エフエム岩手 | 番組サイト | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」 | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」

Archive for 1月 17th, 2020

2020年1月17日~第340回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました。放送後1週間以内であれば、ラジコで放送を再度お聴きいただくできます。聴き逃した方は、どうぞラジコでお楽しみください。

(➡radiko.jpから「いちのへドッキドキFM」と検索)


~今日の放送でお届けした内容~


⛄⛄❆❅ 奥中山夢あかり ❆❅⛄ 

  📷以前の夢あかりの様子

 奥中山夢あかり実行委員の 🎤武田昇さんに伺いました  

 

詳しくはココから


中継   IGR奥中山高原駅 🚋 から 

渡辺 有咲さんにお聞きしました

詳しくはコチラ


一戸町のアンテナショップ

  Natural Essay 10周年!

 

 
Natural Essay 代表の🎤久保均さんと 電話☎を繋いでお話を伺いました!  
詳しくはココから

「一戸の言葉」

♦ スガ ・・「氷・ツララ」のこと

♬童謡「春になれば しがコも融けて~ どじょっこだの ふなっこだの夜が明けたと 思うべな」の「しがこ」一戸では「スガ」と呼びます😃

 

 カラっぺェ ・・「いい振りをする。余計なお世話をする。」

😃「ブー」「プウー」と音がする「おなら」のことかと…思っていましたが(/ω\) 

 


  オンエアリスト ♬ 

♪1 Snowdome / 木村カエラ 

♪2 白銀 / Eve

♪3 メシI GOT IT  ↑ ↑ / GReeeeN

♬R.N アマギさんからのリクエスト

😃リクエストありがとうございます(*^-^*)


来週のメッセージテーマ

   「私のアウトドア事情」です!

来週の金曜日1月24日は、明治41年 1908年のこの日に、イギリスで世界初となるボーイスカウトが結成されたことから「ボーイスカウト創立記念日」とされているそうです。ボーイスカウトの活動といえば、キャンプやハイキング、そして街頭募金など・・・そこでメッセージテーマは、「私のアウトドア事情」です!・・・キャンプの夜、彼女とそっと抜け出したこと、ハイキングでやっちゃったこんな失敗などなど、あなたの野外活動を教えてください!

テーマ以外のメッセージも!お待ちしています(*’ω’*)

メッセージ・♫リクエストはココから

 🎁プレゼント情報🎁 

 1月のリスナープレゼント・・・  

月舘山ぶどう生産組合ご提供

月舘(つきのやかた) 山ぶどうジュース(1本 720ml入)を5名様にプレゼントいたします!

 😃プレゼントの応募方法など 詳しくはココをクリック

 

IGRいわて銀河鉄道・奥中山高原駅

1月17日 中継 於:奥中山高原駅 with 渡辺 有咲さん

 

きょうは、IGRいわて銀河鉄道・ 奥中山高原駅🚋 から中継でした。

駅舎は木造の平屋建てで、外観は白の板に青いトタン屋根がさわやかな印象です。

待合室は木目の落ち着いた色調で、椅子には座布団が用意され、真ん中にストーブがあっ

て暖かです。

切符の自動販売機はなくて、駅員さんから直接買い求めるガラスの窓口があります。 対面式で切符が買えるって懐かしい感じがしませんか。

なぜこの駅に来たのかというと、実は今日から3日間、毎年恒例の冬のイベント

「奥中山夢あかり」🕯 が、駅周辺で開催されるんです。

午前中に見てきたところ、奥中山高原駅から南に向かってまっすぐ、聖徳太子堂までの

通りに、作りかけの雪像を置いているお家が何件かありました。

夢あかり会場の中心となるこの奥中山高原駅について、

IGRいわて銀河鉄道・広報の、渡辺 有咲(ありさ)さんにお聞きしました。

まず、このレトロな感じのする駅舎は昭和15年(1940)の竣工だそうです。

なんと今年80周年を迎えます。でも80年経つとは思えないくらい立派です。

大事に使われていたんですね。

 

この駅舎が建ったのは昭和15年ですが、奥中山高原駅の始まりは、

明治24年(1891)9月1日、日本鉄道の「中山駅」として開業しました。

 

1891年開業、ですから130年くらいの歴史があるんですね。

その当時は蒸気機関車です。現代の様な車社会ではありませんから、

駅が出来たことによって人々の流れが生まれ、この地域が開拓されていったようです。

 

開業当時の駅名は「中山駅」でしたが、大正4年に「奥中山駅」に改称されました。

そして昭和62年、国鉄の分割民営化によって、JR東日本の駅となり、

平成14年(2002)12月1日、東北新幹線八戸延伸に伴い、JR東日本から経営分離され、

「IGRいわて銀河鉄道」の駅となりました。

その際に駅名も「奥中山高原駅」に改称されました。

 

高原駅ってロマンチックな響きですが、名前の通り標高の高い所にあるんですよ。

標高は427メートル、JR旧東北本線の中では一番高い所にあります。

一戸駅から奥中山高原駅に向かう 勾配が強い 十三本木峠 を越えるため、

長い貨物列車を牽くには蒸気機関車では3両連結でないと登ることができなかったそうです。

駅舎の待合室にその様子を撮影した写真が飾られています。

鉄道ファンには有名な撮影地でもありました。

(  SL三重連  )

機関車が3両連結して、真っ黒い煙をモクモクと上げながら走っている写真を見ると、

勇壮な感じがしますね。 写真を撮るために、この駅を訪れた人も多かったでしょうね。

蒸気機関車が走っていた頃の時刻表

 

また、この駅には 看板犬🐕 がいるということでも、知られています。

駅員の本木さんが飼っているヨークシャーテリアですが、

現在は4代目のマオくんです。 きょうも改札口でお客さんを迎えています。

マオくんと本木さん

マオくん、吠えないでおとなしく愛想してくれています。

通勤通学通院の人たちに可愛がられているんでしょうね。

 

さて、この駅の近くには奥中山高原スキー場や温泉、子どもの森などの観光地もあります。

最近ボードやスキーを担いで奥中山高原駅で降りていく若い人たちを見ることがあるんですが、

車じゃなくて、IGRを利用してスキーに来る人もいるんですね。

 

なぜなら、IGRではお得な切符を発売しているんです。

冬季限定の「奥中山高原  温泉・スキーきっぷ」です。

奥中山高原駅までの往復運賃とスキー場までの県北バスの運賃のほか、温泉入浴が含まれ、

さらにスキー1日リフト券、もしくは温泉施設でのお食事がセットになっています。

たとえば盛岡からなら、大人:最大7,060円のところ3,700円で利用できます。

さらに中高生は、盛岡からは2,900円ですから、友だち同士でスキーを楽しむのにもおススメ。

詳しくは温泉スキーきっぷ

その他、2月には同じく奥中山地区の菜魚湖でワカサギを釣る🐟ツアーもありますよ。

詳しくはワカサギ釣りツアー

 

このほかにも「子どもの森きっぷ」などお得な切符があるそうですから、

IGRいわて銀河鉄道のホームページで探してみてください。

 

IGRいわて銀河鉄道・奥中山高原駅前で、きょう夕方から「夢あかり」が始まります。

12月9日から始まっているイルミネーションは午後4時点灯、こんな雰囲気です。

これに加えて約400個のキャンドルが灯る夢あかりは、きょうから明後日19日まで。

「はしご酒」🍶 も催されるそうですから、ぜひIGRいわて銀河鉄道を利用して

奥中山高原 夢あかり🕯においでください。

 

サンビレッジスプリントチャレンジ 参加者募集

 

1月26日(日) 一戸町総合運動公園で

 サンビレッジ クロスカントリー 

スプリントチャレンジ2020 開催!!

 

 

⛷特設コースを使って、雪国ならではのスポーツを楽しみます。

今回で11回目となるこの大会には、県内外から小・中学生が集まりスキーバトルを繰り広げます。また、競技中は熱い実況も楽しみの一つですが、今年は二戸のバー「スラム」さんが一日中レゲエで会場を盛り上げてくれます!!

現在参加者募集中

 

◆申し込み:   1月22日(水)まで

◆お問い合わせ: 一戸町総合運動公園 ☎0195-33-4444

😃皆さん!!元気な子どもたちの激走を見に来てくださいね

アンテナショップ 10周年

 

一戸町のアンテナショップ

  Natural Essay 10周年!

神奈川県横浜市元町の仲通りにある 一戸町のアンテナショップ

『Natural Essay(ナチュラル・エッセイ)』

 

最寄りの駅はJR石川町駅。元町中華街から歩いても10分ほどの場所。2010年の1月にオープンしたので、今年10周年を迎えます!!

 Natural Essay 代表の🎤久保 均さん

 

皆さんに愛されて10年! 

人気の商品は?  一番は、野菜! 新鮮で、元町の方が「野菜が美味しい!」と驚かれる。次に漬物やソフトクリーム。 

 

モノが溢れている首都圏で、お客様があえて一戸のモノ・岩手のモノを選んで購入いただいているのは、「素材がイイからこそ!」 

😃質の良さが評価されているんですね

ナチュラル・エッセイでは一戸町の産品を中心に岩手県産品を販売。

😃東京・横浜方面に家族や親戚、岩手出身の友達がいる方は、ぜひ「ナチュラル・エッセイ」を教えてあげて下さいね!

 

Natural Essayと元町の繋がりもあり、今では「復興支援の産直イベント」や一戸町の食材を使った「フードフェア」など、様々なイベントが開催されています。

 

👨久保さんは、「最初は元町というブランドのある方たちが、一戸という知らない土地のことを受け入れてくれるのか心配だったが、今では交流イベントで個人的にも繋がりが深くなり、これから先に繋がっていくことだと思う。」

👨「Natural Essayは単なる小売りの店ではなく、生産者さんと一緒になって売れる商品を見つけて、更に育てていく場でもある。また、これまで通り一戸町と横浜を繋ぐ役割を続けていきたい。」と話していました。

😃これからも一戸町と横濱元町の交流が続き、多くの方が一戸町を知り、興味を持ってくれたら嬉しいですねッ

 

   【お客様大感謝祭】  

開店10周年を記念し1月18日・19日の2日間イベントを開催!! ◆一戸町の特産品の販売 ◆試食販売会 ◆店内全品10%OFF ◆お買い上げの方へ記念品を進呈・・・ナド♪

😉 お近くにお住まいの方はぜひ足をお運びください!! 

 

Natural Essay ナチュラルエッセイ     HP

横浜市中区元町5-209(元町S&S店舗1F)

TEL.045-263-9607

 

カレンダー
2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
月別にご覧下さい