エフエム岩手 | 番組サイト | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」 | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」

神様の年取り行事

 

年の瀬を迎え、一戸町では古くから沢山の

神様の年取り行事があります。

 

11月24日 大師様の年取りからスタート オダイシ様は「オンデェシコ様」と呼ぶ

12月 3日 稲荷様の年取り

12月 5日 恵比寿様の年取り

12月 8日 薬師様の年取り

12月 9日 大黒様の年取り

12月12日 山神様の年取り

12月14日 八坂様の年取り

12月15日 八幡様の年取り

12月16日 おしら様の年取り

12月17日 観音様の年取り

12月19日 お蒼前様の年取り

 

神様のご利益も お供えする料理も それぞれ違います。

必ずしも全部の神様を拝むわけではないようですが、

地域や家々によっても違うようです。

 

毎年 神様の年取り行事を行っている

一戸町小鳥谷の  篠端利雄さん 京子さん

IMGP0528

 

12月9日大黒様の年取り

豆尽くしの料理 豆料理8品 2膳分

豆ごはん・白和え・煮豆・もやしのおひたし・豆腐田楽・煮しめ など・・

これが ↓マダカ大根

IMGP0533

「48種類の 豆料理を供える」といわれていますが、 実際には大変難しく、

手と足の豆ができるほど働けば、福が授かる 果報が得られると言うそうです。

お膳には 先が二股に分かれている 「マダカ大根」も一緒にお膳に供えます

ご馳走でおなか一杯になった大黒様が 大根おろしを食べた事に始まるんだそうです。

拝む時、大黒様は耳が遠いからと、 篠端さんの家では「包丁と箸を叩いて」音を出し、

大黒様を呼んで拝みます。  家によっては、マダカ大根でお膳のフチをコンコンと叩いて

大黒様を拝む家もあるんだそうです。

 

 

12月12日  山神(やまのかみ)様の年取り 

IMGP0560店では お餅の販売してます

 

一戸町 鳥越の 柴田寿喜さん セキさん  

IMGP0594

裏山にある山神様の所へ

IMGP0576

大きな木の根元に 「山神」と書かれた石があり 大切に祀られています。

夜 裏山へ お神酒と シンプルな米の粉で作った「シトギ」12個を供え

息子さんと中学生のお孫さんが 山神様の所で拝みます

IMGP0570 シトギとお神酒を供えます

山神様の日のお膳は

焼き魚 刺身 魚のすまし汁などが 入ります。

IMGP0567 左 シトギ 右お膳

狩猟・林業・鉱山など山をなりわいとする人にとって 大切な山神様の年取りです。

 

家に戻って、 今度は神棚に シトギとお神酒とお膳を上げて、家族 全員が順に拝みます

IMGP0582

柴田寿喜さんは 「拝むと 気持ちが良くなり スーっとする。

 拝む時は 自分ばかりでなく世の中が良くなればと思っている」と。

 

最近では 仕事があり平日の年取りの行事、しかも 料理も手が込んでいるし

詳しいことを知っている人も亡くなったりと、

今では神様の年取りを行う家は本当に少なくなりました。

12月の 一か月間、 神様たちはそれぞれ決まった年取りの日と、お供えがあります。

女性たちは豆まめしく先祖伝来のお供え料理をこしらえ、

その年の無事や収穫を感謝して、来る年のご加護を家族みんなで祈ります。

 

来年もそろって 皆様が お元気でありますように。  aki

 

Comments are closed.

カレンダー
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
月別にご覧下さい