エフエム岩手 | 番組サイト | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」 | 一戸町 ふるさと元気隊 「いちのへ ドッキドキFM」

2018年6月22日~第258回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました。聴き逃した方、再度お聴きになりたい方は、radiko.jpから「いちのへ」と検索し、タイムフリーでお楽しみください。それでは今週の放送をふり返ります 😉 !

 


 

   御 所 野 さ ん ぽ   

御所野遺跡の様々な見どころスポットを御所野縄文博物館のスタッフの方と一緒に歩きながら探っていく「御所野さんぽ」のコーナー。今回は後藤宗一郎さんと一緒に「第二展示室」を巡ってきました。

詳しくはこちらをご覧ください

 


 

   一 戸 噂 探 偵 所   

一戸町の噂を調査・解明するコーナー!今回の噂は廃校にさまよう影」

この噂の答えを知る一戸町教育委員会生涯学習課の中村明央さんをスタジオにお招きし詳しいお話を伺いました。

詳しくはこちらのブログをチェック!

 


 

  御所野愛護少年団「環境大臣賞」受賞🏆  

地域環境保存功労者表彰(環境大臣表彰)を受けた「一戸南小学校 御所野愛護少年団」の活動や今回の受賞ついて、子どもたちや先生のインタビューを交えてお伝えしました。

詳しくはこちらのブログをご覧ください

 


 

今週の「いちのへの言葉」

♦『あちゃとてた』・・・「ホトトギス」のこと。

♦『あづばくれる』・・・「分厚い」という意味。

 

 

🎁プレゼント情報

6月のリスナープレゼントは株式会社戸田久ご提供の

「戸田久冷麺食べ比べセット」です 😉 💕

➡応募方法など詳しくはこちらをご覧ください

 

 

♬オンエアリスト

1曲目 勝利の笑みを君と/ウカスカジー(RN.サムライブルーさんリクエスト)

2曲目 さまよえる蒼い弾丸/B’z

3曲目 若葉咲く頃/ジャパハリネット

 

 

次週メッセージテーマ

次週6/29(金)のメッセージテーマは「好きで好きでたまらない」です。

今から52年前の1966年6月29日にあのビートルズが初来日したことから、6月29日は「ビートルズ記念日」とされています。当時ビートルズは物凄い人気で、学校をさぼってかけつけた6,000人以上の高校生が警察に補導されたそうです💦そのぐらい皆ビートルズが好きで好きでたまらなかったんでしょうね…

ということで、次回のメッセージテーマは「好きで好きでたまらない」です!!

ちなみに支局員は・・・

頌太…「犬」が好きで好きでたまらない!

マサ…「煮しめのワラビ」が好きで好きでたまらない!

あん…「一戸町のレストラン『えいらく』のXO醤麺の茶色い物体(たぶん貝柱か干しエビ)」が好きで好きでたまらない!

皆さまからのメッセージお待ちしています 😀 

⇒メッセージ&曲のリクエストはこちらから!

 


 

~支局インフォメーション~

一戸支局では、ブログやTwitterの他にInstagramやTwitterでも情報発信をしています。ぜひフォローお願いします 😀

一戸支局Twitterはこちら / 一戸支局Instagramはこちら

一戸支局のネームタグです!お使いのスマートフォンでInstagramを開いて、この画像を読み込むと一戸支局のInstagramページに飛ぶことができます。

 

 

一戸噂探偵所「廃校をさまよう影」

一戸町の噂を調査・解明する一戸噂探偵所🔎

今回の噂は…「廃校をさまよう影」

何やらホラーチックな今回の噂!!真相はいかに!?

 

 この噂の真相を知る方、一戸町教育委員会生涯学習課の中村明央さんをスタジオにお迎えし、詳しいお話を伺いました。

 

 廃校をさまよう影の「廃校」とは、2年前に閉校になった一戸町小鳥谷地区にある「旧小鳥谷中学校」のことです。

 この学校内を誰かが歩き回っているということなんですが、一体この影の真相とは…!?

続きを読む

一戸南小学校御所野愛護少年団が「地域環境保全功労者表彰」を受賞しました!

 今月13日、一戸南小学校の「御所野愛護少年団」がある表彰を受けました。その賞というのは「地域環境保全功労者表彰(環境大臣表彰)」です。

 地域環境保全功労者表彰とは、環境省が地域環境の保全活動や美化活動に関して顕著な功績があった団体や個人を対象に毎年6月に表彰を行うもので、非常に名誉な表彰です。

 一戸南小学校「御所野愛護少年団」は、環境や歴史遺産を守る活動を通してふるさとの宝を理解し発信していることが評価され、今回の受賞となりました。

 

 

「御所野愛護少年団」について、担当の河井博子先生から詳しいお話を伺いました!

 御所野愛護少年団は一戸南小学校の3年生~6年生で組織されており、現在団員は63人。子どもたちは、世界遺産登録を目指す御所野遺跡の愛護活動に取り組んでいます。

 具体的には年に2回、春・秋の御所野遺跡での奉仕活動と、6年生は修学旅行先で御所野遺跡のPR活動を行います。PR活動が発展し御所野遺跡での遺跡ガイド活動も行うようになってきているそうです。

 

 今から19年前の1999年に発足した御所野愛護少年団、そもそもの狙いは「一戸という郷土に誇りを持ち、環境や歴史的財産を守ろうとする子どもに育てる」ということだったそうですが、現在では「世界遺産登録に対するバックアップ」という狙いも入っているそうです。年々御所野愛護少年団の活動の幅も広くなっているんですね!

 

 子どもたちは御所野愛護少年団の様々な活動を通して「縄文の人々は今の人と変わらない知恵を持つ人だ」という発見をし、それを伝えたい気持ちでいっぱいなんだそうです。そこから御所野自慢、南小自慢、一戸自慢に繋がり…「話したい!伝えたい!」という子どもたちがどんどん増えてきているそうです。機会があればつかさず御所野クイズを出題したり、御所野のPRをしたがるそうですよ!! 😀 

 

 そんな子どもたちの様子をずっと見守ってきた河井先生!表彰が決まった時は、これまでの子どもたちの活動が認められたことを嬉しく思うと同時に、御所野遺跡の活動に貢献できたことを嬉しく感じたそうです。とにかく子どもたちに心から感謝しています!と笑顔で仰っていました。

 

 

 御所野愛護少年団を代表して、団長の田代美幸さんと副団長の地切陽菜さんお二人から喜びの声を伺いました 😀 🎤

Q.東京で行われた表彰式に出席してどうでしたか?

「小学生で表彰されたのは御所野愛護少年団だけだったのでとても緊張しました。でも環境副大臣が明るく接してくれたので気軽に出来ました。」(団長・田代美幸さん)

 

「表彰式では環境副大臣から直接表彰状を貰ってとても嬉しかったです。懇親会ではたくさんの人に声をかけて頂き御所野のPRもできました。みんなが御所野縄文公園に来てくれることを願っています。」(副団長・地切陽菜さん)

 

Q.普段どんな思いで活動しているんですか?

「御所野遺跡のPR活動は、御所野を知ってほしい!御所野に来てほしい!という気持ちでやっています。清掃活動は縄文人と同じ気持ちで、御所野を観光してほしいという気持ちで清掃しています。」(副団長・地切陽菜さん)

 

Q.ズバリ、御所野遺跡は世界遺産になれると思いますか?

「はい、なれると思います!昨年はあと一歩のところで落選してしまいましたが、世界遺産のためにいろいろな活動を頑張ってきたので今年こそは世界遺産登録になると思います!(団長・田代美幸さん)

 

二人からとっても力強い言葉を頂きました!! 😀 

子どもたちのインタビューを聞いた河井先生も「御所野遺跡が大好きな二人の気持ちが届くことを願っています」と微笑んでいらっしゃいました 😀 

 

 最後に、御所野愛護少年団のこれからについて伺うと・・・

「御所野愛護少年団の活動の目標は縄文時代や御所野遺跡の面白さを知ってもらい、行ってみたい!訪ねてみたい!という人を増やすこと御所野愛護少年団の活動は学校の宝なので、もちろん今後も続いていきます!」とのことでした。

 

 これからも御所野愛護少年団の活動から目が離せませんね 😉 

 御所野愛護少年団もサポートしている御所野遺跡の世界遺産登録、ラジオの前の皆さんもぜひ一緒に応援をよろしくお願いします!

 

 

御所野さんぽ③「第二展示室」

御所野縄文公園の様々な見どころを御所野縄文博物館のスタッフの方と一緒に歩きながら、そのスポットの魅力や楽しみ方を探っていく原点回帰のこのコーナー。

 

今回は公園ではなく、博物館の第二展示室を後藤宗一郎さんと一緒にめぐります。

第二展示室はドーム状です。壁全体に木のオブジェが立っており、部屋中央部には復元された住居があります。

復元された住居はしっかりしたつくり!本物の木で作られています。

 

 

第二展示室では、プロジェクションマッピングが楽しめます!

プロジェクションマッピングでは、縄文人の1年間の生活の様子が映し出されています。

春夏秋冬ごとのシーンが描かれており、思わず見入ってしまいます 😉

 

 

部屋の壁際には様々な出土品が展示されています。

御所野遺跡で出土した「土器」や「矢じり」がたくさん並んでいます。

その数なんと、970点!ものすごい数ですよね!

ライトアップされた矢じりは美しいのでぜひご覧ください 😉

 

後藤さんのオススメは「羽根付き縄文人」だそうです。

放送をずっと聴いてくださっている方にはもうお馴染みですね!

「羽根付き縄文人」ぜひ探してみてくださいね 😀 ♪

 

 

プロジェクションマッピング、出土品の次はスロープ!

実はスロープにも出土品があるんですよ 😉

「ウルトラマンの敵にいそうですね」「(笑)」

こちらでは、御所野遺跡で見つかった「土偶」が展示されています。

御所野遺跡では土偶は少ししか見つかっていないので、かなり貴重です。

スロープにある土偶は、なんだかウルトラマンの敵に出てきそうな、個性的な土偶でした・・・!

こうした独自の発見ができるのも博物館を回る楽しみの一つでもありますよね。

皆さんは何に見えるでしょうか 😛 ?

 

 

スロープを途中まで登ると、右手には展望室。

左手には第三展示室へとスロープが続きます。

今回は展望室をゴールとしたので、展望室へ!

展望室からは縄文公園の東むらを一望することができます!

 

空の青、公園の緑、土屋根住居・・・

まるで絵に描いたような美しい景色が広がっています。

縄文時代にタイムスリップしたかのような気分を味わうことができます♪

ぜひ皆さん展示室のあとは展望室に行ってみてくださいね 😎

 

~おまけ~

 

ごしょどんを探せ in 第二展望室

見つけられましたか 😀 ?

 

2018年6月15日~第257回放送~

 今週も放送をお聴きいただきありがとうございました 😎 聴き逃した方、再度お聴きになりたいという方は、radiko.jpから「いちのへ」と検索し、タイムフリーでお楽しみください♩それでは今週の放送をふり返ります 😀

 

(今日は平泉支局の阿部くんが放送を見学に来てくれました!)

 


 

   一 戸 漢 道   

一戸町で活躍する男性にスポットを当てる「一戸漢道」のコーナー!今回は一戸町小鳥谷でさくらんぼを生産している舘山孝志さんから、さくらんぼ作りに懸ける想いを伺いました 🙂 

詳しくはこちらをご覧ください🍒

 


 

   ふるさと会津工人まつり   

6/9(土)・10(日)に福島県三島町で行われた「第32回ふるさと会津工人まつり」で一戸町のブースでお買い物をされた方と、工人まつりの責任者・三島町生活工芸館長の板橋淳也さんにインタビュー🎤また、工人まつりをふり返ってみての想いなどを一戸町役場 商工観光課の一野辺資彦さんから伺いました 🙂 

詳しくはこちらをご覧ください

 


 

  言の葉だより(一戸町イベント情報)  

♦6/16(土)17(日)一戸町立図書館で「第8回本のリサイクル市」開催📚

♦6/17(日)旧朴舘家住宅で「神楽公開」開催

 


 

今週の「いちのへの言葉」

♦『きゃっちゃ』・・・「逆さま・裏返し」という意味。

♦『あったらもす』・・・「もったいない・おしい」という意味。

 

🎁プレゼント情報

6月のリスナープレゼントは株式会社戸田久ご提供の

「戸田久冷麺食べ比べセット」です 😉 !

➡応募方法など詳しくはこちらをご覧ください

 

♬オンエアリスト

1曲目 Rain / 秦基博

(RN.あるふぁどさんからのリクエスト)

2曲目 プライド / 高橋優

(RN.はんぎょたんさんからのリクエスト)

3曲目 上を向いて歩こう / 坂本九

 

次週メッセージテーマ

次週6/22(金)のメッセージテーマは・・・

「子どもの頃、友達と何して遊んだ?」です。

昨日から2018FIFAワールドカップも始まりました 😀 誰もが子供の頃、友達と集まってサッカーをした経験があるんじゃないでしょうか?ということで、「子供の頃、友達と何して遊んだ?」というテーマにしてみました。

ちなみにマサさんは「アリの巣に水を入れる」・・・(笑)

私は「ローラースケートやキックボード」で遊んでいました。

皆さんからのメッセージお待ちしています 😎

⇒メッセージ&曲のリクエストはこちらからどうぞ!

 


~支局インフォメーション~

一戸支局ではブログやFacebookの他に、TwitterやInstagramでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いします 😉

☞一戸支局Twitterはこちら/☞一戸支局Instagramはこちら

一戸支局のネームタグ!お使いのスマートフォンでInstagramを開いて、この画像を読み込むと一戸支局のInstagramページに飛ぶことができますよ♩

 


📷支局アルバム

先週、小さな実をつけたきゅうりの写真を上げましたが・・・

そのきゅうりがこんなに大きくなりました!!!

早速、リーフレタスとシソと一緒にグリーンサラダにして食べました🍴✨

自分たちが育てたものは美味しさが格段に違いますね。

みずみずしく、とても美味しかったです 😉 💕

 

 

一戸漢道 「さくらんぼ生産者の舘山孝志さん」

 今回は一戸町小鳥谷でさくらんぼを生産している舘山孝志さんから、さくらんぼ作りに懸ける想い」伺いました 😀

 舘山さんのお宅ではお父さんの代からさくらんぼを作り始め、孝志さんは2代目。以前は会社勤めをしながら実家のさくらんぼ作りを手伝っていたそうですが、5年前に会社勤めを辞め専業農家になったそうです。

 

 舘山さんは年間を通して約70種類の野菜や果物を作っていて、これから旬を迎えるさくらんぼだけでも14種類も作っているそうです! 😯 

 

 今の時期の作業としては、「摘果」と言ってハサミで実を落とす作業をするそうです。いっぱい実がなると、さくらんぼに色がつかず実が大きくならないので、仮に10個あったら3分の1ぐらいまで実を落とすそう 😯 また、葉っぱがあるとさくらんぼに色が付かないので、邪魔な葉っぱを取る作業もするそうです。こういった一つ一つの細かい作業の後に、やっと楽しい収穫と出荷の作業が待っています。

こちらは以前中継で舘山さんの畑にお邪魔させて頂いた時に撮影したさくらんぼの木です。

 

 気になるのは今年のさくらんぼの出来具合ですよね! 😉 今年は4、5日開花が早かったので、佐藤錦は6/25頃~、それより早い品種は1週間程早く6/18頃~店頭に並び始める予定だそうです!

 品質は…「かなりいいものが出来ています!」と舘山さん! !

 さくらんぼ早く食べたいですね~! 😆 楽しみです!!🍒

 

 最後に「さくらんぼを美味しく作るコツ」を伺うと・・・

 枝を切ったり、決められた時期に薬かけたり、基本的な栽培技術を確実に愚直にやっていくのが一番の方法。忙しいからと何か一つ作業を外してしまったら、病気が出たりや虫がついたりしてしまう。基本を忠実に守ってやるというのが一番ですね!とのお答えでした。

 毎日の地道な作業がってこそ、あの美しくて美味しいさくらんぼが出来上がるんですね~!

 

贈答用のさくらんぼ(佐藤錦)です!宝石のように綺麗ですよね~💛
※写真は以前撮影したものです

 

 舘山さんはこれからの抱負として、「色がきれいで粒が揃った、糖度と酸味のバランスのとれた美味しいさくらんぼにこだわっていきたい!」と力強く笑顔でお話してくださいました。

 

 舘山さんが丹精込めて作ったさくらんぼは「産直サラダボウルこずや」で販売されています。ぜひ皆さんも一度一戸町小鳥谷のさくらんぼを食べてみてくださいね!ほっぺが落ちること間違いなしですよ😉

 


 

サラダボウルこずやでは6月30日(土)

「さくらんぼ祭り」が開催されます🍒

皆さんどうぞこの機会に、サラダボウルこずやで美味しいさくらんぼをお試しください!

 

産直サラダボウルこずや facebook / map

お問合せ ℡0195-34-2040

 

第32回ふるさと会津工人まつりに出店した一戸町の団体を取材してきました!

6/9(土)・10(日)に福島県三島町で行われた、全国各地からおよそ200組の有名職人が出店する超ビッグなイベント「第32回 ふるさと会津工人まつり」に、一戸町から「いちのへ手技工芸館」、「山井木工」、「裂織工房」が出店しました。

 

会場は人、人、人!ちょっと目を離したら迷子になってしまいそうなほど、本当に多くの方で賑わっていました 😯 !

出店数はなんと200以上!

 

 

多くのお客さんで賑わう中、ひと際混雑したブースを発見!

大混雑していたのは一戸町のブースでした! 😯 

 

この行列の先にあるのが一戸町のブース!

テントの中にお客さんが入りきらないため、テントに入るための行列ができていました!

 

皆さん一つ一つ吟味・・・

職人さんが実際に作業している貴重なシーンも見ることができます。(お客さんも自由に組み立ての体験ができます 😉 ♩)

 

 

「いちのへ手技工芸館」として、工人まつりには平成19年の第21回から参加しており、今年で12回目の参加です。

 

一戸町のブースでお買い物をされた方にお話しを伺ったところ・・・

福島県の女性「毎年工人まつりには来ています。一戸町の竹細工は、すごく繊細。何よりキレイで丈夫。今日は収納かごと、子供のおもちゃを入れるかごを買いました。また必ず来たいです。」

新潟県の女性「工人まつりには4回ほど来ています。今日、一戸町のブースに入るために1時間も並びました!一戸町の竹細工を10年近く使っていますが、全然壊れないですね 。丁寧で細かくて、他の物とは丈夫さが違います。スカートを履いた時でもひっかからないのが嬉しいですね。これからもずっと一戸町の竹細工を愛用していきたいです 。」

 

皆さんから愛されているのが伝わってきます 😀 !嬉しいですね。

 

 

そして、工人まつりの責任者・三島町生活工芸館館長の板橋淳也さんからもお話しを伺いました。

「工人まつりは今年で32回目の開催です。今年は、昨年比よりお客さんが多いような気がします。一戸町のブースは、いいものがあるのでリピーターさんが多いなと感じています。一戸町の作品をわざわざここに来て買っていただくスタンスが好評です。いいものがあるから、お客さんがたくさんくるんでしょうね。工人まつりに出店するには、いくつかの条件をクリアする必要がありますが、一戸町なら来年もきっと大丈夫でしょう!いいものを作り続けてください!!」

 

責任者の方からも嬉しい言葉を聞くことができました。一戸町のものづくりは多くの方から愛され、認められているのだなと思うとこみ上げてくるものがありますね 😉

 

 

今回の工人まつりでは、木工品、竹細工、ヤマブドウやくるみのバッグ、裂織などを持って行ったのですが、昨年の2~3割も売り上げが上がったそうです 🙄 !また、年々人気も高まっているのだそう!

 

一戸町役場商工観光課の一野辺さんは「多くの方に一戸町のものが長年愛されているということを知り、とても嬉しい。作り手の方には、伝統や基本を守りつつ新しいものづくりにチャレンジしてほしい。また、新しい方にも製作に携わっていただきたい」とおっしゃっていました。来年の出店も楽しみにしています♪

 


 

工人まつりには一戸町の他にも、岩手県からのお店が出店されていました 😀

滝沢市のbeigeさん

マサさんがbeigeさんで購入したボタン!

柔らかな色合いのストール、帽子、ブローチなど、素敵な羊毛製品が並んでいました。

 

 

宮古市の南部桶正さん

立派な米びつとおひつ!

お店の方とお話をしたら、「一戸町、私大好きです!御所野縄文博物館のワークショップに通って、竹細工のバッグを作りに行ったこともあるんですよ~」とのこと!まさか一戸トークができるとは!いや~嬉しいですね 😀 またぜひ一戸町にいらしてくださいね 😉

 

大船渡市の一葉一華さん

とても繊細な組子細工!どれも美しく、うっとりと見とれてしましました・・・ 😳

 


 

また、会場には嬉しいイートインスペースもありました💕

福島県の地鶏を使ったメニュー、牛串、焼き鳥、肉巻きおにぎり、きゅうりの一本漬け、山菜の天ぷら、冷たいレモンスカッシュなどなど・・・美味しそうな物がたくさん並んでいましたよ 😉

ぐるぐる見て回って小腹がすいたらイートインコーナーでちょっと休むのもいいですね✨

 

工人まつりに出店されている物はどれも素敵なものばかりでした。

作り手さんが一つ一つ丁寧に作り上げた物、思わず時間を忘れて見入ってしまいます。

日本各地からこだわりの品が並ぶ工人まつり、ぜひ皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 


 

一戸町の工芸品をお求めの方は・・・いちのへ手技工芸館へどうぞ!!

土曜・日曜の開館です。どうぞお気軽にお立ち寄りください 🙂 

 

いちのへ手技工芸館 Map

住所:岩手県二戸郡一戸町一戸字越田橋11-1

電話:(土日)0195-33-3993

   (平日)0195-33-2111 内線263 ※一戸町役場商工観光課

開館日:毎週土曜・日曜 10:00~16:00

(※ただし、イベント出店日は休館)

 

6/17(日)旧朴舘家住宅で神楽公開が開催されます!

6/17(日)一戸町小鳥谷の旧朴舘家住宅を会場に「神楽公開」が行われます。

 

この神楽公開は、築150年以上の岩手県最大級の古民家で神楽を鑑賞できる年に一度限りの催しで、古くから受け継がれてきた「神楽」の魅力を存分に味わうことのできる、またとない機会です。

 

今回は、一戸町の「女鹿神楽保存会」と「田中新山社神楽保存会」の2つの団体が出演。伝統の舞を披露します 。古民家の雰囲気と併せて、神楽をお楽しみください 😉

 

 

神楽公開

日時:6/17(日) 午後2:00~

会場:一戸町小鳥谷 旧朴舘家住宅

入場無料

お問合せ 0195-33-2111

6/16(土)17(日)本のリサイクル市開催!

6/16日(土)17日(日)」の二日間

一戸町コミュニティーセンター 第一・第二会議室で

「第8回 本のリサイクル市」が行われます。

 

本のリサイクル市では、発行から年数が経った古い本や雑誌などを図書館利用者に無償で提供するものです。

なお、おひとり様に提供できる冊数は、雑誌は制限無し。雑誌以外は20冊までとなっています。

 

お気に入りの一冊が見つかるかもしれない「本のリサイクル市」に足をお運びください。

 

第8回 本のリサイクル市

日時:6/16(土)・17(日)

  午前9:00~午後5:00

場所:一戸町コミュニティーセンター 第一・第二会議室

お問合せ:0195-31-1400

入場の際に一戸町立図書館の利用者カードの確認を行います。

カードの登録をされていない方は、ぜひこの機会に登録ください。

2018年6月8日~第256回放送~

今週も放送をお聴きいただきありがとうございました 🙂

スタジオの斜め向かいにあるイコオ産直センターでは「さくらんぼ🍒」が並んでいました!もうさくらんぼの季節なんですね~。

放送前にいただきましたが、フレッシュで甘酸っぱくてとても美味しかったです 😳 💕

ちなみに、さくらんぼの産地一戸町小鳥谷にある「産直サラダボウルこずや」では、6/20頃~本格的にさくらんぼが店頭に並び始めるのではないか…とのお話でした😉ぜひ一戸町にお越しの際は、絶品さくらんぼをご賞味ください♩

放送を聴き逃した方、再度聴きたい方はradiko.jpから「いちのへ」と検索し、ぜひタイムフリーでお楽しみください。それでは今週の放送をふり返ります 😀

 


 

   田舎暮らしのススメ   

28年前に京都から一戸町に移り住み、現在は「カナンの園 小さき群の里事業所 ひつじ工房アドナイ・エレ」にお勤めの戸田睦子さんから、一戸町で暮らすことになったきっかけやご自身のルーツなどを伺いました。

詳しくはこちらをご覧ください

 


 

6/9(土)10(日)開催

   いちのへ春の産業まつりについて   

イベントの詳細について一戸町商工会専務理事の斉藤吉夫さんからお話しを伺いました。

また、今回の産業まつりに6/10(日)限定で「喫茶店コーナー」を出店する一戸町出身の戸舘希恵さんから、出店の理由や想いなどを伺いました。

   

詳しくはこちらをご覧ください

 


今週の「いちのへの言葉」

♦『ほだれ』・・・「ボロボロの着物や衣服」

♦『ずぐなす』・・・「度胸のないこと」

 

🎁プレゼント情報

6月のリスナープレゼントは、株式会社戸田久ご提供の

「戸田久冷麺食べくらべセット」です 😉

➡応募方法など詳しくはこちらをご覧ください

 

♬オンエアリスト

1曲目 LOVE RAIN~恋の雨~ / 久保田利伸

   (RN.大根オロチさんからのリクエスト)

2曲目 Mr.Raindrop  / amplified

   (RN.オモチャさんからのリクエスト)

3曲目 雨に唄えば / ジーン・ケリー

 

次週メッセージテーマ

次週6/15(金)のメッセージテーマは「ちょい足し」です。

今月のリスナープレゼントが㈱戸田久の冷麺!!冷麺にお酢を足すとさっぱりして、美味しさが増しますよね~・・・ということで、テーマを「ちょい足し」としました :mrgreen:

皆さんはどんな「ちょい足し」をしていますか?ちなみに頌太さんは「お酢」、私は「柚子胡椒」。マサさんはダイエットのために「水溶性食物繊維」をちょい足ししているそうです!

皆さんからのメッセージお待ちしています 🙂

 ⇒メッセージ&曲のリクエストはこちらからどうぞ!

 


~支局インフォメーション~

一戸支局ではブログやFacebookの他に、TwitterやInstagramでも情報発信をしています。ぜひフォローお願いします 😎

☞一戸支局Twitterはこちら / ☞一戸支局Instagramこちら

一戸支局のネームタグ。Instagramを開いてこの画像をスキャンすると、一戸支局のInstagramページに飛ぶことができます!

 


📷支局アルバム

5月下旬からスタートした支局の畑。

植えてから2週間ちょっと経過した現在の畑の様子です。

きゅうり

 

早くも実をつけていました!可愛い~!

 

トマトも背が伸びました。

トマトの苗は産直奥中山高原で購入しました!

今年はイイ感じで順調にトマトが成長しているのを感じます。

植える時期とか天気の影響とか、いい条件が重なったのかもしれません 😉 

 

スティックセニョールとリーフレタス。

スティックセニョールの苗はサラダボウルこずやで購入しました!

初めての栽培なのでこれからどうなっていくのか全く想像できません 🙄

 

ナス

 

ししとう

 

太陽の光を浴びて、どれも元気にぐんぐん成長しています 😉 !

 

 

カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
カテゴリー
月別にご覧下さい