エフエム岩手 | 番組サイト | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」 | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」

Archive for 2月, 2020

2020年2月28日~第346回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました。放送後1週間以内であれば、ラジコで放送を再度お聴きいただくできます。聴き逃した方は、どうぞラジコでお楽しみください。

(➡radiko.jpから「いちのへドッキドキFM」と検索)


~今日の放送でお届けした内容~


 🎤スタジオゲスト🎤

   一戸町でなぎなたを教えている

一戸町教育委員会 生涯学習課 🎤西村美香さん

一戸町が なぎなた競技に取り組むようになって約10年

詳しい内容はココから


中継   学校法人カナン学園・三愛学舎 から 

副校長 岩崎 崇先生にお聞きしました。

詳しくはコチラ


🍅一戸夢ファーム🍅 農業研修生を募集中 

農業の担い手を育成する一戸夢ファームでは、現在農業研修生を募集しています!

 🍅一戸夢ファーム卒業生 女鹿口幸成さん 

 詳しくはコチラ

「一戸の言葉」

♦ すかへる ・・「教える」

♦ よここんび ・・「頭の横のところ」


  オンエアリスト ♬ 

♪1 ビスケット / YUKI

♪2 アンダースタンド / ASIAN KUNGU-FU GENERATION

♬R.N マシマロママさんからのリクエスト

♪3 青空 / aiko

♬R.N 岩手まちこさんからのリクエスト

😃リクエストありがとうございます(*^-^*)


来週のメッセージテーマ

   「旅」です!

来週の金曜日3月6日は、日本航空の世界一周西回り路線が営業を開始したことに由来し「世界一周記念日」とされているそうです。・・・そこで来週のメッセージテーマは、

「旅」とします! ・・・あなたはどこ行きたい? 思い出の旅は?

メッセージお待ちしています。

テーマ以外のメッセージも!お待ちしています(*’ω’*)

メッセージ・♫リクエストはココから

 🎁プレゼント情報🎁 

 2月のリスナープレゼント・・・  

   奥中山高原農協乳業株式会社ご提供

「いわて奥中山高原ジャージーヨーグルト」 3名様にプレゼント!

 😃プレゼントの応募方法など 詳しくはココをクリック

 

カナン学園・三愛学舎

2月28日中継 於:三愛学舎 with 岩崎 崇(たかし)副校長

 

きょうは、IGR奥中山高原駅から北東に歩いて20分、

 学校法人カナン学園・三愛学舎 から中継しました。

学校の外観は、オフホワイトの壁にえんじ色の屋根、平屋建てのアットホームな雰囲気です。

副校長の 岩崎 崇(たかし)先生にお話しをお聞きしました。

〇はじめに、三愛学舎とはどんな学校でしょうか。

一戸町にあり、知的障がい等がある生徒が学ぶ 高等部単独の特別支援学校です。

 

〇高等部、ということは、中学校課程を卒業した生徒さんたちの学校ですね。

本科3年・専攻科2年で、各学年の定員は15人

16歳から20歳まで5年間の青年期教育を行っている学校です。

 

〇三愛学舎の創立はいつでしょうか。

1978年 三愛学舎養護学校として開校、岩手町の御堂の仮校舎で始まりました。

1980年 現在地に新校舎が落成、移転しました。

1996年 本科3年修了後の専攻科2年を設置しました。

そして2017年 創立40周年を迎えました。

 

〇学校名の三愛とは、三つの愛と書きますが、学校の理念・教育目標は。

キリスト教精神に基づいて、神を愛し、人を愛し、土を愛する、という三愛精神を教育の柱

にしています。土を愛するとは、衣・食・住など生活のよりどころであると考えます。

互いに尊重しつつ、やがて自らの手で労働し、生活していくことへ向けて、教育の充実を図っています。

   生徒による学校紹介

〇生徒さんが楽しそうに話しながら、パソコンに向かって勉強している姿や、

隣の部屋では調理実習をしていたのを拝見しましたが、

具体的には毎日どんなカリキュラムで学んでいるんでしょうか。

   小教室

本科は1年・2年・3年それぞれのクラスで、いくつかのグループに分かれて、

交代で毎日自分たちのクラスの昼食を作ります。調理室もそれぞれにあります。

職員と一緒に献立を考えて、自分たちで歩いて買い物に行き、自分たちで調理します。

その他、音楽は、合唱、合奏、太鼓があり、太鼓は開校以来続いていて伝統になっています。

体育は、冬にはクロスカントリースキーを行います。

 

また、喜びをもって自己表現できるように、芸術に力を入れていて、

談話コーナーや講堂などに生徒の作品を飾っています。絵の表現や、刺繍の作品も見事です。

さらに、午後には作業学習の時間があり、

作物を作る園芸科、縫物を行う縫工科などがあります。

園芸科で育てた花や作物は、近くの産直で販売していますし、自分たちの調理にも使っています。

   修学旅行

生徒さんが笑顔ですし、作品が展示されたりするのは自信になりますね。

将来、自立した生活ができるように、きめ細かに考えられたカリキュラムだと思います。

 

〇本科3年を修了して専攻科に上がると、どんなことをするのでしょうか。

 

専攻科は、本科で学んだことを基にして、生徒本人が望む暮らしが実現できるように、

社会生活への移行の時期となります。

   実習計画

本科で行っていた調理学習はなくなり、作業の時間が増え、職場実習を行います。

専攻科の2年をかけて、生徒自身が何をしたいのか見つけ出し、一緒に考えていきます。

 

〇生徒さんたちの成長をどのように感じていらっしゃいますか。

 

たくさんエピソードはありますが…

2月7・8日に、本科3年生が卒業展を、奥中山公民館で開催しました。

3年間の集大成として、時間をかけじっくり取り組んできた絵画や工作などの作品を

展示しました。家族のほか、地元奥中山の多くの人が見に来られました。

制作の様子から見てきましたが、一人一人の成長を感じることができました。

卒業後も継続して表現活動を楽しんでいる生徒がたくさんいます。

先日、芸術作品の公募展である、いわてきららアートコレクションが開催されましたが、

本校の卒業生の作品が多数あり、生涯学習につながっていると嬉しく思いました。

 

また、専攻科2年生は、もう少しで卒業となります。

入学したばかりの5年前はお互いのことを知らず、トラブルになることもありましたが、

5年間苦楽を共にすることで、お互いのことが分かり、あうんの呼吸で、

教職員以上につながり合っていて、すごいなと思いました。

〇ところで新聞にも載りましたが、

2月19日、天皇陛下からの御下賜金(ごかしきん)の伝達式がありました。

御下賜とは、下に賜る(たまわる)と書いて、天皇陛下から寄付金をいただいた

ということですが、どんなことが評価されたのでしょうか。

 

まずは、栄誉ある賞をいただきましたことに心より感謝申し上げます。

全国に私立の特別支援学校が14校あります。

特色ある教育を行っていることに対して、評価いただいたと思っています。

これからも、支えてくださっている皆様に感謝し、私立の特別支援学校として、

教育振興に努力していきたいです。

今後、校舎の建て替えを予定していますので、校舎の建て替えの一部として、

ご支援の一歩とさせていただきます。

 

〇これからの学園の目標は。

今も昔も変わらず、生徒一人一人を大切にし、一緒に学び合う姿勢を大切にしていきたいです。

 

ありがとうございました。

 

なぎなた普及について

 

スタジオゲスト

一戸町でなぎなたを教えている

一戸町教育委員会 生涯学習課 🎤西村美香さん

 

一戸町が なぎなた競技に取り組むようになって約10年

今年度も、国体・ジュニアオリンピック大会そのほかの全国大会において、大学生・小・中・高校生が優勝や入賞を果たし、なぎなたの選手が着々と育ってきています。3月には高校生達が全国高等学校なぎなた選抜大会へ出場・強化合宿に参加など予定していましたが、新型コロナウイルス関連の対応で大会等中止。

👩西村さんは、「新型コロナウイルス対応で大会などが中止になりましたが、選手たちはこの経験をバネに次の大会に向けて今出来ることを頑張ってほしい。」と話していました。

 

 

海外で なぎなたの魅力を伝える  オーストリア 

 

令和元年の11月に「日本・オーストリア友好150周年」記念として、友好親善と武道の国際的理解と普及振興のため日本武道代表団がオーストリアへ。 西村さんは日本武道代表団の日本なぎなた連盟として参加し、オーストリアで「なぎなた」の演武を披露。オーストリアの子供たちにもなぎなたを体験してもらったそうです。 また、現地の方々との交流会では、ドイツ語の名刺を作り一戸町の御所野遺跡のPRも。なぎなたの魅力と御所野遺跡の縄文文化もアピールした西村さんです。

 

 

 

そうだ! 薙刀を始めてみよう!

お稽古を見学・体験もできます 

 

😃なぎなたに興味がある方・これからなぎなたをはじめてみたい方 

体験では道具を貸します。運動着など動きやすい服装でどうぞ!!

普段のお稽古で見学体験できます。お稽古の日時と場所について一度お問い合わせください。

 一戸町教育委員会 生涯学習課 ☎ 0195-33-2111 

 

※ 3/7開催予定の「一戸町なぎなた練習会」は中止です 

(新型コロナウイルス拡散防止のため)

 

一戸夢ファーム 農業研修生募集 

 

🍅一戸夢ファーム🍅 農業研修生を募集中 

 

農業の担い手を育成する一戸夢ファームでは、現在農業研修生を募集しています!

 

🍅一戸夢ファームとは?

 (株)一戸夢ファームは、主に農業の担い手育成を目的に、平成25年に設立。 新しく農業を始めたい人・農業の後継者を目指す人たちが、将来独り立ちできるように、農業に関する知識や技術を2年間学ぶ研修機関です。

 

 🍅一戸夢ファーム卒業生 女鹿口幸成さん 

平成27年に夫婦で農業をstart! 今は菌床しいたけ、夏はレタス・ピーマンを育てています。菌床しいたけを1日に200~300キロ出荷! 生産を計画し、忙しい日々の中でも子供や家族との時間を作っています。

 

 女鹿口さんの一戸就農ストーリーはココから 

 

👨女鹿口さんは、「個人としては、会社組織にして農業に取り組みたい。また、若い人たちが農業の魅力に触れる機会を作り、若い人たちと一緒に農業をやっていきたい。」と話していました。

 

😃一戸夢ファームで実践的な農作業の方法や農業経営についてもしっかり学んだことが、今の女鹿口さんに繋がっています。取材していても、生き生きとしている女鹿口さんの表情が印象的でした。

 

 

🍅一戸夢ファームは、これから農業を始めたい方にとって、

心強い味方になってくれます 

 

 農業に関する知識や技術ついての研修と、研修生への支援として「国の青年就農給付金」(年額150万円)を一定条件で受けることができます。また、施設の整備・資金面での相談・農地の斡旋など、一戸夢ファームと一戸町がサポートしてくれます。

これから一戸町で農業を始めたい方、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

 


㈱一戸夢ファーム 農業研修生 募集について

詳しくは➡ 夢ファームHP   募集要項

お問い合わせ➡ 一戸町農林課 農業振興係  ☎ 0195-33-2111

😉興味のある方はお気軽にお問い合わせください! 

2020年2月21日~第345回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました。放送後1週間以内であれば、ラジコで放送を再度お聴きいただくできます。聴き逃した方は、どうぞラジコでお楽しみください。

(➡radiko.jpから「いちのへドッキドキFM」と検索)


~今日の放送でお届けした内容~


 「御所野縄文博物館 調査成果発表会」について 

スタジオゲストは 御所野縄文博物館の🎤鈴木雪野さん

 

23日(日)に開催される

「令和元年度御所野縄文博物館調査成果発表会」を紹介して頂きました!

 

この調査成果発表会では、町内の小学生高校生の学習活動の発表・講演会・鳥越地区の発掘調査成果速報・博物館の調査研究活動紹介などが行われます。

 

調査成果発表会の詳しい内容について ➡ココをクリック

御所野縄文博物館HP

 


中継   日本ソーイング・岩手工場 から 

遠藤正弘さん林下雅由美さんにお聞きしました。

北いわて 学生デザインファッションショー 

詳しくはコチラ


 多世代交流カフェ *まるっと*

奥中山の「気まぐれ工房 め~め~亭」で、2月21日『多世代交流カフェ*まるっと*』開催

 

「気まぐれ工房 🐑め~め~亭」 🎤戸田睦子さんに伺ってきました!  

 詳しくはコチラ

「一戸の言葉」

♦ えへる ・・「怒る・癇癪をおこす」

♦ もやった ・・「気が進まない・面倒くさい」


  オンエアリスト ♬ 

♪1 くじら12号 / JUDY AND MARY

♬R.N さんのリクエスト 

♪2 パプリカ / 米津玄師

♬R.N りんごちゃんさんからのリクエスト

♪3 GIFT / Mr.Children

♬R.N くずまきかず子さんからのリクエスト

😃リクエストありがとうございます(*^-^*)


来週のメッセージテーマ

   「間食」です!

来週の金曜日2月28日は、ビスケットの日。🍪 あなたの好きなビスケットはなあに?ビスケットとクッキーってどう違うの?甘いものならなんだっていいわ。いや、甘いのはあかん、しょっぱいのがいい。えっ、しょっぱいビスケットってあり?・・・要するに、三度のご飯ではないけど食べたいもの。食べちゃうもの。やめられない?もの。・・・そこで来週のメッセージテーマは、

「間食」とします!

メッセージお待ちしています。

テーマ以外のメッセージも!お待ちしています(*’ω’*)

メッセージ・♫リクエストはココから

 🎁プレゼント情報🎁 

 2月のリスナープレゼント・・・  

   奥中山高原農協乳業株式会社ご提供

「いわて奥中山高原ジャージーヨーグルト」 3名様にプレゼント!

 😃プレゼントの応募方法など 詳しくはココをクリック

 

日本ソーイング(株)岩手工場

2月21日中継 於:日本ソーイング(株)岩手工場 with 遠藤正弘さん、林下まゆみさん

 

みなさんは北いわてでアパレル産業が盛んなこと、ご存知でしたか。

きょうは、一戸インターから国道4号線を北に約3分、とんがり屋根の塔がある白い工場、

「日本ソーイング株式会社」からの中継でした。

じつはこの会社、あさって二戸市民文化会館大ホールで開かれる

「北いわて学生デザインファッションショー」に参加する企業のひとつなんです。

 

「日本ソーイング(株)」東北事業部長の、遠藤正弘さんにお話しを伺いました。

日本ソーイング(株)岩手工場は、紳士服の老舗・銀座 山形屋の縫製部門の子会社として、

平成元年3月1日に、ここ一戸町で操業を開始しました。

日本ソーインググループには、他に北海道や福岡県にも工場がありますが、

岩手工場の生産が一番多くなっています。

〇銀座の老舗のオーダーメイドを一戸町で作っているんですか。ちょっとびっくり。

従業員は現在は180人。

縫製工場というと女性の職場と思われるかもしれませんが、男性も25人います。

 

生産ラインの中心は、紳士イージーオーダースーツ レディースパターンオーダースーツ ジャケット・パンツ・スカート・ワンピース・アンサンブル・ブラウス・コートなどです。

いわゆる既製品・量産品ではなくて、オーダーメイドですね。

1着1着生地もサイズも違うスーツを、この工場ではどれくらい生産しているのかというと、

ジャケット・上着ベースで1日230着、1年では約6万着です。

 

〇仕事が速いプロの職人が揃っているんですね。

それにしても1日に230着。

色も柄もサイズも違うオーダースーツですから、生地の種類も相当あります。

メンズ300色、ジャケット100色、レディース100色。選択肢が広いんです。

さらに、ウールに撥水加工を施しています。裏地にもこだわっていますよー!

見た目の美しさはもちろんですが、いい生地のスーツは着心地が違います。

その信用があるから、1年に6万着もの注文があるんでしょうね。

 

さて、2月23日に開かれる、「北いわて学生デザインファッションショー」に、

日本ソーイングさんの製品も紹介しますし、

社員・林下雅由美(まゆみ)さんがデザインし、自ら製作したドレスも披露されます。

 

林下雅由美さんのドレスです! 

淡いパステルカラーのグラデーション 雪の結晶 淡いパープル ビューティフル

まゆみさんが、このドレスを着てランウェイを歩きますよー!

 

北いわて学生 ファッションショーは、

2月23日、二戸市民文化会館大ホールで午後1時半から開かれます。

 

多世代交流カフェ*まるっと* 2/21開催

多世代交流カフェ *まるっと*

  奥中山の「気まぐれ工房 め~め~亭」で、2月21日開催

 「気まぐれ工房 🐑め~め~亭」 

🎤戸田睦子さんに伺ってきました!

 

「気まぐれ工房 め~め~亭」

去年の4月、一戸町奥中山に「気まぐれ工房 め~め~亭」がOPEN。め~め~亭では、羊毛から作ったタペストリーやアクセサリーなど羊毛製品の販売や、ぜんざいや抹茶プリンも絶品の美味しさで、くつろげるカフェでもあります。   「気まぐれ工房 め~め~亭」の紹介➡ココから

「多世代交流カフェ *まるっと*」って??

子育てのこと・介護のこと・健康のこと・暮らしの困りごとから今後の不安など・・・何でも語り合いましょうよ!子供も大人も、高齢者・社会人・学生、男女を問わず皆でワイワイと集まり語り合い、情報交換しましょう!という取組みです。 医療や福祉の専門スタッフが対応に入ります。

😃福祉の専門家の方も入って頂けるなら、チョットしたおしゃべりから次のサポートに繋がってきそうですね

  

👩戸田さんは、「皆で集まって、美味しい物を食べ、お茶っこしながら、おしゃべりをして・・・。 そういった何気ない普段の会話の中から共感が生まれ、自然に助け合いが生まれて、暮らしやすい地域をつくっていきたい。」と話していました。

 多世代交流カフェ *まるっと*

日時:2月21日(金) 午後1時30分~午後3時30分

場所:気まぐれ工房 め~め~亭 (奥中山高原駅前通り・駅から歩いて3分)

住所:一戸町中山大塚343 立花食堂向かい

お問い合わせ:一戸町社会福祉協議会 ☎0195-33-3385 

 

☕お茶やカルピスは無料ですが、抹茶プリンやぜんざい等はご本人負担です

クロスカントリースキー大会2020  

奥中山高原クロスカントリースキー大会 2020

摺糠地区特設コース by奥中山高原クラブ

 

2月16日(日)奥中山・摺糠地区特設コースで行われた第13回奥中山高原クロスカントリー大会には、県内外から小学生・中学生・一般の約170人がエントリー。競技は「個人」と、1チーム4人の「リレー」があり、白熱したレースが行われました。

会場には選手たちの家族や地区住民が大勢詰めかけ、熱い声援を送っていました!

ロカン・リレーのスタート 😆みんなーーッ がんばってぇー!

この大会は、「奥中山高原クラブ」が地域活性化を目的に手作りで運営しています。また、地元のお店から協賛を受け、地域みんなでこの大会を盛り上げていました!

 

緑の畑が雪のコースに・・・牧草やレタス・トウモロコシなど緑色の畑が、冬はクロスカントリースキーのコースになる!! しかも・・・地元の方々の手作りで!! 2週間ほど前から奥中山高原クラブのメンバーが一生懸命コース整備をしてきたそうです。

 

 

表彰式🎊 優勝おめでとう!! 左から1位・2位…

表彰式の最後には奥中山の特産品も用意した抽選会もあり、最後まで多いに盛り上がっていました。

 

😃手作りの大会、スタッフの皆さんの地域を盛り上げていこうという熱意も感じました!

スタッフの皆さま❤お疲れ様でした。

 

ちなみに…会場には奥中山の濃~いホットミルク(無料・写真は珈琲ミルク)とおでん・豚汁の販売もあり、心も体も暖まりました(*’ω’*)-☆

 

2020年2月14日~第344回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました。放送後1週間以内であれば、ラジコで放送を再度お聴きいただくできます。聴き逃した方は、どうぞラジコでお楽しみください。

(➡radiko.jpから「いちのへドッキドキFM」と検索)


~今日の放送でお届けした内容~


冬限定のコーナー⛄ WINTER LIFE

 奥中山高原クロスカントリースキー大会を主催する

『奥中山高原クラブ』をご紹介

  奥中山高原クラブ 副会長 🎤西舘達雄さん

詳しくはココから


中継   子育て支援ひろば 「のびのび」 から 

女鹿舘千副先生と 菅原省子さん・澤藤有佳さんにお聞きしました。

詳しくはコチラ


 ◆ 言の葉だより◆     ※見たい項目をクリック!!

 

🐟 氷上ワカサギ釣り 2月16日(日)シーズン終了

🍀  御所野調査成果発表会 2/23(日)開催


「一戸の言葉」

♦ とりけぇる ・・「片づける」

♦ からこしゃぐ ・・「おせっかい」


  オンエアリスト ♬ 

♪1 Bittersweet / 嵐

♬R.N あまぐりさんのリクエスト 

♪2 unlasting / LISA

♬R.N うたたねこさんからのリクエスト

♪3 決意の朝に / アクアタイムズ

♬R.N オクレイマンさんからのリクエスト

😃リクエストありがとうございます(*^-^*)


来週のメッセージテーマ

   「〇〇から学んだこと」です!

来週の金曜日2月21日は、夏目漱石の日、なんだそうです。漱石はイギリス留学経験もあり、漢詩にも通じていたと言われています。教師として、また父親として非常に厳しい人だったととも言われています。・・・そこで来週のメッセージテーマは、「〇〇から学んだこと」とします!

メッセージお待ちしています。

テーマ以外のメッセージも!お待ちしています(*’ω’*)

メッセージ・♫リクエストはココから

 🎁プレゼント情報🎁 

 2月のリスナープレゼント・・・  

   奥中山高原農協乳業株式会社ご提供

「いわて奥中山高原ジャージーヨーグルト」 3名様にプレゼント!

 😃プレゼントの応募方法など 詳しくはココをクリック

 

一戸町・子育て支援ひろば「のびのび」

2月14日 中継 於:のびのび with 女鹿舘千福先生 菅原省子(せいこ)さん

 

きょうは一戸町の地域子育て支援センター、その名も「のびのび」という、子育て支援ひろばから中継しました。場所は、一戸町役場のすぐお隣です。

東向きの広い窓から明るい日差しがあり、広さは約50畳で、

お子さんたちが走り回っても充分な空間です。

この「のびのび」で、小さいお子さんとママたちを見守っている保育士はお二人、

東野千鶴子先生と、女鹿舘千福(めがだてちふく)先生です。

女鹿舘先生にお聞きしました。

 

「のびのび」は、子育て中のお母さんと、主に3歳未満の小さいお子さんが、いつでも気軽に参加できるひろばです。お母さんだけでなく、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんもいらっしゃることがありますよ。

「のびのび」は、子どもを預ける保育園とは違って、小さいお子さんと家族が一緒に遊ぶ場所です。今日も大勢の親子が来ていますが、温かい雰囲気の中で楽しく遊んで、おしゃべりして、ママさんたちの情報交換の場にもなっています。

もともと一戸町出身でないママさんにとっては、友だちができる場でもあります。

いまは冬なので主に室内ですが、ここにあるおもちゃは何を使ってもかまいません。好きなだけ遊んで、あとは親子でお方付けしてもらいます。

先日おもちゃの消毒をしようとしたら、ママさんたちが残って手伝ってくれました。

それくらい皆さん仲良しですし、日によってはトランポリンで遊んだり、夏には水遊びもします。毎月のお誕生会もありますし、楽しい季節の行事もあります。

若いママさんたちはラインなどで情報交換が早いです。

女子会をすることもあるようで、お子さんをパパに預けて夜遅くまで話し込むことも…。

転勤で一戸町に来た方が「もっと早くのびのびに来ればよかった」と言っていました。

 

ママさんも子どもたちも、仲良く遊べる「のびのび」は

毎週月・水・金曜日の、午前9時半から午後2時半まで開かれています。

利用するのは無料ですが、満一歳のお子さんからは、おやつ代を50円いただいています。

アレルギーのあるお子さんには、大丈夫なように対応しています。安心ですね。

 

きょうはバレンタインデーということで、お花のアレンジメントを親子で製作してもらっています。   パパさんへのプレゼントになるのかなと思いますが、こういう季節のイベントは、実費(きょうは600円)をいただくことがあります。

すてきなプレゼントですね。

そのお花を作っているママさんの中に、先月新聞でも取り上げられたフリーペーパーを作っている方がいるんです 3人のお子さんを育てている菅原省子(せいこ)さんと、ふたりのお子さんのママ・澤藤有佳(ゆか)さんです。

〇このフリーペーパー、A4版の表と裏に、ママたちのつぶやきがびっしり書かれています。すべて手書きで、イラストもかわいらしい!

こんなフリーパーパーを作ろうと思ったのはなぜですか。

 

菅原さん)エネルギー溢れるママたちの輪を広げて、みんなで楽しく子育てできる街を作りたいと思ったからです。

 

〇すてき💛 フリーペーパーのタイトル「ノヘバ」ってどういう意味ですか。

 

澤藤さん)スタバのようなカフェが欲しいなというのと、このフリーペーパーがカフェのように、みんなが集まるものになればいいなと思って、一戸・二戸の「のへ」とくっつけました。

〇ママたちのカフェー「NOHEBA」ですね。

 

〇では、この中からいくつかご紹介します。

お母さん川柳、「寝顔見て、怒り過ぎたと涙する」 ありますあります。

「おかあさん、正月太り一年中」 「憧れる、旦那のいない生活に」

「突発で、子ども不機嫌、母なみだ」

ママたちのぼやきと、子育ての難しさ「あ、そうそうわかるー!」って話ばかり。

子どもの習い事の情報交換とか、おススメの温泉っていうのもありますよ。

どうやって取材するんですか。

 

菅原さん)きょうのようにみんなが集まったときに、好きなように書いてもらっています。

これまでに50人くらいのママが、参加してくれました。

記事集めは、二戸の支援センターでもやっていますので、お近くのママさん、

ぜひ参加してください。

 

〇こんなママさんたちが集える場所「のびのび」っていいですね。

フィンランドから里帰りという方が来たこともあるとか。

一戸町の町民でなくても大丈夫だそうですよ。

 

〇アットホームな雰囲気で、小さいお子さんとのびのび遊べる、その名も「のびのび」は、

毎週月・水・金曜日の、午前9時半から午後2時半までです。

場所は一戸町役場のお隣りです。

 

☆フリーペーパー「ノヘバ」が置いてある場所は、

 

一戸町図書館 文化センター 子育て支援センター ジョイス(イコオ)

ふくもりたこどもクリニック 小野寺内科 ほそかわ小児科(二戸)すがわら薬局(二戸)

一戸保健福祉センター 二戸福祉センター 石切支援センター 石切公民館 中央公民館

二戸駅なにゃーと 二戸市役所 浄法寺支所 金田一コミュニティセンター

などです。 ぜひ手に取って見てみてください。

 

カレンダー
2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
カテゴリー
月別にご覧下さい