の郷土料理は、豪華!(笑)海の幸が満載!

どの料理も本当に美味しくてびっくりしました!!(笑)

参加者の方々も最初の緊張感がほぐれ、絶品に笑みがこぼれております。♪~

 

↑こちらが食の匠の活動内容・料理の説明を聞く、参加者の皆さん。真剣です。

↑一品一品食の匠の思いがこもった料理に舌鼓♪ 

↑この絶品を作り上げた食の匠たち♪

インタビュー

 

豆腐作りをする祖母は、私が遊びにいくときは必ず、田楽とくるみもちを作って迎えてくれていました。

父はその豆腐を食べながら「この豆腐を食べに俺は、ここに戻ってくるんだ。これでおれは育ったんだ」とよく話していました。

父の姉妹・兄弟も関東で働いている人もいるのですが、おぼんには皆久慈市に集まります。

そして皆で、あ~でもないこ~でもないといいながら、火を囲み、味噌を塗った豆腐をひっくり返し、熱々の田楽を食べながら話をしています。

小さい頃の私には聞き取れない久慈のなまり。田舎もんと馬鹿にされないように普段は標準語を話すんだ!と言っていた父も、この時ばかりは何話しているのか分からないほどなまりますが、どっと沸く笑いを聞くと、とても安心したのを覚えています笑

 

 郷土料理は、扇子の軸。

レシピ集をいただいたので、それを見て作ってみるのももちろんいいと思いますが、贅沢を言えば、食の匠に直接伝授していただきたいですね!!

 

28日の放送ではうきうき団子をつくってみました!!!美味しかったです(笑)

 

その様子は次回☆

インタビューの様子はユーストリームで動画配信もしていますので、ぜひともご覧ください(^ロ^*

 

泉でした~!